Horizon Client を正常に使用できなくなる原因となる構成または設定の問題が複数存在します。, Horizon Client にログインできない場合は、VMware View 5.1 以降と互換性があるバージョンの VMware Horizon Client を使用していることを確認してください。, デスクトップが起動しない場合、環境内で他のソフトウェアがポート 443 を使用していないことを確認してください。, 「デスクトップに接続できない」というエラー メッセージが表示される場合、View Agent が実行されていません。Windows のコントロール パネルのプログラムで、インストールされているプログラムの一覧に Horizon Agent と View Agent Direct Connect が表示されることを確認してください。表示されない場合は、インストールが正常に完了していません。再インストールが必要です。View Agent ソフトウェアがインストールされている場合、View Agent Service が実行されていることを確認します。, Horizon Client のセッションがアイドルになってから終了するまでの時間が短すぎる場合は、Horizon Client のセッション タイムアウトの設定によって、アイドル時間が非常に短くなっています。管理コンソールで、Horizon Client のセッション タイムアウトの設定を変更できます。. Horizon Client にログインできない場合は、VMware View 5.1 以降と互換性があるバージョンの VMware Horizon Client を使用していることを確認してください。 デスクトップが起動しない Linux 版 VMware Horizon Client 2.3.x | 2014 年 6 月 19 日 Linux 版 VMware Horizon View Client 2.3 | 2014 年 1 月 23 日 Linux 版 VMware Horizon View Client 2.2 | 2013 年 11 月 14 日 Linux 版 VMware Horizon View Client 2.1 | 2013 年 7 月 9 日 Linux 版 VMware Horizon View Client 2.0 | 2013 年 3 月 14 日 Horizon Client 3.2.1 で解決された問題(2015 年 6 月 9 日公開) Windows 版 Horizon Client 3.2.1 は、Windows XP および Vista クライアント オペレーティング システムへのインストールがサポートされる Horizon Client の最後のバージョンです。 VMware Horizon Clients for Windows, Mac, iOS, Linux, Chrome and Android allow you to connect to your VMware Horizon virtual desktop from your device of choice giving you on-the-go access from any location. VMWare Horizon Client Failed to install. Click here for a list of certified thin clients, zero clients, and other partner solutions for VMware Horizon. pospelov Aug 12, 2020 9:15 AM Hello. Logs generated by the installer are attached. I will be very grateful if you can help me figure out the cause of this problem. VMware Horizon 7 バージョン 7.9 には次の新機能および機能拡張が含まれています。これらの情報をインストール可能なコンポーネント別に提供します。, VMware Horizon 7 バージョン 7.9 リリースには、Horizon Connection Server および Horizon Agent の多くの新機能と拡張機能が含まれています。Horizon Console の機能パリティを構築し続けているのも含まれています。HTML5 ベース Web コンソールの Horizon Console は最終的に Horizon Administrator に代わります。, HTML Access 5.1 を含む Horizon Client 5.1 の新機能については、Horizon Client のドキュメント にあるリリース ノートを参照してください。, 次の新機能をサポートするため、Horizon 7.6 以降では必須コンポーネントになります。, Horizon Administrator と Horizon Console のユーザー インターフェイス、Horizon Administrator と Horizon Console のオンライン ヘルプ、Horizon 7 製品ドキュメントは、日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語でご利用いただけます。詳細については、VMware Horizon 7 ドキュメント センターを参照してください。, frontServiceWhitelist = tunnel|ajp:broker|ajp:portal|ajp:misc|moved:*|file:docroot, 以前のリリースで導入された機能は、各リリースのリリース ノートに既存の既知の問題と一緒に記載されています。, 1911437:HKLM\Software\VMware, Inc.\VMware VDM\Agent\USB\UemTimeouts にタイムアウト値を設定しても、有効になりません。, 1995561:Horizon Console に、自動デスクトップ プールや自動ファームのデータストア(共有またはローカル)を示すアイコンが表示されません。, 2293188:Horizon Console で パーシステント ディスクを接続すると、管理者に管理権限のないマシンが表示されます。, 2252570:Horizon Console でスマート カード認証を使用できません。, 2294241:Horizon Console で、選択を [スタンドアローンの Horizon Composer Server] から [vCenter Server と一緒にインストールされた Horizon Composer] に変更すると、Horizon Composer を編集できません。, 2294801:Horizon Console で、スタンドアローンの Horizon Composer Server を追加し、Horizon Composer Server のユーザー名とパスワードを変更すると、[設定内容の確認] ページにエラー メッセージが表示されます。, 2293423:Horizon Console でリンク クローンをリストアするときに、[vCenter Server からインポート] ウィンドウでデータセンターの値を変更すると、最初のデスクトップ プール エントリを選択できません。, 2294138:Horizon Console で、[設定] > [管理者] > [ロールの権限] の順に移動して、最後のロールから最後の権限を削除すると、読み込み中を表すアイコンが表示されたままになります。, 2310781:Internet Explorer Web ブラウザを使用して、Horizon Console に SAML 2.0 認証子を追加すると、SAML 2.0 認証子の受け入れと追加に必要な証明書が表示されません。, 2313771:Horizon Console で、グループにグローバル資格(デスクトップまたはアプリケーション)を付与すると、そのグループ内のユーザーにホーム サイト上書きを追加するときに、ユーザーに同じグローバル資格を明示的に付与する必要があります。, 2273138:Horizon Administrator に表示されるユーザー セッションのステータスと RDS ホストに表示されるユーザー セッションのステータスが異なります。, 2320364:イベント データベースが、ログ内の仮想マシン名ではなく、仮想マシンの GUID をキャプチャします。, 2319428:強制ログアウトがトリガされていないため、Connection Server が、インスタント クローン デスクトップ プール内の一部の仮想マシンでスケジュールされたイメージのプッシュ操作を実行しません。, 2318790:PCoIP Secure Gateway の CPU 使用率が 100% になり、セキュリティ サーバが応答不能になります。このため、ユーザーが接続できません。, 2337476:Connection Server を Horizon 7 バージョン 7.2.0 以降からアップグレードすると、HTML Access がインストールされません。, 234799:クラウド ポッド アーキテクチャ環境で、アップグレードを行った後に HTML Access のサイドバーとランチャーに一部のプールが表示されません。, 2347998:Connection Server インスタンスで異なるバージョンの Horizon 7 が実行されている混在モードのクラウド ポッド アーキテクチャ環境で、Horizon Client からリモート デスクトップを起動できない場合があります。, 2310349:Horizon 7 バージョン 7.5.1 から Horizon 7 バージョン 7.7.0 にポッドをアップグレードした後、Horizon Administrator で [カタログ] > [グローバル資格] を選択すると、サーバ エラーが発生します。Horizon 7 バージョン 7.5.1 から Horizon 7 バージョン 7.7.0 または 7.8.0 にポッドをアップグレードした後、Horizon Console で [インベントリ] > [マシン] を選択すると、「内部エラーが発生しました」というメッセージが表示されます。Horizon 7 バージョン 7.5.1 から Horizon 7 バージョン 7.7.0 または 7.8.0 にポッドをアップグレードした後、古いユーザーが存在しているときに Horizon PowerCLI Get-HVMachineSummary コマンドレットを使用すると、「EntityNotFound」というメッセージが表示されます。, 1655461、1659128、1661027:短時間ネットワークが停止した後、Horizon Client とリモート デスクトップ間の VMware Blast セッションが回復する、または再接続すると、次の一部の機能が動作を停止する場合があります。, 2329564:公開アプリケーションを再ロードすると、エンドユーザーに複数のインスタンスが起動します。, 2261193:バックアップした .ldf ファイルをインポートしても、Horizon 7 の一部の構成がリストアされません。, 2225252:Horizon Administrator ダッシュボードで View Composer のステータスが緑色になっていますが、SSL 証明書のステータスが「不明」になっています。, 2328222:Horizon Administrator で、[セッション] タブの [メッセージを送信] をクリックすると、アクティブなセッションで選択した一部の仮想マシンにメッセージが送信されません。, 2274553:Horizon Client で公開アプリケーションを使用しているときに、ポップアップ メニューなどのサブウィンドウが表示されません。, 2256633:Horizon 7 バージョン 7.9 で、コンピュータベースの GPO がインスタント クローンに適用されません。, 2316930:スマート カード認証を使用してログインすると、[Horizon Administrator] ページが正しく読み込まれません。, 2269220:リンク クローン ファーム ドメインが、Connection Server ドメインによって外部から信頼されている一方向の信頼ドメインの場合、リンク クローン ファームを作成できません。, 2289635:イメージのプッシュ操作を行った後、一部のインスタント クローン仮想マシンに、更新されたスナップショットではなく、古いスナップショットが残っています。, 2320685:一部のユーザーが既存のアプリケーション セッションに接続できません。, 個人設定プロファイルを使用して Windows 10 LTSB マシンにログインし、クイック アクセスから Downloads や My Documents などの制限付きのフォルダにアクセスすると、次のエラーが発生します。, C:\Users\vdiuser7\Downloads を使用できません。フォルダを追加する API やクイック アクセス用のファイルは Microsoft から提供されていません。回避策:なし, 個人設定管理が構成された仮想マシンに 2 回目にログインすると、Microsoft Edge ブラウザがクラッシュし、OneDrive アプリケーションが使用できないことを通知するエラー メッセージが表示されます。また、ファイルとフォルダが正しくレプリケートされません。この問題は、Windows 10 ビルド 1703 以降で発生します。回避策:個人設定管理の設定で [ローカル設定フォルダを移動] を無効にします。この設定を無効にすると、Microsoft Edge ブラウザは正常に動作しますが、最初にログインしたときだけ OneDrive アプリケーションを使用できます。, Horizon Persona Management の設定が有効になっていると、Windows Server 2012 仮想マシンのファイルにオフライン アイコンが表示されません。回避策:なし。, Windows 10 バージョン 1703 CBB システムに Horizon Agent がインストールされ、Persona Management が有効になっている仮想マシンで最初のログインに成功した後、次回のログイン以降で「OneDrive - 無効なイメージ エラー」というメッセージが表示されます。, 回避策:   Windows 10 バージョン 1703 CBB システムで OneDrive を使用しないでください。グループ ポリシー管理エディタで、[コンピュータの構成] > [ポリシー] > [管理テンプレート] > [VMware View Agent の構成] > [個人設定管理] > [移動と同期] フォルダの順に移動し、「ローカル設定フォルダを移動」の設定を無効にします。, 最新の Windows 更新が適用された Windows Server 2016 で、コマンド ラインから View Composer インストーラを実行すると、Microsoft.NET 4.6 Framework エラーが発生します。CLI インストーラが Microsoft .NET 4.7 の最新バージョンを認識できないため、この問題が発生します。回避策:View Composer インストーラのインターフェイスを使用して、インストーラを実行します。, viewdbchk.cmd –findMachine コマンドを実行すると、View Composer に接続できません。回避策:View Composer の自己署名証明書を Connection Server のキーストアにインポートするか、カスタム CA 証明書を使用します。, vSphere 6.7 のゲスト カスタマイズ ユーティリティに最近行われた変更が原因で、Horizon 7 バージョン 7.5 へのアップグレードを行う際、旧バージョンの Horizon Agent の View Composer 7.5 では Sysprep のカスタマイズ メソッドを使用したリンク クローン プールのプロビジョニングおよび再構成はできません。プロビジョニングまたは再構成を行うと、リンク クローン デスクトップおよびファームが永久にカスタマイズ状態になり、スタックします。回避策:VMware Tools を最新バージョンにアップグレードし、親仮想マシンで Horizon Agent をバージョン 7.5 にアップグレードして、アップグレードした親仮想マシンのスナップショットを取ります。次に、vSphere 6.7 で Sysprep のカスタマイズ メソッドを使用して、リンク クローン デスクトップ プールのプロビジョニングまたは再構成を行います。, Win2k12 Standard と Datacenter バージョンで、リンク クローンがカスタマイズ状態になり、スタックします。回避策:この問題の修正方法については、VMware ナレッジベースの記事 https://kb.vmware.com/s/article/57348 を参照してください。, ローカル データストアにインスタント クローンをプロビジョニングする場合、該当するホストをメンテナンス モードに切り替えることができません。移行されないように内部仮想マシンとインスタント クローンがローカル データストアに格納されているため、この問題が発生します。回避策:インスタント クローン デスクトップ プールを削除します。これにより、関連する仮想マシンが削除され、対応するホストをメンテナンス モードに切り替えることができます。, インスタント クローンの親仮想マシンがパワーオン状態のホストに存在すると、VUM を使用する ESXi ホストの修正が失敗します。回避策:詳細については、VMware のナレッジベースの記事 KB2144808「Entering and exiting maintenance mode for an ESXi host that has Horizon instant clones」を参照してください。, Windows Server 2016 RDS ホストと Windows Server 2019 RDS ホストで、Windows ユニバーサル アプリケーションがサポートされません。, それぞれに異なるテンプレートがセットアップされた CA と SubCA を含む環境で真の SSO をセットアップするときは、CA または SubCA からのテンプレートと別の CA または SubCA の組み合わせを使用して真の SSO を構成できます。その結果、ダッシュボードには真の SSO のステータスが緑色で表示されることがあります。ただし、真の SSO を使用しようとすると失敗します。, セッションがローカル セッションか、ローカルのポッドで実行されている場合、Horizon Help Desk Tool にポッド名が表示されません。回避策:Horizon Help Desk Tool にポッド名が表示されるように、クラウド ポッド アーキテクチャ環境を設定します。, Workspace ONE のレプリカ サーバでは、Workspace ONE モードの設定は反映されません。回避策:Connection Server で Workspace ONE モードを設定します。, このリリースでは、複数の URL コンテンツ リダイレクト設定を作成することを推奨しません。, クラウド ポッド アーキテクチャ環境の場合、Horizon Administrator で [インベントリ] > [セッションを検索] の順に選択しても、グローバル アプリケーション資格から事前起動されたアプリケーション セッションが表示されません。回避策:事前起動のセッション情報を確認するには、ホスティングするポッドの Connection Server インスタンスで Horizon Administrator ユーザー インターフェイスにログインし、[監視] > [イベント] の順に選択してください。, 20 から 50 のクラウド ポッド アーキテクチャ グローバル アプリケーション資格が割り当てられているユーザーが、任意のバージョンの Horizon Client 経由で接続して Horizon 7 で認証を行うと、20 秒から 30 秒の遅延が発生します。注:Horizon 7 バージョン 7.2 では、この接続時間は若干向上しています。回避策:なし。, NVIDIA GRID vGPU を使用するように設定された View Composer デスクトップ プールに基づいた仮想マシンのプロビジョニングが失敗し、次のエラーが表示されます。操作のために親リソース プールで利用可能なグラフィック リソースが不足しています。回避策:クラスタ内の 3D レンダリングのために設定されたすべての仮想デスクトップに対して単一の vGPU プロファイルを使用します。, vCenter Server 6.5 を含む vCenter Server 6.0 U3 以降で エラー発生時に内部親仮想マシンが別のホストに移行されます。この移行は、ターゲット ホストに不要な親仮想マシンがある場合に発生します。回避策:これらの親仮想マシンを手動で削除します。詳細については、『Horizon 7 での仮想デスクトップのセットアップ』を参照してください。, メモリ不足の可能性を低減するため、フレーム バッファが 512 MB 以下の vGPU プロファイルの場合、Windows 10 ゲスト OS でサポートされる仮想ディスプレイ ヘッドは 1 つだけです。 フレーム バッファが 512 MB 以下の vGPU プロファイルは次のとおりです。, 回避策:複数の仮想ディスプレイ ヘッドに対応し、フレーム バッファが 1 GB 以上のプロファイルを使用します。, クライアント制限機能が有効で、一方向の Active Directory 信頼が設定されているドメインの使用資格がある場合、公開デスクトップとアプリケーション プールが起動しません。回避策:なし, アップグレード後、「ファーム、デスクトップおよびアプリケーション プールを管理」(オブジェクト固有の権限)を含むロールが設定されていると、ファームの追加オプションが灰色になります。回避策:「ファーム、デスクトップおよびアプリケーション プールを管理」権限を含むロールを編集するか、再度作成します。これにより、「グローバル構成とポリシーを管理」権限も追加されます。, アップグレード後に、Workspace ONE にブックマークが表示されません。回避策:Workspace ONE のカタログからブックマークを再度追加します。, ネットワーク ケーブルを取り外して再度接続した後、クライアント マシンで [切断してログオフ] をクリックすると、リモート デスクトップが切断されず、ログオフしません。, 回避策:手動でリモート デスクトップのウィンドウを閉じて、リモート セッションから切断します。, Horizon Administrator でフル仮想マシンを含む自動プールのクローンを作成しているときに、[設定内容の確認] で多くのフィールドに値が表示されません。ただし、クローン作成処理は成功します。回避策:なし。, Sysprep カスタマイズを使用してリンク クローンと完全クローンを作成すると、Windows 10 ゲスト OS でカスタマイズとドメインへの参加に失敗する場合があります。回避策:これは、Microsoft Windows の問題が原因で発生します。この問題を解決するには、Microsoft ナレッジベース (KB) の次の記事にある手順に従ってください。https://support.microsoft.com/en-us/help/2769827, Horizon 7 ライセンスが設定されていないと、Horizon Console でリンク クローン デスクトップ プールまたはフォームを作成できません。回避策:Horizon 7 ライセンスがない場合は、Horizon Administrator でリンク クローン デスクトップ プールまたはファームを作成します。, Microsoft Edge ブラウザから Horizon Console にログインできません。Internet Explorer ブラウザから Horizon Console にログインすると、アイコンではなくキーワードだけが表示されます。この問題は、DNS 名ではなく IP アドレスを使用して Connection Server またはセキュリティ サーバに接続すると発生します。回避策:接続するときに、IP アドレスではなく DNS 名を使用します。詳細については、VMware のナレッジベースの記事 KB2150307 (https://kb.vmware.com/s/article/2150307) を参照してください。, Web ブラウザとして Safari バージョン 10.1.1 を使用し、完全修飾ドメイン名で Horizon Console にログインすると、ユーザー インターフェイスで問題が発生します。たとえば、下のパネルに何も表示されません。回避策:Safari バージョン 10.1.1 は、Horizon Console でサポートされる Web ブラウザではありません。バージョン 10.1.1 より前またはバージョン 11.0.2 以降の Safari を使用して Horizon Console にログインしてください。, クラウド ポッド アーキテクチャ環境のグローバル Linux セッションで Horizon Help Desk Tool を使用すると、ユーザー インターフェイスに次の問題が発生します。, 回避策:なし。Horizon ヘルプ デスクは、Linux デスクトップの次のユーザー インターフェイス機能をサポートしていません。Skype for Business のステータス、リモート アシスタンス、[アプリケーション] タブ、セッション アイドル状態のステータス。, vSphere バージョン 6.7 で、VMFS6 を自動 UNMAP 機能を使用している場合、Horizon Administrator が vCenter Server の容量再利用の情報を更新しません。 回避策:なし。, Horizon 7 バージョン 7.5 にアップグレードした後で、インストールした最初の Connection Serverだけが登録サーバに接続できます。回避策:Horizon Connection Server サービスを停止し、VMware Horizon View 証明書ストアから vdm.ec というフレンドリ名を含む証明書を削除し、Horizon Connection Server サービスを再起動します。, Horizon Console でタイムアウトしたタブから Horizon Administrator にアクセスし、Horizon Administrator から Horizon Console のリンクをクリックすると、シングル サインオンが機能しません。回避策:ブラウザで Web サイトのデータをクリアして、ブラウザを再起動します。, Google Chrome、Microsoft Edge または Safari Web ブラウザで IP アドレスを使用して Horizon Console にログインしようとすると、Horizon Console にログインできません。回避策:完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用して Horizon Console にログインします。FQDN で Web アプリケーションにログインする方法については、『Horizon 7 のセキュリティ』ドキュメントを参照してください。, Horizon Administrator の [ユーザーとグループ] ページで、次のユーザーのユーザー名列に null/null が表示されます。Account Operators、Incoming Forest Trust Builders、Terminal Server License Servers、Windows Authorization Access Group、Server Operators、Pre-Windows 2000 Compatible Access。回避策:なし。, vSphere 6.7 にアップグレードした後、バージョン 6.7 より前の vSphere で作成したカスタム仕様を使用できません。回避策:vSphere 6.7 にアップグレードした後、新しいカスタム仕様を作成して、その仕様をプールのプロビジョニングに使用します。, Horizon Help Desk Tool に、仲介ポッドとホスティングするポッドの両方のログイン時間が表示されますが、これ以外のポッドのログイン時間が表示されません。仲介ポッドがリモート ポッドの場合、ホスティングしているポッドのログイン時間が数分遅れて Horizon Help Desk Tool に表示されます。回避策:ホスティングしているポッドのログイン時間が Horizon Help Desk Tool に表示されない場合は、セッションの詳細が表示されているページを閉じます。7、8 分後に [詳細] タブに移動し、セッションの詳細を再度表示します。, VMware Identity Manager がデスクトップの起動に失敗する場合があります。Connection Server で SAML が有効になっている VMware Identity Manager に SAML 構成の詳細を初めて保存した場合、デスクトップが起動しません。回避策:プロファイルを再度保存し、新しいプロファイルで同期操作を実行します。同期操作は、管理者の設定に応じて 1 時間または 1 日ごとに実行されます。, シークレット モードの Chrome で Horizon Administrator を使用しているときに、表のコンテンツを CSV 形式でエクスポートしようとすると、次のエラーが表示されます。同じ名前のファイルが現在開かれているため、ファイルをエクスポートできません。ファイルを閉じて操作をやり直すか、別のファイル名を使用してください。 回避策:  通常モードの Chrome で Horizon Administrator を使用して、表をエクスポートします。, vCenter Server 6.7 で、Sysprep を使用して Windows 10 リンク クローンをカスタマイズしているときに、プロビジョニングまたは再構成を行うと、リンク クローン デスクトップが永久にカスタマイズ状態になり、スタックします。回避策:vCenter Server 6.5 U2 以前を使用します。vCenter Server 6.7 が必要な場合は、Quickprep を使用してカスタマイズしてください。, フル仮想マシンを含むデスクトップ プールの [名前を手動で指定] フィールドに ASCII 以外の文字を使用すると、Horizon Console で内部エラーが発生します。回避策:フル仮想マシンを含むデスクトップ プールの「名前を手動で指定」フィールドに使用する文字は、英数字、スペース、アンダースコア、およびダッシュに限定してください。, Web ブラウザが Internet Explorer の Horizon Console を使用すると、デスクトップ ページの再読み込み後、ボタン テキストが消えてしまいます。この問題は、Internet Explorer バージョン 11.966.15063.0 の アップデート バージョン11.0.56 で発生します。回避策:Chrome、Microsoft Edge、Safari、Firefox など、この問題が発生しない別のブラウザを使用してください。または、Internet Explorer で、別のページに移動してからデスクトップ ページに戻ると、この問題は修正されます。, Horizon Administrator でリモート アクセス ユーザーを非認証アクセス ユーザーとして追加することはできますが、非認証アクセス ユーザーが外部ゲートウェイからのリモート アクセスを取得することはできません。ユーザーは仮想デスクトップにアクセスできなくなり、非認証アクセス ユーザーとしてアプリケーションの起動しかできなくなります。ユーザーが通常のアクセスでログインしようとすると、「Incorrect authentication type requested」エラー メッセージが表示されます。回避策:なし。, Horizon Console のセッションのタイムアウト値が、[View 構成] > [グローバル設定] の [Horizon Administrator] インターフェイスに追加したセッション タイムアウト値と一致しません。回避策:なし。, 信頼認証の範囲設定を「認証の選択をします」に設定すると、Horizon シングル サインオンが実行できません。回避策:この問題を解決するには、次の回避方法のいずれかを行ってください。, 混在モードのライセンス環境でクラウド ポッド アーキテクチャ機能を使用すると、RDS ライセンス サーバが同じクライアントに複数の永久ライセンスを発行する場合があります。, 回避策:なし。これはサードパーティの問題で、Horizon 7 を使用していない場合でも発生します。この問題は、Microsoft RDS ライセンス サーバがライセンスを発行する方法に関係しています。, Horizon Administrator で、リンク クローン プールのクローンまたは vSAN データストアで作成したフル仮想マシンを含む自動プールのクローンを作成するときに、「ストレージの最適化」に「VMware Virtual vSAN を使用する」オプションが表示されません。ただし、クローン作成処理は成功します。回避策:なし。, フル仮想マシンを含む自動デスクトップ プールを編集しているときにデータストアを参照すると、次の問題が発生します。, 回避策:フル仮想マシンを含む自動デスクトップ プールを編集するときに、推奨される最小 GB 値の正しい値を取得するには、Horizon Administrator を使用してデータストアを参照してください。, インスタント クローン デスクトップ プールを編集しているときにデータストアを参照すると、次の問題が発生します。, 回避策:インスタント クローン デスクトップ プールを編集しているときに、推奨される最小値 (GB)、推奨される最大値 (GB)、50% の使用率に正しい値が表示されるようにするには、Horizon Administrator を使用してデータストアを参照してください。, フル仮想マシンを含む自動デスクトップ プールを作成するときに、2 つ以上の名前を指定し、「パワーオン状態の未割り当てのマシン数」の値にその数より少ない値を設定した場合、後でプールを編集するときに、プール作成時に指定した名前の合計数と等しい値を「パワーオン状態の未割り当てのマシン数」フィールドに入力できず、間違ったエラー メッセージが表示されます。回避策:2 つ以上の名前を持つフル仮想マシンを含む自動デスクトップ プールを編集する場合は、Horizon Administrator を使用して「パワーオン状態の未割り当てのマシン数」フィールドの値を正しく更新してください。, 多くの場合、追加の設定を行っていないブラウザで IP アドレスまたは CNAME を使用して HTML Access ポータルまたは管理コンソールの 1 つに接続を試みると、接続に失敗します。この問題が発生すると、ほとんどの場合、エラーがレポートされますが、空のエラー メッセージが表示されることがあります。回避策:この問題を解決するには、『Horizon 7 のセキュリティ』の「オリジンの確認」を参照してください。, Skype for Business を設定するときに、仲介サーバを迂回するメディア バイパスを有効にするオプションを選択できます。Skype for Business では、PSTN ユーザーとの通話を最適化するため、メディア バイパスが有効かどうかに関係なく、メディアは常に仲介サーバを介してルーティングされます。, 回避策:なし。メディア バイパスは Virtualization Pack for Skype for Business でサポートされていません。https://kb.vmware.com/s/article/56977 を参照してください。, クラウド ポッド アーキテクチャ環境で、ペアリングが必要な両方の Connection Server ポッドに同じユーザーが存在すると、Horizon Administrator で「ソース ポッド」の値が 2 と表示され、両方のポッドのユーザーがソースとなります。管理者は、両方のポッドのユーザーを編集できますが、ハイブリッド ログイン時にユーザー設定に不整合が生じることがあります。また、ユーザーのハイブリッド ログインは無効にできません。回避策:両方のポッドからユーザーを削除し、ユーザーを再作成して、ハイブリッド ログインに設定します。, Horizon Administrator で、vCenter Server から開始したリモート セッションの [セッションのログアウト] ボタンと [セッションを切断] ボタンが無効になっていません。回避策:vCenter Server から開始したリモート セッションの [セッションのログアウト] ボタンと [セッションを切断] ボタンを無効にするには、Horizon Console を使用します。ただし、[インベントリ] > [デスクトップ] の順に移動してデスクトップ プールを選択し、[マシン] タブ、[マシン(インスタント クローンの詳細)] タブまたは [マシン(View Composer の詳細)] タブをクリックした場合、この機能は使用できません。, ネストされた ESXi またはネストされた仮想 ESXi に Virtual Volumes データストアを追加すると、コアダンプ エラー メッセージが生成されます。回避策:なし。, Internet Explorer または Microsoft Edge で Horizon Console を開くと、ユーザー インターフェイスの列の端で長いテキストの折り返しが行われません。回避策:別の Web ブラウザで Horizon Console を使用します。, vSAN データストアを検索してパーシステント ディスクをインストールするときに、Horizon Administrator と Horizon Console の両方で、実際のフォルダ名ではなく内部フォルダ名が表示されます。回避策:なし。, Horizon Administrator と Horizon Console の両方で、「ヘルプデスクを管理(読み取り専用)」権限のあるカスタム ロールが、グループへのアクセスに使用可能なロールとして表示されます。回避策:なし。, 管理者(読み取り専用)ロールを持つユーザーが、Horizon Administrator で [View 構成] > [クラウド ポッド アーキテクチャ] を表示できません。回避策:Horizon Console を使用します。, Horizon Administrator で、vSAN データストアを使用するリンク クローン ファームを追加または編集すると、[停電期間] が無効になります。回避策:Horizon Console で、vSAN データストアを使用するリンク クローン ファームに停電期間を設定します。, Horizon Console のユーザー インターフェイスに、1,000 個を超える公開アプリケーション プールが表示されません。回避策:1,000 個を超える公開アプリケーション プールを表示してアクセスするには、Horizon Administrator を使用します。, Microsoft Edge Web ブラウザで、[x] アイコンを使用して必須入力フィールドの値をクリアすると、検証が行われません。回避策:Internet Explorer など、別の Web ブラウザを使用します。, Internet Explorer Web ブラウザで Horizon Console を使用して vCenter Server を追加すると、vCenter Server と Horizon Composer の証明書の詳細に空の証明書が表示されます。回避策:別の Web ブラウザを使用して、vCenter Server と Horizon Composer の証明書の詳細を表示します。, Horizon Administrator で、フル仮想マシンを含む自動デスクトップ プールのマシンのサマリ画面にある [再構築] ボタンが機能しません。回避策:Horizon Administrator で、[マシン] > [vCenter Server] の順に移動して再構築機能を使用します。, 既存の PowerShell スクリプトを使用して vCenter Server を Connection Server に追加すると、次のエラー メッセージが表示されます。「Failed to add vc instance: No enum constant com.vmware.vdi.commonutils.Thumbprint.Algorithm.SHA-1.」この問題は、Horizon 7 バージョン 7.8 で自己署名証明書の証明書オーバーライドを示す certificateEncoding プロパティが追加されたことが原因で発生します。このため、無効な SHA-1 値を使用している以前のバージョンの VMware PowerCLI スクリプトは失敗します。回避策:SHA-1 ではなく、プロパティ値 DER_BASE64_PEM を使用するように PowerShell スクリプトを更新します。たとえば、set $certificate_override.sslCertThumbprintAlgorithm = 'DER_BASE64_PEM' を使用します。, ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリケーションをアップグレードすると、バージョンを含むパスが変更され、元のパスでアプリケーションにアクセスできなくなります。Horizon Administrator で、アプリケーションのステータスが「使用不可」になり、ユーザーはアプリケーションを起動できません。, 回避策:アップグレード後に Horizon Administrator でアプリケーションのパスを更新し、アプリケーションのステータスが「使用可能」になっていることを確認します。あるいは、アプリケーションのアップグレードを行わないでください。, クライアント ドライブ リダイレクト機能にデバイス フィルタリングが設定されているときに、ユーザーが RDP 表示プロトコルを使用して接続すると、デバイス フィルタリングが機能しません。, 回避策:クライアント ドライブ リダイレクトにデバイス フィルタリングが設定されている場合は、RDP 接続を許可しないように Connection Server を設定します。, True SSO デスクトップのロック解除機能は、PCoIP および Blast プロトコルでサポートされていますが、Remote Desktop Protocol (RDP) ではサポートされません。, 次の場合、ドメインの信頼問題が原因で、Horizon Console にユーザーまたはグループのサマリが読み込まれません。, 回避策:Horizon Administrator を使用して、ユーザーまたはグループのサマリにアクセスします。, Horizon Console で、既存の SAML 認証子の証明書情報を更新できません。回避策:Horizon Administrator を使用して、既存の SAML 認証子の証明書情報を更新します。, Horizon Console で、インスタント クローン デスクトップ プールとファームのネットワークを参照するときに、[すべてのネットワークを表示します] が表示されません。回避策:サポートされていないネットワークを含むすべてのネットワークを表示するには、Horizon Administrator を使用します。, Connection Server のタイムゾーンに対して Connection Server の時間が正しく設定されていないため、Horizon Console で一部のイベントが表示されないことがあります。回避策:すべてのイベントを表示するには、Horizon Administrator を使用します。, Horizon Console で、管理者がデスクトップ プールを表示できても、プールの使用資格をユーザーやグループに付与できない場合、[ユーザーまたはグループのサマリ] > [アプリケーションに対する資格] にアプリケーション資格が表示されません。回避策:ユーザーまたはグループのアプリケーション資格を表示するには、Horizon Administrator を使用します。, アクティブなセッションを使用して、インスタント クローン仮想マシンをリカバリできます。この状況は、Horizon Administrator と Horizon Console の両方で発生します。回避策:なし。, Horizon Console で、数字を含む SAML 認証子 URL を追加できません。回避策:Horizon Administrator を使用して、数字を含む SAML 認証子 URL を追加します。, このセクションでは、Linux デスクトップの構成時または Horizon Agent for Linux で発生する可能性がある問題について説明します。, リモート デスクトップに接続して、共同作業の UI アイコンをクリックした後で、[共同作業] ウィンドウが表示されないことがあります。, 回避策:デスクトップ ウィンドウのサイズを変更するか、リモート デスクトップに再接続します。, 2560x1600 の解像度で 4 台のモニターを vSphere 6.0 の RHEL 6.6 や CentOS 6.6 仮想マシンで構成することはサポートされていません。回避策:2048x1536 の解像度を使用するか、この構成を vSphere 5.5 に展開します。, SSSD (System Security Services Daemon) を使用するドメインを追加すると、RHEL/CentOS 7.2 デスクトップでシングル サインオン (SSO) が機能しません。回避策:SSSD を使用するドメインを追加した後で、VMware のナレッジベースの記事 KB2150330「SSO configuration changes required when using SSSD to join AD on RHEL/CentOS 7.2 Desktops」の情報に従って /etc/pam.d/password-auth ファイルを変更します。, デスクトップでスマート カードの状態変更が検出されるのは、ユーザーが PIN の入力を求めるプロンプトを閉じた後になります。, 回避策:プロンプトでスマート カードの PIN を入力し、[OK] をクリックします。または、[キャンセル] をクリックして、PIN を入力せずにプロンプトを閉じます。, このエラー メッセージは、クライアント システムからスマート カードが取り外されたことを意味します。ユーザーは、パスワードを入力するか、スマート カードを再度挿入して、デスクトップにログインできます。, Ubuntu 16.04 では、管理者が /etc/vmware/config 構成ファイルで VVC.ScRedir.Enable を FALSE に設定してスマート カード リダイレクトを無効にすると、デスクトップがログイン画面でハングします。, ここで、パスワードを入力することも、スマート カードの PIN を入力することもできます。どちらの方法でもデスクトップにログインできます。, SSO が有効で、クライアント システムにスマート カードが挿入されている場合、スマート カードのプロンプトが表示される場合があります。[OK] をクリックしてプロンプトを閉じると、SSO 認証を続行できます。SSO でログインできます。スマート カードの PIN を入力する必要はありません。, SLED 11 SP4 デスクトップで SSO とスマート カード リダイレクトの両方を有効にするには、Horizon Agent のインストール後に、/etc/pam.d/gdm 構成ファイルで PAM にスマート カード リダイレクトを設定します。この設定を行わないと、クライアント ユーザーはいずれかの認証方法しか使用できません。, クライアント ユーザーは、[OK] をクリックしてパスワード入力のプロンプトを閉じることができます。新しいプロンプトが表示され、スマート カードの PIN を入力するように求められます。, デフォルトでは、クライアント ユーザーがデスクトップへの認証に使用するスマート カードを取り外しても、デスクトップがスクリーンセーバーでロックされません。この条件でスクリーンセーバーを機能させるには、デスクトップに pkcs11_eventmgr を設定する必要があります。, 回避策:スマート カード イベントに対するスクリーンセーバーの正しい動作を pkcs11_eventmgr に指定します。, RHEL 7.0 デスクトップで、-m パラメータに 「yes」 を設定してスマート カード リダイレクトを有効にした Horizon Agent をインストール後、Horizon Administrator、Horizon Console または vSphere で黒い画面が表示されます。スマート カード リレダイレクトは、RHEL 7.1 以降が実行されているデスクトップでサポートされます。この機能は RHEL 7.0 デスクトップでサポートされていません。, 回避策:RHEL 7.1 以降が実行されているデスクトップで、スマート カード リダイレクトを有効にして Horizon Agent をインストールします。, 解像度の異なる 2台のモニターが構成されており、1 次画面の解像度が 2 次画面よりも低い場合は、画面の特定の領域にマウスを移動したり、アプリケーション ウィンドウをドラッグしたりできないことがあります。回避策:1 次モニターの解像度が 2 次モニターと同じかそれ以上であることを確認します。, RHEL 7 デスクトップでスマート カードを使用し、カードの取り外し時に画面をロックするオプションを有効にしていると、ユーザーがスマート カードでログインした直後に画面がロックされる場合があります。これは、RHEL 7 の既知の問題です。, 回避策:デスクトップにアクセスするには、スマート カードでログインした後に画面のロックを解除します。, Horizon Agent をアンインストールすると、マウスの速度が遅くなり、動作が不安定になります。Horizon Agent をアンインストールすると、vmkbd.sys ドライバも削除されます。回避策:Horizon Agent 仮想マシンで VMware Tools を修復します。, Windows 7 ゲスト OS システムで Horizon Agent 7.1 から Horizon Agent 7.2 にアップグレードすると、「使用中のファイル」ダイアログが表示されます。セットアップで更新するファイルが VMware Horizon Agent アプリケーションによって使用されていることが通知されます。回避策:[無視] をクリックして、アップグレードを続行してください。, セッション共同作業機能で、セッション オーナーが共同作業者に渡した制御を取り戻そうとしたときに、共同作業者が切断されてネットワーク リカバリが発生すると、セッション オーナーと共同作業者の両方にセッションの入力制御が同時に渡される場合があります。, 回避策:共同作業セッションを切断して再度接続します。あるいは、セッション共同作業のユーザー インターフェイスで入力チェックボックスを切り換えます。, HTML5 マルチメディア リダイレクト機能で、http://huffingtonpost.com から HTML マルチメディア コンテンツをリダイレクトできません。HTML5 マルチメディア リダイレクト機能で http://www.yahoo.com から HTML5 マルチメディア コンテンツをリダイレクトできますが、ページが応答不能であることを示すメッセージが表示されることがあります。, 共同作業セッションで、MMR を使用して高速化している動画をセッション オーナーが表示している場合、共同者業者に動画ではなく、黒い画面が表示されます。, 回避策:セッション オーナーとして共同作業セッションで動画を再生する場合、Windows Media Player または Internet Explorer で動画を再生しないでください。あるいは、共同作業が有効になっているプールで MMR を無効にしてください。, 共同作業者がマルチモニター セッションに参加し、クライアントで相対マウス モードを有効にすると、共同作業者から見えないセカンダリ モニターにマウスが移動する可能性があります。, 回避策:マウスを画面に戻します。あるいは、マルチモニター セッションで相対マウス モードを使用しないでください。, Chrome で URL コンテンツ リダイレクトを使用しているときに、フィルタリング ルールの https プロトコルに .*.google.

ドラえもん シルエット フリー 7, 只見線 キハ40 小湊鉄道 5, タイ ボランティア ビザ 37, ジャガー ミシン Mm 522h 4, 窓枠 塗装 剥がれ 賃貸 7, みき ママ さわら 4, Oppo ステータスバー アイコン 意味 5, クロノクロス エンディング セリフ 31, 単管足場 組み方 手順 7, 三菱 モーターブレーカー 選定 5, 味玉 割れ た 7, 何 もしてないのに疲れる スピリチュアル 8, Ykk 天窓 Cad 5, 玄関灯 カバー 外し方 8, い だ てん 40話 7, マイクラpe テクスチャ 和風 50, レッドデッドオンライン キャラメイク 声 5, エポスカード Ana 陸マイラー 6, ジャパネット Webクーポン 使い方 13, Mac 動画 アスペクト比 変換 4, ピアノ 初心者 曲 15, Cx5 旧型 荷 室 4, バイク 予備 タンク 自作 17, Big Dipper 1 和訳 Lesson9 21, ダッシュボード ベタベタ 重曹 4, 永住 審査期間 2020 5, Dahon K3 軽量化 15, フリーアイコン 中性 画像 20, マイクラpe テクスチャ 和風 50, Java 実行 Mac 14, シエンタ 車体番号 位置 18, Uipath リスト 一致 17,