無事に放射線治療を終了したわけですが、ここで副作用と費用についてまとめてみようと思います。 まずは副作用。 私が一番つらかったのは、胃のあたりが気持ち悪かったこと(´・Д・) 吐き気というんでしょうか。食欲も見事に減退しました。 治療後、5年以上経過しても再発は発見されていないので特に1期までで治療をされた方は勇気をもらえるブログ です。 妻の子宮体がん日記 患者の旦那様による闘病記です。国際結婚をして奥さんの住む国に移住した方ですので日本の 子宮体がんには、いくつもの治療方法があります。それらの治療法から、どのように治療方針を決めれば良いのでしょうか。治療法の選択は体の状態や妊孕性の温存(治療後にも妊娠できるかどうか)の希望、治療後の副作用など、いくつもの条件を考えながら決めていくことが必要です。, 本当に良い治療を受けるためには、これらに加えて自分自身の生活の質という観点も含めて、治療方針を考える必要があります。そのため、治療後に発生するトラブルなどについても、前もって検討しておくことが重要です。, これらの情報や判断は、主治医の先生からの説明を十分に受けて、治療前に疑問が残らないようにして下さい。ここで紹介する内容もその助けになると思いますので、是非役立てて下さい。, がんの治療は、がんの状態や患者さんの年齢やその他の病気の有無、患者さん本人の希望なども含め検討し、主治医の先生とともに決めていきます。, 子宮体がんの治療方法には、大きく分けて、手術・抗がん剤による治療(化学療法)・放射線治療などがあります。これらの中から、がんの進行状況や妊孕性を温存するかどうか等を考慮して治療が選択されます。また、単独で治療することばかりではなく、治療後の再発リスクを下げるために、多くの場合では複数の治療方法を組み合わせます。, 子宮体がんの手術治療では、手術により子宮と付属する臓器(卵巣や卵管)を取り除きます。手術による治療は、いずれの病期(ステージ)のがんに対しても検討されます。ただし、切除する範囲については、がんの広がり具合や年齢・病状などを考慮して決めていきます。, 手術のメリットとしては、がんを全て取り除くことが期待できますし、切り取ったがん組織を詳しく顕微鏡で観察することによって、がんの性状・悪性度をより詳しく知ることができます。これにより、他の治療(放射線、抗がん剤を用いた治療)を追加で行なうべきか、行なうとしたらどの位行なうのかを判断する事もできます。, 一方で、手術は基本的に開腹手術(お腹を切って臓器を切除する手術方法)ですので、それに伴い、合併症というデメリットがあります。特に、がんの広がり具合が多い場合には、広範囲を切除しなければなりません。そのため、手術による合併症が起る可能性が高くなります。このようなデメリットが最小限になるように、手術範囲や手術方法が決められます。, 早期の子宮体がんであれば、お腹に小さい穴を空けるだけで実施できる腹腔鏡下手術などが可能です。このような場合であれば、合併症のデメリットは少なくてすみますが、全ての子宮体がんで実施できるわけではありません。, 手術治療において子宮や卵巣を切除せずに残すことで、妊孕性を温存することが可能ですが、複数の条件が揃っていなくてはなりません。妊孕性温存が可能になるのは、年齢が若く、がんの悪性度が低い、筋肉の層への浸潤が少ないこと、黄体ホルモンによってがんの増殖が阻害されること等です。, 妊孕性の温存をするためには、子宮体がんの状況が良い(悪性度が低い)ことが条件ですが、それでも子宮や付属する臓器を取り切らないことは再発のリスクを残しています。このようなデメリットについてよく確認してください。治療の際には、主治医の先生の説明を十分に受け、妊孕性を温存することのリスクについて理解しておくことが必要です。, 子宮体がんの手術後には、さまざまな合併症が起る可能性があります。どのような合併症が起りやすいかは、手術を行なった範囲によって異なります。近年は、手術方法や術後ケアの検討や工夫により確率は下がっていますが、ゼロにはなっていません。子宮体がんの手術に伴って生じうる合併症に対処しながら、生活する必要があります。, よくある合併症としては、「リンパ浮腫」「排尿障害・便秘」「卵巣欠落症状」があります。これらについて、症状や対処法について説明します。, まず、リンパ浮腫は、手術でリンパ節を切除した場合、リンパ液の通り道が少なくなることによって、足がむくみやすくなります。確実に予防する方法はありませんが、足を高くして休んだり、弾性ストッキングをはいて足を圧迫したりして、ある程度は予防することができます。, 排尿障害も生じやすいトラブルの1つです。特に子宮の周りの組織も含めて広範囲に切除する手術を行なうと、起りやすいと言われています。これは、尿の排泄を調節するための神経が傷ついたりすることが原因と考えられています。, 術後すぐには排尿しにくい、排尿しきれない、尿漏れが起きるなどのトラブルが発生しやすいですが、徐々に回復していきます。ただし、手術前と同じ状態までは回復しないことも多くありますので、日常生活で注意する必要があります。場合によっては、泌尿器科の専門医に相談する必要があります。便秘も同様で、排便を調節するための神経が傷ついたりすることが原因で起ります。, 卵巣欠落症状は、手術で卵巣を切除することによって、卵巣の働きがなくなってしまうと生じる症状です。卵巣からは女性ホルモンが分泌されていますが、その女性ホルモンが減少することによって、更年期障害のような症状が発生します。この症状には、ほてり・食欲低下・イライラ感・頭痛・骨粗鬆症などです。症状は個人差がありますが、年齢が若いと症状が強くなる傾向があるようです。症状がつらいときには、我慢をせずに主治医の先生とよく相談し、ホルモン治療などを行なってください。, 抗がん剤(細胞障害性抗がん剤)は、体内のがん細胞の増殖を抑えるための薬です。抗がん剤による治療は、局所的な治療に止まらず全身的な効果があるというメリットがあります。一方で細胞の増殖を抑える効果が正常細胞にも影響しますので、副作用として症状が出現します。, 子宮体がんの広がり具合が大きいなどの理由で手術が難しい場合には、抗がん剤による治療が選択されます。抗がん剤の使用によって、がん細胞がある範囲が狭くなるなどして、手術可能と考えられる状態になれば、手術が行なわれます。, また、手術を行なった後も子宮体がんの再発リスクがあります。再発リスクを低くするために、多くの場合で手術後にも抗がん剤による追加治療を行ないます。, 再発リスクが高い場合には、アドリアマイシンとシスプラチンを併用する治療法(AP療法)やパクリタキセルとカルボプラチンを併用する治療法(TC療法)が行なわれます。, これらの治療には副作用がありますので、抗がん剤投与前には血液検査結果を見て、抗がん剤投与が可能かどうかの確認をします。強い副作用があり、体の状態が良くないときには治療が中止されることもあります。, 副作用としては、骨髄抑制(白血球減少、血小板減少、貧血)、脱毛、吐き気・嘔吐などです。骨髄抑制とは、血液中の細胞を造る機能が落ちてしまい、細胞数が減ってしまうことです。この中でも免疫の役割がある白血球が減少すると、感染症にかかりやすくなってしまいます。また、パクリタキセルでは手足の先が痺れる(末梢神経障害)という副作用が出現しやすくなっています。, 放射線治療は、X線やガンマ線を当てることでがん細胞を傷つけ、がんの部位や範囲を小さくします。抗がん剤による治療と同様で、手術が難しい場合の治療方法として選択されたり、手術後の再発リスクを下げるための治療方法として選択されたりします。, 放射線治療のメリットとしては、高齢や合併症などの理由によって手術不能例に対して局所的な治療として実施できる点です。一方でデメリットとして、他のがんに比べて子宮体がんは比較的放射線治療が効きにくい(放射線感受性が低い)と考えられています。そのため、子宮体がんでは手術による治療が第一と考えられています。また、副作用としても消化器の症状(直腸炎、小腸の閉塞や下痢など)や膀胱炎が起ることがあります。, 子宮体がんでは、がんのある子宮体部に放射線を照射します。そのため、その近くにある卵巣・卵子への影響が強くなります。この影響は、照射される放射線の量が増えるほど大きくなり、妊娠しにくくなってしまいます。また、放射線治療のみを行ない、子宮を温存したとしても、放射線治療の影響は子宮にもありますので、子宮の側で妊娠に必要な条件・環境が整えられなくなることがあります。, なお、放射線治療後も妊孕性が保たれ、妊娠に至った場合には、放射線治療による胎児への影響はないと考えられています。そのため、子宮体がんの状態や抗がん剤療法の必要性を考慮の上であれば、放射線治療後の避妊は必要ありません。, その他の治療として、ホルモン療法があります。ホルモン剤(プロゲステロン)を用いて、治療することもあります。この治療は初期の子宮体がんで、妊娠を強く希望されている場合には選択されることがあります。ただし、再発リスクが高いため、治療後の経過観察を慎重に行ない、再発を出来るだけ早い段階で見つける必要があります。, 子宮体がんでは、再発リスクが高いため、初回治療から再発リスクを見積もり、それに合わせた治療を行なっています。例えば、手術治療を行なっていても、がんの性状などから再発が高リスクと評価されれば、予め手術後の治療として化学療法、放射線治療、ホルモン療法が選択されます。, 子宮体がんの再発や転移が見つかった場合には、それらに対する治療方針を再度考えて行かなければなりません。主治医の先生との説明を十分に受け、相談していくことが重要です。, 子宮体がんの再発・転移の治療は、再発や転移した場所によって異なります。つまり、骨盤内の再発なのか、肺や肝臓などの離れた臓器やリンパ節に転移したのかを確認します。, 出来る場合には、再発の子宮体がんであっても手術治療を行ないます。手術後には抗がん剤治療を行ない、再々発がないようにがん細胞の増殖を抑制します。手術が難しいと判断されれば、抗がん剤治療、放射線治療を実施することが検討されます。, どのような場合であれ、子宮体がんが再発した場合の治療は、がんの状態、再発した場所、初回治療ででた副作用などの状態を総合的に判断する必要があります。再発の状態をよく確認し、主治医の先生から説明を受け、理解した上で、治療法を選択するようにして下さい。, 2004年、医学部を卒業・医師免許取得(医籍登録番号は43万台)。その後、直ぐに大学院に進学し、疫学・予防医学・産業保健を研究した。大学院卒業後は、産業保健の実務を行いながら、医学研究を行っている。, https://jsgo.or.jp/guideline/taigan2018.html, https://ganjoho.jp/public/cancer/corpus_uteri/index.html, https://jsgo.or.jp/guideline/taigan/2018/taigan2018_07.pdf, https://cancer.qlife.jp/uteri/article3874.html, https://www.shonankamakura.or.jp/department/oncology/endometrial-cancer/, http://www.tokudai-sanfujinka.jp/Patient/ec.html, https://www.nirs.qst.go.jp/publication/nirs_news/200301/hik6p.htm, https://ganjoho.jp/public/dia_tre/diagnosis/fertility/fertility_01.html, https://ganjoho.jp/public/dia_tre/diagnosis/fertility/fertility_03.html. すべての抗がん剤治療を試み、治緩和ケアを提案される方, また、ステージ4や、再発であっても、寛解(画像上、がんを指摘できない状態)にもってこれることも、あります。, さて、子宮体がんのガイドラインと、延べ5000人以上の、がんの方を診療した経験を踏まえて、説明してきました。, 余命宣告をされていたとしても、もっと長く生きることは、できます。そして、子宮体がんに負けない体を作っていきましょう。, ステージ4や再発の子宮体がんは治る?それとも、末期で余命を数える段階?そして末期症状とは?. 「子宮体がんの治療をどこの医療機関で受けるか?」ということは、とても重要な疑問です。どのような病院・医療機関で質の高い医療が提供されているのでしょうか。わが国では、残念ながら医療の質について、網羅的に日本全国津々浦々の病院を比較するためのデータベースはありません。 肺や肝臓に無数の転移のある方 2020年2月にアメリカで子宮体癌ステージ3aと診断されました。40代の働き盛りです。手術で全部癌は取れました!今は抗がん剤TC療法6回の治療中。自分用の闘病記録用にブログを書く事にしました。, 10月13日に大学病院での膣内放射線治療第一回目に行って来ました。全部で3回の予定です。, 朝7時ごろずーっとお世話になりまくっている日本人の友達が迎えに来てくれて、1時間ちょっとのドライブ。9時の予約で、8時半位に着きました。ここでお友達は、待ち時間長くなりそうだからお買い物へ。, 私はまずは診察へ。初日なので器具を入れて、CTで場所を確認して、放射線治療のプランニングをしてから治療になるらしい。そしてプランニングに1ー2時間かかる、との事。そしてその間器具は入ったまま、らしい, なので、先ずは尿のカテーテルを入れることに。ちょうどトイレ行きたかったけど、先に膀胱を空にするとカテーテル入れた時に尿が出てこないとちゃんと入っているかの確認が出来ないのでトイレは我慢して、さっさとカテーテル入れてもらう。手術以来の尿カテーテルです。, その後手術で取った子宮と膣の境目にレントゲンで映るマーカーを2つ入れた。チクッとするよ、と言われパチンって音がして終了。ちょっと痛かった。, それから治療に使う器具を入れる。結構デカい、まじですかそれを入れた後、でかいパンツをはかされて、それで簡単に固定。そのままCTに連れて行かれて、ここでちゃんとした固定する機械に繋がれて、CTをとる。その後また部屋を移動して、個室の待合室でひたすら待つ。あまり動いてはいけないので、ずっとストレッチャーで寝かされてました。2時間ほど待って、やっと治療へ。もうお昼も過ぎて、お腹も空いてきました。, 実際の治療する部屋へまた移動。器具に固定して、放射線の発生源の機械に繋げて、11.5分の放射線時間でした。スマホはずっと使っても良いよ〜と言われたから、写真撮っておけば良かった!, 尿カテーテルを取ってもらって、やっと動く事ができました。特に痛い事も無し。こんな感じでベットにずーっと寝かされてました。, 結局全部終わったのが1半くらいで、お買い物とっくに終わっていた友人は駐車場で1時間以上待っていてくれました。, 病院でたら、楽しみにしていたランチ。久しぶりのレストランでの食事です。友達が見つけてくれた、アジア系のお店へ。Poke丼を食べてきました。久しぶりのお刺身系を食べたから、美味しかった, 次の治療は木曜日。自分でも運転出来そうだけど、今度は別のお友達がドライバーになってくれます。終わったら買い物行こう!って事になってます 治療後に楽しみがあると思うと、行くのも楽しみになって良いかも. 20代で子宮体癌と診断された話。 私しらは!2020年現在27歳のクソオタク! 2018.10月に子宮体癌の検査やったら引っかかっちゃった! は〜?マジ?私癌なの?ヤバくね? ステージ4b。2019.5月TC療法にて抗がん剤治療→経過観察→2020.9月再発しました こんにちは。加藤隆佑です。がん治療専門医として、小樽協会病院という総合病院で勤務しています。, 子宮頸がんで、ステージ4や再発といった状況ですと、長くは生きられないと、途方にくれているかもしれません。しかし、必ずしも、そうではありません。, たとえ、抗がん剤治療ができないような、末期の状態であっても、よりよい状態にもっていくことは、できます。余命宣告をされていたとしても、余命をさらに伸ばすことは、できるのです。, そこで、私の17年間のがん治療の経験を踏まえて、あなたの悩みの解決の手助けになることを、書いていきます。, そこで、抗がん剤治療が中心となります。状況によっては、放射線治療を、加える事もあります。, それらの治療により、がんが縮小して、完治を目指せる状況になれば、手術に踏み切ることになります。, そのような状況にもってこれれば、根治もしくは、長期にわたるがんの制御の可能性が、見込まれます。, がんが、遠くの臓器に転移していても、転移の数が多くなければ、「手術でがんを、取り除けるだけ取り除いた後に、抗がん剤で治療する」ことも、あります。, がんを治すために子宮を切除するのではなく、「子宮のところにあるがんが、今後大きくなることによって、引き起こされる症状を、抑えること」を目的とします。, 体に負担が少なく、取り除けるならば、手術が選択されます。放射線治療になることもあります。その上で、抗がん剤治療を受けることにより、再び再発しないようにしていきます。, アメリカのガイドラインによると、放射線治療の適応のある腟への再発の場合は、5年生存率が70%とされています。, そのような場合は、そのときの体力などを考慮し、以下の薬剤のどれかに、変更することが、多いです。, しかし、薬の効果としては、初回に用いた薬「パクリタキセル+カルボプラチン」ほどの効果は期待できません。, 遺伝子検査をして、何らかの分子標的薬を用いられないかを調べるのも良いでしょう。治験を受けることも、選択肢の1つにあがります。, ちなみに、「パクリタキセル+カルボプラチン」や「ドキソルビビン+シスプラチン」は、ある程度の体力がないと、受けることができない治療です。, 副作用に耐えられる体力がない方は、無理をしてまで、抗がん剤を受けるべきではないとも言えます。逆に、寿命を短くすることに、なりかねないからです。, また、抗がん剤治療に手詰まり感がでれば、こちらの治療法も、検討することになります。, CTや、腫瘍マーカーの数値で、がんの成長が抑えられていれば、抗がん剤の効果はあると判定されます。, がんの勢いが強く、切羽詰まった状態の時もあります。その場合は、2ヶ月よりもっと短い期間で、抗がん剤の効果判定をします。, 「もっと早い段階で抗がん剤の効果判定を行い、別の抗がん剤に、変更しておけば、もっと長く元気に過ごすことができたかもしれない。」ということも、あるということです。, そして、一部の人は、劇的に効いて、完治を目指すことができるくらいに、なることもあります。, 定期検査の検査結果で、腫瘍マーカーが少し上昇することがあります。腫瘍マーカが少し上がった程度では、不安に思う必要はありません。, たとえ、正常域内であったとしても、右肩上がりに数値が上昇するときは、がん細胞が増殖している兆候です。, 子宮体がんの治療では、標準的な治療以外の治療も、常に念頭に入れてることも、大切です。, さて、上記のデータは、2006年から2008年の間に、子宮体がんの診断や治療を受けた患者様に基づいたデータです。, 10年前の治療に基づくものですので、現在の発達した治療であれば、よりよい治療成績になっています。, ステージ4であっても、数年にわたって、元気にされている人はいます。中には、完治に持ってこれるケースもあります。, 一方で、全身に転移して食事もほとんど食べられない状態のステージ4ですと、数週間しか生きられない人もいます。, そして、工夫をすることにより、さらに、生存期間を伸ばせることは、様々な医学データから判明しています。, さて、なかには、ステージ4でも、画像上、がんが、指摘できない状態に持っていく事ができるケースもあります。1つ事例をあげます。, ステージ4でも治ることがあるということを示すために、子宮体がんよりも、難治性のがんである膵臓がんを例にだして、お話しします。, しかし、すい臓のがんの部分は、大血管を巻き込んでいて、手術では、とれない状態。しかし、これ以上の抗がん剤治療の継続は困難であり、手術を試みることになる。, お腹の中を手術で見てみると、血管を巻き込んでいる部分は、がんではなく、治療により繊維化した部分であることが、判明。, 今回は、膵臓がんを例に説明しましたが、子宮体がんのステージ4でも完治する方はいるのです。, さて、このような、良い治療結果にしていくためには、病院の治療だけを受けていれば良いわけではありません。, また、東洋医学を併用すると、よりよい治療結果につながるというデータも、複数あります。, 煎じる漢方の場合は、以下のような漢方を、ヤカンなどで煮出して、煮出した液体だけを飲みます。, 購入に関してですが、保険診療の中で処方してもらえる、漢方もあれば、保険の効かない漢方もあります。, 一方で、漢方やハイパーサミアは、十分に普及していないのも、事実です。主治医は、これらの治療のことを知らないがために、「そんな治療は、役に立たない」と言われる方も、います。, しかし、効果を肌身で感じてからは、「ハイパーサーミア」や「漢方」は、非常に有効な治療の1つと確信しました。, 再発した子宮がんに対して、抗がん剤と放射線治療を行うものの、がんは、増大してしまう。, 病院の治療は、データも豊富であり、重要な治療法であることは、事実です。その治療法を軸にしつつ、「ハイパーサーミア」や「漢方」といった枝葉をつけると、もっとよいです。, あなたの今の治療に、簡単に取り入れられる漢方に関しても、こちらで学ぶことができます。, しかし、専門医をとり、ある程度のことができるようになった頃より、がんの治療に、大きな疑問を感じるようになりました。, 治療の結果、副作用に悩まされる人が大勢いる。ベストの治療をしても、患者さんは、必ずしも幸せになってくれない。, このような思いに、悩まされるように、なったのです。そこで、いろんな治療法を勉強しました。, 患者さんや、そのご家族の不安を取り除くための、カウンセリングのトレーニングを受けました。, また、いろんな治療法を学ぶ過程で、漢方、食事療法、そしてハイパーサーミアは効果があり、再現性のある治療法であることを、知ることができました。, このような経緯があり、現在は、西洋医学に、漢方、食事療法、そしてハイパーサーミアを組み込んだ治療を、提案しています。, たとえ、ステージ4のがんであったとしても、完治にもっていく確率をあげることができます。, そして、がんになっても、毎日の生活に楽しみを持ちながら、生活を送って欲しいと思います。, 手術の検体や採血で、がん細胞の遺伝子を調べます。その遺伝子の結果から、あなたに有効かもしれないお薬を、知ることができます。, ちなみに、エリブリンは、子宮体がんでは、保険診療ないで用いることができない薬剤です。, 従って、エリブリンで治療をすることになったとしても、全額自費になるという問題はあるのですが、遺伝子検査を通して、あなたのがんを抑える新たな薬剤が判明するかもしれないのです。, 特に髪の毛、口や消化管などの粘膜、あるいは血球をつくる骨髄は、影響を受けやすいです。その結果、脱毛、口内炎、下痢が起こったり、白血球の数が少なくなることがあります。, また、全身のだるさ、吐き気、手足のはれ、しびれ、心臓への影響として動悸(どうき)、肝機能障害、腎機能障害が出ることもあります。, 副作用がひどいと、体力を消耗するからです。高齢の方ですと、そのことがきっかけで、寝たきりになることもあるのです。, そのようなことを避けるために、あなたが辛いと思っている副作用を、主治医に、しっかり伝えましょう。そして、副作用を、取り除いてもらいましょう。, 例えば、以前は、吐き気で悩まれる方が、非常に多かったです。しかし、最近は、そのようなことは、減りました。非常によく効く吐き気止めを、使えるようになったからです。, 以前とは、比べものにならないくらいに、吐き気に悩まされずに、治療を受けられるように、なりました。, そのような事実があるにもかかわらず、吐き気に悩まされながら、治療を受けられている方がいらっしゃるのも、事実です。, 普段から、医師とのコミュニケーションを、しっかりとることが、必要です。コミュニケーションをとっても、副作用をしっかり取り除いてもらえない場合は、セカンドオピニオンで、他の医師の意見を聞きましょう。, 副作用の原因で、もう一つ忘れてはいけない理由は、過剰な量の抗がん剤が投与されていることがありることです。, 抗がん剤は、体重と身長から、投与量を計算しますので、体重が減ったならば、抗がん剤の量を、減量しないといけません。, しかし、体重が減ったにも関わらず、減る前の体重から計算された量の抗がん剤が、投与されていることがあるのです。, 体重の1キロ程度の増減は、気にしなくてもよいですが、それ以上の体重の増減のときは、主治医に伝えるべきです。, エレンタールという栄養ドリンクがあります。これを飲むと、抗がん剤によってできる口内炎を減らすことができるというデータがあります。, データの数は少ないのですが、その効果を実感して、エレンタールを利用している病院も複数あります。, ちなみに、私は、広くは普及していない治療方法であったとしても、しっかりリサーチします。, しかし、その薬を主治医が適切に用いることができないために、吐き気を取ることができていないケースを、たまに見かけます。, そのような可能性があるときには、セカンドオピニオンなどで、他の医師の意見を仰ぐと、よいでしょう。, また、あなたが、吐き気で辛い事を、伝えたつもりでも、伝わっていないことは、多いです。, そのような場合は、主治医に伝えたいことを、短い手紙に書いて、外来の診察の前に渡すとよいでしょう。, あらゆる手段を使って、吐き気を楽にしましょう。体力の低下につながるので、必ず解決しないといけない副作用の1つです。そして、多くのケースで、解決できます。, 子宮体がんで、よく用いられる抗がん剤はパクリタキセル、ドセタキセル、カルボプラチン、シスプラチンのどれかです。これらの薬剤で、特に注意しないといけない副作用があります。, 後遺症としてしびれが残り、自分で歩く事が困難になったり、ボタンを自分でつけれなくなることもあります。, しかし、しびれは、病院から提案される治療方法では、十分に改善しないことが、多いです。そのような場合でも、しびれを改善させる方法は、あります。, もし、肝臓への転移の数が少数であり、肝臓への転移の状態が長期間にわたって落ち着いているときは、放射線治療が検討されることもあります。, 次に症状に関してですが、「転移したがんが、肝臓の大半を、占拠した段階」に至ってから、肝転移による症状が、でることが多いです。, また、採血で肝機能障害が出現した時に、「肝臓の転移が、悪化したのであろう」と心配される方が多いですが、そうではありません。, 大半のケースにおいて、抗がん剤などによる肝機能障害か、「転移したがんが、胆管という胆汁の流れ道を塞ぐこと」が、原因となっています。, 次に症状に関してですが、大きく腫れたリンパ節が、神経に触れると、痛みがでます。腫大したリンパ節が、臓器を圧排すれば、それに伴う症状が出ます。, 例えば、転移して腫大したリンパ節が、胆汁の流れ道を、押しつぶせば、黄疸が出現するといった感じです。, どの部位のリンパ節に転移して、さらにそのリンパ節がどの程度、腫れるかによって、症状は異なります。, 腹膜とは、お腹の中の内臓を覆う膜のことです。そして、下の図の青の矢印のように、腹膜にがん細胞が散らばり、増殖することを、腹膜播種と呼びます。, さて、抗がん剤で制御がうまくいかない腹膜播種を制御するための、特殊な治療法があります。, お腹の中に、直接抗がん剤を投与するという方法です。腹腔内化学療法と言われます。腹腔内のがん細胞を制御するのに、有効な治療法です。, 問題点として、この治療法が広く普及はしておらず、一部の施設でしか行われていないことです。, 腹膜播種がひどい状況になると、腹水がでます。腹水の量が非常に多いと、食事量が減り、全身の状態が悪くなることがあります。, そのような状況での、抗がん剤治療は、副作用のリスクが高くなるので、慎重に行わないといけません。, 前述した腹腔内化学療法は、比較的副作用が少ない治療なので、全身状態が悪く、体力が消耗していても、安心して受けることができます。, また、腹水でお腹が張って辛いという症状をとるために、小さな針をお腹にさして、腹水を抜くことがあります。注意点として、腹水だけを抜くと、体の栄養成分も、抜けてしまうということです。, そのことを避けるために、腹水を抜いた後に、腹水を「ろ過+濃縮」して、腹水の中の栄養分だけを体内に戻す、腹水ろ過濃縮再静注法(CART)を行うことがあります。, 痛みがあるときは、痛み止めを飲む事になります。なかなかとれない痛みであるならば、モルヒネといった医療用麻薬を用いることに、なります。, 痛みがある結果、食事量が減ったり、睡眠不足になって、体力が落ちる事もあります。体力が落ちると、病院の治療に耐えられなくなる事も、珍しくありません。, 症状をとること、そして、体調を整えることを、第一目標にしましょう。その上で、病院の治療を受けましょう。, 「ステージ4、再発=末期がん」と、思われがちですが、ステージ4でも、完治される方は、います。, 私が考える末期とは、自分の力で歩くことも食事をすることもできないほど、弱りきっている段階と考えます。そのような段階にならない限りは、受けるべき治療はあります。, 肝臓に転移が1つだけある方

ポケモンgo バックグラウンド 落ちる 13, サトシ シューティー ゴウカザル 7, 深澤辰哉 赤ちゃん ドラマ 8, Theo 評判 2ch 8, 愛知 工業大学 兼業 19, 送別会 歌 50代 7, Csv 分割 Powershell 19, トヨタ カードキー 電池交換 ハリアー 4, アウトドア カスタム 車 中古 5, Office 2019 Product Key Generator 59, I Go To 意味 4, ドラクエ7 ダウンロード Ps 5, ホールケーキ カット サービス 4, ペアーズ 追撃 女性から 8, Hcgホルモン 少ない 人 15, Vscode Git Clone 4, うさぎ ロップイヤー 動画 4, Animation Script Maya 11, Ps3 音声出力 Bluetooth 8, 東京で 乗っては いけない タクシー 6 社 5, 豊田自動織機 事故 2020 7, 勉強机 引き出し 中身 9, Steelseries Nimbus ボタン 設定 27, Sqlserver 空文字 判定 26,