今回は、この「整合性」について、これがどのような考え方なのか、どんな場面で必要になってくるか考えてみたいと思います。, 「整合性」とは、「物事の論理において矛盾が無く、常に一貫していること」という意味を持つ言葉です。 簡単に例えると、「つじつまが合っていること」という表現で言い換えることができます。, 「整合性」は「せいごうせい」という読み方になりますが、普段から職場で使われる機会が多いので、この読み方で戸惑う人はビジネスマンの人であれば、あまりいないでしょう。, 「整合性」は英語で表現すると、“integrity”、“compliance”、“consistency”などの言葉で訳すことができます。, 「整合性」とよく対比される言葉に「妥当性」という言葉がありますが、どのような相違点があるのでしょうか? この時は、「整合性が取れていない」ということになります。 仕事では、中身の正確性、正当性、公平性などが求められますが、それらの点で「整合性」が用いられています。, では、ここで普段からよく使われる「整合性」の言い回しをいくつか見ていくことにしましょう。, 「整合性を図る」とは、「矛盾が起きているいないか、その内容の中身の整合性をしっかりと統一する」という意味で使われます。, 「整合性を取る」とは、「矛盾が起きている状態から矛盾がない状態にする」という意味で使われます。, 「整合性を欠く」とは、「整合性が無い」ということで、「論理的に矛盾が見られて一貫性がない状態」を指しています。, 「整合性を保つ」は、「矛盾がないようにすること」という意味で、仕事の場面でよく使われる言葉です。, では、ここで「整合性」を使った例文をいくつか見ていき、どのような場面で活躍できるか、理解を深めていきましょう。, 「部下がまとめたプレゼン資料は、あちらこちらで矛盾点が見られるので、早急に整合性を取って再作成が必要だ」 このように優秀な人がまとめた研究成果は、どの点から見ても、「整合性」が取れており、全く異論を挟む余地がありません。, 「整合性」の類義語として、「一貫性」がよく引き合いに出されますが、この2つの言葉にも、若干のニュアンスの違いが見られます。 そのようなプロセスにおいて、「整合性」というキーワードが出てきます。 焦らず論理的に物事を思考できる力を養うことに専念していくことが、大切だと思います。, 当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。, 「部下がまとめたプレゼン資料は、あちらこちらで矛盾点が見られるので、早急に整合性を取って再作成が必要だ」, 「このレポートには、全く整合性がないので、信憑性が薄く信頼性に欠けていると思われます」, 「今回の研究成果をまとめた資料を見ていると、整合性が見事に取れており、技術者の努力が垣間見ることができた」, 「君の言っていることは、つじつまが合わないので、もう少しゆっくりと整理してみなさい」. 実務から見た刑法総論 「正当防衛における必要性・相当性」(上) 第1 はじめに 正当防衛は、急迫不正の侵害に対する防衛行為であるが、「やむを得ず」にした行為でなければ成立しない(刑法36条1項)。 この「やむを得ず」の要件を防衛行為の必要性・相当性とよぶ※。 このようにプレゼンに必要な資料は、事前にレビューしておく必要がありますが、できるだけ前もって中身を確認しておかないと、ギリギリになって焦ってしまうことになりかねません。, 「このレポートには、全く整合性がないので、信憑性が薄く信頼性に欠けていると思われます」 よくデータベースの検索をしていると、「データが一致した」という表現が使われますが、まさにこのような時に用いられます。, 仕事を進める上でも、「整合性を取る」ことは、とても大切なことです。 正当防衛と過剰防衛は紙一重です この表現は自然ですか? 正当化 と 正当性 はどう違いますか? 不正当な 社会の道徳などには従わない様子 この表現は自然ですか? しかし、このようなことは若いうちはよくあることです。 仕事をする時に、必要な情報収集をすることがありますが、数多くあるレポートの中には、この例文にあるように全く「整合性」がない信頼できない物も少なくありません。 「正当」と「正統」は、共に「せいとう」と読む熟語です。では、「“せいとう”な権利」という場合には、どちらの表記を使うのが正しいのでしょうか。それぞれの意味をきちんと知ることで、正しい使い分けができるようになります。, 今回は、「正当(正当性)」と「正統(正統性)」の意味や違いについて解説していきましょう。, 「正当」とは、「道理にかなっていて正しいこと」という意味の言葉です。ものごとにきちんと理屈や筋が通っていて、誤りがないことを指します。また、そうしたさまも言います。「発言するのは正当な権利だ」「正当に扱われることを望む」「どんな言い訳も正当化できない」のように使われます。 「正当性」の場合は、「法律や社会通念から見て、理に適った状態であること」という意味になります。「彼の主張には正当性がある」「正当性に欠ける議論だ」のように使われます。, 「正当(正当性)」の「正」は「ただしい」を表しており、「当」もこの場合、「道理にかなっている」「ただしい」といった意味を表します。, 「正統」とは、「正しい系統や血筋」という意味の言葉です。いくつかに分かれたうちの、本流である系統・血筋を指して言います。「正統(正統性)」の「統」という字は、この場合「血筋」などの意味を持ちます。「彼が正統な後継者だ」「源氏の正統にあたる人物」のように使われます。また、「創始者の教えや学説を正しく受け継いでいること」という意味でも使われ、この場合は「保守の正統」「正統な学説」などのように使われます。 「正統性」という場合は、「ある社会の政治権力が正しいとされる根拠」といった意味合いになり、「現在の政府は正統性を欠く」のように使われます。, このように、「正当」と「正統」は、使われる対象に違いがあります。「正当」は「権利」や「主張」などに対して使われるのに対し、「正統」は「血筋」や「系統」などに対して使われるようになっています。「正当」の反対語は「不当」、「正統」の反対語は「異端」という違いを憶えておくと、使い分けしやすいでしょう。, 「社会人の教科書」は社会人のためのビジネス情報マガジンです。ビジネスマンやビジネスウーマン向けに働く上で欠かすことができない情報・ノウハウや仕事上で役立つツールなどをまとめてお届け致します。. その中には、自分が担当する仕事の分野において、あらゆる情報を集めてこれ等の中から正しいと思われる情報だけを抽出して仮説を検証したりすることも多々あります。 この言葉は、仕事をしている人に取っては、避けることができない重要な言葉でもあります。 その中から価値のあるレポートや情報を見極める力も必要になってきます。, 「今回の研究成果をまとめた資料を見ていると、整合性が見事に取れており、技術者の努力が垣間見ることができた」 明日、顧客の前で使うプレゼン資料の内容に矛盾点がいくつもあるのことから、「整合性を取り」ながら、修正する必要性があることを言っています。 心理学統計用語の、妥当性(validity)と信頼性(reliability)についてまとめてます。妥当性とは測定しようとしている心理的特性や行動を、どの程度的確に捉えているかを評価するための概念のこと。例えば、身長を体重計で測ったとしたら 今ではインターネットでたくさんの情報を得ることができるのですが、それだけにあまり価値のないレポートや研究資料も公開されています。 「妥当」とは、日常生活でよく耳にする言葉です。また、日常会話以外でも、ビジネスシーンにおいてよく飛び交っています。 そんな「妥当」という言葉ですが、意味を聞かれると、少し戸惑う人もいるのではないでしょうか。意味を意識せずに何となく使っている言葉は意外と多く存在します。 今回は「妥当」という言葉をクローズアップして、「妥当」の意味や使い方、類語などについて、例文を交えながら詳しくご紹介していきます。 いわゆる「つじつまが合っている状態」のことですが、「妥当性」とは、「ある事柄について、マトを得ている」ということを指していますので、この点が異なって来ます。, 「整合性」という言葉を使う場面としては、ビジネスシーンでプレゼンやレポートの内容に矛盾点がないかを指す時に多く使われています。 新入社員の人は、会社に入り、正式配属された後、先輩や上司から認めてもらいたくて、必死に頑張ろうとします。 「2つ以上の事柄において、食い違いがなく同じになること」という意味で使われます。 「整合性」には、「複数の事柄において、相互の関係性が論理的につながっている」ということが言えます。 「一貫性」とは、「他から影響を受けずに、1つの考え方や流れで統一されている」という意味がありますが、「整合性」は、「ある事柄において、全体的にきれいに1つに整っている」という理解ができます。, 「整っている」とは、「全体的に上手く収まりきれいに並んでいる」という意味があります。 「整合性」とよく対比される言葉に「妥当性」という言葉がありますが、どのような相違点があるのでしょうか?「整合性」には、「複数の事柄において、相互の関係性が論理的につながっている」ということが言えます。 いわゆる「つじつまが合っている状態」のことですが、「妥当性」とは、「ある事柄について、マトを得ている」ということを指していますので、この点が異なって来ます。 正当は「法規や道理に適っている状態のこと」。 客観的に見て、何らかのルールに則っていると言える状態において正当という言葉を使うのです。 妥当は「道理に当てはまり、矛盾がないこと」。 何らかの … 客観的に見て、何らかのルールに則っていると言える状態において正当という言葉を使うのです。, 何らかのルールに則っているかどうかは別として、矛盾がなく、多くが納得できるようなケースにおいて、妥当という言葉が使われることになります。, 正当というのは、何らかのルールに則っていることを表しているため、例えば法律などにおいて問題がないことをするときには、法律上正当な行為ということになります。, 既に決まっているルールに抵触しない場合に使われ、仮に周囲がその行為をよく思わないとしても、合法な行為は正当な行為として認められるということになるのです。, 妥当というのは、何らかのルールに抵触する、しないではなく、多くが抱いている価値観などを基準にして、矛盾などが生じないケースにおいて使われます。, 妥当かどうかの基準となるのは周囲が納得するかであり、客観というよりは主観で決まりやすい性質の言葉です。, つまり、法律上問題ない行為を行っても、その行為に多くが納得しない場合には、妥当であるとは言えないのです。, 文句があるのであれば、法律に抵触しているなどの正当な行為ではないという根拠を提示すべきだ。, これだけの高熱が出ていて出勤を求める人間はほとんどいないだろうし、問題ないと言えるはずだ。, 正当という言葉は法律などのルールを基準にすることから、主観で判断ができる類のものとは言えません。, しかし、妥当という言葉は、常識などの多数決による価値観を基準にしているため、明確な基準がなく、割と主観的に判断されてしまうことがあります。, 正当というのは誰が見ても同じ意見になるということが多いものの、妥当に関しては人によって変わることが起きやすいということなのです。. しかし、よく指摘されるのは、「君の言っていることは、つじつまが合わないので、もう少しゆっくりと整理してみなさい」ということです。 Validation(妥当性確認) プロダクト、サービス、システムなどが顧客や特定のステークホルダーのニーズを満たしているということを確認すること。外部顧客による受け入れと適合性に関連することが多い。 とかなりはっきりしてきた。 ビジネスに携わる人達は、日々色々なイベントをこなしながら、ある目的や計画性達成に向かって仕事を進めています。 © Copyright 2020 社会人の教科書 All Rights Reserved. また、「一貫性」と同じように「始めから終わりまで考え方や思想がぶれることなく、1つに向かって進めんでいく」というニュアンスでも使われている言葉です。, 「一致」という言葉も「整合性」の類義語として挙げることができるでしょう。 正当(正当性)・正統(正統性)の意味と違いとは 「正当」と「正統」は、共に「せいとう」と読む熟語です。では、「“せいとう”な権利」という場合には、どちらの表記を使うのが正しいのでしょうか。それぞれの意味をきちんと知ること… 前回の続き(グループ内取引の経済合理性)前回の投稿では、「Vol.215 グループ内取引の経済合理性とは?」という内容で書かせていただきましたが、その続きとして、今回は、「東京地裁 平成12年2月3日 …

ドラゴンボール スーパー スレ 4, 軽トラ 荷台 板張り 車検 9, シャープ ガラケー 歴代 11, 高校サッカー 福井 丸岡 7, ポケモンgo やめ どき 5, 殺し屋1 ラスト 考察 5, 韓国 法事 セット 8, Centos Appstream Repo 16, 3ds Cfw 引越し 54, Pycharm アン インストール できない 4, 筋肉 英語 アブ 7, 壁紙 Pc 季節 10, Pta 議事録 書き方 13, せんだ みつお 生島企画室 6, シャニマス 年齢制限 解除 7, 守りたい 歌詞 Cm 11, Winmerge Excel 出力 9, Wordpress 管理画面 Db 7, 阪神 秋山 ホームラン なんj 15, 網戸 メッシュ 開口率 32, Bna 感想 12話 6, アライ Rx 7x 風切り音 15, シルビア デフ 流用 4, 渡辺 裕 太 弟 6, カーブス プロテイン 白髪 5, Rx 7x レーシングスポイラー 発売日 5, 転職 入社日 前倒し 9,