酒燗器(さけかんき)は、日本酒を適度な温度に温めて味わうためのアイテムです。日本酒は温めると香りが引き立ち、甘味や旨味が広がってまろやかな飲み口になります。酒燗器を使えば、鍋やヤカンを使うことなく、熱燗やぬる燗など、好みの温度の日本酒を手軽に楽しむことができます。陶器のものやレトロなちろりタイプ、一人用の晩酌に便利なミニタイプなどの種類があり、加熱方法には電気式や湯煎式、電子レンジ式などがあります。今回は、酒燗器の選び方と、ツインバードやニシヤマ、テスコム、丸山技研の商品や、サンシンの「ミニかんすけ」などのおすすめ商品を紹介します。, 酒燗器は、日本酒を好みの温度に温めることができる調理機器です。日本酒は加熱温度に応じて、35℃程度の「人肌燗」や約40℃の「ぬる燗」、45℃の「上燗」、50℃の「熱燗」、55~60℃の「飛び切り燗」などの種類に分けられます。温度調節機能付の酒燗器であれば、燗酒の温度を自分好みに設定することができます。加熱方法には、一般的な電気式のものだけでなく、熱が均一に回る湯煎タイプや、手軽に使える電子レンジタイプなどもあります。, 電気式の酒燗器は、電気の力で日本酒を温めるタイプです。電源を入れてスイッチを押すと台座が自動で加熱するので、手軽に燗酒をつくることができます。電気ケトルのように使いやすく、温度を確認する手間もないので、手間をかけずに燗酒を楽しみたい方におすすめです。, 湯煎式は、お湯を使って容器ごとじっくりと温めるタイプです。徳利など日本酒を入れた容器の周囲に沸騰したお湯を注ぐことで、お酒をゆっくりと温められ、まろやかな味わいを楽しむことができます。電源が必要ないので、屋外などでも手軽に使用できます。まろやかな飲み口にこだわる方におすすめです。, 温度調節機能付きの酒燗器は、日本酒の加熱温度を段階的に調節することができます。スライド式のレバーを動かすだけで簡単に調節できるタイプが多く、ぬる燗や熱燗など好みの温度の日本酒を手軽に楽しむことができます。中には、日本酒の量や種類に合わせて温度を設定できるタイプもあり、銘柄ごとの味わいを堪能できます。, 酒燗器は、タイプによって加熱できる日本酒の容量が異なります。毎日晩酌を楽しむ方には、1合~1.5合サイズがおすすめです。家族や友達など、大勢が集まる際に使用する場合は、2合以上のサイズが良いでしょう。また、銅や真鍮製の容器で加熱する「ちろり」と呼ばれるタイプなら、一度に複数の徳利を温められる上、味わいもよりまろやかになります。一人で少量ずつ日本酒を楽しみたい場合には、1合以下のミニサイズがおすすめです。, 電子レンジ式の酒燗器は、電子レンジで加熱するだけで手軽に燗酒を楽しむことができます。電気式や湯煎式に比べて手間がかからず、必要な道具は日本酒を入れる容器だけなので、収納やお手入れも簡単です。ただし、加熱にムラが生じたり、日本酒の風味が飛びやすかったりといったデメリットもあります。また、容器によっては使用できない場合もあるので、使用前に確認が必要です。, 4段階の温度調整ができる酒燗器です。「人肌燗」「上燗」「熱燗」「飛び切り燗」の温度設定が可能で、それぞれの味の違いを楽しめます。約13分で飲み頃の温度になり、2杯目以降も適温をしっかりキープします。毎日の晩酌にちょうど良い1.5合サイズです。片口型の専用容器は口切れが良く、鍋のような形状で、様々な変わり酒の調理にも向いています。さらに台座から取り外して丸洗いもできるので、衛生的に使用できます。, 12段階の温度調整ができる酒燗器です。レバーをスライドするだけで、ぬる燗から熱燗までの温度を12段階に分けて細かく設定できます。専用容器の取っ手はハンドル形状なので持ちやすく、注ぎ口は片口型なので、お酒が容器に垂れる心配がありません。大きめの2.5合サイズなので、家族や友人と日本酒を楽しみたいときにおすすめです。, お酒をじっくりと温める陶磁器製の酒燗器です。レバーを合わせるだけでぬる燗から熱燗まで、無段階の温度調整が可能です。また、容量別の温度設定の目安も付属するため、日本酒の加熱に慣れていない方でも使いやすいで。陶磁器製なので冷めにくく、まろやかな味が長持ちします。2.5合の大徳利サイズなので、毎日の晩酌だけでなく、大人数での宴会などでも活用できます。徳利と台座が分離するので注ぎやすく、使用後は徳利を丸ごと洗えるので、衛生的に使用できます。, 風情のある美濃焼の酒燗器です。温度調節機能により、ぬる燗や熱燗、飛び切り燗など、40℃〜70℃までの温度設定を簡単に行えます。また、便利な容量別の温度目安も付いています。大容量の2.5合サイズなので、家族や仲間と集まって飲む際などにおすすめです。着脱式の徳利は、台座から外してそのまま洗えるので、お手入れも簡単です。, 美濃焼の素朴でやさしい風合いが感じられる酒燗器です。1合から2.5合までの容量に合わせて、ぬる燗、熱燗、飛び切り燗の3段階の温度調節機能が付いています。容量と温度に合わせてレバーをスライドするだけなので、好みの燗酒を手軽に楽しむことができます。専用容器は注ぎやすい取っ手付きで、一人の晩酌から大人数での宴会まで幅広いシーンで使用できます。, 熱伝導にすぐれた錫(すず)100%の酒燗器です。日本酒を入れる容器に錫製のちろりが採用されているため、熱が伝わりやすいです。さらに、錫のイオン効果により、まろやかな日本酒の味を楽しむことができます。湯煎用の容器は保温性の高い陶器製で、陶器に入れるお湯の量によって温度を調節できます。趣のある木枠は取っ手付きで、持ち運びにも便利です。, テーブルで簡単に加熱できる酒燗器です。熱湯を注いだ外側の容器の中に徳利を入れ、付属のぐい吞みでフタをするだけで、お酒をじっくりと温められます。保温性の高い陶器製で、程よい温かさをキープすることができます。徳利は容量1合以下のミニサイズなので、一人でゆったりとお酒を味わいたい方におすすめです。, 燗酒だけでなく、冷酒も楽しめる2WAYタイプの酒燗器です。直火に対応できるコンロ付きで、燗酒を楽しみたいときは、キャンドルなどの直火によって湯煎ができます。冷酒の場合は、氷水の入った燗冷器に徳利を入れることで、キリッと冷えた爽やかな味を堪能できます。美濃焼の温かな風情が感じられるデザインは、自宅で使用するだけでなくギフトとしてもおすすめです。, 便利な取っ手付きの酒燗器です。外側の容器に取っ手が付いているので、熱湯を注いでも火傷の心配がなく、持ち運びにも便利です。湯煎により徳利の中のお酒がじんわりと温められるので、旨みと甘みのあるまろやかな味を楽しむことができます。また、保温性の高い陶器製で、適温を長く保つことができます。, 内瓶には耐熱ガラス、外瓶には金属が採用された徳利です。冷酒も熱燗もおいしく飲めるので、1年中使えます。外瓶はステンレスの二重構造になっており、温かいものも冷たいものも適度な温度を保てるのが特徴です。内瓶の耐熱ガラスは電子レンジにも対応しており、手軽に熱燗をつくれます。ゆっくりお酒を味わいたい方におすすめです。, 徳利は、冷酒や熱燗などの飲み方に応じて、おすすめの素材やタイプが異なります。電子レンジ対応のものや、おしゃれなガラス製などもあり、日本酒をより手軽においしく味わうことができます。徳利の選び方やおすすめ商品を紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。, 徳利(とっくり)は、日本の情緒を楽しみながら、よりおいしく日本酒を飲むための酒器です。冷酒・熱燗など、それぞれの飲み方に適した徳利があります。素材は、ガラス製や錫製などがあり、お猪口とセットになっている商品や、電子レンジで使えるもの、大…. 電子レンジでチンする時にラップをするかしないかで迷うことってありませんか?まっ、カレーとかシチューはラップをしないとまずいなって経験上わかりますよね。ラップしなかった為にレンジの中が汚れてしまったということはよくあるのではないでしょうか?逆 あなたは温かい冷やし中華を食べたことがありますか?お燗マスターへの道はまず燗上がりする酒を見極めることから。というわけで、燗上がりする日本酒選びのポイントをお伝えします。 4段階の温度調整ができる酒燗器です。「人肌燗」「上燗」「熱燗」「飛び切り燗」の温度設定が可能で、それぞれの味の違いを楽しめます。約13分で飲み頃の温度になり、2杯目以降も適温をしっかりキープします。毎日の晩酌にちょうど良い1.5合サイズです。 「白鶴まる」とは 「白鶴まる」は、 白鶴酒造株式会社がつくっている日本酒です。 いわゆる灘の酒と呼ばれている、灘五郷の地域を代表する酒造メーカーです。 日本で最も有名なパック酒の銘柄の1つであり、 テレビcmも良く放映されているのを目にする機会もあると思います。 日本酒や食に関するお仕事募集中。メディア寄稿、出版、講演等、ご依頼は「contact」からお願いします。, 日本酒ペアリング研究所 Ponpair -ぽんペア-は日本酒の可能性を広げるため、日本酒とは合いそうもない食材とのペアリングを様々な角度から探求する情報サイトです。. 外蓋を外す; 金属の内蓋を外す; 600wなら1分以内にセットし温める; 気をつけて取り出し飲む! 熱燗 (レンジでチン。アツアツ状態) クセのある味わいから角が取れて丸みが増し、飲みやすくなっているように感じました。 寒い日に何かつまみながらマッタリ過ごしたいときにオススメです。 で、今回は熱燗と焼きシシャモでいただいちゃいました 冒頭から何言ってるんだこいつと思ったかもしれませんが、温かい冷やし中華、実はこれが非常に不味いんですよ。やっぱり、冷やし中華は冷たいほうがおいしいし、普通のラーメンは熱いほうが美味しい、つけ麺は冷でも熱でもおいしいけど。, まあ当たり前のことなんですが、要するにラーメンは種類によって適温があるのです。で、これは日本酒でも同じことが言えます。, すなわち、冷たいほうが美味しいもの、温めたほうが美味しいもの、どちらでも美味しいものの3種類があるということ。 (何をどうやっても不味い残念な酒も存在しますが。), 正直、確実に燗上がりする酒を選ぶことができれば、テクニックの多少は不問になります。大体はどう温めても美味しくなりますから。, では、どう見極めたらいいのか。まずは瓶に貼ってあるラベルを眺めてみましょう。ラベルに表示されている情報から、ある程度の傾向は見て取ることができます。ただし、あくまで「傾向」です。例外は山ほどありますので、そこはご理解を。, もう一度言いますが、これはあくまで「比較的そういう傾向にある」という表です。これにとらわれすぎて、「燗に向かない」に分類された酒を燗しないのはもったいないです。, 逆に燗に向くと思われても、もともとの出来が良くない酒はどうにもなりません。燗とか冷やとかそれ以前の問題です。, とにかく、上でも少し書いたように、大吟醸でも生酒でも燗上がりする酒はあります。お燗にルールはありませんので。, ここまで、勘や情報を頼りに選ぶ方法をご紹介しましたが、結局のところやってみないとわからないわけです。一番良いのは、手当たり次第に全部燗をつけて味見してみることですが、それなりの時間も労力もかかります。, そんなわけで、お次はせめて冷や(常温)でテイスティングした時点で燗向けかそうでないか見極めるポイントをお伝えします。, いかにも今どきの華やかでフルーティな女子受けする酒はあまり燗に向きません。温めることで吟醸香が増強しすぎてしまいバランスが崩れるためです。, また、生酒も注意が必要です。生酒には特有のムレ香・生ひね香(アセトアルデヒド由来といわれる)が多かれ少なかれあります。冷やして飲めばそれほど感じないのですが、吟醸香と同様にこの香りも温度が上がるにつれ強くなります。, もちろん、生酒でもこのムレ香・生ひね香がほとんど感じられないものはありますので、そこは味見して判断ですね。, そこまでセンシティブになる必要はありませんが、甘めの酒はやや注意したほうがいいかも。なぜなら、燗をつけることで甘みが増強するため、バランスが崩れることがあるのです。, 蛇足ですが、チェーン系の安居酒屋の飲み放題メニューに入っていそうな、変に甘い出来の悪い普通酒ありますよね。あれを燗つけすると、その嫌な甘みがさらに増してベタベタした得も言われぬ不味い飲み物ができあがりますので、未経験の方は一度お試しください。, 味わってみて、温旨酸系の酸をより強く感じられるようであれば、燗で旨みが開く可能性が高くなります。, 温旨酸系と冷旨酸系の違いについて、ものすごく雑にイメージをお伝えするなら、太さと厚みがあって旨みを伴う酸は温旨酸で、シャープで爽やかな酸は冷旨酸と覚えましょう。, →参考:日本酒ペアリング基礎理論~日本酒と料理を合わせるためのたった3つのポイント~>2-2-2. 純米酒が好きで、色々ネット通販で買っています。今回、原酒を選んでみたのですがコレが失敗だったのかとても不味くて・・・昔の薬箱のような臭いもして飲みにくくて仕方ありません。捨てるのももったいないし、何か工夫して美味しくする ―世界は広い― 本当にそう思います。 世界各国では、実に様々なものを【食材】とし ... 先に申し上げておきます。 私自身、この記事のメインテーマである『トンスル』は飲ん ... Copyright© 超お酒が飲みたいッッ!!

北大阪急行 延伸 箕面森町, ハイエース ディーゼル カスタム, View Suica Apple Pay 登録できない, 富田林市 正社員 ハローワーク, Atao バッグ 年齢層, イギリス イースター ホリデー, エブリィワゴン 荷室 棚, ミューズ 洗顔 ニキビ, Moz エコバッグ 付録, 楽天カード プライオリティパス 改悪, 遊戯王 サイド 2020, Jr中央線 時刻表 千種, 新幹線 自由席 トイレ 取られた, ノンフィクション 洋書 読みやすい, プロスピ シリーズ2 登場, プロスピa リアルタイム対戦 やり方, 伊勢原 写真 スポット, あい みょん 方向 性, 鶴ヶ峰駅 時刻表 バス, 空の青さを知る人よ ピアノ 伴奏, コンビニ 公共料金 手数料, 釧路 ノロッコ号 予約方法, 広島 Cs 逃す なんj, 楽天カード プライオリティパス 改悪, 日食 英語 読み方, 名古屋 日帰り 新幹線 チケット, カイツブリ びわ湖 放送, 金券ショップ 買取 必要なもの,