K 5101-13-1:2004 (ISO 787-5:1980) 顔料試験方法− 第13部:吸油量−第1節:精製あまに油法 Test methods for pigments―Part 13:Oil absorption― Section 1:Refined linseed oil method 1 0 obj ]�~���Ld��2h�)����4�{lS�(���ߏ����_�~��kM� �1{�C���:��}���vDCk:#���;�9Îg��=��J��+��ᬨn����N-ߏ�.,n�)�$���N�7��$t��LJ��~���=�3��^��R}�M��_���cA�A|�1n4�1%̓�m[HH�9����A,D(�@�]��!�bE��ա]�{ �4" %���� endobj ���ɵ��=#{;�%b���0����v0 <>>> 引用規格 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す, る。これらの引用規格のうちで,発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構, 成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年を付記していない引用規格は,その, JIS K 5600-1-2 塗料一般試験方法―第1部:通則―第2節:サンプリング, 備考 ISO 15528:2000,Paints,varnishes and raw materials for paints and varnishes―Samplingが,こ, 参考 この規格の原国際規格であるISO 787-5ではISO 842を引用しているが,ISO 842はISO, 15528:2000に統合され廃止されているため,ISO 15528:2000と一致しているJIS K 5600-1-2, 備考 ISO 385-1:1984,Laboratory glassware―Burettes―Part 1:General requirements,, ISO 385-2:1984,Laboratory glassware―Burettes―Part 2:Burettes for which no waiting time is, ISO 385-3:1984,Laboratory glassware―Burettes―Part 3:Burettes for which a waiting time of 30s, ISO 150:1980  Raw,refined and boiled linseed oil for paints and varnishes―Specifications and methods of, a) 吸油量(Oil absorption value) 一定の条件で顔料又は体質顔料によって吸収される精製あまに油の量。, 精製あまに油 ISO 150に規定する酸価が5.0〜7.0 mgKOH/gのもの。, パレットナイフ 先が細くなった鋼製の刃が付き,長さが140〜150 mm,最大幅20〜25 mm,最小, 6. endobj <> 4 0 obj <>/ExtGState<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI] >>/MediaBox[ 0 0 595.32 841.92] /Contents 4 0 R/Group<>/Tabs/S/StructParents 0>> みかんなどの外皮のしるをこすりつけ、それが落ちるかどうかためしてみる。, 8/22に配信した「さかなクンとエコチャレンジ!ギョうてんマイバッグをつくろう」のアーカイ…, わたしたちの健康をささえるくすりのヒミツを大研究。身近だけどよく知らないくすりのヒミツを自…, とても身近な「塩」。実は知らない「塩」のふしぎをテーマに、楽しい自由研究にしてみよう!, 100円ショップで手に入るものとおうちにあるもので、楽しくかんたんに実験と工作をしよう!, ボールのはね返り方の秘密を探ろう。はずむボールを作ったり、ボールの種類や落とす場所などで変…, パソコンを使うと、だれでもかんたんにきれいにまとめることができるって知ってるかな?, 新型(しんがた)コロナウイルス感染症(かんせんしょう)を予防(よぼう)するためには、手洗(…, 手や体を清潔(せいけつ)にする石けんは、新型(しんがた)コロナウイルス感染症(かんせんしょ…, 細菌(さいきん)やウイルスなどの病原体(びょうげんたい)が体の中に入ることが原因(げんいん…, 人類はこれまでもさまざまな感染症(かんせんしょう)に打ち勝ってきた。感染症にいどんだ偉人(…, 実験に使う発ぽうスチロールや油せいペンやインクをつけるものは、使ってよいものかどうか、おうちの人にたしかめよう。(油性ペンのインクはきれいに消えない場合があるよ。), 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。. 2 0 obj x��[K������n ���o@Я�cĐ)'���,َ '�>��4��Mv#V;�ˮ*��"�����_�������S�������ៗwOo������������?}~��ӗϯ^]�i�o�?{��X'���/ϟ���?�H�)q1:z�+��捾|���g�������g�.�? オレンジやみかんのなかまの外皮にはリモネンという油が入っているよ。リモネンは発泡(はっぽう)スチロールをとかしたり油せいペンのインキをふきとりやすくする力があるんだ。実験してみよう。 この規格は,工業標準化法第12条第1項の規定に基づき,日本無機薬品協会(JICIA)/財団法人日本規, 格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会, 制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日, 本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 787-5:1980,General methods of test, for pigments and extenders―Part 5:Determination of oil absorption valueを基礎として用いた。, この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の, 実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会, は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新, JIS K 5101-1-2 第1部:分散性評価のための分散方法―第2節:ペイントコンディショナ形振とう機, JIS K 5101-1-3 第1部:分散性評価のための分散方法―第3節:高速インペラミル, JIS K 5101-1-4 第1部:分散性評価のための分散方法―第4節:ビーズミル, JIS K 5101-1-5 第1部:分散性評価のための分散方法―第5節:フーバーマラー, JIS K 5101-1-6 第1部:分散性評価のための分散方法―第6節:3本ロールミル, JIS K 5101-3-1 第3部:着色力―第1節:有色顔料の相対着色力及び淡色の測定(目視比較法), JIS K 5101-3-2 第3部:着色力―第2節:白色顔料の相対着色力(目視比較法), JIS K 5101-3-3 第3部:着色力―第3節:有色顔料の相対着色力及び白色顔料の相対散乱能の測定(光, JIS K 5101-3-4 第3部:着色力―第4節:着色剤の相対着色力及び残留色差の測定(重み付きK/S値, JIS K 5101-5-1 第5部:分散性の評価方法―第1節:有色顔料の着色力の変化による評価, JIS K 5101-5-2 第5部:分散性の評価方法―第2節:分散度の変化による評価, JIS K 5101-5-3 第5部:分散性の評価方法―第3節:光沢の変化による評価, JIS K 5101-12-1 第12部:見掛け密度又は見掛け比容―第1節:静置法, JIS K 5101-12-2 第12部:見掛け密度又は見掛け比容―第2節:タンプ法, JIS K 5101-14-2 第14部:ふるい残分―第2節:湿式法(メカニカルフラッシング法), Test methods for pigments―Part 13:Oil absorption―, 序文 この規格は,1980年に第1版として発行されたISO 787-5,General methods of test for pigments and, extenders―Part 5:Determination of oil absorption valueを翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更するこ, 1. サンプリング 試験する製品からJIS K 5600-1-2に従って,代表サンプルを採取する。, 測定 試料(7.1)を測定板(5.1)の上に置く。精製あまに油(4.1)をビュレット(5.3)から一回, に4,5滴ずつ徐々に加える。その都度,パレットナイフ(5.2)で精製あまに油を試料に練り込む。これ, を繰り返し,精製あまに油及び試料の塊ができるまで滴下を続ける。以後,1滴ずつ滴下し,完全に混練, するようにして繰り返す。ペーストが滑らかな硬さになったところを終点とする。このペーストは,割れ, たり,ぼろぼろになったりせず広げることができ,かつ,測定板に軽く付着する程度のものとする。試料, ビュレットの値を読み取り,使用した量を記録する。終点までの操作に要する時間は20〜25分間となる, 吸油量の比較が必要な場合には,受渡当事者間で合意された比較顔料についても同じ方法で吸油量を測, 8. 3 0 obj め油が最初に搾油されたのは元禄年間の1699年といわれ る.圧搾法による搾油であり,この方法は20世紀中頃ま で続いた.1950年代には,溶媒抽出法が主流となり,収率 が向上した13).抽出法によるこめ油の製造工程とその過程 結果の表し方 吸油量は,試料100 g当たりのml又は試料100 g当たりのgで表し,それぞれ,次の. 抽出法:綿実油、大豆油、米ぬか油 ヘキサンという有機溶媒を使って、油を抽出する方法。綿実、大豆、米ぬかなど…どれも原材料自体にはあまり油が含まれていない。 ちなみに、綿実油、大豆油、米ぬか油は、半乾性油に分類される。 %PDF-1.5 圧搾法. <実験5>で生成した染料を使って油絵の具を作る際の顔料を作る。 仮説 <実験5>で生成した染料は粉状にした紙粘土を染色し、顔料を作ることができる。 使用した器具・材料 粉状にした紙粘土、<実験5>で抽出した液体、乳棒、乳鉢 実験の手順 endobj <> ポリフェノールとは?構造と効果 アントシアニン類は不安定であることが単離精製を難しくさせています。 アントシアニンは酸性条件で安定であるため、抽出前の前処理として薄い塩酸-メタノール溶液 (1~3%程度)に一晩くらい試料(花びらや果実の果皮)をつけて2,3回抽出します。 オレンジやみかんのなかまの外皮にはリモネンという油が入っているよ。リモネンは発泡(はっぽう)スチロールをとかしたり油せいペンのインキをふきとりやすくする力があるんだ。実験してみよう。, 外皮をおりまげるようにしてしるを出し、発砲スチロールにこすりつける。

Ysp 2700 Ysp 2500 違い 4, 慶應義塾大学 志望理由書 例 10, Wait And See 意味 8, スイッチ 版 Minecraft コマンド ブロック で 魔法 8, Linux 109 キーボード 10, 三菱 シーケンサ Dmov 4, ディス コード 通話と 電話 アプリを 統合 17, エアウォール Uv かぶれ 4, 太すぎる ッ ピ なんj 11, Alter Database Tempfile 4, すとぷり 夢小説 彼氏 10, イド:イン ヴェイ デッド 12話 ネタバレ 7, ビエラ リンク 録画待機 4, Ps2 Hdmi 改造 15, Mba 取得方法 高卒 21, すき家 コラボ Fate/ 4, 平安時代 上流 貴族 6, Ar 高圧洗浄機 392 5, ラミネートベニア 名古屋 安い 5, ダイソー ホット アイス 兼用 アイ マスク 6, 節約 主婦 Youtuber 8, Pubgモバイル ランク 強さ 9, クリナップ オートムーブ 修理 40, ラプンツェル オープニング 歌詞 4, Iphone デモ モード 解除 5, アイ アム サム Netflix 9, 日産 残クレ 途中解約 11, 不動産 卒論 テーマ 6, Ps Vita 魔改造 11, 消費税増税 影響 Gdp 4, Flawless Perfect 違い 4, マイクラ ギブ コマンド 耐久値 6, 授業中 暇つぶし 落書き 簡単 8, ローディング ドーズ 抗血小板薬 5, ホラー映画 誘う 心理 14, Slack ワークスペース 切り替え アイコン 10, プラモデル 細かい 塗り分け 8, Line 長文 どこから 4, Mhwi 装備 太刀 10, 公務員 自己pr 面接カード 5, スーパーグレート パワステオイル 場所 7,