この質問は [Office | Excel | Windows その他 | Office 365 for business] のカテゴリに投稿されましたが、内容から判断しこちらのカテゴリに移動いたしました。適切なカテゴリに投稿すると、返信や回答が得られやすくなり、同じ質問を持つ他のユーザーの参考にもなります。, 以下のページを参考にExcelをセーフモードで起動して、セーフモードで問題が無い場合は問題となっているアドインを無効にします。, Office が起動しない ・ 動作が停止する場合に、アドインに要因があるか調べる方法, (※Excel 2010 となっておりますが、Excel 2016 でも同じ方法で確認出来ます。), ■ Officeのアンインストールがコントロールパネルからのものであれば、Easy Fixツールを使用してOfficeを完全にアンインストールしてから再インストールする。, フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。, アンインストールはEasy Fixツールを使用しておりますが、インストール後は同様の結果でした。, 教えていただいたEasy Fixツールを使用して完全アンインストール→インストールなど実施してみましたが、, Excelに限らず、新形式(docx、xlsx、pptx形式)のファイルに添付されたexcelオブジェクトが開けないようです。, それぞれ表示されるダイアログは異なりますが、いずれにしてもオブジェクトは開けません。, ・Excel 2016 で 新規に xlsx形式 のファイルを作り、それを xlsx形式のシートに埋め込んだ場合も同じでしょうか?, ・xlsx形式のファイルを直接ダブルクリックした場合には開けるでしょうか?(拡張子の関連付けの問題?), ・開けるPCと開けないPCの違いを確認する(Windows のバージョン、Officeのバージョン、セキュリティソフトなど), 新規のxlxsファイルにxlxsオブジェクトを埋め込もうするとパッケージャーとして認識されてしまいます。そのまま埋め込むことで開くことはできます(別途Excelが起動)。, 仕事上、オブジェクトが埋め込まれたファイルのやり取りが多いので、pupupu7さんの, YUSASAKI さん、マイクロソフト コミュニティをご利用いただき、ありがとうございます。. Excel2016にしたところ、xlsx形式のファイルに埋め込んだexcelオブジェクトが開けなくなりました。 以前は問題なく開けていましたが、「このオブジェクトの作成元アプリケーションを起動できません」となり開けません。 同じファイルを他のPC(Excel2016)で開くと埋め込みオブジェクト … Main menu. the Macro? Excel2016にしたところ、xlsx形式のファイルに埋め込んだexcelオブジェクトが開けなくなりました。, 以前は問題なく開けていましたが、「このオブジェクトの作成元アプリケーションを起動できません」となり開けません。, 同じファイルを他のPC(Excel2016)で開くと埋め込みオブジェクトは問題なく開けます。, なお、xls形式のファイルに埋め込まれたexcelオブジェクトは問題なく開けます。, 関係するか不明ですが、excelファイルに「アイコンで表示」でxlsxオブジェクトを挿入するとexcelオブジェクトと認識されません。, **モデレーター注** 注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。, オブジェクトのリンクと埋め込み (OLE) を使用して、Word や Excel などの他のプログラムのコンテンツを含めることができます。, OLE は多くの異なるプログラムでサポートされています。 OLE は、1つのプログラムで作成されたコンテンツを別のプログラムで使用できるようにするために使用されます。 たとえば、office Excel ブックに Office Word 文書を挿入することができます。 挿入できるコンテンツの種類を確認するには、[挿入] タブの [テキスト] グループで [オブジェクト] をクリックします。 コンピューターにインストールされていて、OLE オブジェクトをサポートしているプログラムのみが [オブジェクトの種類] ボックスに表示されます。, Word などの OLE をサポートしている Excel またはいずれかのプログラム間で情報をコピーする場合は、情報を1つのz0z_または _ z1z_としてコピーできます。 リンクオブジェクトと埋め込みオブジェクトの主な違いは、データが保存されている場所と、 _ z0z_に配置した後にオブジェクトがどのように更新されるかという点です。 埋め込みオブジェクトは、挿入されたブックに保存され、更新されません。 リンクされたオブジェクトは、個別のファイルとして保持され、更新することができます。, _ Z1z_のデータが変更されたときに、ユーザーのz0z_の情報を更新するには、リンクオブジェクトを使います。, リンクオブジェクトの場合、元の情報はソースファイルに保存されたままになります。 リンク先のファイルには、リンクされた情報の表示が表示されますが、元のデータの場所だけが保存されます (オブジェクトが Excel グラフオブジェクトの場合は、サイズも保存されます)。 元のデータへのリンクを維持するには、ソースファイルをコンピューターまたはネットワークで利用できる状態にしておく必要があります。, ソースファイル内の元のデータを変更すると、リンクされた情報が自動的に更新されます。 たとえば、Word 文書内の段落を選択して、その段落を Excel ブックにリンクされたオブジェクトとして貼り付ける場合、Word 文書の情報を変更すると、Excel で情報を更新することができます。, コピーしたデータがソースファイルで変更されたときに更新しない場合は、埋め込みオブジェクトを使用します。 ソースのバージョンがブックに完全に埋め込まれます。 埋め込みオブジェクトとして情報をコピーした場合、リンク先のファイルには、情報をリンクする場合よりも多くのディスク領域が必要です。, ユーザーが別のコンピューターでファイルを開くと、元のデータにアクセスすることなく埋め込みオブジェクトを表示できます。 埋め込みオブジェクトにはソースファイルへのリンクがないため、元のデータを変更しても、オブジェクトは更新されません。 埋め込みオブジェクトを変更するには、オブジェクトをダブルクリックして、ソースプログラムで開いて編集します。 ソースプログラム (またはオブジェクトを編集できる別のプログラム) がコンピューターにインストールされている必要があります。, [Z2z_] または [_ z1z_] のいずれかのマークを、[ z2z_ ] またはアイコンとまったく同じように表示できます。 ブックをオンラインで表示し、ブックを印刷しない場合は、オブジェクトをアイコンとして表示することができます。 これにより、オブジェクトが占める表示スペースの量を最小限に抑えることができます。 情報を表示する閲覧者は、アイコンをダブルクリックします。, [オブジェクト] ダイアログボックスで、[ファイルから作成] タブをクリックします。, ファイルの内容を表示する代わりに、スプレッドシートにアイコンを挿入する場合は、[アイコンで表示] チェック ボックスをオンにします。 すべてのチェック ボックスをオンにしない場合、Excel にはファイルの最初のページが表示されます。 どちらの場合も、ダブルクリックで完全なファイルが開きます。 [OK] をクリックします。, 注: アイコンまたはファイルを追加した後は、ワークシート上の任意の場所にドラッグ アンド ドロップすることができます。 サイズ変更ハンドルを使用して、アイコンまたはファイルのサイズを変更することもできます。 ハンドルを見つけるには、ファイルまたはアイコンを一度クリックします。, 完全に埋め込むのではなく、オブジェクトへのリンクのみを追加する必要がある場合があります。 追加するブックとオブジェクトが両方 SharePoint サイト、共有ネットワーク ドライブまたは同様の場所に保存されていて、ファイルが同じ場所に保持されている場合は、この操作を行うことができます。 リンクは常に最新のドキュメントを開くため、これはリンクされたオブジェクトが変更された場合に便利です。, 注: リンクされたファイルを別の場所に移動すると、そのリンクは機能しなくなります。, [ファイルへのリンク] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。, ブックを終了せずに、別のプログラムに基づくまったく新しいオブジェクトを作成することができます。 たとえば、グラフや表に詳細な説明を追加する場合は、Excel で Word や PowerPoint ファイルなどの埋め込みドキュメントを作成できます。 オブジェクトをワークシートに直接表示されるように設定するか、ファイルを開くアイコンを追加するかのいずれかを行うことができます。, [新規作成] タブで、表示されるリストから挿入するオブジェクトの種類を選択します。 オブジェクト自体ではなく、スプレッドシートにアイコンを挿入する場合は、[アイコンで表示] チェック ボックスをオンにします。, [OK] をクリックします。 挿入しているファイルの種類によって、新しいプログラム ウィンドウが開くか、Excel 内に編集ウィンドウが表示されるかのいずれかになります。, 完了したときに、Excel でオブジェクトを作成した新しいプログラム ウィンドウが開かれた場合、そのウィンドウ内で直接操作を行うことができます。, ウィンドウでの作業が完了したら、埋め込みオブジェクトを保存せずに、その他のタスクを行うことができます。 ブックを閉じると、新しいオブジェクトは自動的に保存されます。, 注: オブジェクトを追加した後は、Excel ワークシート上の任意の場所にドラッグ アンド ドロップすることができます。 サイズ変更ハンドルを使用して、オブジェクトのサイズを変更することもできます。 ハンドルを見つけるには、オブジェクトを一度クリックします。, 他のプログラムからコンテンツのすべてまたは一部をリンクしたり埋め込んだりすることができます。, [ファイル名] ボックスにファイルの名前を入力するか、[参照] をクリックして一覧から選択します。, アイコンを表示するには、[アイコンで表示] チェックボックスをオンにします。 必要に応じて、既定のアイコンの画像またはラベルを変更するには、[アイコンの変更] をクリックし、[アイコン] の一覧から目的のアイコンをクリックするか、[図表番号] ボックスにラベルを入力します。, 注: [オブジェクト] コマンドを使用して、グラフィックや特定の種類のファイルを挿入することはできません。 グラフィックまたはファイルを挿入するには、[挿入] タブの [図] グループで [図] をクリックします。, ドキュメントがまだ存在しない場合は、[新規作成] タブをクリックします。 [オブジェクトの種類] ボックスで、作成するオブジェクトの種類をクリックします。, 文書が既に存在する場合は、[ファイルから作成] タブをクリックします。 [ファイル名] ボックスにファイルの名前を入力するか、[参照] をクリックして一覧から選択します。, アイコンを表示するには、[アイコンで表示] チェックボックスをオンにします。 既定のアイコンの画像またはラベルを変更するには、[アイコンの変更] をクリックし、[アイコン] の一覧から目的のアイコンをクリックするか、[図表番号] ボックスにラベルを入力します。, Excel 以外のプログラムから、リンクまたはz0z_としてコピーする情報を選択します。, [ホーム] タブの [クリップボード] で、[貼り付け] の下にある矢印をクリックし、[形式を選択して貼り付け] をクリックします。, リンクオブジェクトとして情報を貼り付けるには、[リンク貼り付け] をクリックします。, 埋め込みオブジェクトとして情報を貼り付けるには、[貼り付け] をクリックします。 [宛先 ] ボックスで、名前に "object" という単語が含まれる項目をクリックします。 たとえば、Word 文書から情報をコピーした場合は、[ Microsoft Word 文書オブジェクト] をクリックします。, アイコンまたはオブジェクトを右クリックし、[オブジェクトの種類] オブジェクト(たとえば、[ドキュメントオブジェクト]) をポイントして、[変換] をクリックします。, アイコンを表示するには、[アイコンで表示] チェックボックスをオンにします。 必要に応じて、既定のアイコンの画像またはラベルを変更できます。 この操作を行うには、[アイコンの変更] をクリックし、[アイコン] の一覧から目的のアイコンをクリックするか、[図表番号] ボックスにラベルを入力します。, 他のプログラムへのリンクを設定するには、次の方法があります。この場合、[ z0z_] を開いたときに、自動的に更新されます。手動で、 _ z1z_からの新しいデータで更新する前に、以前のデータを表示する必要があります。または、自動更新または手動更新が有効になっているかどうかに関係なく、特に更新を要求した場合。, 注: ファイルに他のファイルへのリンクが含まれていない場合、[リンクの編集] コマンドは使用できません。, [リンク元] ボックスの一覧で、更新するリンク オブジェクトをクリックします。 [更新] 列のAは、リンクが自動的に設定されていることを意味し、[更新] 列の [ M ] は、リンクが [手動更新] に設定されていることを意味します。, ヒント: 複数のリンク オブジェクトを選択するには、Ctrl キーを押しながら各オブジェクトをクリックします。 すべてのリンクオブジェクトを選択するには、CTRL キーを押しながら A キーを押します。, [値の更新] をクリックしたときにのみリンクオブジェクトを更新するには、[手動] をクリックします。, [リンク元] ボックスの一覧で、更新するリンク オブジェクトをクリックします。 [更新] 列のAは、リンクが自動的に更新されることを意味し、[更新] 列の [ M ] は、リンクを手動で更新する必要があることを意味します。, 自動オプションを無効にするには、[他のドキュメントへのリンクを更新する] Excel オプションを使用します。, OLE オブジェクトへの自動リンクが自動的に更新されるようにするには、次の操作を行います。, Microsoft Office ボタン

Esxi Tcp Ip Stack 8, 電車 人身 死亡事故 遺体 5, Steam 協力プレイ おすすめ 10, Tinder メッセージ マッチ前 9, ダイソー 電動ドリル 本体 5, 洗面所 換気扇 音 4, Office365 勤怠管理 無料 18, 無水エタノール ダイソー 売り切れ 28, 別れそうな カップル にかける 言葉 14, な ろう Mobi 6, Zara バッグ メンズ 5, Nhk アナウンサー 洋服 は自前 か 7, 筆王 Windows10 起動しない 5, 欅 坂 46 炎上 24, ヤドン ガラル 育成論 16, Wordpress プロフィール 更新 されない 9, 机 角 痛い 36, ドラクエ10 ゴダ神殿 マップ 6, Ticwatch Pro リセット 6, Iphone Outlook ログイン できない 17, 喪服 ブランド クロエ 13, バイオ ハザード Hd リ マスター 難易度 5, コップ 飲み物 描き方 13, パーマ ダサい 女 4, アニポケ 感想 25話 5, 恋愛 飽き性 病気 7, 血界戦線 6巻 感想 8, 高木雄也 ブログ 匂わせ 5, Ryzen Passmark 一覧 37, Defi カプラー 修理 4,