初めに こんにちは!エンジニアのid:FM_Harmonyです。 前回はgitのfetchコマンドについて、記事を投稿しました。 tech-blog.rakus.co.jp 今回はpostgreSQLの対話型ターミナル、psqlのオプションについて紹介したいと思います。 普段の業務でも、psqlコマンドの-fオプション… うむ、これで、ヘッダにカラム情報も付けて、出力されました。良かった。良かった。 Help us understand the problem. expand rdarea RDエリア名 ブログを報告する, こんにちは 楽楽明細開発課のsts-250rrです。 先日Postgres11の…, sts-250rrです。 今回はラクス Advent Calendar 2018に投稿した…. まずファイルを作る type nul > file.txt HiRDBに接続中のユーザの強制削除(実行中のSQL毎) 返って来ないSQLを強制終了もします。マニュアル読みつつ自己責任で実行して下さい。 pdcancel -x [サーバ名] -i [プロセスID] -d pdcancel … コマンドラインツールで SELECT 文を実行したり SQLite のコマンドを実行するとその結果は画面に表示されますが、 .output コマンドを使うと画面ではなくファイルへ出力するように変更できます。ここでは .output コマンドを使って出力先をファイルへ変更する方法について解説します。 2017/1/4. ■pause DBOnline ©2006-2019 Buzzword Inc.. All Rights Reserved. 文書番号:20649. sample.sql, この時、psqlコマンドに-aオプションを指定することで、発行したクエリやSQLファイルに記載したコメントも出力することができます。, このオプションを使うことで、例えばSQLファイルの実行結果ログをレビューしてもらう際など、レビュー者がSQLファイルの実行コマンドを把握しやすくなります。, 通常、psqlコマンドを用いて抽出結果を出力する場合、列名や出力した行を出力結果に含めます。, psqlコマンドに-tオプションを指定することで、抽出結果から列名や行数表示を除いて出力することができます。, 例えば、psqlで抽出した結果を基にして何らかの繰り返し処理を行うスクリプトを作成する際など、抽出結果に列名や行数表示は必要ない場合があります。 うむ、これで、ヘッダにカラム情報も付けて、出力されました。良かった。良かった。 6. ■if exist hogehoge.txt( psqlコマンドで、select文流して、その結果をcsvファイルに吐き出させます。 最終的にこんな感じ。 psql -h ホスト DB名 -U ユーザー名 -c "select文;" -A -F, > /tmp/output.csv . you can read useful information later efficiently. VARCHAR_FORMAT(日付カラム,'HH-MI-SS.N'), 上記色々書きましたが、当時一番苦労したのが 特定のコマンドを定期的に実行したい. echo コマンド失敗1 → %errorlevel% 以下の構文で抽出結果をファイルに出力することができます。 実行例; 10. Help us understand the problem. SQLファイルの内容を一行ずつ確認しながら実行する. なので、今回紹介したオプションを利用できる機会というのは、ほかのオプションに比べて多いように感じます。, 皆さまもpsqlコマンドを利用される際は、今回紹介したオプションの利用を検討してみてはいかがでしょうか。, tech-rakusさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog サーバ上のファイルに出力します。 構文. ■) else ( 補足 プログラムの中に、pauseでも入れないと、テスト表示がされません, 念のためですが、■は、例題に追記した、とう意味です。テストする際は■を外して hogehoge.txtを置いてください. ・使ったことはあるが一から基礎を学び直したい方, 「全くプログラムを知らない方でも、この入門書を読んだ後には、Windowsバッチファイルの中級者レベルになれるように」をコンセプトに執筆したものです。, この本を読めば、バッチファイルを使ったファイルやフォルダの操作に関しては一通りのことができるようになります。そうなればもう十分中級者と呼べるレベルですので、あとは自分のやりたいことを実現しようとする中で徐々に知識を蓄えていくだけですぐに上級者へなれるでしょう。. ※RDエリア名は*でワイルドカードな指定が可能, VARCHAR_FORMAT(日付カラム,'YYYY-MM-DD ') ただ、psqlコマンドを利用する目的として多いのは、やはりデータ抽出だと思います。 PDUAPREPLVL=a      ・・・統計情報をトレースログに出す psql を使って 実行した PostgreSQL の SQL 結果を ファイルに書き出す方法をいくつか紹介します。 環境 次の環境で試しました。 psql 9.6.4 PostgreSQL server 9.3.1 psql 実行中 psql 実行時 に結果を書き出す先を設定する方法です。 結果を一度だけファイルに出力する 私はこれをよく使います。 まずは実行 … PDSQLTRACE=0 ・・・トレースファイルサイズ0無制限 psqlコマンドで、select文流して、その結果をcsvファイルに吐き出させます。 最終的にこんな感じ。 psql -h ホスト DB名 -U ユーザー名 -c "select文;" -A -F, > /tmp/output.csv . you can read useful information later efficiently. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Windowsバッチファイルの「errorlevel」は特別な変数です。この変数には、直前で実行したバッチファイルやコマンドがどのような状態で終了したかという情報(「終了コード」と呼ぶ)が格納されています。正常に終了したのか、異常終了であったかという情報です。, 「errorlevel」変数には自分で値を代入する必要はありません。あるコマンドが実行されると、コマンドが成功したか失敗したかで自動的に値が代入されます。すなわち、何かのコマンドを実行した後に変数「errorlevel」の中身を見ると、そのコマンドが成功したのか失敗したのかが分かります。, 以上が「errorlevel」の主な用途ですが、それ以外にも自分で任意の値を入れてそれを利用することもできます。では、次節から詳しくみていきましょう。, はじめは、「errorlevel」のメインの使い方である「コマンドの終了コードを確認する」ことからです。これを確認することで確認した場所の直前のコマンドが成功したのか失敗したのかをチェックできます。, まずは何もしない初期の状態で変数「errorlevel」に何が入っているかを見てみましょう。以下のバッチファイル(check_errorlevel.bat)を実行してみます。, ただ変数「errorlevel」の中身をコマンドプロンプトに表示させているだけのバッチファイルですね。以下、実行結果です。, 以上から初期状態では、変数「errorlevel」には「0」が入っていることが分かります。, 次はコマンドを実行後、変数「errorlevel」を参照します。以下のようなバッチファイル(errorlevel_after_command_1.bat)を作成しました。, 4行目のコマンドは何でもよいのですが、ここでは空ファイルを作るコマンドにしました。このコマンドは正常に動作します。つまり、最終行の「echo …」コマンドはコマンドが正常に終了した後の「errorlevel」の中を確認しています。, 「errorlevel」の初期値には「0」が入っていることを確認しましたが、値は「0」のままです。このようにコマンドが正常に終了すると「errorlevel」は「0」となります。, 先ほどのバッチファイルにコマンド実行の失敗例を追加しました(errorlevel_after_command_2.bat)。, 10行目では引数が必要な「type」コマンドに引数を指定していません。このバッチファイルを実行するとエラーが生じるはずです。以下、実行結果です。, 予想通り、10行目のコマンドを実行した場所で「コマンドの構文が誤っています。」とエラーが出ました。その後「errorlvel」の内容を書き出してみると「1」が入っていることが分かります。このように、失敗したコマンド後には、変数「errorlevel」には「1」は入っています。, さらに、このバッチファイルにありえないコマンドを実行した例を付け足してみます(errorlevel_after_command_3.bat)。, 14行目では、「yahoo mail」というバッチファイルには存在しないコマンドを記述しました。以下、実行結果です。, 最後の出力の行から「errorlevel」には「9009」が入っていることが分かります。このように、ありえないコマンドを実行しようとした場合は変数「errorlevel」には「9009」が入るのです。, 以上より、変数「errorlevel」を参照することでコマンドの終了状態を知ることができます。その値は、「0」が正常終了、それ以外は異常終了と覚えておきましょう。異常終了には、その異常の種類によって異なる値が使われます。, 前節の例では、直前に実行したコマンドの成否によって「errorlevel」の値は自動で決まっていましたが、自分で終了コードを設定することもできます。それは、サブルーチンを使用する場合です(※サブルーチンについては「バッチファイルでサブルーチンを使用する -やりたいことから検索-」を参照して下さい)。, サブルーチンで自分で終了コードを設定した例として、以下のようなバッチファイル(errorlevel_subroutine.bat)を考えます。, 4行目でサブルーチンを呼び出します。するとプログラムは13行目にジャンプします。14行目で「ここはサブルーチン内です。」と表示した後、サブルーチンの最後の行(18行目)で、サブルーチンからメインプログラムへ戻るコマンド「exit /b 777」を実行します。, ただメインコードへ移動するだけならば、「exit /b」だけでよいのですが、「exit /b」の右側に数字を付け足すことで「errorlevel」にその数字が代入されます。この場合は「errorlevel」に「777」を代入してメインコードへ戻るようになっています。, メインコードに戻った後、7行目の「echo」コマンドを実行した結果が出力され、「errorlevel」には指定した値(「777」)が入っていることが分かると思います。, この取得した「errorlevel」の値を使って、分岐処理を行うこともできます。「errorlevel」の分岐処理は様々なものがありますので、一つずつ詳しく見ていきましょう。, これからいくつかの分岐処理を紹介しますが、「これを使うべきだ!」というものは存在しません。目的に一番合った方法を選ぶのが正解ですが、「この方法が分かりやすいから」という理由でも全く問題ないと私は考えています。, はじめに「errorlevel」用の特別なコマンドである「if errorlevel」を紹介しましょう。「if errorlevel」は以下のように使用します。, これで変数「errorlevel」が[数値]に指定した値以上のときに[指定した数値以上の場合の処理]に書いたコマンドが実行されます。, 例えば、前節ではありえないコマンドが実行されエラーが生じた後の変数「errorlevel」の値は「9009」でしたが、[数値]に「0」を指定した場合と「9999」を指定した場合のバッチファイルを見てみましょう。以下にテスト用バッチファイル(if_errorlevel_1.bat)を示します。, バッチファイルには14行目と15行目で「if errorlevel」コマンドを使用して、「echo」コマンドを実行していますが、[数値]を0に指定したものだけが実行され、コマンドプロンプトには「errorlevelは0以上です。」と表示されました。, このように、「if errorlevel」コマンドは「errorlevel」が[数値]に指定した値以上のときにコマンドを実行します。, 「if errorlevel」コマンドは「errorlevel」が[数値]に指定した値以上のときにコマンドを実行するものでした。, 一方、「if not errorlevel」コマンドは「errorlevel」が[数値]に指定した値未満のときにコマンドを実行します。上記のバッチファイル「if_errorlevel_1.bat」を編集して「if not errorlevel」コマンドを使用したバッチファイル例を紹介します(if_not_errorlevel_1.bat)。, 前のバッチプログラム「if_errorlevel_1.bat」から最後の3行を少しだけ変更しました。「not」を付け足し、[数値]も「0」、「9009」、「9999」の3パターンを記述しています。以下、実行結果です。, 「errorlevel」の値は「9009」ですので、、最後行の「9999」を設定したコマンドだけが条件を満たし、「echo」コマンドが実行されています。, 次は、最も単純な方法です。「if」コマンドを使って値を比較することで条件分岐を行う方法です。, 例えば、直前のコマンドが正常に終了したときだけ次のコマンドに進み、失敗した場合はそこでプログラムをストップするようなバッチファイルを作ってみましょう。変数「errorlevel」は「0」のとき以外はコマンドが異常終了したということなので、「errorlevel=0」ではなかったらプログラムを止めればよいでしょう。バッチファイルは以下のようになります。, 7行目で存在しないコマンド「yahoo mail」を実行しようとし、「errorlevel」に「9009」が代入されます。そして、12行目で「errorlevel」が0でない場合は「プログラムは異常終了しました。」というメッセージを出力し、プログラムをそこでストップします。, この場合は異常終了という結果となりました。例えば、7行目の「yahoo mail」の行をコメントアウトして実行すると今度は最後までバッチプログラムが回り、正常終了のメッセージが表示されるはずです。, このように、単純に「if」コマンドを使うだけでも「errorlevel」の条件分岐を実現することができます。この例のようにコマンドが異常終了した場合にはプログラムを止めるという操作は結構実践でも使用する機会が多いと思います。, 最後は「errorlevel」に入っている数値をサブルーチン名に含めることで、呼び出すサブルーチンを変更する方法です。言葉で説明しても分かりづらいので次のバッチファイルの例を見てみましょう。, 3行目から8行目は「errorlevel」に値を代入させるために成功と失敗(2つ)するコマンドを記述しています。今は成功するコマンドを実行するようにしています。, 13行目で「errorlevel」の中身を確認した後、16行目ではサブルーチンを呼び出しています。このサブルーチンの名前に注目すると、サブルーチン名の一部に変数「errorlevel」が使われています。つまり、「errorlevel」が0であればサブルーチン「subroutine_0」が呼び出されるし、9009であればサブルーチン「subroutine_9009」が呼び出されます。このように、「errorlevel」の値で呼び出すサブルーチンを変えることで条件分岐を行うのです。, 21行目からは各「errorlevel」に対応したサブルーチン名とその処理内容を書いています。, 以上で「errorlevel」に関連した条件分岐の紹介を終わります。詳しい解説は「「errorlevel」の値から分岐処理を行う -やりたいことから検索-」でも解説していますので参考にして下さい。, ・初めてWindowsバッチファイルを勉強してみようと思っている方 実行例; 7. Oracleのdba_tablesとかmysqlのinfomationschemaみたいなもん, pdsql < ファイル名(SQLが記述) ■pause 実行例; 8. psqlを起動した時に実行されるコマンドを設定する. rem コマンド実行(成功) 以下の構文で抽出結果をファイルに出力することができます。 psql を使って 実行した PostgreSQL の SQL 結果を ファイルに書き出す方法をいくつか紹介します。 環境 次の環境で試しました。 psql 9.6.4 PostgreSQL server 9.3.1 psql 実行中 psql 実行時 に結果を書き出す先を設定する方法です。 結果を一度だけファイルに出力する 私はこれをよく使います。 まずは実行 … All rights reserved. type Why not register and get more from Qiita? サーバ上のファイルに出力します。 構文. By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. バージョン5.7.11でmysqlクライアントを使用して確認しています。, サーバオプションのsecure_file_privが設定されている場合は、設定されたディレクトリ以外への出力はエラーになります。, 各フィールドはタブで区切られています。 FIELDSオプションを使用すれば区切り文字を、LINESオプションを使用すれば改行コードを変更できます。, ヘッダをつけるオプションはないようです。 echo コマンド成功 → %errorlevel% Why not register and get more from Qiita? .psqlrcを一時的に使わない. MySQLでのファイル出力方法について。 バージョン5.7.11でmysqlクライアントを使用して確認しています。 SELECT INTO OUTFILE を使用する. 実行例 pdcancel -X [ユニット名] -i [プロセスID] -d (パラレルサーバ), COALESCE(ID, 'aaaaa')AS ID  … IDがnullだったらaaaaaという文字列を返す, pdrels -r [RDエリア名] -o HiRDBのパラレルサーバで、クラスタリング環境を構築するタスクでした。 rem コマンドが失敗したときの「errorlevel」の中身をチェック PDSQLのSQL文ではテーブルを記述する部分にターゲットノードの絶対パスを記述します。たとえばselect文は select * from 電話帳/データ/record where 名前='xxxxx' となります。 4.SQL文 このPDSQLで使用できるSQL文はselect文、insert文、update文、delete文の4つのみです。 SQL*Plus で SELECT した結果を csv ファイルに出力する. tech-blog.rakus.co.jp, 今回はpostgreSQLの対話型ターミナル、psqlのオプションについて紹介したいと思います。 上記の例題に、下記のようにifを追加するだけで、errorlevelに入る値が変わります。 if errorlevel 9999 echo errorlevelは9999以上です。, if not errorlevel 0 echo errorlevelは0未満です。, if not errorlevel 9009 echo errorlevelは9009未満です。, if not errorlevel 9999 echo errorlevelは9999未満です。.

レンタル料 勘定科目 雑費 5, てつや 病気 東海オンエア 4, トピア 使い方 視聴 4, 木材 カビ取り剤 おすすめ 7, 江戸川女子高校 入試 2020 7, Mono Mo 01k バッテリー交換 10, パワプロ 14 マイライフ コンバート 19, ランニング レインウェア ワークマン 23, Bp レガシィ Mt 5, Access カウント 重複 26, ポケモンgo 白ジム 時間 9, ダイソン 扇風機 F2 7, ドラクエウォーク こころ レベル 25, おしりたんてい ブラウン 好きな飲み物 7, Android Auto 対応ナビ 7, 出張 革靴 おすすめ 5, 桑田佳祐 東京 Pv 内容 12, Volvo Xc40 レビュー 5, シャドバ 4 周年 テンポラリー 6, Paravi エラーコード 29046 5, 跡部 手塚 勝敗 8, Github Pytorch Arcface 16, ベジネットバッグ 編み図 無料 4, Fgo 2部6章 いつ 47, 巨人 ソフトバンク 日本シリーズ なんj 4, ゆうと Tv 弁護士 17, バイオハザードre3 ライデン マグナム 6, クリスタ フォトショ 移行 5, ダイソー Eva インソール 4, 子供 ヘアバンド 100均 9, Unity Script 拡張 子 5, Power On Ii 和訳 Lesson8 Part3 19, Skysea Powershell 実行 14,