VuefityのGrid Systemの説明を行なっています。VuefityのGrid Systemは主にv-container, v-row, v-colの3つのコンポーネントを使って表示するレイアウトを設定することができます。ダッシュボードに表示させるグラフを使ってGrid Systemの設定方法を説明します。 margin-top:16px; = mt-4, 今回は、v-card-titleのpadding-bottomを取り除きますのでpb-0を付与しましょう。, デフォルトのボタンです。 そして、テキストの色の変更もメインカラーを与えた後に{lighten|darken}-{n}クラスを追加することで、変更ができます。, Vuetifyではinputにも様々種類が用意されています。 900px以下は可変。900px以上は幅固定+padding24pxのbeautifulなレイアウトをする事ができます!, 今のままだと、新規会員登録フォームの文字が目立たないので、文字サイズと濃さの調整をします。 早速selectとtextfieldを使用してみましょう。, まずは、v-selectからです。 Vuefityを利用することで効率的にGUI画面を作成することができますが使いこなすためにはVuefityの基本的な使用方法を理解しておく必要があります。, 本文書ではVuetifyがマスターできるように実践的なダッシュボードの作成を通してVuetifyの使用方法を確認していきます。, 説明は2回に分けて行い、1回目である本文書ではダッシュボードのレイアウトの作成方法とルーティングの設定方法を確認します。本文書を読み終えるとVuetifyを利用して自分の力で下記の画面を作成することができます。, 2回目ではダッシュボードに表示させるグラフコンポーネントを使って、Grid System(グリッドシステム)やResponsive Design(レスポンシブデザイン)の設定方法を確認します。, Vuetifyを利用するためにまずはvue.jsの環境を構築する必要があります。Vue CLIを利用するので@vue/cliのインストールを事前に行なっておく必要があります。, vueコマンドで、veutify_lessonという名前のプロジェクトを作成します。, コマンドを実行するとpresetの選択画面が表示されます。Vue CLI v4.5以上の場合はVue 3を選択することができます。2020年8月13日時点です。, Vue Routerを利用するのでManually select featuresを選択し、Babel, Router, Linterを選択します。ヒストリーモードの選択、linterの設定など下記のように設定を行なっていきます。, インストールが完了したら、npm run serveコマンドを実行してください。ビルドが行われ完了するとローカルサーバのURLが表示されるので、ブラウザでアクセスしてください。, インストールを行う前に起動していたnpm run serveを一度停止し、vuetifyのインストールを行います。vue addコマンドでvuetifyを指定してインストールを行います。, Vuefityインストール後にnpm run serveを実行してブラウザでhttp://localhost:8080/にアクセスすると下記のようにVuetifyのログに変更された画面が表示されます。, srcディレクトリの中にあるmain.jsを開くとrouterとvuetifyがimportされていることが確認できます。, ここまでの作業でVuefityを利用するために必要となるvue.jsの環境構築は完了です。, インストール直後のsrc¥App.vueファイルにVuefityインストール後に確認したブラウザに表示されている内容が記述されています。本文書では何もない状態から作成を行なっていくため、v-appタグのみを残して他の情報はすべて削除します。, v-appのようにVuetifyのタグにはすべて”v-“が先頭につきます。タグの中でもv-appはもっとも重要なタグの一つでVuetifyを利用するための必須タグです。Vuetifyのコンポーネントはすべてv-appの内側に記述していきます。, ここからダッシュボードの作成を行なっていきます。本文書でのダッシュボードは一般的なアプリケーションの管理画面のように上部にナビゲーションバー、左側にはナビゲーションメニューが表示されているような画面です。Vuetifyのドキュメントの画面を参考にダッシュボードページを作成していきます。, 今回はVuefityのドキュメントページと同様に下記のようなレイアウトを作成します。, 上記のレイアウトを作成するためには、v-navigation-drawer, v-app-bar, v-footerの3つのコンポーネントが必須です。それぞれのコンポーネントについて個別に説明を行い、最後にレイアウトを完成させます。レイアウトは各ページ共通で、v-mainの部分にページ固有のコンテンツを表示させていきます。, ダッシュボード画面の上部にナビゲーションバーを設定する場合は、v-app-barタグを使用します。, ページトップにナビゲーションバーを設定するためにv-app-barタグ、サイトのタイトルを表示するためにv-toolbar-titleタグを追加します。, ブラウザで確認するとv-toolbar-titleタグの間に入れたVuetifyのみ表示されます。, ナビゲーションバーに色をつけてみましょう。v-app-barタグにdarkを設定すれば背景がグレーで文字が白になります。, ナビゲーションバーにどのような設定が行えるかはVuetifyのドキュメントで確認することができます。Vuetifyのドキュメントページにアクセスし、左側のナビゲーションバーからUI Components、Barsを選択し、その中にあるApp barsを選択してください。APIの項目からAvaiable Componentメニューからv-app-barを選択してください。PROPSに表示される項目を設定することができます。PROPSの中にdarkを見つけることができます。, darkをタグに設定することは背景色の色を変更するだけではなくdarkとういうテーマを適用することになります。darkテーマを設定すると先ほど説明したようにバーの背景色がグレーになり、文字の色は白に変わります。デフォルトのテーマはlightに設定されています。Vuefityはテーマという単位でサイト全体の色の設定の統一を行うことができます。, darkを設定しましたがv-app-barタグにはcolorを使って色の設定を行うことができます。色の設定にはred、greenなどの文字列、#033やrgba(255, 0, 0, 0.5)でも設定することができます。, colorにprimaryを設定してみます。青っぽい色に変わります。primaryカラーはVuetifyのサイトでも利用されている色なので、今後もこの色で進めていきます。, これまで触れていませんでしたが設定したcolorが画面全体に広がっています。全体に広がっている原因は、ナビゲーションバーの高さ調整が行われていないためです。appをapp-barタグに設定するとナビゲーションバーの高さを自動調整してくれます。, フッターを追加したい場合はv-footerタグを利用します。v-app-barと同様にcolor、app、darkを設定します。, サイドのナビゲーションメニューの作成には、v-navigation-drawerタグを使用します。v-app-barタグの上に追加してください。, もしv-navigation-drawerタグを追加後も何も画面に変化がない場合はブラウザの横幅を広げるかズームで縮小サイズにしてみてください。下記のように横幅を広げると左側にナビゲーションメニューが表示されます。, 画面のサイズによってVuetifyがナビゲーションメニューの表示・非表示の制御を行なってくれます。, ユーザ側でもナビゲーションメニューの表示・非表示が行えるようにハンバーガーメニューを追加します。ハンバーガーメニューのv-app-bar-nav-iconタグとして準備されているのでこれを利用します。, v-tool-bar-titleタグの直前に追加したのでVuetifyの文字列の左側にハンバーガーメニューが表示されます。, ハンバーガーメニューを追加するとクリックすることは可能ですがクリックしても何も変化は起こりません。, ハンバーガーメニューをクリックすることでナビゲーションメニューの表示・非表示を制御するためにv-app-bar-nav-iconタグにvue.jsのclickイベントを設定します。また、ナビゲーションメニュー(v-navigation-drawer)にはv-modelのデータプロパティdrawerを設定します。, クリックイベント、v-modelの設定とデータプロパティの追加に問題がなければハンバーガーメニューをクリックするとナビゲーションメニューが表示され、ナビゲーションメニューの外側をクリックするとメニューが消えます。, 下記のようにナビゲーションメニューが表示されるとそれ以外の部分が少し暗くなるので、そこをクリックするとナビゲーションメニューは非表示になります。, ブラウザの幅を広げた時ナビゲーションメニューが上部から表示されているので、ナビゲーションバーの下に表示されるようにclippedを利用します。clippedはナビゲーションバーの下にナビゲーションメニューを配置させる設定です。, ここまでの設定でレイアウトの作成は完了です。ここからはナビゲーションのメニュー等に使うボタンなどの各種コンポーネントの設定を行なっていきます。, ダッシュボードで必ず表示されているボタン、ドロップダウンメニュー、アイコンをVuetifyのコンポーネントを利用して設定していきます。, v-app-barタグの中にボタンを追加します。ボタンの作成はv-buttonタグを利用します。, 2つのコンポーネントの間にスペースをとりたい場合はv-spacerタグが使えます。, ボタンにもVuetifyを利用して詳細な設定を行うことができます。ボタンの透明にしたい場合はtextを設定します。ボタンが透明になり背景色と同じ色になります。, サイズを変更したい場合は、x-largeやx-smallを設定することができます。, 通常はv-btnのtextで透明にしてもボタンのクリック領域は枠線(outlinedを設定すると見える)の内部のみとなります。v-btnをv-toolbar-itemsタグで囲むことでボタンにマウスオーバーした際にv-app-barコンポーネントの高さ分のクリック領域を持たせることができます。, 左側から2番目のボタンにマウスオーバーしています。v-app-barの高さ分がクリック領域になっていることがわかります。, 2つのボタンを設定し、それぞれのボタンにFor Enterprise, Supportを設定します。, ナビゲーションバーへのボタンの設定方法がわかったのでボタンを押した時にドロップダウンメニューを表示される設定を行なっていきます。, v-app-barタグのボタンにドロップダウンメニューの設定を行いますがドロップダウンメニューの設定についてはvuetifyのドキュメントに記載されているコードを参考に作成します。, VuetifyのドキュメントのUI ComponentsでMenusを選択してください。, v-toolbar-itemsタグの中のSupportボタンにドロップダウンメニューのコードを追加します。, v-slot:activatorの箇所については下記のSlotに関する文書が参考になります。, v-list-itemを追加することでドロップダウンメニューに含まれるメニューの項目を増やすことができます。, v-menuのコードを追加しブラウザでページを開いたあとSupportボタンをクリックするとメニューが表示されます。Vuetifyを使えば簡単にドロップメニューを作成することができます。, 先程はメニューの項目をv-menuの中に直接記述していましたが、v-forを利用することで表示されるドロップダウンメニューの項目を設定することもできます。v-forを利用するため新たにメニューの値の配列を持ったデータプロパティsupporsを追加します。, 先ほどのドロップメニューの確認では、v-listタグの中に手動でConsulting and supportとDiscord communityを入力していましたが、v-forを利用してvue.jsに設定したリストから項目を取り出します。, またメニューの項目の上にサブヘッダーの追加しておきます。サブヘッダーにはv-subheaderタグを利用します。, v-forとsupports追加後にブラウザで確認するとsupportsで設定した値がリストと表示されていることを確認することができます。, ドロップダウンメニューを追加することでメニューリストが表示されダッシュボードらしくはなってきました。しかしサイトデザインがシンプルすぎるのでアイコンの設定を行います。まず、SUPPORTがドロップダウンメニューであることをユーザにわかってもらうためにSUPPORTの右側にmenu-downのアイコンを設定します。ここではVuetifyでのアイコンの設定方法を確認します。, アイコンはhttps://materialdesignicons.com/から見つけることができます。, ブラウザで確認するとSUPPORTの文字列の右側に下矢印のアイコンが表示されていることが確認できます。, SUPPORTをクリック後に表示される各ドロップダウンメニューにもアイコンの設定を行います。, supportsのデータプロパティを配列からオブジェクトに変更しアイコンの名前を設定します。, 設定変更後、Supportボタンをクリックすると各メニューの左側にアイコンが表示されていることを確認することができます。, サイドのナビゲーションメニューの中身の設定(v-navigation-drawerタグの中)を行なっていきます。, ナビゲーションメニューのタイトルの設定を行います。v-navigation-drawerタグの中身を下記のように書き換えます。その際、v-listタグを利用します。タイトルタグのv-list-item-titleにclass=”title”を設定すると文字の大きさと太さが変わります。, 文字の色が黒なのでグレーへと変更します。さらにグレーの色の濃さを少し濃いめに設定します。, ブラウザで確認すると文字の色が変更されていることがわかります。grey–textはテキスト文字の変更を行い、text-darken-2は色の濃さを変更することができます。, 色の細かな設定は、VuetifyのドキュメンテーションのStyles&animationsのColors(Material Colors)で確認することできます。darkenのあとの数字を大きくすればさらに色の濃さは増し、1-4を設定することができます。darken-4でもっとも濃い色の選択になります。darkenで色を濃くするだけではなくlightenでは色を薄くすることも可能です。lightenは1-5を設定することができ、light-5が一番薄い色になります。, ナビゲーションメニューの設定もv-listタグとv-forを使って設定を行います。新たにデータプロパティnav_listsを追加します。, ナビゲーションメニューを表示するv-list部分のコードは下記となります。v-dividerタグを追加して、タイトルとメニューの間に横線を入れています。, v-listにnavとdenseを設定していますが、どちらもスタイリングを調整するために使っています。, denseを設定していない場合は下記のような表示になります。リストの高さが高くなり、文字の大きさも大きくなります。, サイドのナビゲーションメニューの項目をクリックするとその項目に紐づいているその下の階層のメニューを表示させるためにエクスパンションリストの設定を行います。先ほどリストの設定を行いましたが、v-list-groupタグを使用するため書き換えが必要となります。, データプロパティnav_listsに下の階層の情報を追加します。下の階層がある項目については新たにlistsで配列を追加しています。配列に下の階層のメニューを設定します。, 下の階層がある項目については右側に下矢印のアイコンが表示されます。その項目をクリックすると下の階層メニューが表示されます。, v-list-groupタグの中で設定されているno-action、:append-iconについて説明を行います。, no-actionについては、no-actionを設定しなければ下の階層の左側のpaddingが設定されないため下記のような表示になります。メニューのStyle & animationsの下のColors, Content, Displayのpaddingがないため左側によって表示されます。, :append-iconについては、:append-iconを設定しなければ下の階層がないメニューについても右側に矢印が表示されます。:append-icon=”””(ダブルクオテーション、シングル、シングル、ダブル)にすれば矢印が表示されなくなります。コードでは下の階層があれば矢印、なければ矢印がいらない設定を行なっています。nav_listにlistsが存在するかどうかで判別しており、階層がなければ”(シングル、シングル)、あればundefinedの設定を行なっています。, ここまでの設定でグローバルメニュー、フッター、ナビテーションメニューのレイアウトの作成方法を理解することができました。レイアウトの次は各ページで表示させるコンテンツの設定方法について確認していきます。, コンテンツを表示させる部分には、v-mainタグを使います。v-mainタグはv-app-barタグ(閉じタグ)の下に配置します。, 構築した環境ではVue Routerがインストールされているので、v-mainの中にrouter-viewタグを挿入します。, v-mainタグの中に表示させる内容を制御するためにルーティングの設定を行なっていきます。, デフォルトでは”/”(ルート)と/aboutのルーティングが下記のように設定されています。, router-viewタグを挿入すると、”/”(ルート)にアクセスした場合は、views/Home.vue、/aboutにアクセスした場合は、views/About.vueの中に記述された内容が表示されます。, Enterpriseページの作成を行います。viewsディレクトリの中にEnterprise.vueファイルを作成します。作成したファイルには下記を記述します。, ファイルを作成したらブラウザから/enterpriseにアクセスがきた場合にEnterprise.vueの内容を表示させるためroutes.jsファイルに新しいルーティングを追加します。, ルーティングを追加後、ページの左側上部にあるFOR ENTERPRISEボタンにenterpriseへのリンクを設定します。, リンクは、v-buttonタグにto=”/enterprise”を加えることで設定することができます。, 設定が完了すると上部のFOR ENTERPRISEボタンをクリックするとEnterprise.vueに記述した内容が表示されます。, v-buttonにリンクの設定を行いましたが、他のv-list-itemにもリンクを設定する必要があります。, SUPPORTボタンのドロップダウンメニューへのリンクを設定するためにデータプロパティのsupportsにあたらにプロパティlinkを追加します。それぞれのlinkプロパティにリンク先のURLを設定します。, サイドのナビゲーションメニューにもリンクを設定する必要があります。v-list-itemへの設定方法は先ほどのドロップダウンメニューを設定した時と同じです。, nav-listsプロパティも下記のようにlinkプロパティを追加する必要があります。, このようにtoを使ってリンクを作成し、router.jsファイルに新たなルーティングを追加し、各ページの内容を記述したvueファイルを作成すればルーティングの設定は完了です。, Laravel8 Breeze シンプル認証機能

少し休憩ということで、たんぽぽをプレゼント致します。, Vuetifyにはspacingという機能も搭載されていて、それがまた優れものです。 そんな時に活躍するのがspacing機能です。, クラスは3つの要素の組み合わせです。 auto-growを入れると、テキストを入力する随時伸びるようになります。, ベタがきなので、凄い冗長に見えますが、for文で回せばスッキリ、pugにするとさらにスッキリします。 Dismiss Join GitHub today. 設定はすべてデフォルトでOKです。, 作成したプロジェクトでは特に何も意識する必要はなく、普通に Vuetify のコンポーネントを利用するだけでOKです。 https://vuetifyjs.com/ja/guides/a-la-carte#limitations, Vue CLI3 を 利用して Vuetify を追加すれば、何も設定せずとも有効になっています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 1 はじめに1.1 Vue.jsとは1.2 インストール1.3 Vueアプリケーションを作る2 データを表示する2.1 文字列を表示する2.2 HTMLで表示する3 属性を指定する3.1 インラインス ... はじめに 軽量JSフレームワークとして有名なVue.js。 最近、Laravelに触れる機会が増えたことと、以前からRails + Vueという構築を耳にするので、今更ではありますが勉強を始めようと思 ... 1 はじめに2 型アノテーション2.1 プリミティブ型2.2 リテラル型2.3 any2.4 nullとundefined2.5 ユニオン型2.6 交差型2.7 タプル型2.8 列挙型2.9 配列2.

今回は、紳士として、templateの中身以外は触りません, Vuetify 先月Vuetify v1.3がリリースされましたが、新しいコンポーネントが追加されたこと以外に、vuetify-loader というloaderが追加されています。 これがなかなかの優れものだったので、その内容をまとめま … webpack を production mode でビルドすれば、Tree Shaking によって、不要なコンポーネントが除去された状態でバンドルすることができます。, 今までは、少しでもファイルサイズを減らしたいので頑張ってインポートしていたのが、何も意識することなくできるようになっているのは非常に素晴らしい進化だと思います。, あと関係ないですが、Vue CLI3 が便利でビックリしました。特に vue uiコマンド。



Ps4 マイ イベント 削除 8, ジャパネットたかた ダイソン 掃除機 バッテリー 19, 被告人 イボヨン 出演 9, X260 Bios パスワード解除 14, Windows10 Apn設定 Docomo 6, 花 に 亡霊 ピアノ ドレミ 11, 拡張子 変更 Mac 音楽 4, Jリーグ 試合数 2020 7, 猫 体型 おかしい 4, Wowow 無料 映画 4, ハイエース 4型ヘッドライト 移植 5, マツダ ロードスター Nb オートマ ブログ 5, イグニス コンセントレート エナジスト 口コミ 6, Ja11 車 中泊 ベッド 自作 5, Mac 動画 アスペクト比 変換 4, 愛 憎しみ 名言 5, エイブル から エイブル 6, 浴室乾燥機 修理 Diy 6, タント コーナーセンサー 鳴らない 13, 雑 工 独立 4, Don't Do It 和訳 4, カーボン 輪行 破損 4, 発芽玄米 作り方 東京ガス 12, 下痢 パンツ 捨てる 44, Ff14 エターナルリング 紛失 11, Tls スピーカー 製作 4, Ff7 攻略本 発売日 6, Arduino スイッチ 一回 だけ 13, 荒野行動 人口 2020 8, 上越市 コロナ 爆 14, アンパンマン ひらいてぴょこん メルカリ 8, バニラvisa Kyash チャージ 7, 車高調 倒立式 デメリット 5, 激安 手作り おやつ 5, スマートゴルフナビ 操作 方法 13, マヤ メルファリア Vtuber 4, ジャパネット ハガキ クーポン 4, 邦楽 天才 打線 20, Ff10 Steam フルスクリーン 4, 地球防衛軍5 Dlc 稼ぎ 25, Pdf ハイパーリンク 削除 10, 86 ドライ カーボン ドア 4, ピアニカ ホース 100 均 14, 血界戦線 11話 動画 5, U12 体操 2019 結果 22, トルク 問題 物理 5, Access 落ちる 原因 5, ベンツ Cla 納期 33, 沖縄 安波 サーフィン 8, Windows10 画面共有 複数 6, 中央大学 移転 2ch 12, 警察学校 彼氏 連絡 4, ポケモンセンターオンライン 予約 いつ届く 4, Fx 大損 地獄 15, 漆喰 二度塗り 時間 9, Fiio M7 Spotify 4, 無印 リネン レディース 4, Lenovo 録音 デバイス 8, アイシス 燃費 Jc08 9, 卵焼き 卵1個 カロリー 6, Wiiタタコン Switch 変換 21, Benq Gl2480 音 5, Er Gf81 Er Gf80 違い 59, Big Dipper 2 和訳 Lesson5 Part1 24, Rad 告白 カラオケ 7, ライブdvd ブルーレイ どっちを買う 5, 高齢者 性 画像 9, マクセル ブルーレイディスク ダビング できない 5, カナリア 鳴き声 うるさい 12, 領収書 分割 計算 6, 台湾 芸能人 カップル 6, 襟 縫い方 コツ 7, Javascript サジェスト 自作 6,