血液を固まりにくくする薬の中でも、プラビックス(一般名:クロピドグレル)は抗血小板薬と呼ばれる種類の薬になります。血液が固まるときに血小板が関与しますが、この血小板に作用します。これによって、血液凝固を抑制します。 血小板による血液凝固は「動脈など血流が早い場所」で主に起こります。そのため、血小板による血液凝固作用と動脈硬化は深く関わっています。 動脈硬化とは、文字通り動脈が硬くなってしまう病気になります。元々の動脈は弾力があってしなやかです。しかし、動脈 … BAT(Bleeding with Antithorombotic Therapy)sudy, 抗血栓薬を服用している4009例、追跡期間19ヶ月。頭蓋内出血の頻度は抗血少板剤単剤服用群では0.34%/年。抗血小板剤併用群0.60%/年、ワーファリン群0.62%/年、抗血少板剤、抗凝固剤併用群0.96%/年 �6R�7���1���JA������|�l���X�(G,�����VL��V#���=�r$ّb����Gl$-��9m���o0���4�����t��M�Pc�;� ���A���U���%���+�6ULE�UwO�]Q�UM��[�&ś��M��� G��!�{��� �D�yc��:X�n� ��nj B���dF���enQ�$&*�MI���F��L]k��3w\'��ଞ�k�hI����k�b�U0Ra���B>M�`�\� ルナトリウムを含めた抗血小板薬2剤投与に関する有効性や安全性は確かめられていない。アルガトロ バンやヘパリンなどの注射抗凝固薬と抗血小板薬2剤服用の併用に関する有効性や安全性も確かめられ … google_ad_client="pub-3439760619160488";