List enter = new List(). // MaxParticlesを超えるパーティクルを生成するまでシミュレーションスピードを上げる, // 現在のパーティクル数がMaxParticlesを超えたらパーティクルを移動させる, && ps.particleCount >= ps.main.maxParticles) {. Unityのパーティクルの勉強がてら、つくったスクリプトを解説します。 今回つくったスクリプトは、ゲームオブジェクトの衝突時に設定したパーティクルを再生することができます。 アクションゲーム等で利用できるかと思います。 つくったのはこちら。 プロフィール詳細はこちら, uGUI(Screen Space – Overlay)のcanvasのSort Orderの値で、復数のcanvas(ugui)の描画順を調整することはできますが、, Screen Space – Overlay の場合はUIが必ず最前面に来るため、パーティクルを前に表示することはできません。, 実用性はないのですが、レンダーテクスチャを使えば、パーティクルを前に表示できそうなので試してみました。, uGUI(Screen Space – Overlay)の上にparticleを表示する方法, ParticleCameraの子にParticle Systemを作成。※マテリアルやテスクチャもつけて好みに調整。, 例えば魔法陣など大きいサイズのパーティクルを出したときに、カメラをズームしても魔法陣のサイズが変わらないことがあります。, その時はMax Particle Sizeのサイズ(デフォルト0.5)の値を大きくしてやれば解決しますが、おおよその基準を調べてみました。, Particle Start Size 100 = Plane Scale 10 という結果に, まずはカメラがどこまでズームするかの基準を決めて、そこからパーティクルのサイズに合わせてMax Particle Sizeを入力します。, 仮にカメラがSize 15までのズームするとしたら、Particle Start Size 25以上のものは、Max Particle Size デフォルトの0.5以上必要になる可能性があり、調整する必要があります。, レンダーテクスチャを使ってます。 . Color over Lifetime 色に影響 ェーダーの統一の変数として設定されます。. ), 1パターン目は前回と同様にTransformのScaleを大きくして衝撃波を表現するもので、2パターン目は個々のパーティクルを移動させて衝撃波を表現します。, 1パターン目は詳細を解説していますが、2パターン目は1パターン目とほとんど同じなので設定のみで詳細は省略しています。, ヒエラルキー上で右クリック→Effects→Particle Systemを選択し、名前をCircleShockwave1とします。, この時点でTransformのRotationのXが-90になっていない場合は-90にしておきます。, 今回作成するパーティクルはサークル状にしたいので、まずはサークル状にパーティクルを放出するようにShape項目でShapeをCircleにします。, このままだとCircleの中からもパーティクルが放出されるので、Radius Thicknessを0にしてサークル上で放出されるようにします。, またパーティクルが放出される場所をCircle上でループして放出させる為にArcのModeをLoopにします。, 衝撃波を構成する個々のパーティクルは衝撃波が発生した時に一気に表示したいのでLoopingにチェックを入れてパーティクルを繰り返し放出するようにし、Prewarmにチェックを入れて最初から全てのパーティクルを表示するようにします。, 次に、このままだとパーティクルが放出されると同時に勝手に移動してしまってサークル状の衝撃波になりません。, パーティクルの生存期間中の放出数を上げたことでサークル上に表示されるパーティクルが増えました。, 上のように繋がっている一つのオブジェクトのように見えますが、実際は100個のパーティクルが重なって表示されています。, Render ModeはBillboardのままで平面でカメラの方向を向くモードにしていますが、ここをMeshにしてメッシュにSphere等を割り当てると見た目が立体になります(実際の当たり判定部分とはなりませんが)。, 最後にパーティクルがキャラクターと接触した時にトリガー(引き金)を発動しなくてはいけません。, そこでTriggersモジュールのInsideとEnterでCallbackを設定しスクリプトで接触した事を判別できるようにします。, Collidersには本来接触相手であるキャラクターのコライダを設定しますが、衝撃波はプレハブにしてインスタンス化して発生させる為、最初からコライダを設定する事は出来ません。, その為新しくParticleScriptスクリプトを作成し、CircleShockwave1に取り付けます。, Startメソッドでキャラクターの名前でゲームオブジェクトを検索し、そこからParticleShockwaveCharaスクリプトを取得します。, その後、パーティクルシステムのTriggerのCollidersの0番目にキャラクターのコライダを設定します。, Updateメソッドでは時間を計測してパーティクルのゲームオブジェクトのTransformのScaleを大きくしたり、指定した時間が経過したらゲームオブジェクト自体を削除する処理をしています。, OnTriggerParticleメソッドはParticleSystemのTriggersモジュールでCallbackを選択していた時に呼ばれるメソッドです。, この中でパーティクルのInside、Enterのパーティクルを全部取得し、キャラクターと接触しているもの(Collidersにキャラクターのコライダだけを設定したのでキャラクターのみが接触対象)のパーティクルの色を赤色にします。, numInsideとnumEnterの数がどちらかでも0出なければ接触したということなのでキャラクター操作スクリプトParticleShockwaveCharaのDamageメソッドを呼び出しています。, パーティクルは今のところ最初に登場した時から消えるまで段々と見えなくなるようにはなっていません。, この処理を作るにはColor over Lifetimeを使うと簡単に出来そうですが、パーティクル個々の生成時間によって透明になっていく度合いが変わるため、全体を一緒に透明にしていく処理が難しいです。, そこでTriggersのOutsideをCallbackにして、スクリプトでパーティクル個々のStartColorのアルファ値を下げていくようにしてみます。, OnParticleTriggerメソッド内に上の方にいくつかの処理を追記します。, パーティクルがOutsideの状態の時に時間経過と共にalphaValueの値を下げていきます。, 完全に綺麗に消えていくわけではなく、最後にいくつかのパーティクルが残る場合があります。, なのでDeleteTimeが5の場合はそれよりも長い間パーティクル生存時間を設定しておきます。, MainモジュールのLifetimeを6にしてパーティクルのゲームオブジェクトが消えるよりも長いパーティクル生存時間にします。, CircleShockwave1をAssetsエリアにドラッグ&ドロップにしてプレハブにします。, のInstantiateParticleスクリプトをMain Cameraに取り付け、ParticlePrefabにCircleShockwave1のプレハブを設定します。, それはサークル上にパーティクルが満遍なく放出されているように見えますが、一部かけている部分があります。, ここら辺はMainモジュールやEmission、Shape辺りをいじってうまくやるしかなさそうです。, 先ほど書きましたが、MainモジュールでLoopingにチェックを入れている為、パーティクルの生存期間が過ぎると新しいパーティクルを生成します。, その為、ParticleScriptのdeleteTimeとパーティクルのLifetimeは相互に調整する必要があります。, 次はScaleを大きくして衝撃波にするのではなく、発生させたパーティクルを移動させる衝撃波を作ってみます。, ヒエラルキー上で右クリック→Effects→Particle Systemを選択し、名前をCircleShockwave2とします。, ただ、今回は全てのパーティクルが終了した時の処理をStop ActionでDestroyに指定し、ゲームオブジェクトを削除する事にします。, Velocity over Lifetimeはパーティクルの生存期間中の速度の設定が出来ますが、今回はMainモジュールでLoopingとPrewarmにチェックを入れない為、パーティクルはMaxParticlesの数になるまで順に生成されます。, その為、パーティクル数がMaxParticlesの数を超えるまでは動かない設定にしておきます。, 次にパーティクルの生存期間中にパーティクルの色を変化させる為、Color over Lifetimeにチェックを入れ、Colorをクリックします。, こうすることで、パーティクル個々が生存期間中に段々と透明になっていき、消滅する時には完全に透明になります。, ここのパーティクルの生存期間はMainモジュールで設定したLifetimeになります。, Lifetimeは5に設定したのでパーティクルが放出されてから5秒後にパーティクルは透明になり、MainモジュールのStop ActionでDestroyを指定した為、ゲームオブジェクトが削除されます。, 次にパーティクルがキャラクターと接触した時にスクリプトで判定出来るようにする為、Triggersモジュールの設定をします。, InsideとEnterでCallbackを設定し、スクリプトで判定出来るようにします。, CircleShockwave2に新しくParticleScript2スクリプトを作成し取り付けます。, 今回作成したパーティクルはMaxParticlesの値である100まで順番にパーティクルを生成します。, その為、パーティクルを100個生成し、サークル上に配置するまでに少し時間がかかります。, なので、パーティクルのシミュレーションスピードを一時的に上げて、100個生成するまでの時間を早めます。, また100個になるまでパーティクルのRendererを無効化して表示をしないようにします。, Updateメソッド内で現在のパーティクル数がMaxParticlesの数を超えた時にシミュレーションスピードを1と最初の値に戻し、Rendererを有効にし、Velocity over Lifetimeのradialを2にしてパーティクルが移動するようにします。, OnParticleTriggerメソッド内の処理はScaleを大きくしていく衝撃波と同じ処理になります。, CircleShockwave2をAssetsエリアにドラッグ&ドロップしてプレハブにし、Main CameraのInstantiateParticleにCircleShockwave2プレハブを設定します。, Scaleを大きくしていく衝撃波と同じようにサークル上のパーティクルが一部かけてしまいます。, また先ほど書きましたが、MainモジュールでLoopingとPrewarmにチェックを入れていない為、最初からパーティクルが表示されません。, 今回2パターンのパーティクルの衝撃波を作成しましたが、どちらも完全にうまくいったという感じには出来ませんでした。, 何かうまい方法もあるかもしれませんが、ある程度は出来たので今回はこれで終わります・・・・(._. 某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。 Click the Gizmos button in the toolbar of the Scene view or the Game view to access the Gizmos menu. 【Unity】パーティクルに関するエフェクト小技集まとめ[Shuriken] 2020年9月6日 本記事ではパーティクルに関する小技集まとめてみました。 The Scene view and the Game view both have a Gizmos menu. 詳細. Unity 初心者向けの技術書 「Unityで作る2Dアクションゲーム」 をBOOTHで販売開始しました 約750ページ、全66章、2020/3/18 発売 ), HDリマスターで新・女神転生3が出来る!かなりやりつくしたゲームだけどまたやりたいなぁ・・・・, ゲーム開発エンジンUnityを使った3Dゲームの制作に参考になる情報を公開しています。これからゲーム作りを始めたい人にはいいかも?, Unityで巨人がジャンプして地面に着地した時等に発生するサークル状の衝撃波の作成をしていきたいと思います。, Unityを使った3Dゲームの作り方(かめくめ)で、はじめてUnityの学習をする時の当ブログの記事を読む順番を書きました。機能を積み上げていく形になるので便利かも?, Unityを使った3Dゲームの作り方(かめくめ)の機能積み上げ形式の記事のスクリプトの説明と寄せられた記事の機能についての質問への回答を掲載しています。, Unityインターハイとは、ユニティー・テクノロジーズ・ジャパン主催の高校生・高等専門学校生のゲーム開発全国大会です。, UnityのML-Agentsを使って敵キャラを強化学習して主人公を追いかけるようにする, UnityのVisual Effect GraphのOutput Particle Forward Decalで銃の弾痕エフェクトを作成し使用する. 【Unity】Inspector でパーティクルシステムのプレビューを再生できる「Particle … 概要 2016/10/27 に「Particle System Preview」がリリースされ… 2017-10-30 【Unity】空のフォルダ(ディレクトリ)を一括で削除できる「Clean Empty Directo… 概要 2014/11/4 に「Clean Empty Directories」がリリースされ… 広告. こんにちは、ここ最近少し暖かかったり、冷え込んだりと大変ですが体調管理など大丈夫でしょうか?年末の1番忙しい時納品立て込むと思いますが、しっ... 早くも8月に入ってしまいました、来週にはお盆休みに突入ですのであっと言う間に終わり、年末などになりそうです。 頑張って今月も乗... Cinema 4Dの操作を学ぶ際に、オススメをする簡単なチュートリアル13個目です。練習とはいえ、恰好の良い物を作りたいですよね。こちらの動... 昨日で案件がひと段落し落ち着いたので、ガツガツとアップロードをして行きます。 おっと思ったチュートリアルが、ドイツ人の Nik... Cinema 4Dの操作を学ぶ際に、オススメをするチュートリアルを久しぶりに紹介させていただきます。練習とはいえ、恰好の良い物を作りたいです... Cinema 4Dの操作を学ぶ際に、オススメをする簡単なチュートリアル5つ目です。 練習とはいえ、恰好の良い物を作りたいですよね。こち... Cinema 4Dの操作を学ぶ際に、オススメをする簡単なチュートリアル20個目です。練習とはいえ、恰好の良い物を作りたいですよね。こちらの動... ここ数日は涼しい位の毎日ですね、夏もあと少し体調管理には気を付けて乗り切りましょうね。. 今回はUnityのパーティクルシステムの粒子1つ1つの衝突を検知したいと思います。, パーティクルシステム全体にコライダを設定し大ざっぱな1つのゲームオブジェクトとして衝突判定をさせるには, ヒエラルキー上で右クリック→Particle Systemを選択しパーティクルを作成します。, StandardAssetの中のモデルEthanをヒエラルキーに配置し、CharacterControllerを取りつけコライダをモデルと合うように調整します。, Ethanをパーティクルの粒子が飛んでくる場所に配置しパーティクルの衝突を確認してみます。, 現在の設定では↑のようにパーティクルの衝突判定がされずコライダをすり抜けていってしまいます。, 作成したParticle SystemのインスペクタでParticle Systemの設定を変更します。, Collisionの項目にチェックを入れるとパーティクルの粒子が他のコライダと衝突した時に跳ね返るようになります。, Staticなゲームオブジェクトだけでなく動くキャラクター等とも衝突させる場合はEnable Dynamic Collidersにチェックを入れておきます。, 次にパーティクルの粒子がキャラクターにぶつかった時にスクリプトで検知をしたいと思います。, Particle SystemのCollisionの項目でSend Collision Messagesにチェックを入れます。, そうするとParticle Systemに設定したスクリプトでOnParticleCollision関数が呼ばれるようになります。, そこでParticleCheckという名前の新しいスクリプトを作成しParticle Systemゲームオブジェクトに設定します。, OnParticleCollisionではGameObject型の引数が受け取れます。, 等とダメージ処理をするDamageScriptスクリプトのDamageメソッドを呼び出す等すれば実現出来ます。, これで機能が完成したので、パーティクルがキャラクターに衝突した時にコンソールに『衝突』という文字列が表示されるか確認してみましょう。, ↑のようにパーティクルの粒子1つ1つがキャラクターに衝突した時に『衝突』という文字列がコンソールに表示されています。, 先ほどパーティクルの衝突の検知が出来る事がわかりましたので、パーティクルが衝突した時にダメージUIを表示してみたいと思います。, このスクリプト自体はダメージを受けた場所にダメージUIをインスタンス化し登場させているだけです。, ParticleCollisionスクリプトは作成したParticleSystemに取り付けていて、衝突した時にOnParticleCollisionメソッドが呼ばれています。, 個々のパーティクルが主人公のコライダのどの位置に当たったかを取得する為にParticleCollisionEventを取得し、それぞれのパーティクルの当たった位置を取得します。, 個々のパーティクルのイベントを保持するParticleCollisionEventリストを宣言しておきます。, でobj(このサンプルでは主人公のゲームオブジェクト)に衝突したイベントをcollisionEventListに入れます。, イベントのintersectionでコライダとぶつかった位置を取得出来るので、ParticleDamageスクリプトのDamageメソッドを呼び出す時の引数としてその位置を渡します。, ↑のようにパーティクルの粒子が当たった場所にダメージUIが表示されるようになりました。, メールはこちらにお願いします(記事に関する質問は送らないでください)。

億男 映画 評価, グループポリシー 信頼済みサイト 適用 されない, 菅田将暉 ラジオ 人気, ハイエース 納期 遅れ, 金 投資信託 比較, 少し早い クリスマス 英語, 水耕栽培 Led 自作, リコリス 支援スキル 使い方, Apple Pay Suica 支払いを完了できませんでした, Illustrator アプリケーションフレーム Windows, ゆうちょ 暗証番号 ロック 通帳, 参考書 自分で 買う, 50歳 女 離婚して 中古マンション購入 した, 日動 美術館 ゴッホ, Itunes バックアップ先 変更 Windows10, May Not Have 過去分詞 意味, ウエストリボン ワンピース 作り方, 時計 関税 個人輸入, ダイソー オイルクレヨン 18色, 軽 自動車 のターボの寿命, Lol レベル上げ 自動, ネット 引用 書き方 例, グループポリシー 信頼済みサイト 適用 されない, 日本史 教科書 レベル,