2部6章は1部6章と一緒で円卓領域ってなってるけどどうなんだろ 副題が「星が生まれる刻」ってのも気になる — 賢王C.saharicus(せいや) (@seiyasmartphon2) August 26, 2019 2部6章は1部6章と一緒で円卓領域ってなってるけどどうなんだろ 副題が「星が生まれる刻」ってのも気になる — 賢王C.saharicus(せいや) (@seiyasmartphon2) August 26, 2019 1部6章で苦しむ新規を見てマウント取って喜ぶ連中がいるから難易度調整とか絶対やらなさそう -- 2020-11-08 (日) 17:07:36 New; 二部はともかく一部はもう難所ないけどな。星5配布の時にサブ垢作ったが配布孔明と本垢の鯖以外全員レベル1で楽勝だった。 ©TYPE-MOON / FGOPROJECT※当カテゴリ内のすべての記事は、AppMedia編集部及びライター独自の判断に基づき作成しています。※当サイトが掲載しているデータ、画像等の無断使用・無断転載は固くお断りしております。, FGO(FateGO)のストーリー第2部6章の攻略や最新情報をまとめています。ロストベルト6「星の生まれる刻」を攻略する参考にしてください。, 2部オリュンポスをクリアして、これまで通りなら異聞帯の名前が明らかになるはずだったが、今回はノイズのようなものがかかってタイトルが全くわからない状態になっている。, 今後のイベントや更新で明らかになるはずだが、現時点では担当クリプターがベリルであることと、ブリテン異聞帯と呼ばれているくらいしか明らかになっていない。, これまで公式サイトなどで明らかにされてきたロストベルト6のタイトルは「–円卓領域 —–・-・–」。円卓領域の名を冠する異聞帯であり、特異点「神聖円卓領域キャメロット」を強く意識したネーミングになっていると予想される。, かの特異点と同じ第六であり、基準は違うものの規格外を意味するEXランクの評価を受けているという共通点がある。オリュンポスでは大幅にゲームの難易度が上昇し、低レアサーヴァントだけでクリアするのが非常に困難になっていたが、次の異聞帯も負けず劣らずの高難易度になっていることが予想される。, 事件簿マテリアルの魔術協会の歴史によると、AD.500に真エーテルが地上から完全に消失する出来事があったらしい。異聞帯との分岐点がこの事件が発生しなかったと考えるのが自然かもしれない。, もう一つあるとすれば、オリュンポスでのベリルの発言的にブリテン異聞帯ではヴォーティガーンが生存していることが予想されることから、汎人類史ではアルトリア(ロンゴミニアド)の手で打ち果たされたはずの彼が生きていている=何らかの理由でアルトリアがいないor聖槍を手にしていない世界という考察もできる。, 二部5章オリュンポスをクリア後、ターミナルのロストベルト6とロストベルト5の間に謎の黒点が出現。ロストベルト6とオリュンポスの間ということで、この黒い点についてのストーリーがまず先行して実装されることになりそう。, ベリルは「自分を騙すのも得意」と称される人物で、彼の発言は正直信用できない。ロストベルト6の情報はそのほとんどが彼の発言を根拠にしたものなので、全てが嘘という可能性も否定しきれない。, ブリテン異聞帯は光の壁に包まれていると常々言及されてきた。そして、アトランティス開幕時のクリプター会議で、キリシュタリアの口からその光の壁が「世界の果て」によるものと明言された。, 「世界の果て」というとロンゴミニアドの本体の塔が想像されるが、ブリテンという場所や光の壁という特徴も含めてロンゴミニアドによって外界と遮断されているのだと思われる。, オリュンポスでアトラスの世界樹が炎上した原因が、ブリテン異聞帯の空想樹の炎上。さらにベリルの口からセイファート(ブリテン異聞帯の空想樹)が干されていると言及された。つまり、ブリテン異聞帯の空想樹はカルデアが行く前から機能していないことがわかっている。, そもそも異聞帯の維持に空想樹が必要な理由は、空想樹が持つ星をテクスチャで覆う機能が異聞帯を惑星上に発生させるために不可欠だからであり、これはブリテン異聞帯が空想樹なしでもテクスチャを維持することが可能ということを意味している。, 前述したロンゴミニアドにはテクスチャを繫ぎ止める機能が備わっており、ロンゴミニアドがあるからこそ、ブリテン異聞帯は空想樹なしでもそのテクスチャを惑星上に留めておくことが可能になっているのだと思われる。, オリュンポスでベリルとアフロディーテの会話中に登場した、ブリテン異聞帯の状況を意味する言葉。つまり、ブリテンの異聞帯は人類の住む世界ではなく、アヴァロンと呼ばれた理想郷が舞台になると予想される。, ベリル本人の口からアヴァロン以外のもう一つ物語の舞台として「星の内海に続く虚ろの道」というワードが登場した。, これは、謎のヒロインXXのバレンタインチョコイベントで彼女からこの惑星にあると言及された「いまだ星の内海に続く坑道」のことを示しているのだと思われる。異界と繋がった海域がオリュンポスへ繋がるアトランティスなら、未だ星の内海に続く坑道がロストベルト6の舞台になる可能性はかなり高い。, 「星の内海に続く虚ろの道」というワードと関連があるイギリスにある地下空間。時計塔の地下にある大迷宮で、かつてこの地で死んだ竜の骸の発掘が行われている。時計塔が彼の地に建造されたのも、この竜の死骸の資源を活用するため。一般の魔術師はこの地が特別な理由は竜の死骸にあると思っているが、実際には竜の死骸以前にこの一帯が「星の内海へ続く路」だから特別な場所だったというのが正しい。, ベリルのセリフを踏まえるとブリテン異聞帯においても、「星の内海へ続く路」は健在でアヴァロンに向かうには依然ここを通る必要があると思われる。, 星の内海=アヴァロンがブリテン異聞帯の本拠だが、そこへ至るための道として「星の内海に続く虚ろの道」を通ることになるという展開になると攻略班は予想。5章でのアトランティス→オリュンポスのように霊墓アルビオン→アヴァロンという二部構成になるのでは?, ブリテン異聞帯のクリプター。オリュンポス以前はキリシュタリアに従っているように見えたが、快楽殺人者で人殺しができなくなる世界の成立を拒み、彼を裏切りアゾることに。, これまでブリテン異聞帯陣営とは対立していると思われていたが、オリュンポスの最終局面で異聞帯の王側の名代として活動していることが判明した。, アルトリアの姉で、マーリンに匹敵する魔術師。ストーリータイトルである—–・-・–に名前が入る(モルガーンにすれば)ことや、ブリテンが舞台ということで登場が予想されている。妖精とする伝説も数多く残っているため、ベリルの口から語られた妖精は彼女のことを示しているのかもしれない。, オリュンポスに放たれたロンゴミニアドは、異星の神用に異聞帯の王が用意した魔術ということなので、大魔術師である彼女が異聞帯の王となっている可能性は大いにある。, トリスタンの幕間でモルガンの登場がすでに示唆され、彼女がギフトを使えることも判明している。, ベリルの口から生存が判明した、アルビオンの竜。アルビオンはブリテン島の古い名称で、ブリテン島そのものと言われた魔竜ヴォーティガーンのことを示していると予想している(アルビオンの竜=ヴォーティガーンと説明した資料はなかったように記憶しているんですけど、知ってる人がいれば教えてください)。, 汎人類史ではアルトリアとガウェインが戦ったがエクスカリバーもガラティーンも通用せず、ロンゴミニアドを使うことでようやく撃破できたような強敵。生きている=ブリテン島の支配者となっていると予想されるが、ベリルの口ぶりから異聞帯の王は魔術を使うものや妖精関連だと思われるので、巨大な竜である彼が異聞帯の王とは思えない。, コヤンスカヤと取引する材料しているので、ベリルと同じ陣営ではなく純粋にブリテン異聞帯の脅威の一つと考えるのが良いのかも。, 異星の神のアルターエゴではなく、ビーストだと判明。アルビオンの竜の話を聞いてベリルに協力することを決め、ベリルとともにブリテン異聞帯へ移動している。, ロードエルメロイ2世の事件簿で存在が明らかになった、「星の内海へ続く路」にいる怪物。グレイのロンゴミニアドの攻撃でも視線をそらすことしかできないレベルの怪物だった。「星の内海へ続く路」を通るならこの怪物と遭遇するかもしれない。, 円卓の騎士と敵対関係になったとされる蛮族。カエサルの強化クエストでエネミーとして不具合で登場して以来音沙汰がない。一応ブリテンの脅威の一つとして登場する可能性があるかも。, オリュンポスのラストで、キリシュタリアの仇討ちをする=ベリルを倒す意思があることが判明。異聞帯間の移動手段を持っているかは不明だが、何らかの方法でブリテン異聞帯にやってきているはず。, アトランティスの海へ退避した異星の神陣営のアルターエゴたちだが、ひとまずは本格的な介入は行わない様子で、ブリテン異聞帯へは村正を派遣するに留めている。, アルテミット・ワンを狙って活動することになるようなので、ORTがいる南米異聞帯で本格的に登場するという展開になりそう。, 言峰綺礼によるとリンボとは連絡が取れないとのこと。そんなリンボがオリュンポスのラストで我が本拠「地獄界曼荼羅」でマスターをもてなすと発言。リンボとの決着はロストベルト6とは別の場所でつけることになりそう。, 2部後半PVで初登場し、5周年イベントで実装されたサーヴァント。アルトリアの派生系だが今までのアルトリアとは全く違う出自を持っているようなので、彼女の存在が異聞帯の核になるという可能性も大いにある。, 舞台となる可能性が高いアヴァロンで今も生きている、おなじみの偉大な魔術師。普通にアヴァロンにいるので助けに期待したいが、アルトリアが生まれなかった世界というとキングメイカーとしての実力を発揮できない何かが起こった可能性もあるので、マーリンがいないという展開も考えうる。, 空想樹でも脅威になり得るロンゴミニアドの光の調査と破壊工作を言峰綺礼から依頼される。現状唯一確実にロストベルト6にいることが間違いないサーヴァントで、その任務の内容的にカルデアの協力者にすらなり得る。, 実際村正はオリュンポスでヘファイストスを守る任務の一環として、ゼウス撃破に不可欠なアイテム作成に協力している。今回もブリテン異聞帯を共通の敵として動いてくれるかもしれない。, アーサー王伝説に語られる騎士王本人。異聞帯の状況を見ると彼女がいないor王となっていない世界となっている可能性も高く、最初から登場してくれるとは考えにくい。カルナやロムルス=クィリヌスのように最後の最後で力を貸してくれるという展開になりそう。, 別の世界のアーサー王。ビーストⅥを追っていることは決定的だが、この異聞帯にビーストⅥがいるかどうかは不明。アーサーいるなら、ビーストⅥも確実に登場することになるので、ビーストの大行列になる可能性も。, 4周年記念で実装された低レアサーヴァントの1騎で、円卓の騎士。キャメロットでは物語が始まる以前にすでに退去しており、カルデアと遭遇することはなかった。, 4周年の低レアサーヴァントの多くは異聞帯で活躍しているので、イアソンやパリスのように6章で活躍してくれることに期待したい。, 4周年記念で実装された低レアサーヴァントの1騎。ガレスと彼女以外の低レアサーヴァントはすでにストーリーで活躍しているので、サロメも同様に出番があるはず。それが6章なのか7章なのかは不明。, 6章の舞台と予想されている「妖精域」と関連がありそうな女性。蝶の羽根という特徴からエーディンorプシュケーと予想している。舞台がブリテンということでどちらかといえばエーディンである可能性が高そうに思える。, 異聞帯の王という設定と妖精を掛け合わせると妖精の王として有名なオベロン、ティターニアなども候補となる。また、一部マスターの間ではアーサーと縁が深い「沙条愛歌」説も話題に。, 騎士のようにも見える3人組。色合いや円卓領域というタイトルからガウェイン、ランスロット、トリスタンの別側面という予想をしている人もいる。, 謎の鎧の騎士。槍を扱うためパーシヴァルと予想する人が多い。個人的には鎧の形や模様が似ていることからモードレッドの別側面なのでは?と予想している。, ただ、アーサーともアルトリアとも似つかない見た目なので「不貞隠しの兜」だけを借り受けているという可能性もある。, モードレッドに関しては消滅ではなく戦闘によって死亡しているため、登場する可能性は極めて低い。

ジェネシス 完全 無欠 23, 草木染 め 濃く染める 4, 東工大 数学 駿台 5, サンタッタ ピアノ 楽譜 4, ニュース イット コメンテーター 4, ゴルフ 7 ハイ ライン ポジション 6, 加藤 審判 野球 4, イッテq ヲタ芸 たなっち 9, ダイナー メニュー アメリカ 4, ガクチカ 例文 ゼミ 4, ダホン ハブ 交換 11, 漫画 吹き出し ルール 6, Portal2 Coop アートセラピー 44, かずのすけ シャンプー ミノン 5, コマンドプロンプト Chcp 使え ない 13, Aomei Backupper エラーコード 4, Autocad Ctb とは 4, Windows10 モバイル ホットスポット 無効 16, Ae フラッシュ エフェクト 4, 漫画 バンク クレイモア 59, カワイ ピアノ K114 5, 清原 食事 なんj 6, ライフアフター 建築 ガラス窓 5, Vuejs メモリ リーク 4, 読者モデル 募集 2020 5, Cstring 配列 初期化 22,