googletag.cmd = googletag.cmd || []; ご自身のPCにある画像ファイルを指定してみて下さい。 幅100%,高さ100px,余白を上下10px,左右0pxとしました。, 次にid名「bg」が付いたdivタグにスタイルを指定しています。 googletag.cmd.push(function() { googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_ctc02_adsence', [300, 250], 'div-gpt-ad-1566564559478-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_468x60_common_eyecatch02_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1567575393317-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_eyecatch01_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1566564252373-0').addService(googletag.pubads()); ImageDataを使うと、canvas要素の画像を画像(数値)データとして取得したり、独自に作成した画像データをcanavas要素に描画できます。画像を数値データとして取得できれば、独自の画像処理を行うこともできそうですね。, 実際に、画像に対して独自の画像処理を行うWebアプリを実現するには、何が必要なのか。一通りの流れを作ってみることにしましょう。, "CodeCampus"はオンラインプログラミングスクール No.1のCodeCampが運営するプログラミング未経験の方のための学習メディアです, 画像処理を行うためには、まず画像をImageData(数値データ配列として処理できるImageDataのdataプロパティ)に読み込む必要があります。, ImageDataは、「canvas要素の画像」を取り込めますから、「画像を描画したcanvas要素」があれば、そこからImageDataを作成できそうです。これは、canvas要素に画像を描くcontextのdrawImage()で実現できます。, 画像を描画したら、現在のcanvas要素の画像をImageDataとして取得するcontext.getImageData()でImageDataを取り出す、という感じでしょうか。, この流れでは、canvas要素をWebブラウザ上に表示する(Webブラウザ上のHTMLの中に入れ込む)必要はありませんから、canvas要素はJavaScriptの作業用変数として作成すればよいでしょう。, canvas要素は、img要素と同じ大きさ(width/height)で作成し、getContext()で描画用のcontextを取得します。続いてimg要素の描画とImageDataの取得を行えば、「img要素の画像から作成した画像データ」を持つImageDataの完成です。, img要素からImageDataを作る一連の流れを関数にまとめると、以下のようになります。, createElement()でWebブラウザに表示されるHTMLとは別にcanvas要素を作成し、そのcanvas要素にimg要素の画像を描画(転送)してImageDataを取得するわけですね。, img要素の大きさは、ブラウザの表示サイズなどに依存しないようnaturalWidth/naturalHeightで取得しています。, この関数を使って「同じディレクトリにあるtest.jpgを読み込んだimg要素を表示し、ボタンがクリックされたらImageDataを作成して下のcanvas要素に描く」htmlファイルを作ってみました。, 適当なディレクトリに適当な画像をtest.jpgとして配置したら、このhtmlファイルも同じディレクトリに作成していろいろなブラウザで表示してみてください。, 実際に試してみると、FirefoxやEdgeなどでは下のcanvasに画像が表示されますが、Chromeではうまく行かないと思います。「デベロッパーツール」でconsoleをを見てみると、「canvasが汚染されているのでgetImageData()が失敗した」といったエラーメッセージが表示されています。, これは、ローカルに配置した環境でJavaScriptを実行すると。セキュリティ上の制約を受けるためです。セキュリティ上の制約を受ける場所から読み込んだ画像をcanvas要素に描画すると、そのcanvas要素は「汚染」されたと見なされ、ImageDataの取得(contextのgetImageData()呼び出し)が許可されなくなります。, Chromeでは同一ディレクトリに配置した画像に対してもこの制約が課されますが、Firefoxでは同一ディレクトリに配置された画像にはこの制約が課されないため、FirefoxではImageDataを取得しcanvas要素にそのImageDataをdrawImage()できたわけです(Firefoxのバージョン、あるいは設定によって変わる可能性があります)。, ただし、この制約は「ユーザーの操作」によって指定された画像には課されません。input要素などからユーザーが画像ファイルを指定し、指定された画像ファイルをJavaScriptでimg要素化すれば、ローカルファイルであってもImageDataにすることが可能です。, input要素から画像ファイルを指定しimg要素に読み込む流れは、以下のようになります。, 読み込み完了を待って次の処理を行う必要があるため、やや手順が多くなってしまいますね。, FileReaderのreadAsDataURL()は、ファイルのデータをDataURLという特殊なテキスト形式で読み込む関数です。DataURLは、バイナリデータを64文字の文字集合に変換(Base64エンコード)して作成される文字列で、img要素のsrc属性などにファイルパスやネット上のアドレスと同じような感覚で設定することができます。, img要素のsrc属性にDataURLの文字列を設定すると、img要素はDataURL内にエンコードされているバイナリデータを復元し画像データとして読み込むわけです。, 上の流れでも、img要素はWebブラウザのHTMLとは独立して扱うことができそうです。画像を読み込んでcanvas要素に描画するためのimg要素(と同じ感覚で扱えるImageオブジェクト)も、JavaScriptで作成することにしましょう。, img要素をユーザーが指定した画像ファイルから作成する形にすると、HTMLファイルは以下のようになります。先ほどImageDataの作成に失敗したChromeで実行してみましょう。, 今度はImageDataが作成されて、下のcanvas要素に選択された画像が表示されたと思います。, これでユーザーが指定した画像をImageData、つまり「JavaScriptで扱うことができる数値データの配列」に読み込むことができました。せっかくですので、簡単な画像処理をやってみることにしましょう。, 画像を読み込んでImageDataを作成したら、そのImageDataをWebブラウザ上のcanvas要素に描画した上でcanvas要素のimg_dataプロパティとして保存します。これで、後からcanvas要素に描いたImageDataをimg_dataプロパティの参照で取得できるようになりました。, 続いてcanvas要素がクリックされたら、画像処理関数processImageData()を呼び出すイベントハンドラの設定も行います。, processImageData()の中では、ImageDataの赤成分と青成分を入れ替える画像処理をやってみることにしましょう。これは、ImageDataの各ピクセルにおいてR成分のデータとB成分のデータを入れ替えるだけですね。, processImage()は、canvas要素に対して設定したイベントハンドラなので、processImage()ではthisがcanvas要素になっています。つまり、先ほど保存しておいたImageDataは「this.img_data」で取得できるわけです。, このprocessImageData()を組み込んだHTMLファイルは、以下のようになります。, 画像を読み込んでcanvasに画像が表示されたら、表示された画像をクリックしてみてください。大きな画像だとかなり処理時間がかかる場合があるので、小さめの画像で試してみると良いでしょう。, 【JavaScriptを好きになろう】JavaScriptでピンポンゲームを作ろう, Ne:Code道場~JavaScript Chrome開発者ツール・Consoleの巻~, 様々なフィールドで活躍するエンジニアを育てていきたい【CodeCamp人気講師 #12 舘先生】, ファイルを読み込むFileReaderを作成し、読み込み完了時のイベントハンドラ(onload)を設定する。, FileReaderのreadAsDataURL()で、ファイルの内容をimg要素のsrcに設定できる文字列(DataURL)として読み込む, 読み込み完了時のイベントハンドラで、読み込んだ文字列をimgのsrcとして設定する. そしてaddEventListener()を使ってchangeイベントを追加します。, changeイベントの最初に、event.target.filesで選択されたファイルを取得し、変数fileに格納します。, そしてreadAsDataURL()を使って、画像ファイルをdataURL形式でFileReaderに読み込みます。 googletag.pubads().setTargeting('blog_type', 'Tech'); 幅360px,高さ240px,黒の枠線を付けました。また画像が枠をとび出すときにはスクロールバーを表示するようにしました。, ここからスクリプト内部を見ていきます。まずファイルを選択するinputタグをgetElementById()で取得して変数obj1に格納しています。 変数fileは配列の形式だったので、配列の最初の要素(file[0])をreadAsDataURLのカッコ内に指定します。, ファイル読込が完了した時(つまりonloadイベント内で)、FileReaderに読み込んだデータをreader.resultで取得します。 「data:image/ファイル形式;base64,」の後に画像データが長い文字列として表示されます。. // fixed01のWORKSが不定期なため共通処理とする それを変数dataUrlに格納します。, そして、divタグに画像タグをinnerHTMLで書き出しています。src属性値に取得したdataURLを指定しています。, またテキストエリアにはdataURLそのものを書き出すようにしました。 }); JavaScriptでは画像を表示するために「document.write」で「タグ」を使用します。, 今回はこれらの方法を覚えるために、画像を表示するためのさまざまな使い方をわかりやすく解説します!, JavaScriptで画像を表示するには、「document.write」を使います。, 「document.write」はページに文字列を表示する機能ですが、タグを指定することで、Webページの画面に画像を表示することができます。, JavaScriptでは「document」を活用することで、Webページを構成しているHTML要素へプログラム上から簡単にアクセスできます。, 「document.write」は、JavaScriptで最も手軽に「文字列」を画面に出力することができる方法です。, 「write」の引数へ出力したい文字列を指定するだけで、Webページの画面にテキストが表示されるので使い方も簡単です。, また、writeの引数はHTMLタグを認識することも可能なので、タグを指定することで画像を表示することができます!, 「document」の使い方はこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ確認してください。, 画像を表示するには、document.writeの引数にタグで表示する画像のURLを指定します。, ファイルを読み込む様々な使い方についてはこちらの記事で解説しているので、ぜひ確認してください。, 当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。 JavaScriptのdocumentプロパティの使い方, JavaScriptのフレームワークReactとは?2018年人気ランキングも紹介. pbjs.que=pbjs.que||[]; googletag.enableServices(); googletag.pubads().enableSingleRequest(); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay', [728, 90], 'div-gpt-ad-1584694002281-0').addService(googletag.pubads()); var googletag = googletag || {}; googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidemiddle02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198822157-0').addService(googletag.pubads()); 解説 3行目で画像ファイルsample.jpgを読み込みました 4行目で画像を画面に表示しました 5行目でキー入力を待機する状態としました。(即座にプログラムが終了するのを防止するため)プログラム終了直前の後始末として、6行目でウィンドウを全て破棄しました。 var pbjs=pbjs||{}; googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidemiddle01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198726712-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565194485392-0').addService(googletag.pubads()); これまで、テキストファイルの読み込み方法を見てきましたが、 画像ファイル等はdataURL形式で読み込むと扱いが簡単になります。, ここでは、画像データをURL文字列(dataURL)に変換して読み込む方法を見ていきます。 それぞれにid名「selfile」,「dturl」,「bg」を付けました。テキストエリアは編集を禁止するreadonlyを付けています。, 続いてスタイルシート部分です。最初はテキストエリアのスタイルを指定しています。 pbjs.setConfig({bidderTimeout:2000}); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_ctc01_adsence', [300, 250], 'div-gpt-ad-1566564396953-0').addService(googletag.pubads());

Twitter 埋め込み 表示されない Iphone 4, さよならくちびる 映画 動画 4, ネコジルシ ヲチ 19 35, マイクの ピックアップ を 最適化 する 16, 嘘を愛する女 ノン フィクション 4, Java 配列 入れ替え 5, Youtube アニメ++ B9 14, ヤクルト Cm 女優 2020 4, 四谷大塚 夏期講習 日程 2020 6, エクセル 手数料 率 11, ピクサー Dvd 中古 4, 巨人 ソフトバンク 日本シリーズ なんj 4, Anycast 接続方法 Iphone 9, マウスセンシ 判定 ツール 10, Iss 通訳 本科 5, 猫 ふみふみ 後ろ足 4, キラッとプリ☆チャン♪ミュージックコレクション Dx Rar 17, Mov 大文字 小文字 違い 13, Ciatre ブランド 読み方 31, スマイルゼミ 中学生 コース 切り替え 6, Gta5 カジノ強盗 隠密 11, Gota Del Vient 楽譜 6, 高木雄也 ブログ 匂わせ 5, Utc 11 日本時間 4, Sli と は 貿易 9,