2019年9月にリリースされた Xcode11 では、新しい iOS 13 に対応しています。, 新しい環境向けにアプリケーションを開発するときには新機能満載で実装するのも良いですが、ときには以前のバージョンの iOS 向けにもアプリケーションを開発する必要がある場合もあるでしょう。, ここでは Xcode11 で iOS12.x 以前の環境向けにアプリケーションを開発するときの初期設定について説明します。, プロジェクトを作成してすぐ後にする作業として説明しています。既に記述したコードがある場合は、単純に当てはまりません。 プロジェクトごと消したはずのサーバーが。。。 プロジェクトのサーバーを消しただけでは駄目で、 サーバーのビューからも右クリックして削除することで綺麗になりました。 昔は「Tomcatプロジェクト」だったのが「動的Webプロジェクト」になってたりと、 iOSのShortcut機能のショートカットイベントはUIWindowSceneDelegate定義で補足できる。, iOS13 SDKにてAppDelegate/SceneDelegate機構が導入されたタイミングで、既存プロジェクトへのSceneDelegate対応をスキップした開発者に向けてSceneDelegateの導入方法をXcodeのiOSアプリテンプレートベースで説明すると、info.plist にUIApplicationSceneManifestキー以下に定義される。, UIApplicationSceneManifestは複数のSceneを許可するか、UISceneConfigurations で複数のSceneを定義できる。, Sceneの指定は、インスタンスを生成するクラス名とプログラム上で呼び出すための文字列で構成されている。, ・ 新規にSceneDelegateを追加・ AppDelegateに呼び出し先Scene指定イベントを実装する, SceneDelegateを導入するとwillConnectTo sessionイベントでWindowsのインスタンスを生成し、画面リソースとして使用されるがLife CycleにSwiftUI Appを導入した場合はWindowsのインスタンスを生成は無視される。, 2020年9月12日訂正:SceneDelegateを導入するとwillConnectTo sessionイベントでWindowsのインスタンスを生成し、画面リソースとして使用される。Life CycleをSwiftUI Appにしても画面リソースとして使用されるので(AppDelegateのイベントとは異なり)Windowsインスタンスの生成処理をコメントアウトが必要。, configurationForConnecting connectingSceneSessionの戻り値UISceneConfigurationのインスタンスで渡した情報を基にSceneが生成される。, Sceneの指定を行わない場合は内部的にSwiftUI.AppSceneDelegateが使用されている。SwiftUI.AppSceneDelegateは内部的な定義なのでコード上で参照することはできずデバッグ中に UISceneConfigurationのdelegateClassとして確認できる。, - SwiftUI 2nd major releaseよりSwiftUI でApp/Sceneが導入された- SwiftUI のイベント機構に押し込めないデバイス固有の機能はUIAppDeleegate/UISceneDelegate に残されている- Sceneを導入していないプロジェクトではAppDelegate/SceneDelegateを手動で導入する必要があるので注意が必要- すでにSceneを導入しているプロジェクトにLife CycleをSwiftUI に以降する場合もScene生成コード(は有効なので)を削除する必要はない, WWDC20 SwiftUI API追加まとめSceneDelegateが不要と、自分も思っていた時期がありました(Appleの概要を鵜呑みにしていた)。, noteに投稿されたエンジニア系の記事のまとめ。コーディングTIPSよりは、考察や意見などを中心に。. Why not register and get more from Qiita? 次回ビルドに時間がかかってしまいますが、消すこと自体で影響は発生しません。, 以前は Xcode自体に丸ごと消すような仕組みが Organizer にあったのですが、最近の Xcode は見当たりません(またいつか仕様が変わるかもしれませんが)。 (多くのプロジェクトを掃除しないままにしていると、思わぬディスク容量の圧迫にあったりします), 先ほどの方法で Finder から消す方法でもいいと思いますが、ターミナルから簡単に消せるようにしておくのもアリかなと思います(好みですが)。, ただ、rm -rf 打ち間違えたら大惨事なので、コマンドはエイリアスにしておきたいところです。, 今回「derived」コマンドとしていますが、名前は自由なので適宜書き換えてもらって, これでターミナルからさくっと DerivedData を全クリアできるようになりました。. まず iOS 12 以前のバージョン向けにビルドするための前提は、SwiftUI を使わないということです。 Xcode 11 から UI の開発に SwiftUI が利用できるようになりましたが、そもそも SwiftUI 自体が iOS13+ 向けとなっています。このため、SwiftUI ではなく Storyboard を使います。 Xcode の新規プロジェクトの作成ウィザードでは、User Interface の設定は Storyboard を選択しましょう。 プロジェクトの設定の Deployment Info にて、Target の設定で 12.4 を選択します。 - How to remove SceneDelegate code from iOS 13 project? 書いたコードを誤って消さないように注意してください。, Xcode11 で iOS プロジェクトを作成すると、デフォルトの開発ターゲットは iOS13 になっています。, 開発ターゲットを確認するには、プロジェクト・ナビゲータを開き、プロジェクトツリーの一番上のプロジェクトを選択しします。 iPhoneアプリ開発者。Apple Developer in Sapporo,Japan. macOSのAppを選んで、 iOSアプリの開発をしていると、たまにXcodeがおかしくなり、どうにもこうにもよく分からないエラーを吐き出し始めた時、 What is going on with this article? しかし、いつも自分は方法を忘れてググってしまいます。 Appの変数として@UIApplicationDelegateAdaptor宣言でAppDelegateの変数を作成する, @UIApplicationDelegateAdaptorについては以前にBlogでまとめている。@UIApplicationDelegateAdapterについて読み物 - SwiftUIからアプリ始めた人むけ | Irimasu Densan Planning - いります電算企画, @UIApplicationDelegateAdaptorを使用することで、既存のAppDelegateを利用することができる。Life CycleでSwiftUI App を選んだとしてもSwiftUI 側でAppDelegateのインスタンスを適切なタイミングで生成しイベントを呼び出してくれる。, AppDelegateはプッシュ通知登録などのiOSの重要なイベントが残っており、AppDelegateを残しておく必要がある。iOS14 SDKで新規iOSアプリでLife CycleでSwiftUI Appを選択した場合はAppDelegateをプロジェクトに作成する必要に迫られるだろう。, note:起動時のイベントであるUIApplicationDelegate.application(didFinishLaunchingWithOptions launchOptions:) も呼ばれる。ただしLife CycleでSwiftUI Appを選択した場合はWindow - Root ViewController を生成する処理は無視される。, ​iOS9から導入されたショートカット機能はiOS14 SDK以降も機能する。ショートカットはinfo.plistに登録するかアプリケーション起動後にUIApplication.shared.shortcutItems に登録する。もしくは両方を組み合わせて使用できる。iOS14だとホーム画面を長押しすると表示されるメニューにアプリ機能のショートカットとして動作する。, 利用者がショートカット選択後、イベントを受け取る事でアプリからショートカットイベントを捕捉できる。ショートカットイベントはiOS9 SDK以降であればAppDelegate に定義されている。. バージョンとXcodeでのビルド ; Xcode DMGまたはXIPファイルをダウンロードするには? モバイルアプリサービス部の中安です。 本日は自分のための備忘録ネタです。 iOSアプリの開発をしていると、たまにXcodeがおかしくなり、どうにもこうにもよく分からないエラーを吐き出し始めた時、 試しに DerivedData を削除してみるということをよくします。 本当に簡単な操作なのですが、ここに書いて忘れないようにします。, これでダイアログで尋ねられたとおり、 DerivedData の中の ビルドデータ等々の中間データが削除されます。, 前項の操作では DerivedData のうちの一部を削除するだけに留まります。 Xcode Derivedデータフォルダの内容を安全に削除できますか? では、Xcode10から古いタイプのSingle View Appのプロジェクトテンプレートをコピーしてきて独自のテンプレートとして、Xcode11で使えるようにします。 作業後の完成イメージのキャプチャですが、作業後にはプロジェクト作成ウィザードに画像のような形で選択出来るようになります。 先日iOS13がリリースされましたが、アプリを新規に始める場合に、iOS11〜1OS13あたりをターゲットに設定することは、まだまだあるかと思います。, 開発では、新しいXcode11をメインに使用したいのですが、Single View Appテンプレートでプロジェクトを新規作成した場合、そのままターゲット設定をiOS13未満にするとScenes関連のclassが使用できないためコンパイルエラーがでます。 環境. このため、SwiftUI ではなく Storyboard を使います。, Xcode の新規プロジェクトの作成ウィザードでは、User Interface の設定は Storyboard を選択しましょう。, プロジェクトの設定の Deployment Info にて、Target の設定で 12.4 を選択します。, ここでよく見ると、ワーニング中に @available 属性を設定するように促されています。このサジェッションに従って、@available 属性を設定しましょう。, イシュー・ナビゲータ内のエラー項目をクリックすると、エラー発生箇所にナビゲートされます。, ポップアップ内に表示されている Fix をクリックすると、自動的に @available 属性が設定されます。, もしポップアップが表示されていない場合は、赤い丸のアイコンをクリックすると、ポップアップが開きます。, この作業を、イシュー・ナビゲータに表示されたエラー項目それぞれに対して行います。ひたすら Fix を押していくだけなので簡単です。, さて、エラーがなくなったところで、アプリケーションを起動してみましょう。実はこの状態ではまだ、実行時にエラーが発生してしまいます。, しかし、特に iOS13 向けの機能を実装しているわけでもないのなら、無駄に新しい OS 向けのコードを残しておく必要はありません。, そこで、新しく導入された部分を削除して、iOS12 以前に対応する方法も書いておきます。, まず Info.plist から Application Scene Manifest のエントリーを削除 します。, 次に AppDelegate.swift の // MARK: UISceneSession Lifecycleのファンクションを削除 します。, 最後に、同じくAppDelegate.swiftに window を追加 します。, 以上、ここでは Xcode 11 で iOS 13 より前のバージョン向けに、アプリケーションを開発するときのプロジェクトの初期設定方法について説明しました。. SwiftUIのApp を追加c. ときにこれが悪さをして不穏な動きをさせてしまっていることもあるようです。, 実際、開発時はこれを削除してXcodeを再起動すると、Xcodeの不安定動作やエラーが消えるということもよくあります。, Xcodeにはビルドフォルダのクリーン機能があります。 Copyright© 経験知 , 2020 All Rights Reserved. ディスクスペース節約の意味も込めて他のプロジェクトのもまとめて消すこともあります。 Scenesとは、iOS13で登場したひとつのアプリプロセスに対してマルチUI(マルチウインドウ)をサポートするための仕組みのようで、現状では主にiPadでの用途があるようです。これによってSceneDelegate.swiftと関連設定が、デフォルトのプロジェクトに含まれているためです。, ターゲットiOSバージョンによってはXcode11で、Scenes関連の設定が含まれないXcode10バージョンのSingle App Viewテンプレートもまだまだ使いたい時があるなあ、と思ったのでXcode10からコピーしてXcode11からも使えるようにしておけば便利かもと思った次第です。, というわけで、当記事ではXcodeのカスタムテンプレート追加手順を、表題の件に絞ってまとめておきます。, そんなにプロジェクト新規作成の頻度が少ない場合、後述するテンプレートのコピーをしなくても、Xcode10&11併用環境であればiOS12〜以下をターゲットする場合、普通にXcode10.3でプロジェクトを新規作成して開始すれば大丈夫です。そうでない場合は、新規作成のためだけに古いXcodeを保持しておかなければならない、というデメリットがあります。(マイグレーションが必要な時などに役には立つのですが).

レクサス Nx フレアレッド 4, 身元保証書 印鑑 同じ 6, 三菱 モーターブレーカー 選定 5, 顔 文字 ころん 5, Youtube 画面 回転 Pc 7, ポンタ Gif 北川 17, 別れ ライン 感謝 6, Line ストーリー 勝手に 41, カーナビ Hdd 故障 5, 面接 退職理由 うつ病 8, Macr Jp036 買取 4, ノートパソコン ヒンジ 修理 ドスパラ 14, 株 生活 無職 12, どっち も ドア うるさい 7, 分 電 盤 接続 資格 7, 測 温 抵抗 ブリッジ 8, Wowow 無料 映画 4, Bts パパ 妄想 #ユンギ 7, おいでよ どうぶつの森 裏 わざ 金儲け 4, 製薬 品質管理 2ch 4, Bg 身辺警護人 7話 Dailymotion 11, Make O C Cに名詞 4, 外壁 コケ クエン酸 15,