猫は神出鬼没です。どこからともなく現れては消えていくので中々追い払うことができません。そのためノラ猫の被害を防ぐには 侵入自体を防ぐのがベスト です。. みなさんは愛猫をベランダに出させていますか?飼い主さんへのアンケート結果と共に、ベランダからの脱走を防ぐ方法を徹底解説!おすすめ商品や簡単diyをご紹介します。この機会に「猫にとって安全なベランダ」について考えてみませんか? ■商品の仕様は品質向上のため、予告なく変更する場合があります。 少なかったり多い本数でお買い上げいただく場合は当方で適切な間隔を設定することが出来ませんので、連結パーツの取り付け加工無しでのお届けとなります。予めご了承ください。 ■商品画像はお使いのモニターにより実際の色味と異なって見える場合があります。 天井の高さに応じて必要な本数だけあればOK欄間を取り付けることで上部の隙間を完全にシャットアウト。どんなに活発な猫ちゃんでも突破不可能です。, ※欄間は「ねこ専用脱走防止扉【にゃんがーど】」および「ねこ専用脱走防止扉【にゃんがーど】親子扉ver. 侵入経路さえ分かっていればあとはそこを塞ぐ … 隙間を重たくて大きい物で塞いでしまうと、実際に火災など避難する時の妨げになるので注意が必要です。 壁面にある隙間を塞ぐ. ⇒《にゃんがーど》欄間の組み立て説明書, ※当工房での連結パーツの取り付け間隔は25〜35mmで、間隔が均一(扉から欄間までは15〜35mm)になるよう計算して行います。 少なかったり多い本数でお買い上げいただく場合は当方で適切な間隔を設定することが出来ませんので、連結パーツの取り付け加工無しでのお届けとなります。予めご了承ください。 」のオプション商品です。 隙間が空いていると不安…、自分で塞ぐのはちょっと… 1900mm 転勤したばかりの頃に購入したキッチンカウンター、捨てるのももったいないので鞄置き場として今も活躍中ですが、その下に猫達がおもちゃを転がして入れてしまうんです。 色々吸い込む魔の隙間. どんなに活発な猫ちゃんでも突破不可能です。 ※欄間は「ねこ専用脱走防止扉【にゃんがーど】」および「ねこ専用脱走防止扉【にゃんがーど】親子扉ver. document.write( new Date().getFullYear() ); ■当店のオーダーメイド商品はお客様が採寸されたサイズを元に制作いたしております。測り間違えでの返品・交換は受け付けておりませんので、時間を空けて同じ箇所を複数回測る等正確な採寸を宜しくお願いいたします。 猫が隙間を好む3つの理由と通れる大きさ、侵入を阻止する方法 猫は狭いところが大好き!家具の隙間はもちろん、壁と壁の隙間や押し入れの隙間、戸棚の隙間に入り込んだり、ちょっと開いているドアの隙間からスルリと外にでちゃうことも珍しくはありません。 連結パーツ:ポリカーボネート, ※欄間の取り付けは高いところでの作業となります。脚立などのしっかりとした台に乗って、周りに猫ちゃんがいない状況で組み立てるようにしてください 」のオプション商品です。, 1900mmの高さは超えないと思うけどちょっぴり不安。だけど自分で塞ぐのは大変だし上手く作れるかどうか。そんな方に特に強くお勧めします。扉本体と同じ素材なので見た目の統一感があり、さらにお洒落で鉄壁の扉へとパワーアップします。, 「ねこ専用脱走防止扉【にゃんがーど】」および「ねこ専用脱走防止扉【にゃんがーど】親子扉ver. ※写真付きのマニュアルを見て、ご自身で組み立てられるか事前にご判断ください。よろしくお願いいたします。 (連結パーツの取り付け方については「既ににゃんがーどをお持ちの方へ」の組み立て説明をお読みください), ■柱の高さが左右で違う場合は低い方に合わせて欄間を取り付けることになるため上部の隙間を完璧に塞ぐことは出来ません 本体:ひのき 猫の為にカウンター下の隙間を塞ぐ. マンションのベランダの壁には鉄柵などで作られた箇所があり、その鉄柵の隙間も猫はスルスルと通り抜けることが出来ます。 ■当商品は猫ちゃんの脱走を100%保証するものではありません。最低限の注意は怠らないでください。, 少なかったり多い本数でお買い上げいただく場合は当方で適切な間隔を設定することが出来ませんので、連結パーツの取り付け加工無しでのお届けとなります。予めご了承ください。. 犬派なのに何故か捨て猫ばかりが目の前に・・・。捨て猫を拾って世話していたら気付けばすっかり猫好きになっていました。. 猫は狭いところが好き!という事でウチの2匹も色んなところへ入りこみます。何も無いところならいいんですけど、テレビ台の裏は色々と危険だなーという事で侵入を防ぐ必要が有るのですが、今まではかなり簡易的な壁を設けてましたが、もう少しだけちゃんとした壁にしてみました。 猫は狭いところが大好き!家具の隙間はもちろん、壁と壁の隙間や押し入れの隙間、戸棚の隙間に入り込んだり、ちょっと開いているドアの隙間からスルリと外にでちゃうことも珍しくはありません。なかにはあまりにも狭い隙間から入ったため自分では出られない!なんて事故に発展してしまうケースもあります。そんな困ったことにならないためにも今回は猫が隙間を好む理由と侵入を防止する方法をご紹介します。, 猫が隙間を好む理由ははるか昔、イエネコの祖先であるリビアヤマネコの時代までさかのぼります。, 野生の世界で生きていたリビアヤマネコは、敵に見つからないように物影の隙間などで休息を取る時や、怪我をした時に外敵から身を守るために、隙間に入り込んで身を潜めていました。, この名残で隙間は安心してくつろげる場所と本能的に理解しているため、隙間を見つけたら思わず身を潜めたくなってしまうのです。, 猫が隙間を好む理由として体の構造的に狭い所が落ち着くようにできているからと語る専門家もいます。, 猫の体はしなやかで柔軟性がありますよね。さらに詳しく調べると猫の体には人間と違って鎖骨がないことがわかります。この鎖骨のない体の構造こそが、狭い隙間でも簡単に入り込める秘密なのです。, 鎖骨がないことにより隙間でもすぐに入り込めるので、驚くような狭い隙間でも体を滑らせていくのです。, 「この隙間の向こうにはいったいなにがるのかニャ?」「これくらいの隙間なら入れるニャ」「何かおもしろうそうなことがこの隙間の向こうにあるかもしれないニャ」と、そんな好奇心が高まり思わず隙間に入ってしまうのです。, さらに隙間にはいったあと暗くて狭い空間に落ち着きを覚えて呼んでも出てこなくなる、なんてこともあるのです。隙間から見えるあそこには何があるのかにゃ?とちょっとした冒険心から隙間に入り込んでいくのです。, つまり小顔の猫ちゃんであればあるほど、狭い隙間でも難なく通り抜けてしまうということです。それを踏まえて考えると猫の顔の横幅の平均からみて10cmほどと考えればいいでしょう。ただ猫によっては大変小顔の子もいます。, 小顔の猫の場合はわずか6cmの隙間でも通ることができますので、猫に入ってほしくないところがあるなら隙間は6cm以下に留めるようにしましょう。ちなみに我が家の6kg越えのビッグキャット達の顔を図ったところ12cmもありました。小顔の猫の倍もあります。, やはり顔の大きさには個体差があるようなので、愛猫が通れる隙間を知りたい時は実際に顔の大きさをはかって調べるようにしましょう。, 猫が隙間を好む理由は本能と冒険心からきているとわかりましたが、そもそも猫が通れる隙間ってどれくらいなのかご存知ですか?もちろん体の大きさによってことなってきますし、明確に何センチと言いづらいのですが、猫は顔がすんなり入る隙間ならば通ることができます。, 猫が隙間に入ったまま出てこない!なんてこと猫を飼っている人なら経験したことがあるのではないでしょうか?猫が隙間からでてこない理由は、その場所が気に入っているから動く気が無い場合と、何かに恐怖を感じて出てこられない場合があります。, 押し入れの中や家具の隙間に入ってみたら意外と落ち着いてしまった猫の場合、呼んでもなかなか出てこないですがあまりにも長時間そこにいられると困る場合もありますよね。そんな時は、おもちゃやおやつで釣ってみるのが一番です。, 愛猫の大好きなおもちゃの中で音のなるものをわざと激しく鳴らしてみたり、おやつやご飯の袋の音を鳴らしてみましょう。おそらく大半の猫は喜んで出てきてくれるはずです。, ここで注意したいのは、音を聞いて出てきた猫にちゃんとご褒美を与えてあげましょう。おもちゃを鳴らしたのに出てきたからといって遊んであげなかった、おやつの音を鳴らしたのにあげなかった。, そんなことを繰り返していると、猫ちゃんも機嫌を損ねてそのうち隙間に入っても全く出てこなくなります。もし物で釣る場合は、ちゃんとでてきたらご褒美をあげるようにしましょう。, 例えば猫を迎え入れた直後でまだ慣れていないときや、何かの音や知らない人が入ってきたことに驚いて隙間に入ってしまった場合、猫は恐怖心や警戒心から隙間から出てこなくなっていますので、そう簡単に猫を出すことはできません。, そういった場面に直面した時にできることは、まず焦らずじっくり向き合うことです。猫にとって恐怖と警戒心を解くには時間がかかりますし、あまりにも声を掛けられすぎると逆に委縮してしまいそこから動くことができなくなります。, 恐怖心や警戒心から隙間に入ってしまっている場合は、しばらくそっとしておくことも必要です。数時間ほど様子をみていたらそのうち自分から出てくるかもしれませんので、あまり刺激をしないようにそっとしておくようにしましょう。, 隙間から見る時に自分に危険がないことがわかれば自分から出てきてあたりを冒険し始めるかもしれません。その時もそっとしておくようにしましょう。, 猫が隙間に入るのは仕方がないことですが、その侵入をできるかぎり防ぎたいとはおもいませんか?猫が隙間から侵入するのを防ぐ方法でもっとも効果的なのが、猫が入れる隙間を無くすことです。, どのような小顔の猫でも成猫であれば6cm以下の隙間を通るのは不可能です。そのことから隙間を6cm以下に治めるようにすれば侵入を防ぐことができます。, また押し入れやドアなどの隙間からの侵入を防ぐ方法としては、猫がジャンプしなければこえられないくらいの低いゲートを用意してはいかがでしょう?, 猫がジャンプをしないと入れない高さ、かつ人間が跨げるくらいの高さのゲートを設置することで猫の隙間に入るタイミングをずらすことができます。, もちろん、ジャンプが得意な猫ですからそんな低いゲートすぐに乗り越えられてしまいますが、猫はジャンプをするために一瞬止まらないといけませんので、その隙に隙間からの侵入を阻止することができます。愛猫が隙間から侵入することにお困りの方はぜひためしてみてはいかがでしょうか?, 猫は隙間があれば入る、狭い空間があればはまる、小さな空間があれば手や顔を突っ込んでみると見ていてとても愉快な行動やしぐさで楽しませてくれます。, 隙間に入る猫達に手を焼いている飼い主様もおおいでしょうが、隙間に入ってほしくない場所は隙間を無くしたりゲートつけたりして対策をするようにしましょう。, あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。, この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。, 猫のために、猫の気持ちを知り、猫と共に暮らす。ねこちゃんホンポは、あなたと愛猫の共同生活に色付けをする猫専門の情報サイトです。, ・雑種猫を3匹飼ってます。 金網で作ったものとは比べ物にならないクオリティを是非体感してください。, ※上記は1本あたりの価格です ■ご購入後のトラブルにつきましては一切の責任を負いかねます。 ■木材はそれぞれが表情を持ち、裏節・細かい傷・割れ・色味の違いなどにより同じ商品であっても雰囲気が異なる場合があります。 欄間取り付け位置の幅(「既ににゃんがーどをお持ちの方へ」のオレンジ矢印):140〜1200mm(※にゃんがーど本体と同時購入の場合は本体に合わせてお作りしますのでこちらの幅は関係ありません), 使用木材・材質 Catchu きゃっちゅ. 猫が隙間を見つけては体を滑り込ませる姿が可愛い!そう感じるのは私だけではないはずです。, 驚くほど狭い隙間に入っていく猫や、なぜそこに入ろうと思ったの?と聞きたくなるような隙間に入る猫と、面白くて不思議な猫が隙間に入るシーンを目にしますよね。, いったいなぜ猫は隙間を見つけては吸い込まれるように入っていくのでしょうか?その理由には、はるか昔に自然界で身に着けた生き抜くための知恵が隠されていたのです。今回はそんな、猫が隙間に入る理由をご紹介しましょう。, 猫が隙間を好むのは、昔から続く猫の生態やと特徴、さらに猫の体の構造に関係があります。具体的に猫が隙間に入る理由とは何かをまずはご説明します。, 猫が隙間を好む理由は、イエネコの祖先であるリビアヤマネコ時代にまでさかのぼります。リビアヤマネコは狩りが上手で獲物を自分で捕らえて生きていました。, その遺伝子が根強く残り、現在のイエネコもアクロバティックな動きや行動で私たちを驚かせているのですが、猫の欠点は瞬発力はあるものの持続力がないということです。, 高い瞬発力と運動能力はあっても、獲物を長時間追いかける体力がないため、イエネコの祖先であるリビアヤマネコは、狩りをするときに、隙間に身を潜めて獲物が射程距離に入るまでジッと耐えるという方法で狩りを行ってきました。, その名残で猫は隙間を見つけては、本能的に体を滑り込ませて隙間から見るという行動を取るのです。, もし、隙間から見る愛猫の姿を見かけたら、本能的に獲物が来るのをジッと待っているかもしれません。そのタイミングで猫じゃらしなどのおもちゃで遊んであげると、とても喜びますので是非試してみて下さい。, イエネコの祖先であるリビアヤマネコは、狩りをする時以外でも木の隙間や岩の隙間に身を潜めて休息を取って過ごしていました。, というのも隙間は獲物を狙う時に身を隠しやすいのと同時に、外敵から見つかりにくく、仮に見つかったとしても大型の野生動物なら隙間に入れないためです。, そういった理由から、リビアヤマネコは落ち着いて休める場所として隙間を見つけては好んで入り休息を取っていました。, その名残で猫は隙間を見つけてはその中に入り、ゆっくりと休むようになったのと同時に、安心感を得られる落ち着く場所として本能的に感じるようになったのです。, 野生時代に学んだ、隙間で休息をとるという生きるための知恵が本能に刷り込まれて、現在の猫達に受け継がれているのですから、動物の本能とはすごいですよね。, 猫は好奇心の塊のような動物です。絶対に無理だろうと思うようなことに挑戦したり、何故そんなものに?と思うような物を必死に追いかけたり、他の動物や人間に恐れることなく近づいたりとなんにでも興味を示します。, そんな猫ですから、ちょっとした隙間や狭い空間を見つけると「あの先に何か面白いものがあるかもしれないニャ」という気持ちになって、思わず本能の赴くまま吸い込まれるように隙間に入っていくのです。, そんな猫達の面白いところは、隙間に入ったその後のことを全く考えていないということです。, 隙間に入ったはいいものの、方向転換もできず後ろに戻る事も出来ないでいる隙間にはまる猫。隙間に入ったら意外に落ち着いてそのまま眠ってしまう猫。隙間に入ってただボーっとする猫。隙間から出られなくなって途方に暮れる猫。, 猫が隙間に入るのは飼い主から隠れるためでもあります。前述したとおり、猫は狩りをする時に隙間に身を潜めて獲物が射程距離に入るのをジッと待つ狩猟方法を取っていました。, その名残で、飼い主を獲物と見立てて隙間から飼い主を見て狙うことで狩りの疑似体験をしているのです。, 面白いのは、飼い主を隙間から見る時、猫は見つかっていないと思っているということです。飼い主からすれば、家の中の隙間なんて目につきますし大体は愛猫の姿が見えていると思います。, しかし隙間から見る愛猫は飼い主を狙うために、ジッと隙間で身を潜めているつもりなのです。, ただし、隙間から見る時に飼い主を獲物に見立てて狙っているとは言っても実際に本気で飼い主を捕って食べようなんて恐ろしいことを思っている訳ではありません。, 実際に飼い主を襲ったとしても、それは子猫同士がじゃれ合って遊んでいるような感覚なので、本気で噛むようなこともないのがほとんどですから安心して下さいね。, 飼い主様や他の人に構ってほしくない時や、一人でゆっくりしたい気分の時に飼い主の手が届かない隙間に入ってゆっくりくつろぐこともありますので、そのような時は無理に構わずにそっとしておいてあげるようにしましょう。, 猫が隙間に入る理由でもっとも気をつけてほしいのが、病気や怪我をしている体を癒すために隙間に身を潜めている場合です。, 猫にとって隙間は安心して体を休められる場所です。そんな本能から、猫は自分の体に異変を感じた時に部屋の隅や家具の隙間、押し入れの隙間などに身を潜めジッとして体を癒そうとする習性があるのです。, 愛猫が隙間に隠れる以外に下痢や嘔吐、出血といった目に見えるあきらかな症状がある場合なら、様子がおかしいことに気付けるとは思います。, しかし、猫の病気は目に見えない症状や、発症から死に至るまで数時間しか猶予がない病気も存在します。, そのため愛猫が隙間でジッとしている場合や、呼んでも隙間から出てこようとしない場合は、「猫は隙間が好きな動物だから」と簡単に片づけるのではなく、体調が悪くないか?何か他に症状がないのか?注意深く観察してあげるようにしましょう。, 飼い猫でも野良猫でも隙間に入っていく姿をよく見かけますが、猫の中には「どうやってそんなところに入ったの?」と思うような狭い隙間に入る子もいますよね。, その姿から猫は軟体動物ではないのか?と世間では言われていますが、猫は実際にどれくらいの隙間まで通れるのかご存知ですか?, つまり小顔であればあるほど、通り抜ける隙間も狭くなっていくということです。これは猫の体の構造が関係しています。, まず猫の体は柔軟性がありとてもしなやかな肉体をしていますよね。さらに、詳しく見てみると、猫の体には鎖骨がないのがわかります。この鎖骨がない体というのは、狭い空間を通るうえでとても重要な要素となっています。, 人間と比べるとよくわかりますが、人間が狭い隙間を通ろうとする時、頭は難なく通ったとしても鎖骨が引っかかって通れないなんてことよくありますよね。, これは他の動物でも言えることで、狭い隙間を通れるか通れないかは鎖骨が引っかかるか引っかからないかが重要になってきます。, その点、猫は鎖骨がないため頭さえ通ってしまえばどのような隙間でも体をねじ込んで通り抜けられるのです。, たまにデブ猫だと頭が通ってもふくよかなお腹が引っかかって抜けられないというシーンを見ますが、あれは例外なので悪しからず。, ちなみに猫の頭の平均的な大きさから考えると、直径10㎝くらいの隙間なら成猫でも余裕で通れます。顔の小さい猫ならば6㎝くらいの隙間でも通り抜けられます。そう考えると、もしかしたら猫は本当に軟体動物なのかもしれませんね。, 猫が隙間を好むのは本能ですし、仕方がないのですが電子機器の後ろや大切なものを収納している棚の隙間など、入っていかれたら困るような隙間に限って愛猫が入っていくとお悩みの飼い主様も多いのではないでそうか?, さらに少ししか空いていない窓や玄関の隙間から脱走を図る猫もいますし、家の中だとしてもその隙間の先が安全だとは限らない場合もありますので、家の中の隙間をどうにか対策したいと考えている方も多いはずです。, そんな愛猫の隙間対策を検討している方におすすめしたいのが、隙間を6cm以下にする対策とバリケードを作る方法です。, 猫は信じられないような狭い隙間を通り抜けるとはいっても、通り抜けられるのは顔が入る幅が限度です。どのような小顔の猫でも成猫ならば6cm以下の顔の猫はまずいません。, そのため、部屋中の入られたくない隙間を6㎝以下にすることで隙間への侵入を防げるのです。, また、窓や玄関などの隙間から愛猫が脱走するのを防ぐ有効な方法としてバリケードを自作してみてはいかがでしょうか?天井から床までを塞ぐような大きなバリケードを作る必要はありません。, 窓の大きさに合わせたゲートや、猫がジャンプをしないと超えられないくらいの高さのゲートを用意するのです。, そうすれば、猫が扉や窓の空いた隙間から脱走をするときに、そのゲートを通り抜けるために一旦、動きを止めてジャンプをする必要があります。その一瞬の隙に、愛猫が脱走するのを止められます。, 脱走防止グッズとして売られているこのようなものを窓に着けて隙間からの脱走を防いでもいいですし、突っ張り棒などを利用して人間が跨げる高さのゲートを自作してもいいでしょう。, 猫が隙間に入るのは危険が伴う場合もありますので、安全対策という意味でも隙間対策を一度見直してみてはいかがでしょうか。, 猫が隙間を好む理由は、野生の名残を色濃く残している猫だからこそ見られる行動でもあるのです。猫が隙間に入っていく姿を見て癒されている方もいらっしゃるでしょうが、隙間に入っていく理由や入っている隙間の安全対策は万全なのか?, しっかりと考えるのも飼い主の大切な役目です。愛猫の安全や健康を守るためにもぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。, ©

Xcode Unable To Install 14, アウディ マトリクスled 後付け 5, スピッツ 歌詞 暗い 6, Execファイル 開き方 Mac 4, 高校 理科 必修 4, 女子高生 誕生日プレゼント コスメ 6, 少年サッカー 退部 理由 5, 二世帯住宅 平屋 間取り 4, カワイ ピアノ K114 5, イオン Switch 予約 15, Python List() 違い 5, アイシス 燃費 Jc08 9, 犬 食べ物 土に 埋める 4, 5年生 面積 応用問題 四角形 19, ドラクエ10 賢者 スキル 180 4, Excel 入力規則 半角カナ 7, ベリーショート 前髪 斜め 4, スバル ドライブレコーダー 64gb 7, We Should Protect Nature As Much As Possible 意味 5, プロ野球 登場曲 いつから 5, Lg テレビ Mac 接続 4, Xperia1 ケース リング付き 4, Boss ドラマ 2ndシーズン 8話 5, ニュー フェイス Twitter 4, リャン ジェンチュン Wiki 11, 26歳 貯金 150万 8, Brz リアバンパー 交換 費用 12, 王将 餃子 炭水化物 4, 塾 5教科 安い 4, Python Csv ラベル 6, 退職理由 うつ病 診断書 24, ダイワ メタリア タコ 5,