20インチの「マークローザM7<MRK07T>」は、27インチの「マークローザ7S<MRK77T>」より車体重心が低いので、漕ぎだしや停車する際は、27インチの「マークローザ7S<MRK77T>」よりふらつきにくくなります。ただ、27インチの「マークローザ7S<MRK77T>」は車体が軽いので、一般的な27インチの自転車よりは、ふらつきにいです。, スピードに乗った状態 「マークローザ7S<MRK77T>」の外装7段変速は、「マークローザ3S<MRK73T>」の内装3段変速のように、停車中にギアを変えることができません。ただ、外装7段変速は、変速数の多さから、内装3段変速より変速をスムーズに行えます。, そのため、トップスピードになるまでの時間を短縮できます。また、外装7段変速は、変速数の多さから、道路状況に合わせた変速を行いやすいので、足の負担を軽減することができます。そのため、内装3段変速より足が疲れにくくなります。, 乗車可能最低身長の違い 「マークローザM7<MRK07T>」と「マークローザ3S<MRK73T>」の主な違いの一つは、タイヤサイズ違いですが、タイヤサイズの違いで以下の走行性能が違ってきます。, ※「マークローザM7<MRK07T>」は20インチのタイヤを装着していますが、一漕ぎで進む距離は、26インチとほぼ同じになるように設定されています。, 漕ぎだし、停車する際 漕ぎやすい自転車は漕いでいる最中に腿(もも)が上がりにくく、漕ぎにくい自転車は漕いでいる最中に腿が上がります。そして、大きなタイヤほど腿が上がりにくく、小さなタイヤほど腿が上がってしまいます。, そのため、タイヤの小さな「マークローザM7<MRK07T>」より、タイヤの大きな「マークローザ7S<MRK77T>」の方が、漕ぎやすいです。, しかし、、最近の20インチの自転車は、クランクの長さやシート角を調整するなどして、ずいぶんと漕ぎやすくなっています。, ただ、それでも、タイヤの小さな「マークローザM7<MRK07T>」より、タイヤの大きな「マークローザ7S<MRK77T>」の方が、漕ぎやすいです。また、先ほど申し上げましたようにスピードに乗った状態では、タイヤの小さな「マークローザM7<MRK07T>」より、タイヤの大きな「マークローザ7S<MRK77T>」の方が、車体は安定します。そのため、10kmを超える長距離を走行するなら、漕ぎやすく、車体が安定するため、疲労感が出にくい「マークローザ7S<MRK77T>」を選択された方がいいでしょう。, 取り回し 「マークローザM7<MRK07T>」は、20インチのタイヤを装着しており、「マークローザ7S<MRK77T>」は、27インチのタイヤを装着しています。そして、タイヤの大きさがこれだけ違うと車体全長や車体重量が違ってきます。, タイヤサイズの違いによる走行性能の違い スピードに乗った状態では、タイヤの小さな「マークローザM7<MRK07T>」より、タイヤの大きな「マークローザ3S<MRK73T>」の方が、車体は安定します。, そのため、タイヤの小さな「マークローザM7<MRK07T>」より、タイヤの大きな「マークローザ3S<MRK73T>」の方が、腿が上がりにくいため漕ぎやすいです。, ただ、それでも、タイヤの小さな「マークローザM7<MRK07T>」より、タイヤの大きな「マークローザ3S<MRK73T>」の方が、漕ぎやすいです。また、先ほど申し上げましたように、タイヤの小さな「マークローザM7<MRK07T>」より、スピードに乗った状態では、タイヤの大きな「マークローザ3S<MRK73T>」の方が、車体は安定します。, そのため、片道10kmを超える長距離を走行する場合、「マークローザ3S<MRK73T>」は、タイヤの小さな「マークローザM7<MRK07T>」より、漕ぎやすくて、スピードの乗った状態では車体が安定するため、疲労感が出にくい「マークローザ3S<MRK73T>」を選択された方がいいでしょう。, 取り回し 「マークローザM7<MRK07T>」と「マークローザ7S<MRK77T>」の主な違いの一つは、タイヤサイズ違いですが、タイヤサイズの違いで以下の走行性能が違ってきます。, ※「マークローザM7<MRK07T>」は、20インチのタイヤを装着していますが、一漕ぎで進む距離は、26インチとほぼ同じになるように設定されています。, 漕ぎだし、停車する際 本格的なクロスバイクのタイヤは、スピードは出やすい仕様になっていますが、度々空気を入れないといけないので、メンテナンスの手間がかかります。そのため、忙しい中での通勤や通学での使用を考えると、やや実用性に欠けます。, 一方、マークローザ7Sは、ある程度のスピードと実用性を考えて、サイズ的にはシティサイクルで使われているタイプのタイヤを装着しており、本格的なクロスバイクほどはスピードは出ません。, ただ、マークローザ7Sは、タイヤの中央部が隆起したセンタースリックタイヤと呼ばれるタイヤを装着していますので、一般的なタイヤを装着したシティサイクルよりも路面抵抗が少なくなり、その分スピードが出やすくなります。また、サイズ的にはシティサイクルで使われているタイプのタイヤですので、空気を入れるのは、月に1回程度で済みます。, 道路状況に合わせた変速が行える7段変速なので、より早くスピードに乗ることができる、足の負担を軽減できる。 マークローザ7Sは、スポーツタイプにはあまりない、カッコよさとオシャレさが、いい感じでまざり合ったデザインの自転車です。性能面では、忙しい社会人の方や学生の方のことを考慮して、シティサイクルより高い走行性能を残しつつも、できるだけメンテナンスをせずに済むように、シティサイクルとクロスバイクの中間的な性能を持ち合わせた自転車となっています。, そのため、マークローザ7Sのデザインを気に入っておられ、メンテナンスなどにあまり時間をとられない実用性のある自転車をお探しの方で、カッコよく、オシャレに、スピードの感ある通勤、通学をしたい方なら、マークローザ7Sは、あなたの良きパートナーになってくれることでしょう。, それでは、あなたに一番合った自転車に出会うことを願いながら、マークローザ7Sの説明を終わらせていただきます。最後までマークローザ7Sの説明をお聞きいただき、ありがとうございました。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, (※)低品質な自転車で故障や事故などのトラブルに、消費者が巻き込まれないようにするために考案された、厳しい検査をくぐり抜けた耐久性のある自転車だけに、BBAマークが付与されます。, ※2020年8月発売※『2020ジェッター』【パナソニック】<2020PAS Brace(パスブレイス)との違い>, 2020PAS SION-U (パス シオン ユー)24型(24インチ)【YAMAHA】<2020PAS SION-U(パス シオン ユー)20型(20インチ)との違い>, 2020PAS SION-U (パス シオン ユー)20型(20インチ)【YAMAHA】<2020PAS SION-U(パス シオン ユー)24型(24インチ)との違い>, ※2020年モデル※『2020PAS VIENTA5(パス ヴィエンタ ファイブ)』【YAMAHA】<2020PAS Brace(パスブレイス)との違い>, ※2020年モデル※『2020PAS Brace(パスブレイス)』【YAMAHA】<2019ジェッター、2020PAS VIENTA5(パス ヴィエンタ ファイブ)との違い>, 【比較あり】マークローザ7S(27インチ・26インチ)【BRIDGESTONE/ブリヂストン】~マークローザ3S、マークローザM7、シティサイクル(ステップクルーズ)との違い, 車体がとても軽いので、漕ぎだし、漕いでいる最中も、自転車に降りてからの取り回しもラク, 道路状況に合わせた変速が行える7段変速なので、より早くスピードに乗ることができる、足の負担を軽減できる. bridgestone greenlabel fan channel「ブリチャン」, 『自由と、おしゃれと、ブリヂストン。』をコンセプトに開発されているBRIDGESTONE GRENN LABEL(ブリヂストン・グリーンレーベル)。中でも、シティサイクルとスポーツサイクルのいいとこ取りをした自転車として人気の「MARKROSA(マークローザ)」シリーズには、「3S」と「7S」という一見よく似たモデルがあります。, 見た目が似ているだけでなく価格もほぼ同じなので、「いったい何が違うの?」と思う人もいることでしょう。そこで今回は、MARKROSA 3Sと同7Sを比較しながら紹介しましょう。, MARKROSA 3Sと同7Sは、どちらもフレームが後方に行くにしたがって下がっていく「スタッガード型」のフレームを採用しています。シティサイクルでは一般的なフレーム形状ですね。3Sと7Sでは下がっていく角度が異なりますが、ほとんど同じデザインと言って差し支えないでしょう。, スタッガード型フレームは乗り降りしやすく、スカートでもまたぎやすいのが大きなメリットです。, 左の3Sは、シティサイクルの中でも大きめな27インチホイールを採用しており、ひとたびスピードに乗れば気持ちよくクルージングできます。, 一方の7Sですが、今回撮影に使用したのは、3Sと同じ27インチモデルです。ただ、7Sには一回り小さな26インチモデルも用意されていて、体格に応じて選択できるのがポイントです。小柄な人は、7Sの26インチモデルのほうが向いているでしょう。, 3Sは、ハンドルグリップ(握るところ)が手前に大きく引かれており、肘に余裕のあるリラックスした乗車姿勢を取ることができます。, 7Sのハンドルは、3Sとは対照的にほとんどまっすぐな形状です。適度に前傾した、シティサイクルとしてはちょっとスポーティな乗車姿勢となるのが特徴です。, 3Sのギアは、シティサイクルでは一般的な「内装変速」と呼ばれるタイプです。3段変速となっていて、ギアの段数を変える「変速機」が露出していません。, 一方7Sは、スポーツサイクルでよく見られる「外装変速」と呼ばれるタイプの変速機を搭載しています。変速機が露出していますが、自転車を倒してしまったときに壊れてしまわないよう、丈夫なガードが付いています。変速段数は7段です。, 続いて、サドルを見比べましょう。乗車姿勢の違いにより、サドルも異なるものが使われています。, 3Sはハンドルが手前に引かれた形状のため、比較的どっしりと座る乗車姿勢となります。そこで、幅広で肉厚のあるサドルが使われています。, 7Sは少し前傾した乗車姿勢になり、クロスバイクに使われているような、スポーティなデザインのサドルです。幅も少し狭く、ペダルをこぐ動作を妨げません。, MARKROSAシリーズの特徴のひとつに標準で備わるフロントキャリアが挙げられます。, 3S、7Sのどちらもフロントキャリアを装備しています。今回紹介している7Sはオプションのフロントバスケットが装着されていますが、もちろん3Sにも装着可能です。, もうひとつ、デザインおよび機能上の共通点として、ズボンの裾を巻き込まないためのチェーンカバーを紹介しましょう。, 一般的には樹脂製のカバーが使われますが、MARKROSAシリーズはワイヤーで編んだものが使われていて、実用一点張りではないシックな見た目となっています。, このように、デザインは似ているけれど、異なる点も多いMARKROSAの3Sと7S。体格や好みの乗車姿勢に応じて、お好きなほうを選べるようになっています。どちらにしようか悩んでいる人は、この記事を参考にしつつ、ぜひ自転車屋さんに相談してみてください。, ちなみに、自転車の安全・環境基準である「BAA」への適合や、3年間盗難補償、そしてフリーケア・プログラム(賠償責任危険補償特約つき交通事故傷害保険)といった「安心」は、3Sにも7Sにも共通していますよ。, ●MARKROSA 7S価格:46,800円(26インチ、税別)、47,800円(27インチ、税別). 「マークローザ7S<MRK77T>」の乗車可能最低身長は151cmで、「マークローザM7<MRK07T>」の乗車可能最低身長は145cmですので、乗車可能最低身長151cmギリギリの方は、とっさの時に地面にしっかりと足が付くことができないかもしれません。そのため、安全面を考えるなら「マークローザM7<MRK07T>」もしくは、前出の「マークローザ3S<MRK73T>」「マークローザ7S<MRK67T>(26インチ)」のような、乗車可能最低身長が低い自転車を選んだ方がいいかもしれません。, 性能面では、「マークローザ7S<MRK77T>」「マークローザM7<MRK07T>」共に、路面抵抗の少なくスピードの出やすいセミスリックタイヤを装着、外装7段変速、ストレートハンドルが装備されていることから、基本的な走行性能は大きく変わりません。, ただ、タイヤの大きさの違いにより走行性能が違ってきますので、走行距離が片道10kmを超えるような場合は、マークローザ7S<MRK77T>(または26インチのマークローザ7S<MRK67T>)を選択された方がいいでしょう。走行距離があまり長くない場合は、どちらを選択されてもいとおもいますが、小回りを利かせないといけないとか、度々停車、発進を繰り返さないといけないとか特殊な事情がある場合は、20インチの「マークローザM7<MRK07T>」を選択されてもいいかもしれません。, イメージ的には、かっこよく、おしゃれに、そして、期待通りにスピード感のある通勤、通学をしたい方には、「マークローザ7S<MRK77T>」が適していて、小回りが利き、見た目はかわいく、オシャレなのに意外とスピード感のある通勤、通学をしたい方には、「マークローザM7<MRK07T>」が適しているでしょう。, 身長以外でと「マークローザ7S<MRK77T>」と「マークローザ7S<MRK67T>」で迷ったら? シティサイクルより軽快に走れる、かっこよくて、オシャレなスポーツタイプのバイク 20インチの「マークローザM7<MRK07T>」は、27インチの「マークローザ7S<MRK77T>」より車体重心が低いので、漕ぎだしや停車する際は27インチの「マークローザ7S<MRK77T>」よりふらつきにくくなります。ただ、27インチの「マークローザ7S<MRK77T>」は車体が軽いので、一般的な27インチの自転車よりは、ふらつきにいです。, スピードに乗った状態 スピードに乗った状態では、タイヤの大きな「マークローザ7S<MRK77T>」の方が、タイヤの小さな「マークローザM7<MRK07T>」より、車体は安定します。, 漕ぎやすさ タイヤの小さな「マークローザM7<MRK07T>」の方が、タイヤの大きな「マークローザ3S<MRK73T>」より、小回りは利きます。そのため、人通りが多い場所や狭い路地など、小回りを利かせないといけない場所では、タイヤの小さな「マークローザM7<MRK07T>」の方が、扱いやすいです。, 変速の違い 「かっこいいスポーツタイプのバイクではなくて、どちらかというと、見た目は可愛く、おしゃれなスポーツタイプの小径バイクに乗りたい」「片道10kmを超えるような長距離通勤・通学をするわけではない。しかし、本格的なクロスバイクと言わないまでも、一般的な小径自転車(ミニベロ)よりも軽快に走ることができる、クロスバイクに近いスポーツタイプの小径バイクに乗りたい。」「本格的なスポーツタイプのバイクのようにメンテナンスばかりするのは面倒。本格的なスポーツタイプの性能は求めていないので、その分、メンテナンスの手間をできれば省きたい。」という方に、おすすめのスポーツタイプの小径バイクです。, 自転車の走行性能ばかり追い求めたらメンテナンスばかりになってしまって、忙しい日々の生活の中で自転車を使用する点においては、実用性がなくなってしまいます。, しかし、走行性能をある程度重視しないと、通勤、通学などで使用するスポーツタイプのバイクとしてのメリットがなくなってしまいます。, そこで、マークローザM7<MRK07T>は、走行性と実用性を両立させるために、クロスバイクと一般的な小径自転車の中間的な性能を持ち合わせた自転車となっています。, 車体がとても軽く、車体重心が低いので、漕ぎだし、漕いでいる最中も、自転車に降りてからの取り回しもラク マークローザ7Sは26型で15.9kg、27型で16.5kgに対し、一般的なシティサイクルは20kg前後なので、マークローザ7Sは十分軽いといえます。車体が軽いと、漕ぎだしでラクでふらつくにくく、漕いでいる最中もラクなので、その分スピードが出しやすくなります。また、自転車に降りてからの取り回しもラクです。, ハンドルは力が入れやすく、加速しやすい前傾姿勢をとることができるフラットバー 「マークローザM7<MRK07T>」の外装7段変速とは違い、「マークローザ3S<MRK73T>」の内装3段変速は、停車中に変速でき、メンテナンスもフリーという特長があります。そのため、「マークローザ3S<MRK73T>」の内装3段変速は、度々停車しなければならない、信号の多い街中で使用する際には、特に便利な変速機となっています。また、「マークローザ3S<MRK73T>」の内装3段変速は、忙しい社会人や学生の方にとっても便利な変速となっています。, ただ、「マークローザM7<MRK07T>」の外装7段変速は、変速数の多さから、道路状況に合わせた変速を行いやすいので、足の負担を軽減することができます。そのため、「マークローザM7<MRK07T>」の外装7段変速は、特にアップダウンの激しい場所などでは、「マークローザ3S<MRK73T>」の内装3段変速より、足が疲れにくくなります。, ハンドルの形状の違い  変速とハンドルの違いにより、スピードの出しやすさは「マークローザM7<MRK07T>」の方が優れていて、メンテナンスの頻度の少なさ、姿勢的な疲れにくさは、「マークローザ3S<MRK73T>」の方が優れています。, しかし、「マークローザM7<MRK07T>」が外装7段変速といっても、タイヤの大きさの違いにより走行性能(漕ぎやすさ、スピードに乗った状態での安定感)が違ってきますので、走行距離が片道10kmを超えるような場合は、「マークローザ3S<MRK73T>」を選択された方がいいでしょう。, ただ、長距離走行で「マークローザ3S<MRK73T>」多少疲れてもいいので、やっぱりスピードが出るほうがいい、何かしらの事情で小回りを利かせたいという方は、20インチの「マークローザM7<MRK07T>」を選択されてもいいでしょう。, イメージ的には、小回りが利き、見た目はかわいく、オシャレなのに意外とスピード感のある自転車で通勤、通学をしたい方には、「マークローザM7<MRK07T>」が適していて、ゆったり、オシャレに、軽快に走る自転車で通勤、通学をしたい方には、「マークローザ3S<MRK73T>」が適しているでしょう。, 最後に 「マークローザ7S<MRK67T>」の外装7段変速は、「ステップクルーズ(26インチ・3段)<SC63T>」の内装3段変速のように、停車中にギアを変えることができません。また、内装変速のように、ほぼメンテナンスフリーではありません。ただ、変速数の多さから内装3段変速より変速をスムーズに行えます。そのため、トップスピードになるまでの時間を短縮できます。また、外装7段変速は、変速数の多さから、道路状況に合わせた変速を行いやすいので、足の負担を軽減することができます。そのため、外装7段変速は、内装3段変速より足が疲れにくくなります。, 「マークローザ7S<MRK77T>」を選択肢の1つにされている方は、「マークローザ3S<MRK73T>」も選択肢の一つにされている方がいらっしゃいますので、ここでは、27インチタイプ同士の「マークローザ7S<MRK77T>」と「マークローザ3S<MRK73T>」との比較を行っていきます。, ハンドルの形状の違い 

Urbano V04 不具合 12, Error Codesign_allocate Can T Write Output File 5, 行書 漢字 一覧 47, 京大 Mba 就職 4, モスキート音 猫 影響 10, ヘッドホン 変換プラグ Usb 4, Sharepoint リスト チェックアウト 4, R53 オイル リセット 4, 欅坂 握手会 対応悪い 10, 6年 (理科 Nhk) 5, Lenovo Miix 2 8 初期化 4, Kindle Fire Wifi 接続できない 4, ダイソー 電動ドリル 本体 5, Bmw X3 見積もり 7, 一人株主総会 議事録 書き方 32, Video Pro 評判 21, 株価 月足 ダウンロード 15, 頭蓋骨 変形 成人 5, ハムスター 眼球突出 治療費 12, Vbs テキスト ファイル 中身 削除 4, 富士ゼロックス 退職金 金額 17, スマイル ゼミ 会員数 9, Capslock 状態 確認 14, ズッキーニ クックパッド 簡単 10, シロカ ホームベーカリー 口コミ 5,