"content" => base64_encode( file_get_contents( $image_path ) ) , $referer = "https://...com/" ; Google Cloud Platformが提供している機械学習サービスの一種です。 様々な種類の画像解析を行ってくれます。 サンプルコードの実行. $header = substr( $res1, 0, $res2["header_size"] ) ; // レスポンスヘッダー "requests" => array( $api_key ) ; array( $curl = curl_init() ; 画像解析といえば「Google Cloud Vision API」。, ということで、今回は「Google Cloud Vision API」を使って、書籍検索アプリを作ってみました。, 書籍検索であれば、バーコードからISBNコードを読み取るのが一番早いのですが、 $api_key = "" ; "image" => array( Google Cloud Vision APIの利用方法. ) , Google Cloud Console の API キーを使用して Vision API に対する認証を行うことができます。 手順は次のとおりです。 手順に沿って Google Cloud Console プロジェクトの API キーを作成 … 乗り物や動物など、画像に写っているさまざまなカテゴリの物体を検出(ラベル検出) 2. ) , APIを使う 2018.3.6 「API」ってつまりどんな技術?用語の意味をおさらいしよう; APIを使う 2018.3.6 具体例で学ぶ、API(Web API)の利用目的と仕組み; APIを使う 2018.4.25 画像認識API使ってみた(3)Microsoft Azure Compu… APIを使う 2018.3.6 Twitter APIを使ってみた // 出力 Google Cloud Vision APIを利用する場合、直接REST APIに問い合わせを行う方法と、Google Cloud SDKを通して問い合わせを行う方法の2つがあります。今回はPython用のSDKを用いて問い合わせを行っています。 $image_path = "./image.jpg" ; 写真といえば「画像解析」 "features" => array( "type" => "SAFE_SEARCH_DETECTION" , © 2020 TAKEIHO All rights reserved. $res1 = curl_exec( $curl ) ; これで、Google Vision APIとGoogle Books APIの実行に必要なパッケージが使えるようになります。, 前項で追加したパッケージを使用すると、下記のようにデータを取得することが出来ます。, [ API_KEY ]、[ 画像データ byte[] ]は、適切な値に置換して下さい。 // リクエストを実行 minSdkVersion 21 ) , 画像データは、Google Vision APIで対応している形式(JPEG)などを指定します。, 今回は、type=WEB_DETECTIONとした際にレスポンス内に含まれる「ラベル」を使用することにします。 $res2 = curl_getinfo( $curl ) ; echo $json ; さまざまな画像認識APIがありますが、代表的な画像認識APIの1つであるGoogle Cloud Visionをまず使ってみました。, Google Cloud VisionはGoogleが提供する画像認識APIで以下のような機能を持っています。 https://cloud.google.com/vision/?hl=ja, 今回は、画像に写るさまざまな物体を検出する「ラベル検出」をサクッと使ってみようと思います。, ※既に登録済の場合はスキップしてください ここにアクセスして「同意して続行」をクリック, 注)月毎の無料回数を超えると課金が発生します。ラベル検出の場合、1,000ユニット/月までが無料です。, 「プロジェクトを選択」をクリックし、表示されたダイアログ上で先程作成したプロジェクトを選択, . Python gcp CloudVisionAPI. ) , これらの手順を行うための所要時間は約 5 分です。Cloud Storage には 5 GB まで無料でデータを格納でき、1 か月に Vision API に機能リクエストを 1,000 回まで無料で行うことができます。, まだ、プロジェクトを設定しておらず、Google Cloud Storage バケットを作成していない場合は、次の説明に沿ってこれらの作業を行います。, Cloud Console のプロジェクト セレクタページで、Cloud プロジェクトを選択または作成します。, Google Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する。, demo-img.jpg をダウンロードします Android上から実行する際のサンプルを記載します。, build.gradeに下記を追記します。 GCPのCloud Vision APIの使い方. curl_setopt( $curl, CURLOPT_HEADER, true ) ; ) , ) , "maxResults" => 3 , // 取得したデータ 株式会社イノベーションのエンジニアたちの技術系ブログです。ITトレンド・List Finderの開発をベースに、業務外での技術研究などもブログとして発信していってます!, スマホの特徴的な機能といえば「カメラ」 "maxResults" => 3 , array( "type" => "TEXT_DETECTION" , Google Cloud Vision APIは、Google Cloud Platform(GCP)が提供する機械学習サービスの一種です。, このサービスを利用することで、Googleの持つ画像に関する機械学習モデルを使い、対象となる画像から様々な情報を取得することができます。, 本記事では、Google Cloud Vision APIを使って取得できる情報の種類や利用法についてまとめます。, Cloud Vision APIでは、問い合わせ時に機能を指定することで、以下の様々な情報を画像から取得することができます。, Google Cloud Vision APIを利用する場合、直接REST APIに問い合わせを行う方法と、Google Cloud SDKを通して問い合わせを行う方法の2つがあります。今回はPython用のSDKを用いて問い合わせを行っています。, 機能を変更したい場合は、'type' : 'LABEL_DETECTION'の部分を対応するfeature_typeに変更します。, LABEL_DETECTIONでは、画像に写っている物体などを検知し、ラベルとして情報を返します。各ラベルは以下の項目をもち、この情報からラベルの確度を知ることができます。, 試しに以下の写真をAPIに渡すと、その写真に関する情報がラベルとして返却されていることがわかります。, 次の例では寿司の写真を渡してみましたが、「食物」、「皿」などの情報は得られましたが、肝心の「寿司」「サーモン」などの情報は得ることができませんでした。, 当然ながら写っているものを100%検出できるわけではないので、対象となる物体に対してどの程度期待ができるかは、しばらく使ってみて確認する必要があります。, LANDMARK_DETECTIONでは、写真に含まれた建造物や地形などから、撮影を行った観光地や名所の検知をおこない、その情報を返します。, ランドマークに関する情報として、名前やlat,lngの位置情報が得られることがわかります。, FACE_DETECTIONは、画像に含まれている人物の顔を検知し、その位置や表情、帽子をかぶっているかなどの情報を返します。, 見事に無表情だと判定されています。そのほか、すこしうつむき気味になっていることなどが顔の角度情報からわかります。, 各機能につき、月1000問い合わせまでは無料、以降は回数に応じて問い合わせごとの料金が設定されています。, Google Cloud Vision API Documentation  |  Google Cloud Vision API  |  Google Cloud Platform. ) , echo "

JSON

" ; └── getImageDesc.py #画像情報を取得, Googleアカウントを作成する必要はありますが、実際に使い出すまでには「プロジェクト作成」「API有効化」をすればよく、思ったよりも簡単に使い始めることができました。, 特殊なことは必要なくて、普通のREST APIを使う感じで開発することができました。, 特徴がある画像を使ったのである程度想定したとおりの画像情報が取得できた気がします。 今後、他社の画像解析APIも使ってみようと思っているので、そこで比較できればと思います。 ただ、「shimada」ってなんだろう・・・と思って調べたところ「芸者島田」っていう髪型があるみたいですね。勉強になります。. ここで「ラベル」が取得できれば、次項のGoogle Books APIでの検索時のキーワードとして使用します。, Google Books APIの実行サンプルは下記のとおりです。 ©Copyright2020 APIblog.All Rights Reserved. "maxResults" => 3 , "type" => "LOGO_DETECTION" , Google Cloud Visionのアンドロイド用サンプルプロジェクトを動かしてみたので手順を紹介します。 APIキーの取得 Cloud Vision APIの使い方まとめ (サンプルコード付き) こちらのサイトを参考にAPIキーを作成します。 APIキーの種類一覧にAndroidキーがありますが気にせずブラウキーを作成してくださ … ├── config.py #各種キー管理 array( "type" => "LANDMARK_DETECTION" , // リクエスト用のJSONを作成 curl_setopt( $curl, CURLOPT_HTTPHEADER, array( "Content-Type: application/json" ) ) ; echo "

ヘッダー

" ; ) , 使い方. 手軽に機械学習を利用した画像解析が行えるAPIが使えるGoogle Cloud Vision APIについてです。, GoogleのAPIはドキュメントも豊富なので初心者でもお手軽に使えるようになっています。, 無料アカウントではAPIの利用回数の制限などはありますが、個人や複数人で使う場合には十分利用可能です。Webアプリ開発やLINEボットを組み合わせて使ったりするのも良いですね。, Cloud Vision APIでは以下のようなことができます。これらの機能を使ってみたい人は一度試してみると良いと思います。, アダルト コンテンツや暴力的コンテンツなど、画像に含まれる不適切なコンテンツを検出できます。, 光学式文字認識(OCR) 画像内のテキストを検出、抽出できます。幅広い言語がサポートされており、言語の種類も自動で判別されます。, 顔検出 画像に含まれる複数の人物の顔を検出できます。感情や帽子の着用といった主要な顔の属性についても識別されます。 ただし、個人を特定する顔認識には対応していません。, 画像属性 画像のドミナント カラーや切り抜きのヒントなど、画像の一般的な属性を検出できます。, まず、Google Cloudに会員登録をする必要があります。登録時にクレジットカード情報が必須になりますが、登録画面に記載があるように自動的に課金されることはないので安心してください。, 住所、名前、クレジットカード情報を入力していきます。(ボットによる、不正登録を防ぐために必要な情報で勝手に料金が発生することはありません。), 登録が完了するとGoogle Cloudのトップページが表示されます。この画面が表示されたら登録は完了です。, 上部の「My First Project」をクリックして、プロジェクトを選択後、「開く」をクリックするとプロジェクトのページが開けます。, 作成したアカウントでCloud Visionが使えるようにAPIを有効にしていきます。, プロジェクトのトップページを開いたら、「APIとサービス」をクリックしてください。, API一覧のページが表示され、検索欄が表示されているので「cloud vision」と検索してください。, 続いてAPIキーの発行を行います。Google Cloudの各APIは利用する際に使用するものになります。, APIの管理画面から「認証情報」をクリックし、「認証情報を作成」をクリックしてください。認証情報は3種類の作成方法が選べますが、一番簡単に利用が可能な「APIキー」を選択してください。, APIキーが作成され、表示されます。Cloud Vision APIを利用時に使用するため、控えておいてください。(後から確認することも可能です。), APIの制限から「Cloud Vision API」でしか使えないように設定してください。, テキスト抽出に関してもGoogle Storageを利用した内容のチュートリアルが公開されています。, Google Cloudを利用したアプリのチュートリアルは今後色々と公開していく予定なのでよければ読んでみてください。, Amazonでの買い物は、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)して購入するのがおすすめです。, チャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のAmazonポイントが貯まるので、Amazon利用者ならコレを活用しない手はありません!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 一人暮らしでホームシアター満喫中。 都内在住六本木勤務のSE兼週末ブロガー。 趣味で写真撮影や動画作成も依頼受付中。 仮想通貨を始め、資産運用も多岐に渡って実施 半年で7つの資格を取得した資格マニア 最高月間10万PV. Google Cloud Vision APIはGoogle Cloud Platformが提供する機械学習サービスの1つです。 公式での説明は以下のように説明されています。 このサービスを利用するとGoogleが持っている画像に関する機械学習モデルを使って対象の画像から 色々な情報を取得できます。 取得できる情報には以下のようなものがあります。 1. "type" => "FACE_DETECTION" , 関連性が高い順で、1件のデータを取得するようにしました。, スマホのカメラからのデータを元に、動作させたサンプルは、下記のようになります。 if( isset($referer) && !empty($referer) ) curl_setopt( $curl, CURLOPT_REFERER, $referer ) ; [ API_KEY ]、[ キーワード ]は適切なものに置き換えて下さい。, ここで、キーワードはGoogle Vision APIで取得した「ラベル」を指定し、 ) , ) , Google Cloud Vision APIを利用する場合、直接REST APIに問い合わせを行う方法と、Google Cloud SDKを通して問い合わせを行う方法の2つがあります。今回はPython用のSDKを用いて問い合わせを行っています。 問い合わせ用のスクリプトは、サンプルを改変したものを用いています。 注意 … "maxResults" => 3 , curl_close( $curl ) ; 画像内のテ … curl_setopt( $curl, CURLOPT_TIMEOUT, 15 ) ; curl_setopt( $curl, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false ) ; ) , やはり、Googleの技術はすごいです。. 使い方. Google Cloudの画像認識サービスとして「Vision API」というサービスが既に提供をされています。Vision APIは簡単に画像認識技術を利用することができ、画像から情報の検出(ラベル付け)・不適切コンテンツの検出・テキスト検出が可能なサービスです。 targetSdkVersion 26, 今回は、Web上にあまり情報が見当たらなかった「Google Vision API」「Google Books API」を Googleが提供する、開発者向けの画像認識サービス、Cloud Vision APIの使い方を、初心者でも分かるようにまとめました。サンプルプログラム用の言語として、PHPを使っています。, Cloud Vision APIを利用するには認証が必須です。認証の種類は様々ですが、この記事では一番手軽なAPIキーによる認証を説明します。ということで、認証に必要となるAPIキーをまずは取得しましょう。, Cloud Vision APIを利用するには、請求が発生する、しないに関わらず、クレジットカード(またはデビッドカード)を登録し、課金を有効な状態にしなければいけません。そして、Google Developers Consoleにおいては、課金を無効にすることはできても、登録したカードの情報を削除することができない仕様になっています。これらを踏まえて、自己責任でご利用下さい。「この記事の通りに設定したけど料金が発生したぞ」などという苦情は一切受け付けないことを、あらかじめ、ご了承下さい。, APIキーを取得するためには、Googleのユーザーアカウントが必要です。まだ持っていない人は作成して下さいね。, アカウントが用意できたら、開発者たちの管理画面であるGoogle Developers Consoleにアクセスして下さい。, ページにアクセスしたら、まずは右上にある「プロジェクトを選択して下さい」という部分をクリックして下さい。, メニューが出てきます。「プロジェクトの作成」をクリックして下さい。「プロジェクト」とは、これから作成するアプリケーション(PHPなど)をまとめるためのカテゴリのようなものだと思って下さい。, 新しいプロジェクトを作成するためのフォームが出てきます。ここで、好きなプロジェクト名を入力して「作成」のボタンをクリックして下さい。ボタンをクリックして問題がなければ、プロジェクトが作成されます。, 「作成」をクリックしてから少し待てば、このように新しいプロジェクトが作成されます。このプロジェクトに紐付いた、APIキーをこれから作成するということを意識しておきましょう。, 作成したプロジェクトにおいて、目的の「Cloud Vision API」を利用できるように、有効化する作業を行ないます。まずは、左上にあるメニューボタンをクリックして下さい。, メニューが表示されます。その中から「API Manager」をクリックして下さい。, Googleが提供するAPIの一覧画面に移動します。探すのが大変なので、検索フォームでキーワード検索をしましょう。, 「Cloud Vision API」と入力すれば、キーワードにマッチして、目的に「Cloud Vision API」が表示されると思います。このタイトルをクリックして下さい。, 「Cloud Vision API」の専用画面に移動します。タイトルの横に、有効、無効を切り替えるためのボタンがあります。最初は有効ではないので、「Enable(有効に切り替える)」というボタンが表示されていますね。これをクリックして下さい。, APIを有効化することができたはずです。プロジェクトを作成したばかりの場合、まだ認証方法を1つも設定していない状態のため、このように「認証情報を設定して下さい」というアラートが表示されると思います。これが出た人は、とりあえず作業としてサービスアカウントを作成してしまいましょう。「認証情報に進む」のボタンをクリックして下さい。このアラートが出ない人は、そのまま次項の「APIキーを作成する」に進んで下さいね。, 「プロジェクトへの認証情報の追加」という画面が表示されます。「使用するAPI」には「Cloud Vision API」を選択し、「Google App Engine」を使用しますか?という項目は「いいえ」を選択して、「必要な認証情報」のボタンをクリックして下さい。, 新たにフォームが表示されます。「サービスアカウントの名前」と「キーのタイプ」を選択して、「次へ」をクリックして下さい。サービスアカウントとは、「APIを利用するためのアカウント」で、「キー」とは、そのアカウントで認証をするための情報が含まれたファイルです。この記事では、APIキーによる認証で説明するため、サービスアカウントは利用しません。ただ、やれと言われているから登録しているだけです。「キー」はここでは使わないので、「JSON」と「P12」、どちらを選択しても問題ありません。「アカウントの名前」に関しても、後でどうにでもできるので適当な名前で大丈夫です。繰り返しますが、この記事では使いません。, 問題がなければ、サービスアカウントが作成されます。また、同時に「キー」のファイルが自動でダウンロードされます。このファイルは認証に利用する重要なものなので、今は管理しないならしないで、キッチリと削除をしてしまって下さい。後で再発行できます。それでは、サービスアカウントのことは忘れて、APIキーを取得しましょう。…念のため、断っておきますが、簡易なAPIキーによる認証よりも、サービスアカウントによる認証の方が推奨されます。ただ、ここでは説明を簡易にしたい都合でAPIキーを利用するということです。, 続いて、認証に利用するためのAPIキーを作成しましょう。画面左上にあるメニューボタンをクリックして下さい。, 「API Manager」の画面に移動します。左側にあるメニューの中から「認証情報」をクリックして下さい。, 「認証情報」の画面に移動します。上部にある「Create credentials」をクリックして下さい。, すると、作成できる認証キーの種類一覧が表示されます。この中から「APIキー」をクリックして下さい。, APIキーの種類を選択するフォームが表示されます。この記事では、ブラウザでPHPを使ってAPIを利用するので、「ブラウザキー」を選択します。, APIキーの名前と、許可するリファラーを設定します。キーの名前は、他のキーと区別するためのものです。APIキーをたくさん作った後に「このAPIキーはどのプログラムで使ってたっけ?」とならないように、分かりやすい名前を付けて下さい。この見本のようにサイト名にしてもいいですが、Cloud Vision APIしか使わないなら、「SYNCER (Cloud Vision API)」と付けた方が後で分かりやすいでしょうね。, もう1つは許可するリファラーの設定です。例えば、APIキーを他人に知られてしまったとしても、許可するリファラーをhttps://syncer.jpだけにしておけば、APIキーを手に入れた他人がhttps://syncer.jp以外のサイトで利用できなくなるので安全です。https://syncer.jp/*としておけば、https://syncer.jp上の全てのページから利用することができます。, なお、PHPのcURLやfile_get_contents()でリクエストする時、そのままだとリファラーが付きません。そのため、ヘッダーで指定してあげる必要があります。ちゃぶ台を返すようで大変申し訳ないのですが、これはイコール、他人がいくらでも偽装可能ということになってしまいますよね。なので、許可するリファラーを設定したとしても気休め程度にしかならない。APIキーは絶対に他人に知られてはいけない、という点を意識しておきましょう。, 問題がなければ、「作成」をクリックするとこのようにAPIキーが発行されます。このキーを利用しますので、控えておいて下さい。他人に知られてはいけません。, 「認証情報」の画面に戻ります。作成したAPIキーの情報を確認できますね。ビックリマークが付いているのは、リファラーを設定していないためです。「他人のサイトで勝手にAPIキーを使われるかもしれませんよ〜」ということですね。理論上、APIキーがバレなければ問題ありませんが、絶対ということはないので、必ず、本稼働時にはリファラーを制限して下さい。APIキーのタイトルをクリックすると、リファラーを再設定できます。, Cloud Vision APIは、課金を有効にしないと利用できません。APIキーは発行できたので、そのまま使ってみるか、といった具合にリクエストをしても、次のエラーメッセージが含まれたJSONが返ってきます。「課金有効にしろや」というメッセージですね。, Google Developersにクレジットカードを登録すると、登録を削除することができません。課金を無効にしても、クレジットカードの情報は登録したままにしないといけないということです。このことをよく思わない場合は、APIの利用を諦めて下さい。迷う場合は登録しないのが一番良い選択肢です。この記事内でデモを稼働させているので、登録する前に色々と試してみて下さいね。, それではお支払い設定、課金設定をしていきましょう。画面左上にあるメニューボタンをクリックして下さい。, 請求先となるアカウントを登録します。「請求先アカウントの作成」をクリックして下さい。, 請求先となるクレジットカード、住所の情報を入力する画面が表示されます。必要な情報を入力し、「登録」をクリックして下さい。初めての場合は「無料試用を開始」となっていますが、ここでは無料試用がどのような仕組みかは解説しません。, 請求先アカウントが登録されました。このように案内メッセージが表示されるので、よろしければ「OK」をクリックして下さい。これで、Cloud Vision APIを利用する準備が完了しました!お疲れ様でした。, お金が発生することに関しては面倒でも自分でドキュメントを確認するべきですが、一応説明しておきます。課金状態を無効にしたい場合は、画面右上にある「請求先アカウントを閉鎖」をクリックして下さい。これはユーザーアカウントの削除ではないのでご安心下さい。, 課金額が一定数を超えた時に通知メールを受け取ることができる、アラート設定をしておきましょう。画面左側にある「アラート」の項目から設定できます。なお、メールは請求先アカウントを登録する時に入力したメールアドレスに届きます。登録時に確認用のメールが届いているはずなので、本文にあるリンクをクリックしてメール認証を終えておきましょう。そうしないと通知が届きません。, APIキーを取得したら、まずは細かい仕様は意識せずに、リクエストを送って結果を取得してみましょう。下記に最も簡易なサンプルコードを用意したのでぜひ試してみて下さいね。リクエストが通らない場合、APIキー、もしくは画像へのパスを再度確認して下さい。, 実際にCloud Vision APIを利用して、画像認識をするデモです。試したい画像を選んでクリックしてみて下さいね。なお、レスポンスが速いのは結果を24時間キャッシュしているためです。.

Windows10 文字入力 勝手に確定 5, イラストレーター 放射線 線 5, Psvr Usb バツ 22, ラスト シェルター アカウント譲渡 方法 25, 釣り 金澤 美穂 19, ベリーショート 前髪 斜め 4, 浄水器 カートリッジ 捨て方 5, 声優 データベース 名義 31, ウェッジ 距離 目安 6, 虫除け ハーブ 蚊 5, いずれ最強の錬金術師 漫画 2巻 Zip 56, Dahon タイヤ交換 値段 6, Big Dipper 1 和訳 Lesson6 Part4 10, 日立 冷蔵庫 部品 取り寄せ 8, 2ch 都道府県 ネタ 16, 村作りゲーム Pc 無料 7, 駐 車場 お礼状 7, かつや 社長 伊藤永 7, Mobizen スクリーンレコーダー 内部音声 5, 日立 電動ハンマー 部品 4, ポケモンgo Cpブースト Pvp 29, 2az Fe オイル漏れ 19, Cadオペ 短期 バイト 5, Youtube 漫画紹介 著作権 7, 東急ハンズ 新宿 オフィスチェア 4, シャニマス 年齢制限 解除 7, Fire Hd 検索バー 消す 10, Ps4 アバター サブ垢 7,