アウトライン・エディタまたは次元構築を使用してアウトラインを変更した後、Essbaseでデータベース・ファイルの暗黙的な再構築が開始されます。実行される再構築のタイプは、アウトラインに加えた変更のタイプによって異なります: 密な再構築: 密次元のメンバーが移動、削除または追加されると、Essbaseでデータ・ファイル内のブロックが再構築され、新しいデータ・ファイルが作成されます。Essbaseでデータ・ブロックが再構築されると、インデックス・エントリが新しいデータ・ブロックを指すように、自動的にインデックスが再生成されます。空のブロックは削除されません。再構築されたすべてのブロックは、Essbaseでダーティとしてマークされるため、密な再構築の後はデータベースを再計算する必要があります。密な再構築は最も時間のかかる再構築であり、大きなデータベースに対して実行すると時間がかかる可能性があります。, 疎な再構築: 疎次元のメンバーが移動、削除または追加されると、Essbaseでインデックスが再構築され、新しいインデックス・ファイルが作成されます。インデックスの再構築は比較的高速です。所要時間はインデックスのサイズによって変わります。, アウトラインのみの再構築: 変更がデータベース・アウトラインのみに影響する場合、Essbaseではインデックス・ファイルやデータ・ファイルの再構築は行われません。データベース・アウトラインのみに影響する変更の例として、メンバー名の変更、別名の作成および動的計算式の変更があります。, 増分再構築を使用する場合、Essbaseでは密な再構築は延期されます。データベース・アウトラインを頻繁に変更する場合は、増分再構築の使用可能化を検討してください。増分再構築の詳細は、増分再構築とパフォーマンスを参照してください。, データベース・アウトラインを変更する方法(アウトライン・エディタの使用または次元構築の使用)は、再構築には影響を与えません。再構築が行われる場合、どのタイプの再構築が行われるかに影響するのは、情報の変更のタイプのみです。アウトラインの変更と行われる再構築のタイプの詳細は、アウトラインの変更のクイック・リファレンスを参照してください。, データベースの再構築を手動で開始する場合は、明示的な再構築を実行します。明示的な再構築は、強制的にデータベースの完全な再構築を行います。完全な再構築は、密な再構築に加え、空のブロックの削除で構成されます。, 『Oracle Essbase Administration Servicesオンライン・ヘルプ』. 神谷 雅紀 Escalation Engineer. ぶっちゃけありえない状況ではあるとは思うのだが、単一のテーブルにインデックスを100とか200とか作って、INSERT,UPDATE,DELETEを実行し、実行時間の変化を見る。 環境 Oracle Database Express Edition 11g Release 2をCentOS 6.4 x86_64上で動作 Oracle SQL Deve… インデックスの再構築が開始される。パソコンによってはある程度時間がかかるので、その場合は終了するまで待つ。進行具合はダイアログ上部に表示される. 高機能計算、名前変更および式の変更は、次のようにデータベースの再構築に影響を与えます: データベースで高機能計算を使用している場合には、データ・ブロックが再構築されるたびに、再構築されたブロックはすべてダーティとしてマークされます。ブロックをダーティとしてマークすると、次のデフォルトの高機能計算は必然的にフル計算となります。, 名前または式を変更した場合、Essbaseでは影響を受けるブロックはダーティとしてマークされません。したがって、メンバーまたはデータベースを再計算するには、フル計算以外の方法を使用する必要があります。. インデックスの再構築に必要な時間は、断片化のレベルに依存していますか? 80%フラグメント化されたインデックスの再構築は、40%フラグメント化された同じインデックスの再構築に1分かかる場合、約2分かかりますか? テーブルにデータを追加したり削除したりしていると、インデックスが断片化してくるらしい。 [2009-12-24] 再作成(再構築)とか結合とかするといいらしい。 ただし,条件カラムにインデックスを付けても,検索時間が短縮されないケースがあります。主な理由としては,付けたインデックスが使われていない,インデックスを使っているが検索時間を短くするほどの効果が出ていない――の2つが考えられます。 >ここでいう”見合わないコスト”とは具体的にどういったもののことでしょうか?, ここでいうコストとは、インデックスの再構成や再構築にかかる時間/負荷と検索効率の向上のトレードオフを表しているものと考えています。, 断片化が発生することで、ページの連続性が低くなり検索効率が落ちますが、断片化率が低い状態で解消をしても解消前と比較して検索効率がそれほど向上しないことを記載されているのかと。 流れ 1.インデックスの削除 2.重複データをテーブルから削除 インデックスの再作成・結合. >テーブルサイズそのものは関係ないとの見方で問題ないでしょうか? つかみましCPU timeたSTATISTICS TIME ON。, 私の期待:私は少なくとも、断片化レベルとCPU時間の間の依存関係を示す一種の線形曲線の兆候を見ることを期待していました。, これはそうではありません。この手順が良い結果に本当に適切かどうかはわかりません。行/ページの数が少なすぎるのではないですか?, しかし、結果は、私の元の質問に対する答えが間違いなくNOになることを示しています。SQL Serverがインデックスを再構築するために必要なCPU時間は、断片化レベルにも基になるインデックスのページ数にも依存していないようです。, 最初のグラフは、以前の断片化レベルと比較した、インデックスの再構築に必要なCPU時間を示しています。ご覧のとおり、平均線は比較的一定であり、断片化と必要なCPU時間の間に観察可能な関係はまったくありません。, 再構築に多少の時間を必要とする可能性がある、更新後のインデックス内のページ数の変化の影響を尊重するために、FRAGMENTATION LEVEL * PAGES COUNTを計算し、必要なCPU時間の関係を示す2番目のグラフでこの値を使用しました対断片化とページ数。, ご覧のとおり、これは、ページ数が変わっても、再構築に必要な時間がフラグメント化の影響を受けることを示していません。, これらのステートメントを作成した後、巨大で高度にフラグメント化されたインデックスを再構築するために必要なCPU時間は行の数によってのみ影響を受ける可能性があるため、手順が間違っていると思います。私はこの理論を本当に信じていません。, だから、私は本当にこれを絶対に知りたいので、それ以上のコメントや提案は大歓迎です。, これは、SQLサーバーが決定する主要なパラメータではなく、インデックスの再構築/再編成に時間がかかると思います。, 「DATA」に基づいて関与するさまざまな他の要因があり、それを介して、どれだけの時間がかかるかを決定します。, 同じインデックスの40%の再構築に1分かかる場合、80%の断片化されたインデックスの再構築には約2分かかりますか, もう一度答えはそれが依存することができます!数値については、シナリオをテストし、それがどのように機能するかを確認する必要があります。FRAGレベル80の場合、再構築にX時間\分\秒かかり、フラグメントレベル40の場合、再構築にY時間\分\秒かかりました。履歴を計算して保持し、15日間(スケジュールされたメンテナンスアクティビティによって異なります)を言い、実際に両方を比較するのにどれだけ時間がかかるかについて結論を出すことができます。, OlaのRe-indexing-Re-organizingのメンテナンスプランがある場合、SQL Serverインデックスと統計のメンテナンスで説明されているように、メンテナンス中に実行されたアクションの履歴をテーブルCommandLog内に保存するオプションがあります。データが保存されたら、コマンドタイプ「ALTER_INDEX--REBUILD」と、列の開始時間と終了時間の違いをクエリできます, 興味のある方のために、私は、インデックスの断片化とページのサイズに関連して、数週間以内に約2500のインデックス再構築のインデックス再構築期間を示すグラフを作成しました。, このデータは、10のSQL Server、数百のテーブル、およびOla Hallengrenの最適化手順に基づいています。再構築の一般的なしきい値は5%の断片化に設定されています。, 読みやすくするために、この統計で最大のテーブル(10 Mi +ページ)の一部を切り捨てました。, チャートは、泡のサイズとして必要な時間(期間)を示しています。最大のバブルの値は約220秒です。インデックスの再構築に必要な時間は、実際には断片化とは関係がないことを示しています。代わりに、インデックスのページ数により依存しているようです。また、低レベルのフラグメンテーションは、高レベルのフラグメンテーションよりも時間がかかることを示しています。, 2番目のグラフは、200 Kページ以下の領域に拡大されています。同じように表示されますが、断片化が増えるのではなく、インデックスが大きいほど時間がかかります。, REBUILDインデックスはフラグメント化に依存しません。インデックスを完全に削除し、最初から作成します。, REORGANZE index-インデックスを再構築せずに断片化を減らすためのもので、ドロップや作成はありません。, MSは、30%以下の断片化にはReorganizeを使用することをお勧めします。より高い断片化には、再構築が推奨されます。, 操作の完了までにかかる時間に関しては、インデックスの断片化に明らかに依存します。非常に断片化されたインデックスの再構築は、再編成よりも時間がかかりません。わずかに断片化されたインデックスの再構築には、かなり時間がかかります。MSガイドラインを開始点として、テーブルでいくつかのテストを実行することをお勧めします。断片化%に関する損益分岐点は、特定のテーブル、インデックスのサイズ、およびデータのタイプによって異なります。, 同じインデックスを40%フラグメント化した場合の再構築に1分かかる場合、80%にフラグメント化したインデックスの再構築には約2分かかりますか?, REBUILDとREORGのアルゴリズムは異なります。REORGは、REBUILDではなく新しいエクステントを割り当てません。REORGは現在割り当てられているページ(ページを移動できるように1つの8Kbランダムページを割り当てます)で動作し、必要に応じてページを移動して割り当てを解除します。, 続きを読む- メモ-SQL Serverインデックスの断片化、タイプ、およびソリューション, 古いスレッドであることは知っていますが、Paul Randalの投稿をここで共有することは有益だと思います。, 断片化がない場合でも、インデックスの再構築は常に新しいインデックスを構築します。再構築にかかる時間は、インデックス内の断片化の量ではなく、インデックスのサイズに関連しています。, https://www.sqlskills.com/blogs/paul/sqlskills-sql101-rebuild-vs-reorganize/, はい。通常、再構築では、行を(順番に)新しい物理インデックスパーティションにストリーミングしながら、元のインデックスを順番にスキャンする必要があります。断片化はキャッシュされていないスキャンに悪影響を与えるため、再構築にはさらに時間がかかります。, どれだけ長くかかるかは、フラグメンテーションと、CPUがプロセス全体にバインドする方法に依存します。行のシリアライズはCPUをかなり集中的に使用するため、まったく問題にならない場合があります。または、通常の1.5MB /秒のランダムIOレートを取得している可能性があり、これは高速再構築よりも簡単に5〜10倍遅くなります(スキーマとデータによって異なります)。前提条件に応じて、おそらく1倍から100倍のスローダウンが考えられます。, それは線形関係ではありません。断片化メトリックは、パーティションのスキャンにかかる時間の非常に大まかなプロキシです。, @KASQLDBA私はオラのCommandLogテーブルの統計/ログに入りました。期間は非常にランダムであり、認識可能な断片化レベルとは関係ありません。実稼働環境でのみこれらの値があるため、再構築に必要な時間は他のプロセスに大きく影響される可能性があり、これは一般的な答えを提供していないようです。, 金さん、TYさん、コメントをいただきましたが、私の質問の核心を監督したと思います。reorgとrebuildを比較しています。さまざまな断片化レベル(ceteris paribus)に対する再構築と再構築の比較について質問しました。, @Magierあなたが私の答えを注意深く読んだ場合、それはあなたの中心的な質問に答えます-インデックスが非常に断片化されている場合、それを再構築します。わずかに断片化されたものの再構築を行うコストは、再編成を行う場合よりもはるかに多くなります。また、再構築や再編成を行うことで断片化に対処する正しい方法や間違った方法はありません。すべて、システムの可用性、データ、インデックスサイズ、ディスクIOサブシステムなどに依存します。また、環境ごとにいくつかのテストを簡単に起動できます。異なる断片化レベルの再構築と再構築を比較します。できない?, REORGについて質問したり、言及したことはありません。それはすべて再構築についてです。そして、はい、テストをセットアップし、特定の断片化レベルを作成して、再構築にかかる時間を調べることができることを確認しましたが、そのアプローチの期待される結果を誰かがすでに知っており、その結果を伝えることができるかどうかを確認したかったのです。, @マジェ良い研究。CPU時間は断片化の影響を受けません。メモリに完全にキャッシュされている小さなテーブルをテストしているため、読み取りIOはまったくありません。テストは無効です。より大きなテーブル(100MBなど)で, また、実際にカウントされるのは物理ディスクヘッドの移動であるため、断片化数は緩やかな指標の一種であることにも注意してください。SQL Serverの狭い定義を使用して測定すると、適度に高速でありながら100%の断片化を伴う多くのIOパターンを想像できます。たとえば、1-4がスキャンされ、_が穴である割り当てパターン1_2_3_4は高速でなければなりません。, そのとき、私は正確にどのような価値を見なければなりませんか?実際には、Rebuildから次の情報を取得しています。CPU時間= 0ミリ秒、経過時間= 70ミリ秒。テーブル 'tFrag2'。スキャンカウント4、論理読み取り512067、物理読み取り26、先読み読み取り71209、LOB論理読み取り0、LOB物理読み取り0、LOB先読み読み取り0。SQLServer実行時間:CPU時間= 8657 ms、経過時間= 27246 MS。SQL Server実行時間:CPU時間= 8657 ms、経過時間= 27386 ms。, これらの時間は3つのクエリからのものですか?少し混乱します。最初の数字から、多くのデータがキャッシュされていることがわかります。また、70msは有効なベンチマークには短すぎます。それらの数字が何を表しているのか明確にできますか?, 私が言及した時間はSTATISTICS_TIMEとSTATISTICS_IOから来ました。今すぐ新しいベンチマークを再開しますが、今回は適切な結果を得たいと思います。したがって、これ以上の提案は大歓迎です。データを高速に戻すことに関心があるので、データキャッシュのクリーニングが何に役立つのか理解していませんが、インデックスを再構築します。, 非常に断片化されたインデックス(例では80%)の場合、REBUILDはREORGよりもはるかに高速です。REBUILDはインデックスの別のコピーを作成するだけですが、REORGは断片化の削除に行き詰まるため、速度が低下します。これが、, 断片化が激しいインデックスの場合は遅くなり、断片化が軽いインデックスの場合は速くなります。インデックスの作成と、断片化の軽いインデックスの再編成を行う場合のコストは大きくなるため、断片化の軽いインデックスの場合、REORGの方が高速になります。. # 再編成は既存の割り当て領域内でのページの再編成を行いますが、再構築はインデックスの再作成のようなイメージで処理が行われるため。 インデックスの再構築 (alter index rebuild) と再構成 (alter index reorganize) のどちらを行うかを決定する際の目安として、sys.dm_db_index_physical_stats の avg_fragmentation_in_percent の値を用いる方法があります。 24時間連続してデータベースを稼働させたい,というニーズに対して,Oracleではユーザーにデータベースを利用させた状態でデータをバックアップしたり,インデックスを作成したりする機能を備えてい … Oracle Hyperion Financial Management アプリケーションは通常、インデックスを数百または数千すら作成します。 時間の経過とともにアプリケーション・データが変化すると、インデックスが断片化される場合があります。, 再構築が終わると、ダイアログ上部に「インデックスの作成は完了しました」と表示される Oracleのインデックス(INDEX)を再作成するSQL【REBUILD】Oracleのインデックス(INDEX)は無効になってしまうことがあります。インデックスが無効になっていれば、インデックスを再作成する必要があります。Oracleの 断片化の対処方法, この場合、索引(インデックス)の再構築(rebuild)を行うことを検討して下さい . Alter Index コマンドを利用して、インデックスの再編成を実施しようとしています。, 対象のインデックスのサイズと断片化の状況によって再編成 (REORGANIZE) の処理時間は変わってくるはずです。 この章の情報は、ブロック・ストレージ・データベースのみに適用され、集約ストレージ・データベースとは関係がありません。, 業務形態の変化にあわせて、Essbaseのデータベース・アウトラインを変更し、新しい製品ラインの導入、新しいシナリオの情報の追加、新しい期間の反映などを行う必要があります。データベース・アウトラインの変更によって、データ・ストレージの配置が影響を受け、Essbaseでのデータベースの再構築が必要になることもあります。. インデックスの再編成と再構築, 結局、作業対象はインデックスサイズ×断片化率(百分率)で計算される領域になるということでしょうかね・・・。テーブルサイズそのものは関係ないとの見方で問題ないでしょうか?, 「断片化のレベルが非常に低い場合 (5% 未満) は、これらのコマンドのいずれも使用しないでください。 データベースの再構築を必要とする変更は非常に時間がかかるため(再構築の前にデータを破棄しないかぎり)、このような変更を決定するときは、それらがパフォーマンスにどのように影響するかに基づいて、十分に検討してください。この項では、再構築がパフォーマンスにどのような影響を与えるかを理解するために必要な情報を示し、データベースの再構築に関連して実行できるタスクについて説明します: データの消去およびそれに伴う一部の再構築を回避する方法については、『Oracle Essbaseテクニカル・リファレンス』の「CLEARDATA」および「CLEARBLOCK」、または『Oracle Essbase Administration Servicesオンライン・ヘルプ』の「データの消去」を参照してください。. Rebuild with (online=on); Essbaseで疎な再構築(インデックスのみの再構築)が行われるとき、次のファイルが使用されます: インデックス・ファイル(essxxxxx.ind)が作成されて、再構築操作によって変更されるインデックス情報が保管されます。, 手順1で作成したdbname.esrおよびessxxxxx.inmが削除されます。, データベース・アウトラインを頻繁に変更する場合は、アウトラインとそれに加える変更のタイプを分析します。疎次元または属性次元に対する変更は、インデックスのみが変更されるため、比較的速く行われます。密次元に対する変更は、データ・ブロックが再構築されるため、比較的時間がかかります。, 密(インデックス・ファイルおよびデータ・ファイル)。メンバーとその他の操作の追加、削除または移動によって発生するもの(アウトラインの変更のクイック・リファレンスを参照), 密(インデックス・ファイルおよびデータ・ファイル)。密次元を疎次元に、または疎次元を密次元に変更することで発生するもの. Essbaseでデータ・ブロックとインデックスの両方が再構築されるとき、表179に示すファイルが使用されます: Essbaseカーネル・ファイル(データベースのリカバリに使用される制御情報を含む), データベースのすべてのメタデータと、データの保管方法が定義されているアウトライン・ファイル. Oracleのインデックス(INDEX)を再作成するSQL【REBUILD】Oracleのインデックス(INDEX)は無効になってしまうことがあります。インデックスが無効になっていれば、インデックスを再作成する必要があります。Oracleの # 連続データになっているページのページ番号が再構成実行前後で同一になっているかを確認すればわかるとは思うのですがきちんと確認したことがないもので…。, 処理時間に関しては断片化状況とレコード長、ページ内のデータ充填状況等を考慮する必要があるとは思うのですが、具体的な算出方法は今まで考えたことが無かったのでこの点に関しても他の方のご意見をお待ちいただければと。, >「断片化のレベルが非常に低い場合 (5% 未満) は、これらのコマンドのいずれも使用しないでください。 Oracleのインデックス(INDEX)を再作成するSQL【REBUILD】Oracleのインデックス(INDEX)は無効になってしまうことがあります。インデックスが無効になっていれば、インデックスを再作成する必要があります。Oracleの 再構成の場合、データの再構成対象となるのは、連続性がなくなっているページのデータだと思うのですが私も厳密に確認をしたことがないもので…。 Oracleのインデックス(INDEX)は無効になってしまうことがあります。インデックスが無効になっていれば、インデックスを再作成する必要があります。, USER_INDEXESをSELECTして現在のインデックスの状態を確認します。STATUSが「INVALID」になっているものが無効なインデックスです。この無効なインデックスは再作成します。, インデックスを再作成するには「ALTER INDEX ~ REBUILD」を使います。ここではindex1を再作成しました。. 断片化されたインデックスを再構築するには To rebuild a fragmented index. # 検索効率が全く向上しないということはないかと思いますが。. 疎な再構築: 疎次元のメンバーが移動、削除または追加されると、Essbaseでインデックスが再構築され、新しいインデックス・ファイルが作成されます。インデックスの再構築は比較的高速です。所要時間はインデックスのサイズによって変わります。 神谷 雅紀 Escalation Engineer. –再構築alter index ix_table1 rebuild nologging parallel 4; SQLのチューニングについては、「SELECT文のSQLチューニング方法まとめ」で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。. ここで、これはもうインデックスを削除してから再構築をしないと問題が解決しないだろうし、 今後同じ問題が起こったら初めからそうすべきだと感じた。 インデックスを削除して、再作成する. height が4以上で del_lf_row/lf_rows が0.2を超える場合は効率が悪い可能性があります. ・インデックスはbツリー構造で構築される oracleのインデックスはインデックスキーによるbツリー構造になっておりデータがソートされた状態で格納されます。 インデックス有無による検索処理の差異 ここでは以下のテーブルと検索条件を仮定します。. alter session force parallel DDL parallel 4. technology. インデックスの再構成や再構築には、ほとんどの場合、そのようなわずかな断片化を解消するには見合わないコストがかかります。」, >結局、作業対象はインデックスサイズ×断片化率(百分率)で計算される領域になるということでしょうかね・・・。 断片化が進んでいると再編成ではなく、再構築 (REBUILD) のほうが短時間で終わることがあります。 いくつかのアクションで、データベースの再構築に関連するパフォーマンスが改善されます: 必要なデータベースの再構築をEssbaseでいつ実行するかを制御するには、増分再構築を使用します。, 変更したアウトラインを保存するときには、必要な再構築の量を削減するオプションを選択します。, 分離レベルをコミット・アクセスに設定すると、データベースの再構築に必要なメモリーおよび時間が増加する可能性があります。データベースの再構築の前に、分離レベルをアンコミット・アクセスに設定することを検討してください。分離レベル設定の詳細は、データの整合性の確保。を参照してください。, データベース・アウトラインを頻繁に変更する場合は、増分再構築を使用可能にすることを検討してください。増分再構築を使用可能にすると、データベース・アウトラインまたは次元への変更によって構造的な変化が発生しないように、Essbaseで再構築が延期されます。インデックスと、必要に応じて、次にブロックがアクセスされるときに影響を受けるブロックがEssbaseで再構築されます。, 増分再構築が使用可能になっていると、アウトラインの変更のクイック・リファレンスにリストされたデータベースの変更のための再構築は、特に注記のないかぎりEssbaseでは延期されます。.

エリザベス女王 お茶 目, 女王の教室 名言 動画, 広島 森下 防御率, エブリィワゴン 荷室 棚, まだ 英語 Still発音, 智 弁 和歌山 柳川, 阪急 区間指定割引 途中下車, すみっこくじ Part20 どこで, プロスピ 自チーム おすすめ 2020, イースター 祭り 国, 空も飛べるはず めざめ 違い, 京都市バス 回数券 クレジットカード, 七つの大罪 メリオダス 十戒に戻る, ヤフーショッピング クーポン 予定, プロスピ 大田 2020, 日本 キャッシュレス 目標, スーパー ランク 高級, 鷲 鷹 コンドル 違い, プロスピ リアタイ プラチナ, 洋画 コメディ 女性, 花束 1000円 ミニブーケ, 英語 できない 海外の反応, Lisa 紅蓮華 Flac Rar, 英語 できない 海外の反応, 漢字ドリル 4年生 東京書籍, パラサイト アマプラ 無料, タバコ 通販サイト おすすめ, 釧路 ノロッコ号 予約方法, 七 つの 大罪 圧倒的暴力, エブリィ リフトアップ 名古屋,