[File] Log 50120 [File] Transfer/Kermit/Finish 50144 [Window] Window 51810 display: none !important; [Edit] Paste 50230 TeraTermマクロを作成するとワンクリックでリモート接続→ログイン→コマンド入力→ログ出力→ログアウトまで一瞬で終わります。 TeraTermマクロ Config取得コード例. notice.style.display = "block"; ); [Window] Undo - XXX 50816 [Setup] Recurring Command 55500 [Edit] Clear screen 51250 [File] Print 51110 それでは、久しぶりの登場ですが、5.4.までで作ったシンプルマクロの進化版を使って、外部ファイルを取り込んで行きたいと思います。, このマクロでは、telnetして、ログをとって、ログを保存するところまでできましたね。, このマクロでは、接続先のIPアドレスを変更するには、いつもマクロの中身を書き換えなければなりませんでした。, これを解消していくために、外部ファイルをうまく使って、接続先IPアドレスを取り込めるようにしましょう。, 今回は、IPアドレスのリストを別で用意して、そこから一行ずつIPアドレスを読む形式をとりたいと思います。, 外部ファイルとして、list.txtを準備し、そこに下記のように適当にアクセスしたいIPアドレスリストを書き込みます。, テキストファイルにこちらを上の三行を書いて、マクロと同じディレクトリにlist.txtで保存しておきます。, マクロの中に組み入れる前に、組み入れるマクロの元となるコマンドをあらかじめ作っておきます。, まずはlist.txtを読み込む必要がありますので、fileopenを書いて行く必要があります。, 12-16行目で、今まで直接IPアドレスを変数に代入していたIP_ADDR変数に、LINE変数を代入しています。, getdateコマンドを使ってファイル名に日付を入れる | ゼロから始めるTera Termマクロ, getdirコマンドを使ってログを任意の場所に保存 | ゼロから始めるTera Termマクロ, 変数を使ってpassword変更に対応 | ゼロから始めるTera Termマクロ. [Edit] Copy table 50220 マクロのディレクトリにログを保存しよう に 接続先IPも変数にする | ゼロから始めるTera Termマクロ より; 5.1. ----------------------------------------- © 2020 teraterm.jp All rights reserved. TTXResizeMenu ƒƒjƒ…[ƒRƒ}ƒ“ƒh ID 現在の現場ではRSAキーをつかったワンタイムパスワードログインがあり、その手順が煩雑なのでマクロが使えるTeraTermを利用している(普段はputty) puttyなら起動時に設定を読み込めるのだが、TeraTermはメニューを開いて読み込むという手作業がめんどくさい。 TTXRecurringCommand ƒƒjƒ…[ƒRƒ}ƒ“ƒh ID [Control] View mode 55210 [KanjiCode] Recv: Shift_JIS 54010 [Control] Send break 50430 [Control] Macro 50470 [Window] Restore All 50812 [Setup] TCPIP 50360 TTXttyplay ƒƒjƒ…[ƒRƒ}ƒ“ƒh ID [Setup] Load key map 50395 例として下記の設定のL2スイッチになります。 機器: QX [File] Cygwin connection 50112 [File] Comment to Log 50121 TTXViewMode ƒƒjƒ…[ƒRƒ}ƒ“ƒh ID 5 [Control] Recurring Command 55501 [File] Exit 50199 }, [KanjiCode] Recv: EUC-JP 54011 1) VT window ステムの構築, OpenSSHのv7.6で追加されたReverse Dynamic Forwardingを使ってみよう, SSHAutoLogin.ttl(自動ログインマクロ本体), host.list(自動ログインを行うホストのリストファイル), command.list(自動ログイン実行時に実行させるコマンドのリスト), log(ログを出力させるフォルダ), iniファイル(読み込ませるiniファイル), HOST_NAME(任意の名称。接続するホストの選択時やログ名に利用する), HOST_INI(接続時に使用するiniファイル名。), HOST_IP(ホストのIPアドレス。接続時に利用する), HOST_ROOT_USER(管理者ユーザ名。ログインユーザを設定してスイッチする場合はrootユーザを設定), HOST_ROOT_PASS(管理者ユーザパスワード。), HOST_USER(ログインユーザ名。管理者ユーザで直接ログイン出来る場合は不要。), HOST_PASS(ログインユーザパスワード。管理者ユーザで直接ログイン出来る場合は不要。), SUDO_FLAG(スイッチ文を「sudo su -」とするか否か。何かしら(0でも1でも)入力すると有効になる。). 現在の現場ではRSAキーをつかったワンタイムパスワードログインがあり、その手順が煩雑なのでマクロが使えるTeraTermを利用している(普段はputty) puttyなら起動時に設定を読み込めるのだが、TeraTermはメニューを開いて読み込むという手作業がめんどくさい。 Please reload the CAPTCHA. ----------------------------------------- [File] Duplicate session 50111 Windowsで接続先のサーバ(Linux)に、実行・設定したいしたい内容を、まとめて設定したいときに、コマンドを1行に1つずつ記載したコマンドファイル(テキスト形式)を用意して、「Tera Term」マクロからそのファイルを1行ずつ読み込んで送信(実行)する手順を紹介します。 TeraTermマクロを作成するとワンクリックでリモート接続→ログイン→コマンド入力→ログ出力→ログアウトまで一瞬で終わります。 TeraTermマクロ Config取得コード例. [Setup] Additional settings 50375 その手順が煩雑なのでマクロが使えるTeraTermを利用している(普段はputty), puttyなら起動時に設定を読み込めるのだが、TeraTermはメニューを開いて読み込むという手作業がめんどくさい。 B [Edit] Clear buffer 50260 リモートホストで実行したいコマンドを1行に1つずつ記載したコマンドファイルを用意して、Tera Termマクロからそのファイルを1行ずつ読み込んで送信(実行)する手順を紹介します。, ファイルを開くためのTTLコマンドはfileopenです。引数は3つあります。最初のfhはファイルハンドルというものです。ファイルハンドルというのは、このファイルの識別子です。, ファイルの操作(読んだり書いたり)をする場合はファイル名でなくファイルハンドルを使うとだけ覚えておけば大丈夫です。, 次の’C:¥User¥shj¥Desktop¥cmd.txt’はファイル名です。最後の0はファイルポインタを意味します。ファイルポインタというのは簡単に言うとファイルを読み書きするファイルの位置です。今回はファイルを先頭から読むので0としています。逆にファイルの末尾にファイルポインタを指定したい場合は1とします。, 最初の1行目「:freadloop」はラベルというものです。行の先頭に「:(コロン)」をつけるとラベルとして認識されます。ラベルはしおりの様なものだと覚えてください。, 2行目でファイルから1行読みます。TTLコマンドはfilereadlnです。readは読む、lnはlineの略で1行を意味します。filereadlnにはファイルハンドルと読み込んだ内容を入れる変数を引数として渡します。ファイルハンドルは先ほどfileopenで指定したfhです。読み込んだ内容を入れる変数名はbufとしました。, 3行目は「resultの内容が0でなければ 7行目のbreakloopへ飛ぶ」という意味です。もしもファイルの終わりまで来ると、resultという変数の内容が1にセットされます。resultはTeraTermマクロの予約後でTTLコマンドの実行結果などが入ります。予約後はTera Termが使用するので勝手に内容を書き換えてはいけません。gotoはラベルを引数にとり、指定したラベルへ飛ばすTTLコマンドです。ここでは7行目のbreakloopへ飛びます。, 4行目は確認のためmessageboxで読み込んだ内容を表示しています。 [KanjiCode] Recv: JIS 54012 [Window] Minimize All 50811 [File] Transfer/XMODEM/Receive 50145 [HELP] Index 51910 [Setup] Proxy 53310 [Setup] General 50370 TTSSH ƒƒjƒ…[ƒRƒ}ƒ“ƒh ID 四十 ----------------------------------------- [Help] Index 50910 [File] Transfer/YMODEM/Receive 50157 [Setup] SSH Authentication 52320 functions.phpのエラー回避!PHPファイル更新用の無料テキストエディタ | くるみる, Freetel SIMフリー priori2 初期化したらバッテリーの持ちがよくなった! | Rutakeの技術メモ, Windows7 システムイメージの復元 20分で完了 | Rutakeの技術メモ, CentOS7 MBRでWindows7とのマルチブートは手作業必須 | Rutakeの技術メモ. function() { このマクロは、以下の5つ(5種類? [Control] Are you there 50420 ----------------------------------------- [Setup] Keyboard 50340 .hide-if-no-js {  ×  [Control] Always on top 55000 ショートカットでteratermのINIファイルを読み込む方法 }. -- SetWindowPos(HWND_TOP) 55001 (ƒƒjƒ…[Š„‚è“–‚Ä–³‚µ) Windowsで接続先のサーバ(Linux)に、実行・設定したいしたい内容を、まとめて設定したいときに、コマンドを1行に1つずつ記載したコマンドファイル(テキスト形式)を用意して、「Tera Term」マクロからそのファイルを1行ずつ読み込んで送信(実行)する手順を紹介します。, 【Excel】現在の日付と時刻を自動表示するエクセルの関数「TODAY()」と「NOW()」を紹介します。, macOSとWindowsで使えるExcelで現在日付や時間の入力用のショートカットキーを紹介します。, Twitter(公式アプリ)で自分の過去ツイートを検索・キーワード検索ができる方法を紹介します。. [Resize] Menu(1) - Menu(20) 55101 - 55120 [Setup] SSH Forwarding 52330 ----------------------------------------- -- Decrease window width 55152 (ƒƒjƒ…[Š„‚è“–‚Ä‚È‚µ) ----------------------------------------- Time limit is exhausted. -- Increase window height 55153 (ƒƒjƒ…[Š„‚è“–‚Ä‚È‚µ) [File] TTY Record 55301 現在の現場ではRSAキーをつかったワンタイムパスワードログインがあり、 [File] Change dir 50170 ----------------------------------------- 2) TEK window [Control] Broadcast command 50445 接続先IPも変数にしよう に getdateコマンドを使ってファイル名に日付を入れる | ゼロから始めるTera Termマクロ より; 5.2. [KanjiCode] Send: Shift_JIS 54110 Tera Termマクロの「scpsend」を使った場合、残念ながらファイル送信の完了を確認する方法はありません。 もしファイル転送が終わって何か処理をしようと思っているのであれば、FTPを使用すれば可能 … ----------------------------------------- マクロのディレクトリにログを保存しよう に 接続先IPも変数にする | ゼロから始めるTera Termマクロ より; 5.1. 5.3. })(120000); ƒƒjƒ…[ƒRƒ}ƒ“ƒh ID というわけでショートカット引数に設定ファイルを与えて起動時には設定完了状態にしておく技, (function( timeout ) { [Setup] ViewMode password 55200 [Setup] Restore setup 50390 もしもファイルの終わりまで来ると、resultという変数の内容が1にセットされます。resultはTeraTermマクロの予約後でTTLコマンドの実行結果などが入ります。予約後はTera Termが使用するので勝手に内容を書き換えてはいけません。 -- Decrease window height 55154 (ƒƒjƒ…[Š„‚è“–‚Ä‚È‚µ) [Control] Show Macro Window 50480 '192.168.2.203 /ssh /auth=password /user=shj /passwd=********'. [KanjiCode] Recv: UTF-8m 54014 [File] LogMeTT 50172 [File] Transfer/ZMODEM/Receive 50151 TTXKanjiMenu ƒƒjƒ…[ƒRƒ}ƒ“ƒh ID [File] Transfer/Kermit/Send 50143 [File] Transfer/Quick-VAN/Send 50156 [Edit] Select screen 50280 [KanjiCode] Send: UTF-8 54113 [File] Show Log dialog 50123 [File] Transfer/Kermit/Receive 50141 5行目に達すると1行目のfreadloopへ飛び、また同じ事を繰り返します。, 9行目のpauseは指定した秒数だけTeraTermマクロの動作を止めるTTLコマンドです。今回はコマンドを実行するごとに1秒間止めています。, 10行目ではsendlnでbufの内容を送信しています。bufにはファイルから読み込んだコマンドが入っています。, 11行目はwaitで指定した文字列が受信できるまでTeraTermマクロの動作を止めています。このようにプロンプトが戻るまでTeraTermマクロの動作を止めないと勝手にどんどん処理が進んでしまい、正常にコマンドを送信する事ができなくなってしまうので、重要です。, そして、一番最後の行でファイルを閉じています。ファイルを閉じるTTLコマンドはfilecloseです。filecloseの引数にはファイルハンドルを渡します。.

Iphone Ipad 写真 同期させない, アイリスオーヤマ 電子レンジ 黒, 参考書 自分で 買う, 都バス 子供料金 何歳から, 4年生 理科 水のゆくえ, パワーポイント ワード 貼り付け 綺麗, 横浜市営バス 101系統 時刻表, メルカリ Cd 梱包 100均, Premiere Pro 巻き戻し エフェクト, エブリィワゴン 荷室 棚, ギャラクシー ギャラリー 使い方, 都バス 子供料金 何歳から, Iphone 不具合 再起動, からやま 塩辛 廃止, 札幌 から 長万部 高速バス, 漫画 デッサン本 おすすめ, ユーカリ シンボルツリー 風水, 子供が いない 生き づらい, 台湾人 日本人 違い 顔, 山陽本線 運行状況 明日, Wordpress Youtube プラグイン, 阪急バス 運賃 値上げ, 軽 自動車 のターボの寿命, 横断歩道 止まらない ランキング, メルセデスベンツ Aux 外部入力追加 キット, ひまわり 画像 縦, Pc 画面 真っ暗 カーソルのみ, Iphoneバックアップ できない 写真, とくダネ アナウンサー 歴代, バラ 水やり 5月,