現在、非行少年の更生支援に奔走しているその青年は、自分が”非行少年”だった頃の気持ちを語ることで、非行経験のない人たちには中々理解することが難しい、少年たちの気持ちを代弁しています。, 「成績もスポーツも特に目立ったものがなかった自分が、悪いことをした時に、仲間が「すごい」と称賛してくれた。非行によって初めて称賛された事が、自分が非行の世界に足を踏み入れるきっかけになった」 というものが、なかなか理解できないでいた。 感情が「快」「不快」しかない状態というのは、赤ん坊の水準である。赤ん坊は、家族や他者との情緒的な関わりを通じて徐々に細かな感情を持てるようになるわけだが、こうした関わりが虐待等によって上手く行われないことで、感情が未分化のまま、大人になっても「快」「不快」以外の細かな感情が分からないことになってしまうのである。, 幼少期から養育者より人として適切に育てられず、その結果共感性を欠き、人をモノとしか思えず、自尊心が低いため自分の命さえどうでもよくなっている人がいる。こうした人は、他者の命の重みを理解することさえ難しい。命の重みを理解していないからこそ、凄惨な事件を犯してしまう可能性も高くなってしまうのである。, 家庭内で酷い虐待を受けていたような子供の中には、「親元へ帰りたくない」といった理由から、敢えて罪を犯し、少年院に行きたがる人も一定数いるようである。もはや長年の虐待により精神的に疲弊し、ノイローゼのような状態になってしまっているのであろう。, 以上、非行少年の内面に渦巻く「心の闇」を、先の本を参考にまとめてみた。こうして振り返ってみると、なにも非行に走る人というのは「根っからの極悪人」のような性格を有していたわけでは決してなく、 そういった問いの解を、イマイチ掴めずにいた。, 「恐らく、非行の原因は、非行を行った者の幼少期の家庭環境が多大なる影響を及ぼしているに違いない」, を考察する件になると、急にフワフワした観念論に終始せざるを得なくなってしまった。つまるところ、頭の引き出しが少ないから想像できないのである。, ――今回読んだのは、ノンフィクション作家である石井光太著の『虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか』(平凡社新書)である。本書は上述した私の疑問をかなり解決してくれる良書であった。, 「家庭が“家庭”としての十分な機能を果たしていないことが、少年が非行に走る主要因となっている」, 劣悪な家庭環境で育つ→内面が歪む→人と上手く関われない→学校で虐めに遭う→家庭が避難場所として機能しない→社会的に孤立する→非行に走る, 劣悪な家庭環境で育つ→家に居たくないので家出する→不良グループに居場所を求める→暴力が日常茶飯事の環境に身を置く→倫理観の欠如→非行に走る, 家庭環境に物凄いストレスを覚える→けれども家庭以外に逃げ場を持てない→ストレスから逃れるため非行に走る, このように、家庭内で虐待が行われていたり、虐待まで行かずとも、家庭そのものが子供にとって安心できるような環境でなく、ストレスの多いものだったという事実が、結果として少年犯罪に繋がり得てしまう、ということであった。, 家庭が“家庭”として十分に機能しないことが、子供の内面を歪め、社会的孤立を招く。こうしてストレスを蓄積させた子供は、やり場のない怒りを窃盗、暴力、薬物といった形で表出しているのである。, 非行に走ってしまう原因について分かったところで、非行をする者の内面にはどのような感情が渦巻いているのか。この項では、非行少年の心理について見ていきたい。, 一つに、自尊心の低さがある。自尊心の低い人は、 共感性が欠如していると、人をモノとしてしか見られなくなってしまう。人をモノとしか思えないから、簡単に暴力を振る、金銭を巻き上げるといったことができてしまう。 自分という存在への疑念 しかし、親に認めてもらいたい、自分の葛藤を受け入れて欲しいと感じている子どもには、反抗のきっかけとなってしまう場合もあるのです。, 当たり前に進んでいくだろうと思っていた”学校”というレール。 本書で印象的だったのが、共感性が欠如している故、仮想現実と現実世界を切り離して考えることができない人がいるということだった。「男女は信頼関係を築いてから性行為をする」という常識が分からず、「ビデオで観たから」という理由で、強引な性非行に至ってしまう人が存在する。, 感情のバリエーションに乏しいことも、非行に至る原因の一つである。人は、様々な感情を持つことによって、感情に見合う適切な行動を取ることができる。何か嫌なことがあったとしても、「悔しい」「悲しい」「自分にも非があった」「次は改善しよう」等、いくつもの感情が湧いてくる。そのため、様々な出来事にも現実的な対処をすることができる。しかし、中には感情が未分化で、原始的な感情である「快」「不快」しか感じられない人がいる。そうした人は、感情のバリエーションに乏しいため、嫌なことがあると「ムカつく」という怒り(不快)の感情しか湧いて来ず、他者の気持ちや状況を考えることなく、怒りのままに行動してしまう。 このような勉強への諦めの気持ちを持ちながらも、それでも親や教師に認められたい気持ちが相まって、子どもは非行に走っていくのだと言った専門家もいます。, 高校進学率が97パーセントを超えている現代、「せめて高校くらいは」「入れる高校ならどこでもいいから進学してほしい」という親は思うでしょう。そしてその気持ちは、態度や言葉となって子どもに届きます。 のように、自分に対する否定的なイメージを持っている。しかしこのような人達の中で、虐待を受けていたような人の中には、自身に対するこうした否定的なイメージを払拭しようと、力業によって自尊心の回復を図ろうとすることがある。典型的なものが「弱い者虐め」「昆虫の殺生」といったものである。人を暴力的、ないし心理的に「支配」することによって、自尊心を回復させようとするのである。また、こうした暴力性が自分に向かうと「自傷行為」となる。はたまた性的倒錯を起こすことで、「下着泥棒」や「幼女への性的暴行」へと発展していく。下着を盗ることで、「自分だけがあの子の下着を持っているのだ」「クラスの誰も持っていない下着が今自分の手元にあるのだ」といった優越感を覚えるそうだが、この優越感によって、自尊心の回復を図ろうとする。また、「自分より弱い立場の者を性的に屈服させたい」という支配欲が、性的暴行に繋がってしまう。, 家庭内のストレスは、養育者が子供と真摯に向き合ってくれない限り、子供の心をほぼ休みなく蝕み続けることになる。 人は生まれてから養育者と心を通わせることによって、情緒的な絆を結ぶ。この絆は子供の心の「支え」となり、子供の好奇心を刺激する。そうして子供は養育者以外の他者と繋がる術を身に付けるべく、気持ちをやり取りする練習を積み重ねることができる。 親が、周りからのプレッシャーにしたがって、子どもを抑圧すればするほど、子どもは反抗を強めたり家庭から離れていく可能性があります。, しかし、不登校も非行も一朝一夕にそれを止める特効薬のようなものはないため、「あの子なら大丈夫!」と、子どもを信じて待つには、親自身が悩みを抱えすぎず、孤立しないようにすることも、とても大切なことです。, 「親の会」と呼ばれる当事者の会などには、かつて同じ子育ての悩みを抱えた先輩たちや、自らが不登校や非行を体験した当事者たちもいます。このような当事者の会に足を運んで、人の話に耳を傾けてみる。他では話せなかった話を少しずつ話してみる…。 子どもがそこから外れてしまった時、また脱線したまま暴走を始めてしまった時、親も教師も、それはあってはならないものとして必死で止めようとします。, 「非行はいけないこと」という考えが浸透している世の中で、非行に走った子どもを抱えた家族は、”親として失格”だと悩まされることでしょう。更には、親としての毅然とした態度を周りから要求されることで、親子関係の緊張はますます強いものなっていきます。, ですが、子ども本人も非行や反抗が良いことだとは思っていません。 「自分なんてどうでもいい」 目次小学生のいじめ、なぜ起こってしまうの?小学生に見られるいじめの種類実際にあった、小学生のいじめの事例我が子がいじめられているかも?と思ったら我が子が誰かをいじめているかも?と思ったらお子さんのいじ 一つに、自尊心の低さがある。自尊心の低い人は、 「自分には何の価値もない」 例えば、家に帰ると父と母が必ず喧嘩をしている。養育者が子供の気持ちを無視し、一方的に身勝手な価値観を押し付けてくる。そのような環境から逃れられぬ子供は、日に日に発散できぬストレスを蓄積させることになる。そこで一部の人は、そうした逃げ場のないストレスを一瞬間でも忘れようと、スリルを味わおうとする。その一つが窃盗や薬物である。窃盗や薬物のもたらすスリルが、日常のストレスを忘れさせてくれるのである。, 家庭というものは、本来であれば子供にとっての「安全基地」として機能していなければならない。そうした「安全基地」であるはずの家庭が「危険な場所」となっている子供は、逃げ場を失ってしまうのである。, 生まれたときより、養育者から虐待を受けた子供は、暴力のある環境というものが当たり前になってしまう。そのため、時には暴力行為を働くことに躊躇しない人格が形成されてしまう。, 生まれたときより養育者から暴力を振るわれたり、過度に心理的コントロールを受けていた人の中には、自分を蔑ろに扱った養育者に憎悪を募らせていることがある。そうした人の一部は、「憎い養育者を困らせたい」といった動機から、非行に走ることがある。言わば養育者に対する「復讐」である。, 無論、発達障害者/知的障害者⇒非行を起こす というのは誤りである。ただ、発達障害者はその特性から、家庭内で虐待に晒されるリスクが上昇する。こうした「障害×虐待」が非行に繋がる可能性を高めてしまう。発達障害や知的障害には、各々の特性がある。養育者がそれら特性に合った関わりを持ってくれれば良いが、障害への理解がなく、ただ「努力が足りないからだ」「養育者を舐めているからだ」と思い込んで厳しい子育てをしてしまうと、子供の内面が歪んでしまいやすい。こうした歪みが時に人格障害や精神疾患と言った二次障害を引き起こし、後に様々な要因と絡み合って、非行に向かわせてしまうことがある。, 幼少期の虐待が脳にもたらす影響は計り知れない。虐待によって、子供の脳の発達は大きく阻害される。記憶を司る海馬や、感情を司る扁桃体が萎縮することで、認知機能が発達せず、感情に乏しく、制御の利かない人間になってしまう。こうした子供は「他人の気持ちが理解できない」「落ち着きがなく多動的な行動が目立つ」「粗暴的な振る舞いをする」「身勝手な主張ばかりする」といった特徴を示し、ちょっとしたことでも感情の制御が利かず、重大な犯罪行為へと至ってしまうことがある。, 「他人の気持ちを考えられない」という特徴も、知らず知らずのうちに人を非行に向かわせてしまう。 引きこもり.不登校.非行の根本原因. 養育者から大切にされなかった怒り・虚しさ 「非行はいけないこと」という考えが浸透している世の中で、非行に走った子どもを抱えた家族は、”親として失格”だと悩まされることでしょう。更には、親としての毅然とした態度を周りから要求されることで、親子関係の緊張はますます強いものなっていきます。 第6編 女子の犯罪・非行 1 女子の犯罪の動向 6-2-1-1図は,女子の一般刑法犯について,検挙人員,人口比及び女子比の推移(昭和21 年以降)を見たものである。 6-2-1-1図 女子の一般刑法犯 検挙人員・人口比・女子比の推移 0 50 100 150 200 0 2 4 6 8 10 12 昭和21 25 30 35 40 45 50 55 60平成元 5 10 15 20 24 … 「自分を愛してくれる人なんていない」 自尊心が低い/自己否定感が強い. という青年の話は、成長途上の子ども達にとって、”人から認められる経験は大きな変化をもたらすきっかけになる” ということを思い知らされます。, 中学2年生になると、親子ともども高校進学という壁が次第に迫ってきている、という感覚にとらわれるようになります。, この時期になると、親の期待に添えない自分や、自分自身の能力の限界というものを、子どもは自覚するようになっていきます。, 更には、学習のつまずきは積み重なり、「何が分からないのか分からない」「こんな簡単なことも分からないと思われたくない」といった感情から、挽回するのは到底難しく思えてきます。 なぜ、敢えて他者や自分を傷付けるようなことをするのか。なぜ法の裁きを受け、「矯正教育」なるものを施されても再犯を繰り返してしまうのか。 共感性が欠如していると、自身の働きかけによって、他者がどのような気持ちになるかを想像することができない。そのため、他者の気持ちを考えず、自分の欲求に従って行動する。そうして非行へ至ってしまう。 ©Copyright2020 【しあわせ心理学】パンダの温度.All Rights Reserved. といったものから必死に逃れようとした結果、非行に走ってしまったという経緯が分かってくる。非行は決して許されるものではないけれど、だからと言って、社会全体がその人を認めず、罰だけを与えようとするという発想では、非行の問題は一向に解決してこないであろう。, この記事が、少しでも読者のお役に立てたなら幸甚である。後日、こうした心理的問題を抱える非行少年に対して、どのような矯正教育が為されているのか、その効果はどれほどなのか、といった観点からお伝えする記事を書いていくつもりである。(※). 非行に走ってしまう原因について分かったところで、非行をする者の内面にはどのような感情が渦巻いているのか。この項では、非行少年の心理について見ていきたい。 1. 5 「非行原因に関する総合的研究調査」についてのコメント - 非行少年処遇論の観点から -(羽間 京子 委員)(pdf:365 kb) 6 「第4回非行原因に関する総合的研究調査」について - 刑事政策の視点からのコメント -(藤岡 一郎 委員) (PDF:365 KB) そういった体験が親子の絆の結び直しにも繋がっていくかもしれません。, 大学では教育学部において、中学校高等学校の美術教員免許を取得。子育ての悩みを抱える「非行」と向き合う親たちの会とつながり2006年「非行」と向き 合う親たちの会を設立。現在小学生向けの学習塾を開設するとともに、産業カウンセラー協会の養成講座で指導者としてカウンセリングの指導に当たる。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 愛情飢餓、承認欲求、自己否定、劣等感――人生には、常にこれらの問題が転がっています。, 「客観的に自分は幸せであるはずなのに、何故か生きづらさを感じる」という方の心に届く文章を書いていきます。, なぜ、敢えて他者や自分を傷付けるようなことをするのか。なぜ法の裁きを受け、「矯正教育」なるものを施されても再犯を繰り返してしまうのか。, のように、自分に対する否定的なイメージを持っている。しかしこのような人達の中で、虐待を受けていたような人の中には、自身に対するこうした否定的なイメージを払拭しようと、力業によって自尊心の回復を図ろうとすることがある。典型的なものが「弱い者虐め」「昆虫の殺生」といったものである。人を暴力的、ないし心理的に「支配」することによって、自尊心を回復させようとするのである。また、こうした暴力性が自分に向かうと「自傷行為」となる。はたまた性的倒錯を起こすことで、「下着泥棒」や「幼女への性的暴行」へと発展していく。下着を盗ることで、「自分だけがあの子の下着を持っているのだ」「クラスの誰も持っていない下着が今自分の手元にあるのだ」といった優越感を覚えるそうだが、この優越感によって、自尊心の回復を図ろうとする。また、「自分より弱い立場の者を性的に屈服させたい」という支配欲が、性的暴行に繋がってしまう。, 家庭内のストレスは、養育者が子供と真摯に向き合ってくれない限り、子供の心をほぼ休みなく蝕み続けることになる。, 例えば、家に帰ると父と母が必ず喧嘩をしている。養育者が子供の気持ちを無視し、一方的に身勝手な価値観を押し付けてくる。そのような環境から逃れられぬ子供は、日に日に発散できぬストレスを蓄積させることになる。そこで一部の人は、そうした逃げ場のないストレスを一瞬間でも忘れようと、スリルを味わおうとする。その一つが窃盗や薬物である。窃盗や薬物のもたらすスリルが、日常のストレスを忘れさせてくれるのである。, 「他人の気持ちを考えられない」という特徴も、知らず知らずのうちに人を非行に向かわせてしまう。, 人は生まれてから養育者と心を通わせることによって、情緒的な絆を結ぶ。この絆は子供の心の「支え」となり、子供の好奇心を刺激する。そうして子供は養育者以外の他者と繋がる術を身に付けるべく、気持ちをやり取りする練習を積み重ねることができる。, 生まれて最初に関わる養育者から、自身に対する思い遣りや優しさ、親しみ、いたわりといった気持ちを感じることができなかった人は、他者の気持ちを慮り、心を通わせようとすることが難しくなる。結果、共感性の欠如へと繋がる。, 共感性が欠如していると、自身の働きかけによって、他者がどのような気持ちになるかを想像することができない。そのため、他者の気持ちを考えず、自分の欲求に従って行動する。そうして非行へ至ってしまう。, 共感性が欠如していると、人をモノとしてしか見られなくなってしまう。人をモノとしか思えないから、簡単に暴力を振る、金銭を巻き上げるといったことができてしまう。, 本書で印象的だったのが、共感性が欠如している故、仮想現実と現実世界を切り離して考えることができない人がいるということだった。「男女は信頼関係を築いてから性行為をする」という常識が分からず、「ビデオで観たから」という理由で、強引な性非行に至ってしまう人が存在する。, 感情のバリエーションに乏しいことも、非行に至る原因の一つである。人は、様々な感情を持つことによって、感情に見合う適切な行動を取ることができる。何か嫌なことがあったとしても、「悔しい」「悲しい」「自分にも非があった」「次は改善しよう」等、いくつもの感情が湧いてくる。そのため、様々な出来事にも現実的な対処をすることができる。しかし、中には感情が未分化で、原始的な感情である「快」「不快」しか感じられない人がいる。そうした人は、感情のバリエーションに乏しいため、嫌なことがあると「ムカつく」という怒り(不快)の感情しか湧いて来ず、他者の気持ちや状況を考えることなく、怒りのままに行動してしまう。, ちょっとした言い争いのようなものが、殺人という極端な犯罪行為にまで発展してしまったような事例は、「加害者の感情が未分化であった」という視点から説明することができる。加害者は、自分の感情がよく分からないままに、怒りにまかせて人を死に至らしめてしまったということである。, 感情が「快」「不快」しかない状態というのは、赤ん坊の水準である。赤ん坊は、家族や他者との情緒的な関わりを通じて徐々に細かな感情を持てるようになるわけだが、こうした関わりが虐待等によって上手く行われないことで、感情が未分化のまま、大人になっても「快」「不快」以外の細かな感情が分からないことになってしまうのである。, 以上、非行少年の内面に渦巻く「心の闇」を、先の本を参考にまとめてみた。こうして振り返ってみると、なにも非行に走る人というのは「根っからの極悪人」のような性格を有していたわけでは決してなく、, といったものから必死に逃れようとした結果、非行に走ってしまったという経緯が分かってくる。非行は決して許されるものではないけれど、だからと言って、社会全体がその人を認めず、罰だけを与えようとするという発想では、非行の問題は一向に解決してこないであろう。, 非行少年の更生を目的とする様々なアプローチをまとめてみた【更生の方法】 | 鶏さんのブログ. 生まれて最初に関わる養育者から、自身に対する思い遣りや優しさ、親しみ、いたわりといった気持ちを感じることができなかった人は、他者の気持ちを慮り、心を通わせようとすることが難しくなる。結果、共感性の欠如へと繋がる。 子どもの問題行動に困り果てている親御さんだけでなく、子育て中のすべての人に知っておいてほしい内容です。, 今も昔も、子どもの心を乱してしまう根本原因は、多く場合「家庭での心の教育」にあります。, 土日に生活時間を乱してしまうだけで、「一週間ずっとやる気が出てこない」ということになりかねません。, 「インスタント食品・加工食品」など、食品添加物の多い食べ物も、子どもの心に悪影響を及ぼします。, 今の社会に合った「ルール・マナー・道徳」を幼いうちから身体に浸み込ませておかないと、やがて本人が苦労することになります。, しつけのできていない犬をドッグトレーナーにあずけると、見違えるように良くなって帰ってきます。, まるで「ルールを守るのが楽しい」と思っているかのごとく行動し、人がつくった「社会」に馴染んでいきます。, 「ルール・マナー・道徳」をしっかり教えていかないと、社会に出てから困るのは子供本人なのです。, コンビニの前でタムロする子どもたちが、2時間・3時間も一体何をしているかといえば…, 子どもは、「親が、自分に関心を持ってくれているかどうか」で愛情を確かめることができる。, 『親の愛情』が心の土台にあってはじめて、自信を持って社会に出ていくことができるのです。, 子どもが勉強しない ↓↓↓ 「勉強しなさい!」(命令) ↓↓↓ 「ろくな大人にならないよ!」(脅し), このように強制されて勉強する日々が楽しいはずもありませんし、「もう耐えられない…」と自信まで失ってしまいます。, すると、子どもは未来に希望を持つようになり、あとは放っておいても本人が努力するものです。, 抱きしめてあげるのが最も効果的ですが、年ごろになると恥ずかしがって嫌がる子もいます。, Follow @pandaondo ★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!, 運勢を上げる原理◇運を良くして幸運を引き寄せる方法とは   【人間関係に疲れた】2:8の法則を知ると人間関係が楽になります   【言霊の力】言霊の実験で、驚きの結果が出ました!   悟りとは「差取り」◆今日からできる!幸せな悟り生活   人生うまくいく人、いかない人の違い。幸せの黄金律とは?   幸せな人の考え方10選◇なぜあの人はいつも幸せそうなのか?   「生きている意味がわかり、死の恐怖が減る教え」という変なお話   おすすめ記事は、サイトマップにまだまだあります。. 現代の子どもの問題は多様化していて、 「引きこもり・不登校・非行」の原因は一人ひとり違います。 なので、解決方法も人それぞれ。 100人いれば、100通りの解決方法が必要です。 これを聞いて、 ちょっとした言い争いのようなものが、殺人という極端な犯罪行為にまで発展してしまったような事例は、「加害者の感情が未分化であった」という視点から説明することができる。加害者は、自分の感情がよく分からないままに、怒りにまかせて人を死に至らしめてしまったということである。 社会から受け入れられなかった寂しさ

ウッドデッキ シェード 柱, 伊勢原 写真 スポット, デス プルーフ 感想, ミニマリスト 増加 データ, 剣 名前 かっこいい, バレンシアガ リュック 女性, コン ユ 近況写真, 日本人 顔 特徴, Excel 最後の文字 置換, 山陽本線 運行状況 明日, サッカー トレーニング フィジカル, My Song 6訂版, バレンシアガ リュック 女性, グラクロ リバースステージ 恋と謝罪, シンイ 最終回 解説, 付け袖 二の腕 作り方, ビストロ 1600 906 違い, エアジョーダン1 ソール 高さ, シティーハンター 香 死ぬ, 長野市 子供 遊び場, 関東 聖地 ランキング, 笹塚 キャンティ 閉店, ベース ピックアップ 高さ, プロスピ 大田 2020, ギャラクシー ギャラリー 使い方, Iphone Ipad 写真 同期させない, なつぞら 天陽くん モデル 画家, ドンキ カラコン 不良品, 日能研 育成テスト 評価3, 外国人 高校生 受け入れ, Google Play 身に覚えのない請求, イーブイ 悠 木 碧, エクセル 小数点 四捨五入, 背景 人物 なじませる 写真, すみっコぐらし かわうそ ぬいぐるみ, 数字 縦書き 漢字,