以後の作業はEclipseをベースに作られたSpring BootのためのIDEであるSprint Tool Suiteを使用します。 使用しているSprint Tool SuiteはPleiadesにより日本語化されています。 株式会社DTSネットワーク事業本部所属。Struts/Springベースのフレームワーク開発,プロジェクト支援に携わる。. ↓のような事情なようです。. Spring SecurityはSpring Bootアプリケーションの認証と認可を設定可能なフレームワークです。 標準のSpring SecurityにはOAuth2がサポートされていますがSAMLはサポートされていません。 しかし、公式がSpring SecurityのSAML Extensionを提供しており比較的容易にSAMLをサポートできます。 TERASOLUNA Global Frameworkによるセキュリティ対策. 環境. Spring BootでSpring Securityを使うには、リスト2のようにWebSecurityConfigurerAdapterクラスを継承して定義を行います。 クラスを追加するだけで、既存のRestController側に何も記述せずにセキュリティ機能が追加できるため、セキュリティ部分とビジネス要件を完全に分離して管理できるのも利点です。 この要求を満たすため、 Web コンテナは通常 URL リライティングの仕組みをサポートします。, Firefox が対応していないことについて情報を頂きました、ありがとうございます!, X-XSS-ProtectionがFirefoxで対応していないのは、より詳細に設定できる Content-Security-Poricy で unsafe-inline をすればいいから。レガシーブラウザ互換のためだけなのものなので、実装しないようです。 #ccc_g4 #jjug_ccc, ※以下の操作は X-XSS の対策がデフォルトでは無効なブラウザ(Edge とか)を使って試してください(Chrome はダメ), Servlet でのヘッダーの扱いについて、詳しい情報を教えていただけました! 6. What is going on with this article? 本バージョンの内容は既に古くなっています。最新のガイドラインはこちらからご参照ください。, use-expressions=”true” で有効になるSpring EL式は、以下を参照されたい。, Spring Securityとは、アプリケーションのセキュリティを担う「認証」、「認可」の2つを, 認証機能とは、なりすましによる不正アクセスに対抗するため、ユーザを識別する機能である。, 平文のパスワードから、ハッシュ関数を用いて計算されたハッシュ値を、元のパスワードと置き換えることである。, アクセス制御処理でその利用者がそのリソースの使用を許可されていることを調べることである。, Spring Securityを使用する場合、以下のdependencyを、pom.xmlに追加する必要がある。, terasoluna-gfw-security-coreは、webに依存しないため、ドメイン層のプロジェクトから使用する場合は、, terasoluna-gfw-security-coreのみをdependencyに追加すること。, terasoluan-gfw-webはwebに関連する機能を提供する。terasoluna-gfw-security-coreにも依存しているため、, Webプロジェクトは、terasoluna-gfw-security-webのみをdependencyに追加すること。, contextConfigLocationには、applicationContext.xmlに加えて、, クラスパスにSpring Security設定ファイルを追加する。本ガイドラインでは、「spring-security.xml」とする。, filter-nameには、Spring Securityの内部で使用されるBean名、「springSecurityFilterChain」 で定義すること。, web.xmlにおいて指定したパスに、spring-security.xmlを配置する。, 通常はsrc/main/resources/META-INF/spring/spring-security.xmlに設定する。, use-expressions=”true”と記載することで、アクセス属性のSpring EL式を有効することができる。, © Copyright 2013, NTT DATA. Spring BootでSecurity機能を使うには. To fulfill this requirement, Web containers commonly support the URL rewriting mechanism. Why not register and get more from Qiita? Spring Security は、 Servlet の Filter 機能を利用してセキュリティ機能を提供するフレームワーク HTTP リクエストの前後でごにょごにょする; 根本的な対策が Filter でできないものは Spring Security の管轄外; 例:SQL インジェクション Web コンテナは Cookie の利用をサポートしないクライアントからの HTTP リクエストを処理するときに、 HTTP セッションをサポートできなければならない。 // "/admin" 以下のパスへのアクセスは admin 権限を持つユーザのみ可, Azure×コミュニティ「Azure Rock Star Community Day」イベントレポート, HttpServletResponse#setHeader(String, String), ここで紹介されている個々の脆弱性に対して Spring Security がどうカバーしているか、という観点で説明していく, Spring Security は、 Servlet の Filter 機能を利用してセキュリティ機能を提供するフレームワーク, 根本的な対策が Filter でできないものは Spring Security の管轄外, 次の ID を攻撃者が推測できると、別人のセッションID を使ってなりすましができる, セッションID の発行は Servlet の仕事なので、 Spring Security の管轄外, Payara (GlassFish) は、実装を見たところ、セッションID の一部に, Cookie がサポートされていないクライアント(昔のガラケーとか)でもセッションの仕組みが働くようにするための代替策, Referer にセッションIDが載ってしまうので、セッションIDが盗まれやすくなる, 常に Cookie を使い、クエリパラメータにセッションIDを載せる仕組みを使わない, URL にセッションIDを載せる方法は必須ではないが、 Cookie をサポートしないクライアントにも対応できなければならないことになっている, Spring Security は URL リライティングが働かないように保護機能を提供している, 意図せず URL リライティングが動作しても、セッションID がクエリパラメータに載らないようになっている, セッションID が載った Cookie を暗号化されていない HTTP で流してしまうと、盗聴される危険性がある, ログイン前に攻撃者が取得したセッションIDを被害者に使わせ、被害者がログインしたあとで攻撃者が同じIDでアクセスすることでなりすましができる, 被害者のブラウザに、何らかの方法で攻撃者が入手したログイン前のセッションIDをセットする, 攻撃者側のブラウザでホームにアクセスすると、ログイン処理していないのにホームページが表示される, Form ログインを使っている場合、 Spring Security はデフォルトでログイン時にセッションIDを変更してくれる, セッションID の生成や追跡は Servlet コンテナの役割なので、そちらの設定で対処する, ユーザが入力したテキストを html にそのまま出力すると、 JavaScript を埋め込まれることでページの改ざんやセッションIDが盗まれたりする, Spring Security は、デフォルトでこのヘッダーをレスポンスに付与する, 「攻撃を再現」リンクをクリックすると、 GitHub に上げている静的 HTML ページに飛ぶ, 正規ログインしているユーザに罠のリンクを踏ませるなどして、意図しない処理を実行させる, 「攻撃を再現」リンクを開くと、 GitHub 上の CSRF 攻撃を仕掛けるためのページが開く, セッションID とは別に推測困難な文字列(トークン)を生成し、ページに埋め込んでおく, Spring Security は、デフォルトでこの CSRF 対策が有効になっている, 「攻撃を再現」リンクから攻撃用のページに飛び、次は下の「Submit」ボタンをクリックする, ユーザ入力を HTTP レスポンスヘッダーに利用する場合、改行コードの入力を許しているとレスポンスの内容が意図しない形に書き換えられる危険性がある, 改行コードは HTTP メッセージの各ヘッダーやボディを区切る役割を持つため、改行コードを任意に埋め込めるようにしていると HTTP メッセージ(レスポンス)を改ざんできてしまう, 「安全なウェブサイトの作り方」では、実行環境や言語が用意しているヘッダ出力用 API を使うよう促している, Javadoc や JSR の仕様書を眺めたが、改行コードの扱い方についての記述は見当たらなかった, 「Header-Value」に複数行の値を入力して「Submit」ボタンをクリック, そのままだとサーバーエラー(500 エラー)になるので、ヘッダーに値を出力する場合は事前に改行コードの有無をチェックしなければならない, サーバー側で改行コードが除外されたうえでレスポンスヘッダーにセットされるようになる, 「攻撃を再現」リンクをクリックすると、クリックジャッキングを仕掛けた攻撃ページが開く, すると、攻撃ページで「Click」ボタンをクリックした数だけカウントが上昇している, 元ページの「Count up」ボタンと攻撃ページの「Click」ボタンがうまく重なるように位置を調整されており、「Click」ボタンの位置をクリックすると実は「Count up」ボタンがクリックされるようになっている, 適切にアクセス制御ができていない場合、本来閲覧できてはいけない情報を見られたり、できてはいけない操作を実行されたりするかもしれない, you can read useful information later efficiently.

オリンパス ペン 充電器 なく した 6, インスタ 非公開 ハッシュタグ 7, Audacity スマホ 録音 15, Mo 01j Line 5, パナソニック グローバル調達社 Gprc 31, Skysea Powershell 実行 14, 火星 山羊座 女性 4, Vbs テキスト ファイル 中身 削除 4, 全寮制 高校 関東 13, フォトショップ 背景のムラを なくす 9, クラッチ 遊び調整 車 10, Nighty Night 意味 14, フェアリーテイル ギルド 名 4, Bshsbe200 イヤーフック サイズ 6, ハイキュー 天然 夢小説 6, 喧嘩 多い 相性 13, ゼミ 無断欠席 メール 6, Zara バッグ メンズ 5, 解約 した Iphone 画像 移行 6, Android 音 左右 反転 4, Kz As10 分解 4, ボルボ スマホ 接続 5, 梟 谷 赤葦 過呼吸 16, 円 実寸 印刷 29, Mac メモ 行間 7, Youtube マーケティング 成功事例 8, Avic Cq910 Dc 不具合 6, Teams チームコード どこ 11, カカオ ブロック 非表示 4, 奈良時代 農民 逃亡 7, キャットアイ ストラーダ 設定 4,