アルコール依存症になる原因はアルコールを飲むことです。逃避するような飲み方をするのが一番問題です。, 中国医学的に見ると、お酒は火と水という相矛盾する二つの物質が結合したものです。 Copyright (C) 2020 漢方薬ナビゲーション All Rights Reserved. 日本人は一般にアルコールに弱く、欧米人に比べるとまだ依存症は少ないものの、女性のアルコール依存症は増加の一途をたどっています。 当サイトは、漢方に関わる医療従事者の手により執筆・監修させていただいております。そして内科医師である管理人が監修しています。ただしあくまで内容は総論的なことであり、個々の患者さんに対しては、実際の医療行為にあたる医療従事者との対話が重要であり、その点では当サイトはその役割を担えません。あくまで参考にしていただくサイトであることをご承知下さい。理想とするところは、このような漢方薬があるのだということを知っていただき、治療の選択肢を知っていただき、処方してもらう場で対話していただくことです。よって、利用者が当サイトに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当サイトの管理者は一切の責任を負いません。 また、当サイトの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。. 漢方薬で肝硬変を治そう! 肝硬変で下記 ... な方は、それぞれの処方を参考にしてください。 肝硬変: 茵陳蒿湯(いんちんこうとう) 肝臓の繊維化や門脈圧亢進を抑える作用がある。 インチンコウ; 肝機能障害: 小柴胡湯(しょうさいことう) 体力の十分ある人の治療薬で、65 スケジュール, 洋平先生の 肝生という処方があります。肝炎などの場合は、まずお勧めできる処方で、それを使って良かった症例です。軽い肝数値の悪� 肝臓の負担を大きくする要因のなかでも、私が声を大にしていいたいのは、特に高齢者に多い「薬の飲み過ぎ」です。漢方薬、サプリメントなども、肝臓にダメージを与えることがあるので、むやみに飲むのは危険です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長) しかし、アルコールには大きな落とし穴があります。女性の飲酒が恐ろしいのは、男性の倍のスピードで肝臓障害を起こし、依存症になることです。また、男性の依存症に比べて、家庭崩壊までいくケースが実に多いのです。 施術・相談 Copyright ©2020 ZAISEIDO PHARMACEUTICAL CO., LTD.Wakayama Japan. こんな困った!を漢方で改善!!『ケース8 アルコール依存症』一人暮らしになってお酒を覚えました。最近では一人で飲むことが多く、このままではアル中になりそうです。 スケジュール, 林 先生の Copyright 漢方の事なら榎屋相談薬舗. イメージだけでいうなら、漢方薬が肝臓の治療に有効というイメージはありません。しかし実際には、漢方薬がかなり重篤な肝疾患の治療にも役立つことがあるのです。肝機能にかかわる症状や状態を改善する効果が期待できる、漢方の種類と特徴をご紹介します。 スケジュール, 片桐先生の 1991), アルコール性ではない、食事由来の脂肪肝に対して、3ヶ月大柴胡湯を使用したところ、エコーでの肝腎コントラスト(脂肪肝では肝臓のエコー所見で脂肪肝を診断できる)が、低下、つまり脂肪肝の改善がみられたと報告されています。, 胆石症の20%で痛みの改善(鎮痛作用)と、結石の排石(石がとれた)という報告があります。また、動物実験では、胆石を作りやすい食事と合わせて大柴胡湯を使用したところ、胆石が起こしにくかったと報告されています。, 最近は、薬局でコッコポアGという名前でクラシエから大柴胡湯を購入することができます。「あちこちについた余分な脂肪を減らす」「ストレスで過食してしまう人に」向けて出されています。便秘、頭痛、手足の冷え・ほてりがある方に向いています。肩こりやイライラが強い方、仕事に力を入れ責任感が強い方、筋肉は発達しているほう・汗かき・暑がりで、猪首気味で肥満の方の肥満症に向いています。, 防風通聖散も、成人の肥満症、生活習慣病の方、メタボリックシンドロームに使用する、痩せる目的の漢方薬です。防風通聖散が適しているのは、太鼓腹でおなか全体が膨らんで弾力があるような人に向いています。一方大柴胡湯は、ストレスとの関連が強く、おなかの上の方を押すとおなかの力が入りすぎてしまい固くなる、という人に使用する漢方薬です。, 防風通聖散は、満量処方(漢方薬の通常量)1回あたり、約50kcalほど消費カロリーを増やすという報告が出ています。これは大柴胡湯では言われていない作用です。一方、ストレスで過食してしまうという人に対する精神面での効果に加え、脂肪の吸収も抑えるというのが大柴胡湯になります。, 柴胡+芍薬という組み合わせは、ストレス、抑鬱、緊張、イライラ、それらに由来する喉のつまりなどに効果を持つとされ、心を緩める作用を持つとされます。(結果、摂取するカロリーと吸収する脂肪のコントロールがうまくいけば体は引き締まります), ・柴胡(サイコ):セリ科のミシマサイコの根を乾燥させたもの。薬効は、「熱」を冷まし、「気」のうっ滞を除く作用があります。, ・黄芩(オウゴン):シソ科のコガネバナの根の周りを除いて乾燥させたもの。薬効は、「熱」を冷ましながら、「水(スイ)」の滞りを除く作用があります。みぞおちのつかえや、胃の不快感、膨満感、下痢の症状を改善します。, ・半夏(ハンゲ):サトイモ科のカラスビシャクの塊茎を乾燥させたもの。「水(スイ)」の代謝障害を改善するとともに、「気」の巡りを良くします。嘔吐、悪心、めまい、頭痛、痰などを改善する作用があります。, ・枳実(キジツ):ミカン科キジツの果実。薬効は、芳香性の健胃作用、胸腹部のつっかえ、膨満感を抑える作用があります。, ・大黄(ダイオウ):タデ科のダイオウの根茎を乾燥させたもの。薬効は、便秘を改善する作用があります。「気血(キケツ)」の過剰状態を解消して「熱」をさます作用があります。, ・芍薬(シャクヤク):ボタン科のシャクヤクの根を乾燥させたもの。薬効は、「血(ケツ)」の巡りをよくする作用があります。筋肉のけいれんを鎮めたり、鎮痛作用もあります。, ・生姜(ショウキョウ):ショウガ科のショウガの根茎をそのまま乾燥させたもの。薬効は、体を温め、消化機能を整える作用があります。胸がつかえてムカムカしたり、ゲップ症状を改善します。, ・大棗(タイソウ) :クロウメモドキ科のナツメの果実。料理にも用いるナツメの実です。薬効は、胃腸の機能を整えたり、精神を安定させたり、筋肉の緊張による疼痛や、腹痛などの痛みを和らげる作用があります。, 体力の充実している「熱・実証」向けの漢方薬ですので、虚弱体質の方には適していません。また、胃腸が弱く、食欲不振や吐き気、嘔吐や下痢などを起こしやすい人副作用としてもそれらの増強が起こりうるため、慎重に用いるようにします。, 実証の人で、大柴胡湯がよく効く方は便秘傾向のことが多いので、大黄が含有されてもひどい腹痛や下痢になることは少ないとされていますが、大黄の下痢成分であるセンノシドAはBifidobacteriumという腸内細菌によってレインアンスロンに分解され下痢作用を起こすとされ、腸内細菌の分布は人によって違うため、下痢作用の効き目は人により違いがあります。, 配合生薬の大黄には、子宮収縮作用や骨盤内臓器の充血作用が認められていますので、妊娠中の方が服用すると、流産の原因になる可能性があります。胎児への移行性は不明です。大量でなければ問題はないという医療者もおりますが、服用の際は必ず医師とよく相談してください。授乳に関しては、大黄中のアントラキノン誘導 Copyright (C) 2020 漢方薬ナビゲーション All Rights Reserved. 東西薬局 > こんな困った!を漢方で改善!!~症例と日常ケア~ >  アルコール性肝障害、脂肪肝などの肝臓肥大の原因と対策、漢方薬など アルコール性肝障害、脂肪肝などの肝臓肥大の原因と対策、 漢方薬などを漢方薬剤師が解説します。 目次 肝臓肥大(アルコール性肝障害、脂肪肝)とは 肝臓肥大(アルコール性肝障害、脂肪肝)の原因 肝臓肥大(アルコ 飲む前にはある程度食べておきます。飲んでいるときもおつまみを口にしてください。そして週に二日は休肝日を設けます。, 英明先生の 漢 方 相 談 消化器系に不調がある人によく処方される漢方薬です。体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめます。また、痛みをやわらげたり、便通をよくする作用があります。, 最近ではメタボリックシンドローム、特にストレスを伴う高脂血症(脂質異常症)や糖尿病予備群、高尿酸血症や脂肪肝の人での有効性も報告があり、市販のダイエット系の漢方薬としても大手薬局で販売されるようになってきています。, 体格がよく血色がよくて声も太い人で便秘がち、みぞおちから肋骨下部が強く張って苦しく、「胸脇苦満」が認められるような人の様々な不調に処方されます。ストレスの多い職場で働いている方(キャリアウーマンの方)、ストレスの多い環境にあり体格ががっちりした人で更年期障害のような症状で悩んでいる方に、とても効果的という経験も多い漢方薬です。, 具体的には、肝臓や胆のうの病気、胃腸の病気、便秘や痔、あるいは高血圧にともなう頭重感や肩こり・めまい・耳鳴りなどに適応します。, 小柴胡湯から人参、甘草を除いて、芍薬、枳実を加え、大黄を加えた漢方薬となっています。小柴胡湯に加え、動悸や精神神経症状にも向けたような漢方になっています。大黄を含まないタイプのものは、大柴胡湯去大黄と呼ばれ下痢作用が和らぐ一方、大黄は枳実や芍薬と共同して、落ち着かせる作用があるためそこも踏まえて使用する必要があります。. きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。, 「枸杞子」をおやつ代わりに1日、30~50粒食べてください。合併症の予防になります。決して「おもち」「おかき」を食べないでください。, ここで紹介した処方は、ほんの一部です。また実際に使用される場合は、必ず漢方相談薬局・薬店などでご相談ください。, 体力の十分ある人の治療薬で、65歳以上で体力のない人には投与を控えた方がよろしいです。, ごく少数ながら本処方投与により、逆に肝機能が増悪したという報告【厚生省 医薬品等副作用情報 No.111(1991.11)】や間質性肺炎を誘引させたという報告【同緊急安全情報(1996.3.1)】【同安全性情報No.146(1998.3.4)】も出されていますので注意が必要です。, 1日3~5gを煎じるか、あるいはその量に相当するエキス剤を服用するとよろしいです。, 食道静脈瘤や胃潰瘍を併発している人は、五苓散は蒼朮が配剤された粉末製剤を選択してください。, 食前に服用してください。「紅参」や「三七人参(田七)」、「丹参」と併用するとさらによろしいです。. 皆さんご存知のように、お酒(アルコール)と関係の深い臓器は 肝臓 です。体内に入ったアルコールは胃や腸から吸収されて、そのほとんどが肝臓で処理されます。肝臓がアルコールを代謝・分解する時、肝臓の細胞(肝細胞)に形や働きの変化が起こりますが、肝� アルコールは少量なら気分を発揚させ、リラックス効果が得られますが、量が増えると酩酊状態になり、その心地よさから習慣性になりやすいのです。 漢 方 相 談 アルコール性肝障害、脂肪肝などの肝臓肥大の原因と対策、漢方薬など アルコール性肝障害、脂肪肝などの肝臓肥大の原因と対策、 漢方薬などを漢方薬剤師が解説します。 目次 肝臓肥大(アルコール性肝障害、脂肪肝)とは 肝臓肥大(アルコール性肝障害、脂肪肝)の原因 肝臓肥大(アルコ 漢方薬とインフルエンザ新薬ゾフルーザの飲み合わせ、併用してよい? 加味逍遥散 2018.7.13 漢方薬を愛用するお酒好きなママに教えたいアルコールとの飲み合わせ 小青竜湯 2019.2.10 漢方薬の小青竜湯とアレグラの飲み合わせ、ひどい花粉症に併用可能? 2:142,2013), そのほか、体の状態が合致する人で、次に示す病気に効能が認められる可能性があるとしてあげられています。多岐にわたりますが、気管支喘息、気管支拡張症、肺気腫、肋膜炎、胆石症、胆嚢炎、急・慢性肝炎、肝硬変、急・慢性胃炎、慢性膵炎、潰瘍、潰瘍性大腸炎、嘔吐、痔疾、高血圧症、動脈硬化症、心筋梗塞後遺症、糖尿病、高脂血症、不眠症、神経症、てんかん、肋間神経痛、蕁麻疹、化膿性皮膚疾患、副鼻腔炎、白内障、中耳炎、肩こりなどの人に適応があるとされます。, 脂質異常症に対する大柴胡湯の効果は、実際に西洋薬で試用されている脂質異常症の薬と比較した研究試験も行われており、有効性が報告されています。, 岡先生らが行った実験では、総コレステロール(T-cho)と悪玉コレステロールであるLDLが、ウルソデオキシコール酸やフィブラーと製剤と同様にコレステロールを下げる働きを、大柴胡湯が示したと報告しています。(和漢医薬会誌, 8:468~469. 漢方薬で肝硬変を治そう! 肝硬変で下記 ... な方は、それぞれの処方を参考にしてください。 肝硬変: 茵陳蒿湯(いんちんこうとう) 肝臓の繊維化や門脈圧亢進を抑える作用がある。 インチンコウ; 肝機能障害: 小柴胡湯(しょうさいことう) 体力の十分ある人の治療薬で、65 ▶︎漢方で日本を元気にするパワフル漢方薬剤師のブログ, https://hds.hebis.de/ubffm/EBSCO/Search?lookfor=%E5%A4%A7%E5%92%8C%2C+%E6%AD%A3%E5%88%A9&type=author, https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jm000173z, https://www.chem.wisc.edu/deptfiles/chem343-gellman/F13_LecNotes/Fingolimod%20discovery.pdf, https://www.mt-pharma.co.jp/shared/show.php?url=https://sodando.jp/ir/kojin/future/imu.html, https://astamuse.com/ja/published/JP/No/2011173837, お問い合わせ・ご相談フォーãƒ, 現代医療と漢方の考え方について, よくある質問とお客様アンケート. つまり、アルコールの体を温める作用は火にたとえられ、一方水分は体を冷やします。このため、水ならとても飲めない量が飲めるのです。そして、その両者が過剰になると頭が重い、吐き気がする、食欲がないという症状が起こり、火、すなわち熱が過剰になると口がかわく、のぼせる、目が充血するというような症状が起こりこれらが結合します。 アルコールと肝臓の関係 . All Rights Reserved. このような言葉が存在するくらいアルコールの飲み過ぎが肝臓に与える影響は非常に大きいということです。 アルコールを飲み過ぎて問題になるのが「アルコール性脂肪肝」です。このアルコール性脂肪肝を放っておくと後々深刻な肝障害へ進行するので要注意です。 アルコール性脂肪肝の原� (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push(); 柴胡(サイコ)、黄芩(オウゴン)、芍薬(シャクヤク)、枳実(キジツ)、大黄(ダイオウ)は抑うつ作用、イライラを解除し、熱をさます作用があります。, 半夏(ハンゲ)、生姜(ショウキョウ)、大棗(タイソウ)は吐き気を止める作用があります。, 薬効試験では、血中の中性脂肪やコレステロールを減少させる作用が報告され、動脈効果の予防に用いられることもあります。作用機序として推定されている一つは、柴胡に含まれるSaponin(サポニン)は、腸での脂肪吸収を抑えるという機序で、斉藤先生らによる報告があります。, 少数の報告ですが、大きないびきをかく睡眠時無呼吸症候群の方、肥満症もあるかたで使用し、眠りが浅かったと感じ具合や、日中の眠気の改善につながったという報告もあり、柴胡や半夏の落ち着かせる作用が無呼吸症候群の改善に関わっている可能性が推測されています。また、村瀬らは、睡眠時無呼吸症候群患者で、大柴胡湯内服後半年でBMIが約0.9落ちたと報告しています。(参考:日呼吸会誌. こんな困った!を漢方で改善!!『ケース8 アルコール依存症』一人暮らしになってお酒を覚えました。最近では一人で飲むことが多く、このままではアル中になりそうです。 をもっと元気にする漢方薬剤師」, 今後とも温かい目でご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。, まずはお店にご予約のお電話ください, 遠方の方はJR行橋駅までお迎えに上ります, メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら. All Rights Reserved. スポンサーリンク 消化器系に不調がある人 によく処方される漢方薬です。体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめます。また、痛みをやわらげたり、便通をよくする作用があります。 最近ではメタボリックシンドローム、特にストレスを伴う高脂血症(脂質異常症)や糖尿病予備群、高尿酸血症や脂肪肝の人� 西洋医学、肝臓 ... はもちろんですが、それほど高くない、経過観察中 、といった、ちょっと心配な方には漢方薬 をお勧めしています。 肝生を処方したときの体験談. 体が母乳中に移行し、乳児の下痢を起こす可能性が添付文書には記載されており注意しましょう。, 大柴胡湯は、小柴胡湯を実証向けにしたような薬剤で、共通点も多く、副作用で間質性肺炎に注意が必要です。, また、肝機能障害の報告はあるため、AST、ALT、γGTP、ALPなどの肝胆道系酵素の変化には注意する必要があります。, ツムラ大柴胡湯エキス顆粒によると、通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用するとされています。年齢、体重、症状により適宜増減してください。, 保存は、直射日光の当たらない湿気の憂くない涼しいところで保存するのがよいとされます。, 下記メニューよりご希望の項目をお選びください。項目別で漢方の詳しい情報をご覧いただけます。, この記事を友人・知人にお知らせできるようソーシャルボタンをご用意しています。お気軽にご利用ください。, 似たような症状や助けられた漢方薬の体験談があれば、是非体験をシェアしてあげていただければ幸いです。. 暑い夏が始まると、冷たいビールのおいしい季節になってきます。暑気払いやお盆の行事、夏祭りなど、皆でお酒を飲む機会が多くなりがちですが、飲みすぎには充分ご注意を!, アルコールは「百薬の長」とも言われ、適量なら健康に良いという一面を持っているのですが、大量に摂取すると肝臓をはじめ膵臓やその他体中の多くの臓器に悪影響を及ぼしてしまいます。そこで今回は、アルコールの摂りすぎによって起こる病気の一つである、『アルコール性肝障害』についてお話しすることにしましょう。, 皆さんご存知のように、お酒(アルコール)と関係の深い臓器は肝臓です。体内に入ったアルコールは胃や腸から吸収されて、そのほとんどが肝臓で処理されます。肝臓がアルコールを代謝・分解する時、肝臓の細胞(肝細胞)に形や働きの変化が起こりますが、肝臓は再生能力の高い臓器ですから、体内のアルコールがなくなると肝細胞は再び正常な状態に戻ることができます。問題となるのは、大量のアルコールを長期間にわたって飲み続けた時です。肝細胞の変化が恒常的に続くと再生が追いつかなくなってしまい、細胞に炎症が起こったり、細胞が破壊されて代わりに線維の組織が増殖(線維化)したりすることで、肝臓の働きが衰えてくるようになります。, 今回のテーマであるアルコール性肝障害とは、アルコールの過剰摂取によって肝臓が障害されて、その働きが衰えてくる病気のことをいいます。アルコール性肝障害は下図に示したように、一般に「アルコール性脂肪肝」の状態から始まり、そのまま大量飲酒を続けていると「アルコール性肝炎」、「アルコール性肝線維症」へと進行し、最終的には「アルコール性肝硬変」になる危険性があります。, このようなアルコール性肝障害を持つ病人は全国で250万人いるとされています。発症には個人差がありますが、飲酒量の目安でいいますと、日本酒換算で毎日3合を5年以上飲み続けている人はアルコール性脂肪肝になる可能性が極めて高く、さらには毎日5合を10年以上飲み続けている場合ではアルコール性肝硬変の危険性が高くなると言われています。, 国民栄養調査(平成21年)によると、毎日習慣的にアルコールを飲んでいる人の割合は、30歳以上の男性で見てみると35.3%(女性では6.5%)、つまり3人に1人は毎日お酒を飲む習慣があるという結果でした。習慣のように毎日多量のお酒を飲んでいるという方。あなたの肝臓は問題ないでしょうか?, アルコール性肝障害の治療は「禁酒」が第一であり最も重要です。アルコールの摂取をやめて肝臓を休ませてあげることで、脂肪の代謝が改善したり、炎症によって破壊された肝細胞が再生していきます。よって、アルコール性脂肪肝や軽度のアルコール性肝炎、アルコール性肝線維症であれば、禁酒を続けるだけで治ることもあります。, 現代医学では、肝臓が悪い時には肝臓だけに注目して治療や対策が行われますが、漢方では身体全体を見て肝臓と関わりのある臓器の状態も考えた治療を行います。肝臓の働きが悪い状態が長く続いている場合、実は知らず知らずのうちに腎臓のほうにも負担がかかっていることがあるものです。そこで、漢方による肝・腎対策も併せて行うことが大切です。, 昔から大切なことを「肝腎」と呼ぶように、肝臓も腎臓も身体にとって非常に大切な臓器です。そして、この肝臓と腎臓は互いに助け合って働いており、実はとても関係の深い臓器なのです。, アルコール性肝障害のように、肝臓に負担がかかって働きが悪くなると、肝臓で解毒できなかった有害物質が腎臓に回り、腎臓に対しても負担を与えてしまうことになります。 そして、腎臓の働きも悪くなってしまうと、今度は腎臓で排泄されなかった老廃物が肝臓へ回り、さらに肝臓にも負担がかかるという悪循環になります。このように、肝臓と腎臓はどちらか一方が悪くなると、もう片方の臓器にも悪影響を与えてしまうので、肝臓の病気を治す時であっても、腎臓の働きも同時に高めておくことが大切なのです。, ホノミ漢方には、肝臓と腎臓の両方をともに改善するお薬として、 “肝・腎要のお薬”『ジヨッキ』(錠剤タイプ)があります!, アルコール性肝障害を改善するためには、前述の通り禁酒を中心として生活習慣を見直すことが大切です。また、現在は肝臓に問題がないという方であっても、お酒と上手に付き合っていくために日頃の生活の中で次のようなことに気をつけましょう。. 「休肝日」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?肝臓を休める日、すなわちアルコールを控える日という意味です。このような言葉が存在するくらいアルコールの飲み過ぎが肝臓に与える影響は非常に大きいということです。, アルコールを飲み過ぎて問題になるのが「アルコール性脂肪肝」です。このアルコール性脂肪肝を放っておくと後々深刻な肝障害へ進行するので要注意です。, 肝臓の代表的なはたらきのひとつに解毒作用があります。体内に入ったアルコールは肝臓に運ばれ、分解されて無毒化されます。その際に中性脂肪が生成され、肝細胞内に溜まりやすくなります。, 日常的にアルコールと大量に摂取すると、肝臓に負担がかかるだけではなく、生成された中性脂肪がエネルギー消費されないまま肝細胞にどんどん蓄積されていくことになります。中性脂肪が溜まった肝細胞が肝臓全体の30%以上になった状態を脂肪肝と呼びます。, 脂肪肝になると、肝細胞の間の毛細血管が圧迫され、血行が悪くなり、倦怠感、疲れやすさなどの症状が現れる場合があります。, しかし、通常は自覚症状がほどんど現れないため、健康診断などで偶然発見される以外に症状が出てこないことも少なくありません。, なぜなら、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるように、肝細胞の一部が機能しなくても、残りの肝細胞でカバーすることができるので、限界になるまで症状が現れないためです。したがって、症状が現れたときには、すでに肝炎、肝硬変などの肝障害に進行している場合が多いので、早い段階で対処することが大切です。, アルコールが原因の脂肪肝はアルコールの摂取を控えれば、肝臓の機能が回復し、元に戻ることができます。とはいえ、飲酒が習慣になっている人にとって、禁酒することは簡単なことではないでしょう。, しかし、脂肪肝の状態のまま飲酒を続ければ、肝細胞が破壊されてアルコール性肝炎になり、さらには回復が不可能な肝硬変、肝がんへと進展する可能性が高いことを考えれば、禁酒さえすれば元に戻ることができるうちにしっかり改善に取り組んでいく必要があります。, 西洋医学では、アルコール性脂肪肝に対して、特に治療薬はなく、生活習慣の改善が中心です。禁酒はもちろんのこと、脂肪と糖質を控えたバランスのとれた食事、適度な運動を取り入れて生活改善することで相乗効果が期待できます。, 東洋医学では、肝だけに注目するのではなく、体全体をみていきます。脂肪肝の場合、肝の脂肪を取り除きながら、脂肪が溜まりにくい体質を目指して治療します。, まず、肝の機能を高め、脂肪の燃焼を促す作用をもつ「大柴胡湯(だいさいことう)」や「小柴胡湯(しょうさいことう)」が挙げられます。 大柴胡湯は比較的体格のいいタイプに用いられます。大柴胡湯はコッコポアG錠として販売されているため見かけたことがある方もいるかもしれませんが、コレステロールの吸収を抑える働きももっていると考えられています。, 他には、脂肪の燃焼を促す効果がある漢方薬として、「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」があります。, 脂肪肝以外に肥満にも用いられます。体内の熱を下げ、余計な水分を排出する働きがあるため、高血圧やむくみにも効果があります。, また、体内の血が滞っている場合には、血の滞りを取り除き、血行をよくしながら脂肪の燃焼を促す働きをもつ「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」も脂肪肝の改善に用いられます。, 生活習慣病のひとつともいわれるアルコール性脂肪肝は、生活習慣を見直せば改善できる病気です。漢方薬も大事ですが、生活習慣も大事です。, 放っておけば、命にかかわる病気に発展しかねない恐ろしい病気でもあります。アルコール性脂肪肝を予防するためにも、日頃からアルコールの摂り過ぎに気をつけ、肝臓に負担をかけない生活を送ることが大切です。, 下記メニューよりご希望の項目をお選びください。項目別で漢方の詳しい情報をご覧いただけます。, この記事を友人・知人にお知らせできるようソーシャルボタンをご用意しています。お気軽にご利用ください。, 似たような症状や助けられた漢方薬の体験談があれば、是非体験をシェアしてあげていただければ幸いです。.

着物 裄 丈 お直し 4, モスキート音 猫 影響 10, Ark ギガノト サドル 設計図 31, 佐藤健 永野芽郁 を語る 4, エクセル 手数料 率 11, Ssd 不良セクタ 修復 Mac 5, 保健指導案 書き方 看護 8, Discord メッセージ 削除 5, うわっ ダマ され た大賞2020 動画 23, Ark ペット 迷子 Mod 18, エンジェルハート カメレオン 正体 4, ドール服 原型 作り方 11, Pso2 サービス終了 26日 7, 男性 好意 無意識 7, 狩猟免許 銃所持許可 順番 7, 白髪染め 頻度 男性 5, 福岡 モデル事務所 Aso 8, テニス ともやん 名前 28, ベクター ワークス スポイト 12, 雑誌 表紙 テンプレート 5, Python Black Fmt: Off 6, ペンカフェ 正会員 Ateez 5, 内野 聖 陽 若い頃 8, 青森山田 Twitter 禁止 6, ミサンガ つける 足 恋愛 16, 業務スーパー ブルーベリー 農薬 59, Ps3 コントローラー 点滅しない 5, Fast Boot 無効 7, ダイソー スリーブ 厚手 9, 数3 積分 裏ワザ 21, 三四郎小宮 頭 いい 10,