VirtualBoxにWindowsXPをインストール hyosida @ ウィキ VirtualBoxにWindowsXPをインストール ... 今となってはWindowsXPのWindows Updateはないし、ライセンス認証もやり方は不明だが、とりあえずインストールはできる。 途中、PC上にあるファイルをどうやって持ってくるのかと思ったが、Virtual BoxのGuest Additions すぐに使える!実験・試作用マイコン・モジュール (シリコン・ディスカバリ・シリーズ), 開発環境のHEWからボードについているminiUSBを経由してマイコンとの通信を行うのですが、, 原因はマイコン製造元のRenesasが提供する通信用FoUSB/UARTのソフトウェアがWinXPまでしかサポートしていない。それ以外のHEW環境は動きました。, んじゃWin10上に仮想環境を構築してXP起動してそこに改めて環境作ればよくね?と考え、最初に思いついたのが「Virtual PCのXP Modeを使う方法」。, しかしVirtual PCはWindows7向けでして、Windows10からは Hyper-Vに仮想環境が置き換わりました。XP Modeをバラして展開してVHD作成してHyper-Vで読み込ませましたが、XP modeは起動するもののUSBが使えない罠。リモート経由になります。, 1.Oracleのサイトから最新のVirtualBoxのダウンロード(5.0.16)し、インストールする。, 2.マイクロソフトのサイトからXP Modeのダウンロード(WindowsXPMode_ja-jp.exe), 3.WindowsXPMode_ja-jp.exeの末尾に「.cab」を付与して適当な解凍ソフトで解凍。, (sourcesフォルダとxpmmsilauncher.exeとxpmmsilauncher64.exeができる), 4.解凍したsourcesフォルダ下に移動し、テキストファイル「xpminstl.txt」を作る。内容は以下の通り。, msiexec.exe /a "xpminstl32.msi" targetdir="解凍先のフォルダのパス" /qn, ※XP ModeはWindows7用なのでWindows10にそのままインストールできないので、バッチファイル(.bat)を作成し、XPのイメージが入ったvhdを抽出する。, msiexec.exe /a "xpminstl32.msi" targetdir="D:\pvbXPMode\sources\XPMode" /qn, 5.テキストファイル「xpminstl.txt」を「xpminstl.bat」に変更し、実行する。, 6.4の「解凍先フォルダのパス」で指定したフォルダにProgram Filesフォルダとxpminstl32.msiが作成されている。, Program Files\Windows XP Mode\Windows XP Mode base.vhdが入っているので、これが仮想マシンのハードディスクになるため、任意の場所にコピーしておく。, 7.VirtualBoxを立ち上げ、仮想マシンの新規から新規仮想マシンの作成を行い、セットアップを行う。, ・OS タイプは「オペレーション システム:Microsoft Windows」「バージョン:Windows XP」(標準がこれ)。, ・「仮想ハードディスク」の設定で「既存のハードディスクを使用」を選択し、任意の場所にコピーしたWindows XP Mode base.vhdを指定する。, ・設定 > ディスプレイ> ビデオ> 「ビデオメモリ」を 26MB 以上に設定、「3D アクセラレーションを有効化」と「2D ビデオ アクセラレーションを有効化」にチェックを付けておく。, 1.VirtualBoxで作成した仮想マシン「Windows XP Mode」を起動する, ※仮想マシン画面内でのマウスの動きがおかしい場合には、「仮想マシン → マウス統合を無効化」をする。ホストOSに切り替えるときは右Ctrlキーを押す。, 3.通常のXPのセットアップと同様、「ライセンス契約」に同意、「地域と言語オプション」の設定、「コンピュータ名」と「Administrator のパスワード」の入力、「日付と時刻」と「タイムゾーン」の設定、と済ませていく。, 4.「ネットワークの設定」「最後のタスクの実行」と続き、再起動のために画面が暗転する。ここで仮想マシンの画面が固まって何の操作も受け付けなくなるので、「右 Ctrl キー」でマウスを解放し、仮想マシン画面右上の×マークで「仮想マシンを閉じる」を出し、「仮想マシンの電源オフ」で一度仮想マシンを強制終了させる。, 7.ドライバが入っていないため「新しいハードウェアの検出ウィザード」画面がいくつか出るが、あとで入れるので全部「キャンセル」で画面を閉じる。, 8.スタート > コントロールパネル > プログラムの追加と削除 >「Virtual PC統合コンポーネント」を「削除」する。削除完了後、「システムを再起動する必要があります」というメッセージが表示されるので「はい」を押して再起動させる。ここでまた画面が固まるので、「右 Ctrl キー」でマウスを解放し、「仮想マシンの電源オフ」で強制終了させる。, ※再起動時の画面が固まる現象はVirtual PC統合コンポーネントに由来するらしいので以降は普通に再起動されるようになります, 9.ドライバをインストールするためにOracleのサイトからVirtualBoxと同じバージョンのExtensionPackagesをダウンロードし、インストールする。インストールの方法は以下の別記事にまとめました。, Virtual BoxのExtension Packageインストールで失敗したので手動インストール方法 - 放浪猫, 10.ドライバが正常にインストールされれば「新しいハードウェアの検出ウィザード」が表示されなくなります。このままでも使えますが、「30日以内にライセンス認証を行ってください」という警告メッセージが出ます。, XP ModeはSLP 認証といわれる方法でアクティベーションが行われており、これは簡単にいうと、「メモリの特定の位置に特定の文字列が書き込まれていることを確認する」方法です。 そのうち「特定の位置」は、通常 BIOS が読み込まれている場所で、「特定の文字列」は、XP Modeの場合「Windows_Virtual_XP_F9161D8E7FCC11DDBFAA369856D89593」になります。, で、めんどくさいので認証済みにします。(※ここから先はパッケージ版ライセンスお持ちの人を対象としています), ※通常はVBoxDD2.dllを「xedit」などのフリーのバイナリエディタで編集し、, 「C4CEB8450250FF76FEE82D7483C40430E4D1E08846FDB8460250FF76FEE8197483C40430E40246FD80D4008846FD31C050B874」を検索して「57696E646F77735F5669727475616C5F58505F4639313631443845374643433131444442464141333639383536443839353933」に置換しますが、VirtualBoxのバージョンが異なるとアドレスの開始位置が変わるので直接の編集は推奨しません。, ・VirtualBoxにUbuntuでもFedoraでもいいので、Linux環境を作成し、 以下のコマンドを実行する。, ・ 上記で作成した[vboxbios.bin]ファイルをFTPでもSCPでもいいのでホスト側にダウンロードし、 以下に配置します。, ・[vboxbios.bin]をバイナリエディタで開き、0x908Aからの値を[Windows_Virtual_XP_F9161D8E7FCC11DDBFAA369856D89593]に書き換えます。, ※57696E646F77735F5669727475616C5F58505F4639313631443845374643433131444442464141333639383536443839353933, ※ちなみに上記サイトで公開されていたBIOSファイルはVirtualBox5.0.16でも使用できました。, 仮想マシンのXPModeがシャットダウンされて起動していないことを確認し、コマンドプロンプトを起動する。以下のコマンドを実行する, "C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" setextradata "Windows XP Mode" VBoxInternal/Devices/pcbios/0/Config/BiosRom "vboxbios.binが置いてある場所のパス", 13.VirtualBoxからXP Modeを起動し、ライセンス認証が済になっていることを確認する。, 見習い組込ソフト屋さんの趣味ブログ。レビュー記事・備忘録・イベントレポ等。 | Notify me via e-mail if anyone answers my comment. VirtualBoxの仮想マシンにWindows XPのインストール というわけでイレギュラーケースとしてWindows XPのブータブルCD(イメージ)なのに、なぜかMS-DOS起動ディスクを使って、VirtualBoxの仮想マシンに、しかもwinnt.exeではなく、setup.exeでXPをインストールする場合は、下記の要領で行います。 Windows XP Mode を Portable-VirtualBox で使う(仮想マシン作成編) Windows XP Mode を Portable-VirtualBox で使う(XP セットアップ編) 上記の認証回避の方法は最新のVirtualBoxでは利用できなかったので、認証に関しては以下のサイトを参考にしました。 Bla bla blog; 必要なソフトウェアのインストール. https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4057281/windows-7-support-ended-on-january-14-2020 2019年1月14日をもってWindows7のサポートが終了した。多くのニュースサイトや雑誌でサポートの終了を告知されていたにも関わらず、様々な企業がサポート終了日にアップデート作業に追われるという報道が連日行われていたのは耳に新しい。公式サポートの切れたOSを使うことは重大なセキュリティインシデントを抱えることであり、顧客情報や製品データなどの流出の観点からもお勧めは出来ない。 さて… ※ライセンス認証が通っているか確認する場合は、以下のコマンドをコマンドプロンプトで実行します。 c:\windows\system32\oobe\msoobe /a. お世話になります。 WindowsXPのサポートが終了しましたが、再インストール時の電話でのライセンスの認証はまだできるでしょうか? よろしくお願いいたします。 **モデレーター注** タイトルを編集しました。 編集前タイトル : WindowsXP アクティベーションについて 動ディスクでWindows XPをインストール【VirtualBox】. 失礼します。 Windows10上にVirtualboxをインストール済み WindowsXP上で動作するアプリケーションを使いたいので, WindowsXPProfessional(SP1)をインストール 最後までインストール処理が行われ, 認証(プロダクトキー入力)で, 「入力したプロダクトIDは無効です。 オンライン認証は、せっかくオフラインでインストールした意味がありません 安全のために、ここでVirtualBoxを終了し、「ライセンス認証済み直後の仮想PCのファイル一式」を外付けHDDなどに保存 しておきます。 (5) 共有フォルダの作成 6.4の「解凍先フォルダのパス」で指定したフォルダにProgram Filesフォルダとxpminstl32.msiが作成されている。 Program Files\Windows XP Mode\Windows XP Mode base.vhdが入っているので、これが仮想マシンのハードディスクになるため、任意の場所にコピーしておく。 7. 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, ページ下部に目的の「Oracle VM VirtualBox Extension Pack」があります。, 2020年7月3日 Windows10環境でVirtualBoxにてXPモードを動かしてみる. …前回の投稿で、『日記を隔日か毎週くらいに付けるクセを付けたい』とかナントカ言っておりましたが2ヶ月以上放ったらかしでしたね。さて、今回は表題の通り、Windows7に搭載されていたXPモードをWindows10で動かしてみよう、という話。とは言っても先人の方々が手順を書いてくださっているので全て書くようなことはしません。あくまで導入時に個人的に気になった点をいくつか備忘録とする目的で残します。, これはもう普通にググるなりしてダウンロードとインストールするだけです。記事投稿時点で最新のv6.1を使用しましたVirtualBoxインストール後は、併せて「Oracle VM VirtualBox Extension Pack」も一緒にインストールします, 私のPC環境で変更したのは、ビデオメモリーを少し増やしたところくらいですね。共有フォルダは今回は設定せず。解凍ソフトは手持ちのWinRAR(商用版)があるので、これでEXEファイルを展開しました。普通は7zipで良いと思います。まだこの時点ではネットワーク接続はできていませんでした。, ここが最初は訳が分からず時間かかりました(笑)なんせ、Linux触ったこと無かったので…(滝汗)解説サイトの多くはvboxbios.binの書き換え位置を、『0x908Aから』と書いてあるのですが、VirtualBoxのバージョンが異なるからか、ズレに気づかず何回もやり直す羽目になりました。以下に作成した『vboxbios.bin』ファイルを置いておきます。使いたい方は自己責任でどうぞ。, 上記のファイルをどう使うかについてですが、大まかに書くと、①仮想マシンはシャットダウン(電源オフ)状態にしておく②仮想マシンを右クリックし、『エクスプローラーに表示』を選択③[仮想マシンの保存先]が表示されるので、「vboxbios.bin」を配置する④Winキー+Rキーで(ファイル名を指定して実行を開き)、『cmd』と入力してコマンドプロンプトを開く⑤以下の文字列を各々の環境に合わせて編集し、コマンドプロンプトにコピペしEnter※ペースト(貼り付け)は、コマンドプロンプト内で右クリック⑥あとは仮想マシンを起動してWindowsUPDATE等がきちんと起動すればOK※※文字列※※"C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" setextradata "仮想マシン名" VBoxInternal/Devices/pcbios/0/Config/BiosRom "[仮想マシンの保存先]\vboxbios.bin"※例えば、仮想マシン名がWinXPで、仮想マシンの保存先がデフォルトの場合は以下のようになると思います。"C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" setextradata "WinXP" VBoxInternal/Devices/pcbios/0/Config/BiosRom "C:\Users\ユーザー名\VirtualBox VMs\WinXP\vboxbios.bin"※ライセンス認証が通っているか確認する場合は、以下のコマンドをコマンドプロンプトで実行します。c:\windows\system32\oobe\msoobe /a, ライセンス認証を通した後、次に困ったのが、ネットワーク接続です。ネットワークアダプタをブリッジにしても、イーサネット コントローラのドライバが見つからず、インターネット接続できませんでした。これの対処法としては、以下のようにアダプター設定を変更すればいけるかと思います。①仮想マシンは電源オフにして、仮想マシンの『設定』を開く②「ネットワーク」≫「アダプター1」の「割り当て」は『ブリッジ』に変更する③同じ画面で「高度▶」を開き、「アダプタータイプ」を『PCNet-FAST III』にする参考サイトは以下, virtualbox windows xp has no local network, Windows XP と Windows Server 2003 に .NET Framework をインストールする, ・・・という感じで、私の環境ではうまく動いてくれました。他にもセキュリティソフトとしてXP対応のAvastとかComodoあたりを入れておくと少しは安心できるかと思います。だいたい5時間くらい、あーでもないこーでもないと試行錯誤してました。次回からはより短時間でトライできるようにしたいと思います。ではまた~。. ネット認証がだめならもうひとつの手段、 電話認証 です。 電話認証は、最後まで自動音声で、こちらは 成功しました。 というわけで、 アクティベーション 自体は2019年の今 でもできますということで、これから WindowsXP マシンを復活させようと思っている方には朗報ですね。 PCの作成のところでWindowsXP(32bit)を選ぶ。メモリは1024MB、HDDは10GBを指定した。, WindowsXP(Home edition)のCD-ROMをisoにしたファイルを指定して電源を投入するとインストーラが動き出し、通常のインストールと同様にインストール作業がされてゆく。途中プロダクトキーを入力するところも同じ。, 途中、PC上にあるファイルをどうやって持ってくるのかと思ったが、Virtual BoxのGuest Additionsというのをインストールすればファイルの共有という機能が使える、というのは参考になった。仮想OSからはネットワークのファイルとして見えている。, XP Home Edition(SP1)のインストール→SP2→SP3とここまでで、ファイルサイズは4.2GB程度。, 解凍したフォルダで上記バッチファイルを実行すると、XPModeというフォルダができる。, この作業は必須ではないが、このvhdファイルがWindowsXPの仮想HDDになるので暫定的な場所へ置くと、そこから動かせなくなってしまう。あとで場所を変更できるのかもしれないが調べていない。, セットアップの途中マウスが効かない。メニューの入力→マウス統合をオフにすると効くようになるが今度はマウスカーソルが外へ行かなくなる。この時は右CTRLを押す。, これで一応インストールは完了。ただしこのままでは画面のサイズが800x600から変更できないしマウスが画面を跨ぐことができず不便。, これでマウスの操作がシームレスになる。また画面サイズが拡大できる。右CTRL+Fで全画面とウィンドウ画面の切り替えが可能。, Guest Additionsを導入すれば共有フォルダを設定することでゲストPCとホストPCの間でファイルのやり取りが可能となるが、それよりも簡単なのは、設定→高度な設定で、双方向を選択すればホストPCのファイルをドラッグアンドドロップでがファイルを持って来れる。これは便利。, もともとこれがしたかった。フライトシミュレータ98を仮想PCのWindowsXPにインストールして動かしたかった。USBに刺したMicrosoft Sidewinderを認識させる手順は次の通り。, Guest Additionsインストール時に3D Direct Supportがチェックできなかった。よく見ると、VRAMに256MB以上割り当てなあかんとか、設定画面で3Dアクセラレーションを有効にせなあかんとか言ってくる。, 設定画面ではところが、VRAMは128MB以上割り当てられないようになっている。ただ、画面数を最大の8までスライダーを持ってくると、VRAMを256MBまで割り当てられるようになる。この状態でいったん設定を終わり、もう一度設定を開き画面数を1にすればVRAMは256MBのままになる。バグっぽい感じ。, ところがこの状態でもGuest Additionsインストール時に3D Direct Supportにチェックできない。よくわからないので諦めた。最新バージョンのバグなのかもしれない。, これは最新バージョンがよくなかった。アンインストールして6.0.20をインストールし直したら同じ手順でDirect3D Supportがチェックできるようになった。, Guest AdditionsのインストールでDirect 3D SupportはチェックできてもやっぱりFS98でグラフィックアクセラレータが有効にならない。こういうもんかと思ったがVMwareでは有効になるので、やっぱおかしい。FS2002もダメ。なんか変。諦めた。, https://qiita.com/kouki-T/items/4fdb63d9efab58e4e92b, https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=8002, Oracle VM VirtualBox Extension Pack (Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-6.1.6.vbox-extpack), Windows XP Mode (WindowsXPMode_ja-jp.exe), 作成されたフォルダを下ってゆくと、vhdイメージができている。これが読み取り専用になっているのでプロパティで読み取り専用のチェックを外す。このファイルのサイズはこの時点で1.2GB程度だった。, 仮想マシンの作成途中でハードディスクの作成をどうするか聞かれるところで、いったんそのままにして先ほどのvhdファイルを仮想マシンの名前(例えばWindowsXP)のフォルダが作成されているのでその下へ移動する。, ハードディスクの作成で「すでにある仮想ハードディスクファイルを使用する」を選び先ほどのvhdファイルを指定する。, 完了すると真っ黒の画面になり反応がなくなる。そのときはメニューの仮想マシン→リセットをする。, 再起動後新しいハードウェアがうんちゃらかんちゃらと出るがすべてキャンセル。自動更新もOFF, インストール画面が現れるのでデフォルトのままインストールを進める。途中で何度か(たぶん3度)ワーニングが出るが続行を押して進める.

南西 キッチン コパ, エクセル マクロ 削除 Windows10, Mac 背景透過 アプリ, パラサイト アマプラ 無料, ダイソー インク 型番, スキレット 100均 キャンドゥ, 子供 自転車 ブレーキ 握れない, クラブアニメイト カード番号 違う, フォトショ 立体文字 パチンコ, 30リットル ゴミ袋 セリア, 牛乳パック 椅子カバー おしゃれ, 焼き鳥 匠 藤沢, 糖 質 ゼロ 麺 寝る前, トートバッグ A4 かわいい, Jr中央線 時刻表 千種, 多摩動物公園 付近 喫煙所, Sony Bank Wallet Suicaチャージ, 祖父母 赤ちゃん 写真 プレゼント, 大宮 エキュート アーバン リサーチ, May Not Have 過去分詞 意味, Ps4 マイビデオ 削除, 小学校 保健 指導案 5年, 卒寿 プレゼント 新聞,