ハムスターの病気は数多くあります。 そのほとんどは、環境の変化によるストレスや不衛生によるものが多いようです。 小さい生き物ですから、体の微妙な変化に注意してあげることが大切です。 早期発見するにはどんな症状に注意すれば … また、内臓にガンができると、その部分に違和感を感じることもあるので、歩き方などからでも見つけられるかもしれません。. これらの病気はどんな症状や原因なのか、予防の仕方はどうすればいいのかなど解説していきます。, 下痢をすると尻尾付近が濡れることからウエット(濡れた)テイル(尻尾)という意味で使われている。, 原因は細菌感染や寄生虫、腐った食べ物による食当たりのほか、飼育環境の悪さなどによるストレスも大きな原因となります。, 尻尾のあたりが濡れていたり、ウンチのが水っぽかったりした場合は早めに動物病院へ行きましょう。, 病院ではウンチの検査などをし、原因を特定して抗生物質を投与したり原因に合わせて治療をするようです。, また、ゲージ内を清潔にしたり腐っている食べ物がないかチェックしていくのが大切です。, 極度のストレスや水分の多い果物・野菜の与えすぎも下痢の原因になりますので注意しましょう。, ウイルスや細菌の感染、偏った食事や肥満、ストレスなどが原因で肝機能が低下する病気。, いつもたくさんウンチをしていたのに明らかにウンチの量が減ってしまった場合は便秘になっている可能性が高いです。, ⇒綿やタオル、固まるトイレ砂や自分の毛を飲み込んでしまうことにより腸が詰まってしまうのが原因!, 下痢続いたときや重い便秘の際、腸が強い力で押されることでひっくり返り肛門から赤い腸が出てしまう状態。, 頻繁にウンチの固さを確認することで、健康な固さのウンチがわかるようになり違いが分かるようになりますよ!, ハムスターは口でうまく呼吸ができないため悪化すると呼吸困難を引き起こすこともあります。, 正しい食事を心がけてハウス内は清潔に温度も年間を通して一定になるようにしましょう。, チーズや種子類など、塩分の多いものやカロリーが高いものは与えすぎないようにします。, そんなハムスターにはさらに注意して呼吸が少しでも苦しそうだと感じた時は、あまり構わずそっとしておいてあげましょう!, 健康なときは抵抗力があるのでダニの影響は受けませんが、身体の抵抗力が低くなってくると影響を受けてしまいます。, どんなアレルギーがあるかは使用してみないと(症状が出ないと)わからないので予防法はありません。, ただ、アレルギー反応が多い床材も中にはあるのでそういったものを使わないようにする予防ならできます。, かゆみとくしゃみ両方の症状がでたらなにかのアレルギーに反応していると考えて、床材を変えるなど試してみてくださいね。, 治療には塗り薬を塗って炎症を直すしかないので、症状が見られたら病院に行って塗り薬をもらいましょう。, 予防は難しいですがカビの影響が出ないように風通しが良い場所に置いたりと、ゲージ内を清潔な環境にしましょう。, 症状が見られるハムスターと他のハムスターを一緒にしないようにするのと、ハムスターを触ったら手を良く洗うようにしてください。, 結膜炎は結膜(まぶたの裏側)に炎症を起こし、目のふちが赤く見え、目ヤニや涙が出るようになる病気。, 普段ハムスターの健康な目は目ヤニや涙などはなくすっきりとした目なので、発症した場合はすぐに気づけるはずです。, また、床材には「ペーパーチップ」という紙の床材が市販されていてい、紙なので刺激が少なく目を傷つけることがないので安心です。, 眼球の中の透明な水晶体の部分が白く濁ってしまい、視力が低下したり、失明したりする病気。目の中央の部分に大きさが変化する白い点が見られます。, ただ、ハムスターにとっては目が見えない事はそれほど生活に支障が出るものでもないんです!, 目のまぶた辺りにしろいかたまりができたり目がはれぼったくなるようなのがこの病気の特徴です。, ゲージ内が不潔になっていることにより細菌が繁殖しやすくなり感染の可能性も高くなってしまいます。, また、この病気は再発しやすい病気なので一度かかった場合は完治しても気を抜かずに、しばらく様子を見るようにしてあげることが大切です!, 状態によりますが、目を閉じれないほど出てしまっている場合は長時間そのままにしておくと目が乾き失明してしまいます。, 皮膚をひっぱったことによって浅く出てしまった場合はやさしく押してもとに戻してあげましょう。完全に出てしまうと手遅れな場合もあります。, それに目がでてしまうとちょっとこわい顔になってしまうので、なんとか予防したいところです。, 衝撃による眼球突出は高いところから落下することによってなってしまう場合がほとんど。, それによって眼球突出の予防だけでなく金網をかじることによる「不正咬合」や単なる怪我も防げるのでおすすめです!, 内耳炎まで進行した状態をさらに放っておくと脳炎まで進行してしまうこともあるようです。, 歯周炎は弊害として他の病気にもなりやすいので、はやめに病院へいくことをおすすめします。, 下の歯が伸びすぎてしまい上あごに突き刺さったり、上の歯が下あごに突き刺さったりして口の中を傷つける原因となるものですね。, ひどくなると食べることができなくなってしまい元気があっても痩せていってしまいます。, 歯の伸びすぎに関しては、固いものを食べていれば自然と削られていきますし、歯の伸びすぎを防ぐためのかじり木などのグッズもあるためあまり気にすることではありません。, 気にしなくても良い前提として、ハムスターが食べるペレットは固いタイプのものを選ぶこと!ソフトタイプでは歯が削られない!, それでもかじり木を使わなかったり歯が伸びてしまうハムスターも中にはいるので、そんな場合は病院に行って定期的に歯を削ってもらうこともできるので様子を見てくださいね!, 暑さ対策などで金網ゲージにしている時は、上でも説明したように内側に板を張るなどして金網に触らせないような工夫をしてくださいね!, ハムスターの歯の根っこは相当深いので、進行すると「中耳炎」や「内耳炎」、眼球の裏に膿が溜まって目が押し出される「眼球突出」になってしまうこともあります。, 金網のゲージを使っている場合は水槽タイプに変えるか、金網を触らせないような工夫をしたりしましょう。, また、ハムスターに部屋を散歩させる時、口の中を傷つけてしまうようなものが落ちてないかしっかり確認する必要がありますね。, シンプルにしまい忘れるハムスターもいるので、その場合は綿棒などで優しく口の中に戻してあげましょう。, 口の中にほお袋を戻してあげてもすぐにハムスターが引っ張り出して手入れをする仕草が見られた場合は、ほお袋の中に傷や炎症がある可能性が高いです。, おしっこの色の違いはわかりにくいけれど、いつも見ていれば違いが分かるはず!毎日何気なくおしっこの色は確認しておこう!, 慢性的なものは水のようなオシッコが大量にでるなどの症状があり、脱水症状を引き起こすこともあります。, 解説して・・と思いましたが、さすがに長くなりすぎてしまうので、別記事にします(笑), ハムスターの病気をしっかりしておくことは万が一にも対処できますし、飼い主として覚えておくべきことですので、みなさんもぜひ覚えておいてくださいね!, かなり痛々しくてかわいそうな病気です・・。腸を傷つけないよう、病院まではラップで保護してあげると良い!, どうもこんにちは。しおいりです!好きな言葉は「花よりハムスター」「三度の飯よりハムスター」 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. ガン細胞はコピーミスなので、DNAの設計書のとおり働きません。たとえば、胃にできたガン細胞は、どんどん大きくなって、胃をガン細胞が取り囲んでしまい、胃が胃の役割を果たさなくなります。ほうっておくと、近くにある肝臓や大腸にまでガン細胞が成長し、他の臓器まで役に立たなくなり、最後には死んでしまう怖い病気です。, ガン細胞は毎日作られていて、人間の場合は1日3千個から5千個くらい作られているといわれています。ほとんどが、自分自身が持つ免疫機構(めんえききこう)で無くなってしまうのですが、ガン細胞も自分自身が作る細胞なので、免疫機構を逃れて大きくなってしまうことがあります。 良性腫瘍、悪性腫瘍の区別に、転移するかしないかがありますが、良性腫瘍でも転移したり、悪性腫瘍でも転移しないものがあるそうなので、過信は危ないです。, 飼い主が簡単に見つけられる腫瘍に、シコリがあります。ハムスターを触ってみたら、皮膚の下にコリコリしたものを見つけたというパターンです。 ハムスターの毛並みはとても可愛くてついつい見とれてしまうのですが、たまにハゲているときもあります。 また、赤くなっていたりと、特にお腹のあたりで起こっていることが多いです。 今回は、ハムスターのお腹に見られる病気についてをご紹介します。 動物病院で何もできないのかというとそうでもなく、吸引生検(きゅういんせいけん)といって、注射針を使って細胞を採取して、顕微鏡で見ることもできます。しかし、細胞は同じ臓器でも場所によって形が違ったりするので、正常かどうかの判断も難しい場合があります。また、注射器で取れるような少ない細胞では、分からないこともあります。 当院に来院するハムスターの約3割が体表にできたしこりが主な訴えです。ハムスターは動物種として腫瘍が多いと言われています。 初診時のしこりの大きさは1㎜程度の小… 生きている間に発見することも難しいのですが、内臓に腫瘍ができた場合は、治療も難しい場合が多いです。ハムスターの手術に、輸血や内臓の摘出などはできませんが、場所によっては方法があるかもしれないので、獣医とよく相談しましょう。 免疫力を高めるとガンは防げるといわれるけど、ガンができているということは免疫機構を逃れている証拠なので、免疫力を高めるといわれている食品の効果が、疑わしいのも納得できると思います。 良性腫瘍は、直接の死亡原因にはならないことが多いですが、できる場所によっては死亡原因になったり、ハムスターが違和感を感じると、問題行動や他の病気の原因になることもあります。, ガン細胞が他の部分まで成長することを、「転移(てんい)」といいます。 ハムスターの一番大切なお世話は食事の管理です。 新陳代謝は生きるうえで必要だから行われているのですが、新陳代謝が止まってしまうと、あらゆる所に障害が出てきます。まず、代謝が早い、皮膚、血液、口内、消化器官、毛根、生殖器などに影響が出てきますが、抗ガン剤治療が必要な場合の多い内臓は、代謝が遅いので効きにくいという皮肉な薬なのです。代謝の早い、皮膚、血液、口内、消化器官は、感染症を防ぐために非常に大切なところなので、毛が抜けたり内出血するだけでなく、簡単な病気で亡くなる可能性が高くなります。, ここまで書いておきながら、ハムスター用には抗ガン剤がありません。しかし、犬用の消炎剤でガンに対して効果が報告された薬も(ハムスターへの効果が期待できる薬ではありません)あるらしいので、それを薄めて処方する獣医がいるかもしれません。また、抗生剤(抗生物質)を処方する獣医や、免疫力を高める健康食品を薦める獣医もいます。膿瘍(バイ菌が溜まっている)には効果があっても、ガンには効果がなく、副作用で苦しむだけなので、腕の良い獣医に診察してもらいましょう。 腫瘍には「良性腫瘍(りょうせいしゅよう)」と「悪性腫瘍(あくせいしゅよう)」があり、悪性腫瘍というと「癌(がん)」のことをいう場合が多いです。 ハムスターの腫瘍(胸部の腫瘍) 今回来院されたハムスターちゃんも胸の辺りの皮膚に腫瘤ができていました。 やはりハムスターには腫瘍が多くできますね。 ハムスターにおいて腫瘍は、かなりの頻度で見られます。特に1才半を過ぎると、死に至るような悪性の腫瘍(癌)がよく発生します。 腫瘍は組織学的に良性と悪性(癌)に分類されますが、基本的に組織を採取して病理検査を行わなければ判断できません。 皮膚の下にある腫瘍は、ハムスターなので麻酔は必要になりますが、腕の良い獣医なら取ってくれるので、あわてないように日頃から動物病院を調べておく必要があります。また、ハムスターはガンの進行も早く、1週間迷うだけで致命傷になることがあるので、飼い主の心づもりも貯金の準備も必要です。 ガンを高確率で完治する方法は、できるだけ早くガン細胞を取り除くことなので、まずは取ることを最優先で考えましょう。, 腫瘍を見つけたら、病院で吸引生検してもらって、ガンの可能性があるのなら腫瘍を取ってもらい、取った腫瘍を病理検査で調べてもらい、病理診断の結果から、今後の対策を考えるのが、ベストパターンだと思います。 ハムスターの病気やケガを予防する方法 ハムスターが病気になると病院での治療に保険がかからないのでかなりの負担になります。なによりハムスターが苦しい思いをしてしまいます。そうならないためにも病気を予防する飼育を心がけてほしいのです。 その反対に、「悪性腫瘍(あくせいしゅよう)」とは、どんどん大きくなり命を脅かす(おびやかす)腫瘍のことで、ガンのことを言うことが多いです。 ここまでの記事をマジメに読んだ人は、薬によるガンの治療が難しく、リスクが高い物だと理解できたと思います。ペットの場合は選択肢が少ないので、手術で取り除けない場合は、緩和治療にうつることをオススメします。, 本人(本ハム)の体質や生活パターンなどの例外が多く、全く同条件の病気はないですし、本人に複数の方法を試せないので、医療に関して疑わしい情報が常識になっていることが多いので、注意しましょう。 抗ガン剤の理屈を簡単に説明すると、ガンは細胞の異常増殖なので、新陳代謝を止めてしまえば、ガンは大きくならないというもので、抗ガン剤は薬ではなくDNAに致命的な障害を起こす「猛毒」です。 また、ガンは治らないという人もいます。これも間違いで、自然には治らないけど、できるだけ早い段階で適切な処置をすると簡単に治ることもあります。, 動物は常に、「新陳代謝(しんちんたいしゃ)」をしています。新陳代謝は単に「代謝(たいしゃ)」ともいわれ、古くなった細胞を新しい細胞に入れ替える作業で、細胞が成長し続けたり、手が足になったりすることはなく、細胞が入れ替わるだけです。また、ケガや病気が治るのも、代謝のおかげです。 長生きすると、ガンになる可能性が高くなります。ハムスターに関わらずペットの飼育になれている人は、他の病気にさせにくくなるので、ガンとどう付き合うかが飼育のテーマになってしまいます。, 子供でも分かるように書いているし、専門家ではないので、いろいろ欠けています。詳しいことは、自分で調べてください。ハムスター用に書いていますが、基本的なところは人間の場合とほとんど同じなので、自分のためにもじっくり読みましょう。, [ フォーラム ] に闘病記事があるので、参考にしてください。また、痛々しい写真がある記事は、会員専用になっています。, 「腫瘍(しゅよう)」とは、異常な細胞の増殖のことで、「できもの」の総称です。要するに腫瘍とは「おでき」です。 当記事ではこんな疑問に答えます。 漢字で書く「癌」は「癌腫(がんしゅ)」のことを指し、「肉腫(にくしゅ)」と区別されますが、どこにできるかで言い方が違うと覚えても、飼い主的には問題ないと思います。ひらがなで「がん」と書くと、「癌腫」や「肉腫」を含む、悪性腫瘍のこといいますが、ひらがなは読みにくいので、ハムエッグでは「ガン」とカタカナで書く場合が多いです。また、ハムエッグでは腫瘍と書くと、「それってガンじゃないの?」と疑って書いている場合が多いです。, あなたが利用している病院の獣医師が、厳密に言葉を使い分けているかは分かりませんが、腫瘍があると言われた場合は、それが何か分からないから腫瘍と言っているだけです。 収納・家具インテリア、ペット、ガーデニング、なるほど家電までアイディアで暮らしを便利にするメディア, ハムスターにおいて腫瘍は、かなりの頻度で見られます。特に1才半を過ぎると、死に至るような悪性の腫瘍(癌)がよく発生します。 腫瘍は組織学的に良性と悪性(癌)に分類されますが、基本的に組織を採取して病理検査を行わなければ判断できません。すなわち、見た目で良性か悪性かを診断することはできません。また、良性腫瘍でも、だんだん大きくなって、表面が割れて出血、感染を起こすことがあります。, なぜハムスターに腫瘍が多いのかははっきりと解明されていませんが、他の動物と同様に考えると次のことが考えられます。(1)遺伝的要因ペットショップで購入できるハムスターは血統的に画一的で遺伝的要因の可能性が考えられます。(2)環境的要因毎日接触している刺激によるもの。例えば食事中の添加物・残留農薬等、環境の中にあるもの。(3)年齢的要因生物は高齢になると、免疫力の低下などにより腫瘍の発生率が高くなります。, 腫瘍の発生した部分、臓器によって違いますが、いずれの腫瘍でも早期のうちは症状がほとんどみられません。腫瘍が進行すると(良性・悪性に関わらず)次のような症状が現れます。顔面 …食事がとれないために衰弱します。肺 …呼吸が苦しくなります。肝臓 …食欲不振や黄疸などが見られます。子宮(メスの場合) …お腹が大きくなっておりものがみられます。, 治療には内服薬による内科的治療と手術による外科的治療があります。 完治させるには、手術で腫瘍を摘出するしかありませんが、さまざまな理由で手術できない場合、内科的治療をおこないます。 次のような場合、内科的治療を行います。(1)手術のリスク(危険度)が高い場合高齢や進行癌で体力が低下している、癌が転移・癒着している、多量の出血が予想されるなど。(2)飼い主さんが手術を希望しない場合手術によるストレスが心配な場合や、費用の面など。内科的治療には、免疫賦活作用(※)のあるインターフェロンや各種抗癌サプリメントを使用して癌細胞の拡大を抑えるようにします。※免疫賦活作用とは、正常な組織、生体の免疫力を強化して病気に対する抵抗力をつけること。, 我が家に柴犬を迎えた日から毎年家族写真を定期的に撮影している話~柴犬りんご郎と1歳娘の成長日記.

お年寄り 喜ぶ お菓子, ミニベロ シートポスト 径, この世界の片隅に 周作 死, 鷲 鷹 コンドル 違い, My Song 6訂版, 日食 英語 読み方, 新聞 ネタ 面白い, 茅ヶ崎 24時間営業 スーパー, ウエストリボン ワンピース 作り方, Moz エコバッグ 付録, ミシン 使わない ハンドメイド, ドンキホーテ オンライン マスク, コロナ エアコン ランプ オレンジ, 焼肉 テイクアウト 東京, バナー作成 ソフト Adobe, マルイノアニメ Online Shop, ヤフープレミアム 無料 対象外, 僕だけがいない街 アニメ 面白い, チェリー ギター 初心者, できる ん だ ね 英語, 智 弁 和歌山 柳川, 英語 理由 列挙, パワーポイント ワード 貼り付け 綺麗, 兵庫県 道の駅 温泉, 広島 東京 新幹線パック, 新聞 ネタ 面白い, お酒 オリジナルラベル 即日, カブス キャップ ニューエラ, ハイエース 100系 ホイール オフセット, 動画編集 Mac Windows,