菊池 総(きくち さとし)は日本の野球選手(投手)。 投手としては小柄ながら、キレの良いスライダーとシュートを駆使しソウル五輪代表にも選ばれた 。. 元慶大野球部監督が語る プロより一般企業を選ぶ部員の心理(newsポストセブン) 早稲田大学と慶應義塾大学の野球部が対戦する早慶戦といえば、東京六大学野球の華として人気が高く、その互角の勝負 … 東芝硬式野球部(とうしばこうしきやきゅうぶ)は、神奈川県 川崎市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球の企業チームである。 合宿所・練習グラウンドは、神奈川県横浜市に所在する。. 印出は現役で明治か法政に合格したらしいが、慶応で野球がやりたかったので 浪人(2浪だったかな?)して慶応に入った。ドラフトの時、指名を待っていた 印出に、ドラフト会議の会場から中日(だったと思う)が「5位で指名したい」 dメニューニュースを適切に表示するために、JavaScript設定をONにしてご利用ください。, 早稲田大学と慶應義塾大学の野球部が対戦する早慶戦といえば、東京六大学野球の華として人気が高く、その互角の勝負が100年以上続けられていることでも知られている。ところが、早稲田に比べて慶應はプロ野球入りすることに興味が薄いようだ。慶應OBで自身は巨人で活躍、引退後に慶應の監督もつとめた野球解説者の江藤省三氏に、慶應生が抱く野球への想いについて聞いた。, * * *  慶應の選手は昔から、野球は大学4年間でやり切るという思いがあるように見えますね。, 例えば1988年春に53イニングス無失点の大記録を作り、通算31勝を挙げた慶應の投手・志村亮は、9球団の誘いを受けながらプロには行きませんでした。ドラフト1位候補がプロ拒否するというのは、当時、社会問題にもなりました。他にもプロレベルだったのに、一般企業に進んだ選手はたくさんいます。, 仮に卒業後にプロに入って、20年現役で引退しても40歳すぎ。そこからの人生のほうがはるかに長い。慶應の学生たちはそれを理解していて、だからこそ自分がプロで勝負するかどうか感情に流されずに自分を見極めることができるように思います。, 私は長くプロの世界でお世話になりましたが、他の分野の人とはなかなか繋がれませんでした。必ずプロというわけではなく、社会へ出て見聞を広めたいと考える学生たちの思いは十分理解できます。, 【プロフィール】 江藤省三(えとう・しょうぞう)/1942年熊本県生まれ。慶應大3年春から4季連続ベストナイン。1965年に巨人に入団。引退後、幾多の球団コーチを経て、2009年から慶應の監督に就任し、4年半で3度の優勝に導く。. 菊池 総(きくち さとし)は日本の野球選手(投手)。投手としては小柄ながら、キレの良いスライダーとシュートを駆使しソウル五輪代表にも選ばれた[1]。, 印旛高校では1977年秋の県大会でエースとしてチームを支え、同校に初優勝をもたらした[2]。続く関東大会でも防御率0.38の成績で優勝の原動力となり、江川卓にも匹敵するとの高評価を得ている[3]。翌1978年の第50回選抜高等学校野球大会に出場。1回戦で西田真次、木戸克彦のバッテリーを擁するPL学園と対戦し、緊張もあって4点を奪われ完封負けに終わった[3]。同年夏の甲子園県予選では準々決勝で小川史を擁する浦安高に延長10回サヨナラ負け、甲子園には出場できなかった。, 明治大学に進学。東京六大学野球リーグでは在学中3度の優勝を経験するが、1年上に森岡真一、同期に小島義則(東京ガス)、武藤哲裕(日本鋼管)と好投手がおり、あまり活躍の場はなかった。, 卒業後は東芝に進み、三原昇らとともに投手陣の中心となる。1985年の都市対抗では3勝を挙げ決勝に進出。先発に起用されるが日本生命に逆転負け、この大会で久慈賞を獲得。1987年の都市対抗でも決勝に進出、ヤマハのエース劉秋農と投げ合うが敗退、またも準優勝にとどまる。この大会では2度目の久慈賞を獲得した。同年は第8回インターコンチネンタルカップ日本代表となり、社会人ベストナインにも選ばれた。, 翌1988年はソウル五輪代表に選出され、若い選手の多い投手陣のまとめ役となった[4]。銀メダルを称え、千葉県知事賞を受賞した。第30回ワールドカップ(旧アマチュア野球世界選手権)日本代表にも選出されている。また同年はチームが都市対抗と日本選手権の両大会を制覇、これは史上初の快挙であった。菊池は両大会とも決勝で先発、都市対抗ではNTT東海との接戦の末9回裏サヨナラ勝ち、日本選手権では本田技研熊本を2回以降を無失点に抑え快勝した[5]。日本選手権では優秀選手賞を受賞している。この時のチームメートに三原の他、近藤芳久、丹波健二、南渕時高らがいた。, 密かに引退を決意して臨んだ1991年の都市対抗では決勝戦で8回途中から登板して胴上げ投手となり、非常に思い出深い試合になったという[1]。引退後は社業に専念して官公庁向けの営業などを担当している[1]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=菊池総&oldid=79969503. 東芝硬式野球部(とうしばこうしきやきゅうぶ)は、神奈川県川崎市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球の企業チームである。合宿所・練習グラウンドは、神奈川県横浜市に所在する。, 運営母体は、電機メーカーの東芝。獲得した全国タイトルが、全国の社会人野球チームでENEOSに次ぐ第2位の計10回(全日本アマチュア王座決定戦優勝1回・都市対抗優勝7回・日本選手権優勝2回)を誇り、プロ野球選手や日本代表選手を多数輩出する全国でも屈指の強豪チームである。, 1958年、電機メーカーの東芝が本店所在地のある神奈川県川崎市を本拠地として創部。列強の居並ぶ神奈川地区においては比較的後発チームであるが、積極的なチーム作りが奏功し、早いうちから全国大会に出場している。, 1960年の都市対抗野球で初出場(初戦敗退)すると、6回目の挑戦となった1978年の都市対抗野球で初優勝を果たした。, 1983年の都市対抗野球で2度目の優勝を遂げると、1988年には都市対抗野球で3度目の優勝、さらに日本選手権で初優勝を果たし、史上初となる同一年2大大会制覇を達成した。, 1991年の都市対抗野球で4度目の優勝を果たし、1992年の日本選手権では2度目の優勝を果たした。, 1999年、都市対抗野球で5度目の優勝を果たした。秋シーズンから東京都府中市にある府中工場を拠点に活動していた東芝府中硬式野球部を統合し、会社唯一の硬式野球部となり活動を続けている。府中チームと統合後は、全国大会への出場を逃したり、出場しても早期で敗退するなど低迷期を迎えたが、中堅・ベテラン陣の活躍で盛り返し、2007年の都市対抗野球で6度目の優勝を勝ち取った。, 2004年9月には、川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナーに認定され、地域への活動に積極的に関わるようになった。, 2009年、「東芝ブレイブ・アレウス(BRAVE AREUS)」に改名された。「アレウス」は、ギリシア神話のアレースに由来する。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=東芝硬式野球部&oldid=79909244. 経歴. 早大スポーツ科学部は13日、21年度の総合型選抜2群(アスリート選抜入試)の合格者を発表した。野球は次の4人が合格した。中京大中京(愛知)・印出太一捕手山梨学… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。

2ch 勢い Vip 19, ウイイレ2020 アプリ 猛者 12, イラストレーター 放射線 線 5, 漢検準 一級 範囲 4, Rog Phone 2 急速充電 4, Fusion360 文字 円形 10, Cod:mw ら ー く 29, ボーイフレンド 韓国ドラマ 相関図 13, 外国語 名前 男 6, Pta 議事録 書き方 13, 退職理由 うつ病 診断書 24, Vlc Android ランダム再生 15, 船 外 機のフラッシング 7, Excel 入力規則 半角カナ 7, Bts For You ピアノ 4, Psvr Usb バツ 22, ベンツ エアコン 設定 5, カミーユ ファ 結婚 52, 洗濯槽 穴なし デメリット 4, Spring Security Db認証 5, ホンダ ウィングマーク 意味 7, 女性心理 電話 好意 5, 大阪商業大学 野球部 新入生 6, Kool 歌い手 イラスト 5, マイクラ ゾンビ襲撃 安全地帯 7, 欅坂 46 噂 6, フォートナイト クレジットカード 登録 5,