キャンピングカーの記事|アウトドア, キャンプ・車中泊, ハイエース, ハイエース200, ハイエース購入ガイド, ひと昔前まで、キャンピングカーは外国でしか見られない特別な乗り物というイメージでした。しかし、最近では少しずつ日本でも一般的になり、見かけることも多くなってきましたね。とはいえ、アメリカなどで販売されている家具やシャワー、トイレなどが付いた本格的なキャンピングカーだと新車販売価格が1000万円を超えていたり、駐車スペースの問題(全長が7m以上、全高3m以上のモノもあります)があったりと日本ではまだハードルが高い車です。, 「キャンピングカーほどの装備はいらないけれど、快適な車中泊は楽しみたい…。」そんな悩みを持つ人にオススメなのが、車中泊仕様のカスタムを施したハイエースです。用途を割り切れば、ノーマルのハイエースのシートを交換するだけで家族での車中泊が可能な車に早変わりしますよ。, もちろん、家具を備えたラグジュアリーなキャンピングカーもハイエースをベースにカスタムすることが可能です。FLEXハイエース取扱店では、シンプルな車中泊仕様のハイエースを300万円前後で製作することができます(モデルや装備によって価格は違います)。ハイエースの車中泊仕様カスタムなら、本格的なキャンピングカーよりも手頃な値段で快適な車中泊ができることを皆さんに知っていただけたらと思います。, そこで、こちらの記事ではハイエースをベースにしたカスタムではどのような仕様を作ることができるのか、どういった用途にどのハイエースがオススメなのか、などについてご紹介していきます。, 車内で寝泊まりできる設備を持った車がキャンピングカーのイメージですが、日本の法律上で言えば8ナンバーの特殊用途車両を意味します。8ナンバーのキャンピングカーの法律上の定義はフラットなシートを持つこと、乗車定員の1/3が寝泊まりできること、キッチン設備が揃っており、一定の室内高が確保されているいることなどです。, かつては8ナンバー登録をすることで維持費や税金面でのメリットがあり、8ナンバー登録をするかどうかが話題になることがありましたが、最近では税制が変わったことでほとんどメリットが無くなり、ハイエースベースのキャンピングカー、車中泊仕様車を8ナンバー登録する人は少なくなりました。ですから登録ナンバーのことは気にせず、どんな装備が欲しいのかだけを考えていいでしょう。, 続いて、キャンピングカーのベースとなる車の種類ですが、ハイエースなどのバンをベースにしたキャンピングカーは「バンコン」、マイクロバスがベースの「バスコン」、トラックの運転席(キャブ)を残して荷台部分を改造した「キャブコン」、専用シャシーや運転席などキャンピングカーとして最初から設計された「フルコン」の4種類があります。なお、バンコンなどの“コン”は改造や変更を意味するコンバージョンの略称です。ハイエースベースのキャンピングカーのほとんどは「バンコン」になります(キャブコン仕様のハイエースも稀にあります)。, その他、トラックの荷台にキャンピング装備を載せたり降ろしたりできる「ピックアップキャビン」や、必要なときだけキャンプ仕様のトレーラーを牽引する形もありますが、日本ではあまり一般的ではありません。今回の記事は車中泊仕様ハイエースの紹介ですから、バンコンの話に限定して進めさせていただきますね。, ハイエースベースのキャンピングカー、車中泊仕様車をオススメする最大の理由は「普通免許で運転できること」です。ハイエースは普通免許で運転できる一般車両(車両総重量5トン未満、積載量3トン未満、乗車定員10名以下)としては最大サイズで、広い室内空間が魅力です。最近ではSUV車のルーフ部を改造したり、軽自動車をベースにしたキャンピングカーなどもありますが、家族の多い人や荷物をたっぷり積載したい人、ゆったりしたスペースを確保したい人には、ハイエースをベースにカスタムすることをオススメします。なお、今回紹介している現行のハイエース200について詳しく知りたい方は下記の記事を参照ください。, 次にハイエースのキャンピングカーにどこまでの機能や設備を求めるのか、という話になります。最近ではGWやお盆など旅行シーズンはホテルの値段が高騰したり、そもそも予約が取れなかったりすることも珍しくありません。また、帰省時など長距離移動の際に高速道路を降りず、SAなどで車中泊をしたいという使い方も聞くようになりました。単に泊まるだけであれば収納家具は必要なく、人数分が寝ることができるベッドスペースだけ確保すれば大丈夫ですね。次はそれについてご紹介しましょう。, ハイエースを車中泊仕様にカスタムする人のほとんどはハイエースバン、もしくはハイエースワゴンをベースにするはずです。この2モデルにはボディサイズ区分がいくつかあり、ハイエースの車内で何名が寝たいのかによって選ぶモデルが違ってきます。下記表をご覧になっていただければわかりますが、ボディサイズ区分によって全長、全幅、全高のすべてが違います。ちなみに、一般的なスペック比較では全長、全幅、全高の数値が紹介されていれば充分ですが、車中泊仕様のハイエースで重要なのが運転席より後ろの荷室スペースのサイズです。そこで、下記表では荷室長、荷室幅、荷室高も紹介してみました。, 上記の数値だけでは何人が寝られるサイズなのかが分かりにくいでしょう。そこで、ハイエースの荷室サイズをイメージするために一般的なベッドのサイズも掲載しました。シングルベッドは縦195㎝×100㎝、セミダブルは縦195㎝×120㎝、ダブルベッドが縦195㎝×140㎝です。この数値とハイエースの荷室のサイズを見比べていただくと、ハイエースでの車中泊は大人2人なら楽々、子供が間に寝ても大丈夫なサイズというのがご理解いただけるでしょう。なお、カスタム時に選ぶシートの種類によっては2段ベッドにできるシートを選ぶことも可能です。車中泊仕様のハイエースではロングバンの標準ボディ・標準ルーフ仕様やワゴンGLやDXなど、コンパクトなボディサイズの車両でもテーブルなどの家具を置かず、フルフラットベッドにすれば充分なスペースが確保されるでしょう。, なお、ハイエースのキャンピングカー仕様では就寝人数は最大で5名になります。大人5人となると少し辛いと思いますが、大人3名や、大人2名+子供2~3名であれば充分に寝ることができますよ。ちなみに、車内を締め切って就寝すると夏では息苦しく感じることもあるでしょう。窓を開けて寝られるよう、防虫ネットも販売されていますし、日中に仮眠する際に陽射しを遮る遮光パッドやカーテンも販売されています。そういったアクセサリーのご要望もFLEXハイエース取扱店のスタッフにお伝えください。, ちなみに、立体駐車場にハイエースを入れる人もいるでしょうから駐車場のボディサイズ制限についても説明しておきましょう。標準ボディ(ナローボディとも呼ばれます)の車幅は1695㎜でワイドボディが1880㎜、立体駐車場の車幅制限は1800㎜ほどなので、そこが心配な方は標準ボディを選んでください。次に高さ制限ですが、最大サイズの立体駐車場でも2.1mほどの制限があります。ミドルルーフの2105㎜、ハイルーフの2240㎜だと制限を超えてしまうでしょう。駐車場の制限が無いのならスーパーロングバンかグランドキャビンがオススメで、どちらも同じ荷室サイズになります。, ハイエースのノーマルシートは2列目、3列目のシートを前後にスライドさせたり、フルフラットにしたりすることはできません。車中泊仕様にするためには2列目以降のシートを変更する必要があります。シートの種類はリクライニングさせてフルフラットにするタイプや、取り外し自由なテーブルを挟んで向き合うタイプなど選択肢は豊富です。どのシートも就寝時にシートを折りたたむことでベッドスペースを確保しますが、「2人が寝られるスペースがあればいい」などと割り切ることができる方は冷蔵庫やキッチンスペース、収納棚などを確保し、ラグジュアリーなスタイルにすることも可能です。, なお、参考までにFLEXハイエース取扱店で販売しているオリジナルシートを取り付けた際に、どのようなシート配置ができるのかがわかる図を紹介いたします。詳細なシートの紹介は別の記事で行いますが、自由なシート配置ができるのは下記の図でご理解いただけるでしょう。, FLEXのハイエース取扱店では何種類ものハイエースのコンプリートカーを販売しています。新車のハイエースをベースに車中泊ができるベッドだけを用意したシンプルな仕様から、ラグジュアリーな家具を装備した、まるで自宅のような快適なキャンピングカー仕様までお客様の希望に合わせたカスタマイズが可能です。もちろん、各店で豊富に取り揃えている中古車をベースにしたご相談もお受けいたします。FLEXでは自社で開発したオリジナルシートも販売しており、折りたためばベッドになるシートも複数用意しています。どのような用途のハイエースを作りたいのか、をご予算とともに相談いただければ車両の手配からカスタムまで責任を持って担当させていただきます。, 器用なユーザーならDIYでベッドを作ってしまいますが、車中泊カスタム用にキット化されたベッドもあれば、新車販売の時点でコンプリートされたベッド仕様もあります。新車や中古車でハイエースバンを手に入れ、カスタムを楽しむユーザーは増えています。ハイエースのベッドカスタムで見逃せないのがすでに車中泊仕様にカスタムされた中古車です。現行型のハイエース200系でもデビューから10年以上経っており、車中泊用にカスタムされたハイエースも多く販売されています。新車からカスタムを始めるのは費用的に厳しい…と思ったらな中古のハイエースを探してみましょう。きっと好みのカスタム車が見つかりますよ。, 車中泊用にカスタムされたハイエースは走行する際はノーマルのラゲッジ&リアシートの状態です。常にベッドが接地されているわけではなく、目的地で必要になる時だけセットするタイプです。ですから、普段は仕事にも通勤にもファミリードライブにも使えます。ベッドは組み立て式が一般的。セッティングはリアシートを倒したり動かしたりして空間を広げ、そこにベッドボードを乗せて完成する、とてもシンプルなものです。, ハイエースを使って車中泊をし、アウトドアを楽しむ方場合は、他の人に気を遣う必要もなく気軽に過ごせるのが良い点です。しかし、冬の車中泊は寒さが難点。エンジンをかけてエアコンをつければ寒くはありませんが、場所によってはアイドリングができないこともあります。エンジンを切っても冬の車中泊を快適にするためには、しっかりした寒さ対策が必須です。ただ我慢しているだけでは、風邪をひいてしまいますし、最悪の場合、凍死してしまうかもしれません。そこで次は、誰でも簡単にできる冬の車内での防寒対策をご紹介します。, 冬と言えば楽しみなのがウインタースポーツ。雪の中で楽しむウインタースポーツは、野球やサッカーのように、一年中、楽しむことはできません。スキー、スノーボードが好きな人は、寒い季節がやって来るのを指折り数えていたのではないでしょうか。しかし冬のアウトドアでの問題点と言えば、荷物の量が多いことです。スキーウェアなど、衣類だけでも大変な荷物になってしまいます。, そして経験した方ならわかると思いますが、スキーやスノーボードを抱えて電車で移動するのはなかなか大変なものです。そんなとき荷物がたくさん積めて自由に動ける車があると便利ですよね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" そもそも寝袋はそれだけでも暖かく、身体に直に触れるので、汚れが気になるという方もいるかもしれません。そんな時にこのインナーシュラフがシーツ代わりになってくれちゃいます。寝袋そのものを洗うとしたらなかなか大変ですが、インナーシュラフを入れておけば洗うのはインナーシュラフだけでOK! 100%ポリエステルなので汚れても拭き取りやすいですし、洗濯機で洗うこともできてお手入れも簡単です。, 抜群の暖かさが自慢! patagonia アンダーウェアMsキャプリーンMWジップネック, 山間部の冬の寒さは想像以上に厳しいため、普段から厚手のものを用意する必要があります。しかし、あまり分厚いとかさばってしまいますよね? そんな時に保温性を高めてくれるのがアウトドア用のアンダーウェアです。通常のアンダーウェアを着た場合、生地や厚さがあくまでも通常用なので、冬の山やキャンプ地ではそれほど有効に機能してくれないことも多いです。しかし、アウトドアブランドとして実績を持つPatagoniaのアンダーウェアは、通常のものとは保温性も着心地も違います。, こちらの『メンズ・キャプリーン・ミッドウェイト・ジップネック』は、世界最先端の技術を持つ生地メーカーのポーラテック社が開発したポーラテックパワーグリッド素材という生地でつくられています。表面はサラッと滑らかな素材である一方で、裏面は起毛仕立てのフリースを格子状に肉抜きしたつくりになっており、体を温めつつもとっても動きやすい優れものです。速乾性もあるのでスキーやスノーボードなど、ウィンタースポーツのお供にもオススメのアイテムとなっています。, 家でも使いたくなる暖かさ! montbell(モンベル) エクセロフト フットウォーマー, アウトドア用のテントシューズは、車中泊で足元を温めてくれる保温グッズです。ただでさえ冬場は足元が冷えてしまいますが、車中泊となるとその寒さは屋内の比ではありません。そんな時、手足の冷たさがツラいですよね? 冷え性の人ならなおさらです。そこで使えるのがテントシューズです! 体温放出の多くが、手足や頭部などの体の末端から行われますから、こういった部位はしっかり冷気から守りたいですよね。montbellの『エクセロフト フットウォーマー』は、中綿入りなので暖かく、滑りの良い素材を使っているために着脱も簡単。車中泊で力を発揮するのはもちろんですが、フットウォーマーは自宅内で使用してもOK! ソファに座ってテレビを見る、寝転がってスマホを見る、またはイスに座ってパソコンを使うなんて時でも、足元から暖かくできるフットウォーマーはあると便利なアイテムです。, 車中泊では車のエンジンを切るのが普通なので、普段使っている暖房をアテにはできません。そこで、電気を必要とせずに使える保温アイテムと言えば、寒い冬を乗り切るための日本の伝統的保温グッズとも言える湯たんぽです。ただし、普通の湯たんぽだとお湯をつくるのに一苦労ですし、最初は良くても朝方にはお湯が冷めてしまうなんてことも。なのでここでオススメしたいのは充電式の湯たんぽです。, 20分間充電するだけで、最長8時間も暖かさが持続しますから、家を出る前にちょっと充電しておけばOK! 面倒なお湯の入れ替えも一切不要。コードレスなのでどこにでも持ち運べますし、繰り返し何度でも使えます。ナイター営業のスキー場で遊んでから車中泊する方は、いちいちお湯を沸かしたりせずにすぐに体を温められますからとっても嬉しいグッズですよね。, もし充電を車内でするとなればシガーソケットからということになりますが、出力が弱いので家で充電するよりも時間がかかってしまうのが現実です。しかも、エンジンを停めて充電するとなると、じわじわと車本体のバッテリーが減っていってしまいます。そんなときに役立つのがメインバッテリーとは別に用意しておくサブバッテリーです。このサブバッテリーを載せておけばエンジンを止めていようが気にせず充電出来ますし、メインバッテリーとは違い急速充電も可能となっています。, フレックスではハイエースにサブバッテリーを搭載するカスタムで車内における充電問題を解決しています。その辺りについてはこちらの記事で解説していますので、よろしければご覧ください。, これから車中泊をはじめてみようという方は、これらの防寒グッズを用意してぜひ冬のオートキャンプを楽しんでください! でも、そもそも泊まる車はどれがいいの? そんな風に思う方もいるかもしれませんね。車中泊に適した車はやっぱり荷物も人もたくさん載せられるミニバンですが、その中でも圧倒的に支持を得ているのがトヨタのハイエースです。, 車中泊の王様と言っても言い過ぎではないこの車の魅力は、まずはなによりその最大級の積載量にあります。大人が三人も四人も横になって寝れちゃう車は他にはありませんよね。さらにハイエースは、ありとあらゆるシートアレンジが可能だということも、人気の理由です。, フルフラットベッドはもちろんのこと、2段ベッドや、ちょっとした料理をつくるための調理スペース、そしてそれをみんなで囲んで食べるためのテーブルスペース、ありとあらゆるシートバリエーションがあることから、その人その人の車中泊プランを自由に設計することができますね。FLEXでは、冬の車中泊が一段と楽しくなる色々なハイエースをご紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください!, いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。, 大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。. サンキューホーン「パパーン」が純正スイッチで鳴らせる!? 灼熱の夏の車中泊を乗り切るため、USB充電式の扇風機を導入してみました。 寒いのは布団で調整すればなんとでもなるが、暑いのは布団なしで寝ても限界がある! というわけで、外部冷却が必要ということで、夏の ... あまりレビューがない中、試しに買ってみたマキタの扇風機が車中泊で大活躍している。 車中泊は基本エンジンかけてクーラーで寝ないので、暑い夜は車内に熱がこもらないようにする換気と、扇風機による風の循環が重 ... 今回は自分の500泊以上の経験上、忘れたらめちゃくちゃ後悔するものを厳選してブログで紹介した。, 睡眠グッズはもちろんのこと、「電源環境系」や「ネット回線」グッスを紹介しているのも、そのためだ。, もちろん、一気に揃える必要はないし、この記事も自分にとってのおすすめなので、万人にとって超お役立ちというわけではないかもしれない。, これを一例に、自分で考えながらちょっとずつグッズを買い足して快適にしていくのも、車中泊の楽しみです。. ハイエースを車中泊仕様にカスタムする人のほとんどはハイエースバン、もしくはハイエースワゴンをベースにするはずです。この2モデルにはボディサイズ区分がいくつかあり、ハイエースの車内で何名が寝たいのかによって選ぶモデルが違ってきます。 こんにちは!夫(ゆう)・妻(まる)が、トヨタハイエースで全国を旅する、通称「VANLIFE(バンライフ)」という生き方をしつつ、車中泊とキャンプを楽しむ夫婦です。, ちなみに、私たち夫婦は「ハイエース スーパーロングバン」に乗ってバンライフをしています!!, そんな年間100泊以上、車中泊をする夫婦が、【2020年版】「ハイエース」は快適に車中泊可能なクルマなのか?をお届けします!, 街中でハイエースってたくさん走っていますが、微妙に違うのはハイエースを勉強するまで知りませんでした。, ただ、ハイエースを車中泊仕様にカスタムorDIYしようとお考えの方は「ハイエース バン」なのか?「ハイエース ワゴン」なのかをまずは決めることが大事です。, この2モデルにも様々なボディサイズがあり、車中泊の際に、ハイエースの車内で何名が寝たいのかによって選ぶモデルが変ってきます。, ハイエースには、「スーパーGL」「DX」「DX”GLパッケージ」と3種類のグレードがあります。, ここではそのグレードを簡単に解説し、ハイエースが車中泊するのに快適なのかどうか探っていきます。, しかし、車中泊する際には、荷台の部分を使いますので、基本的に大きくグレードによって変わることはありません。, 今後、カスタマイズやDIYを予定している方は、どこまでするかを決めておくことで、どのグレードを購入するかを決めることをおすすめします。, 私たちは、どんどんDIYしていこうと思っていたので、「DX」でも大丈夫と思い購入しました。, 実は上記の「ハイエース バン」の表は、複雑そうに見えるのですが、ボディタイプは大きく分けると「4種類」しかありません。, この4種類がどれだけ車中泊に快適なのか?運転のしやすさ、幅や高さを実際に乗っている私達だからこそわかる情報と共にお伝えします!, 街中で一番見かけるのがこのタイプ!社用車ではなく個人で使っている人も多数いるので一番人気です!, 多くの介護施設などの送り迎えに使われたりします。高さが高い分、社内では快適になったり、車いすが丸ごと入るのも特徴の一つです。, ハイエース最大のサイズを誇るスーパーロングはハイルーフのみの設定となっています。1番でかいのがほしい!!!って思う方はこれ一択になります。, まず、大きさが圧倒的なので、「セミダブル(縦195㎝×120㎝)」の厚さ「22cm」のマットレスをそのままクルマに入れております。, バンなので、全てフラットの状態なので、現在は3人乗りの座席は取り除き、家具などをそのまま置いて生活しております。, 前までは軽自動車に乗っていたので、ハイエースの大きさを把握するまでは落ち着いて運転することができませんでした。, さらに、全長が「5380mm」と圧倒的に長いため、駐車するのが難しく、駐車をできそうにないので諦めた駐車場は数知れず。, ハイエースバンは「荷物」を運ぶのがメインのクルマですが、ハイエースワゴンは「人」を運ぶのがメインです。. ハイエース200系 維持費の安い4ナンバー8人乗り fd-box5登場 をご覧ください。 <共通点①> コンパクトサイズで維持費も安い! 4ナンバーのハイエースで車中泊可能! まずは違いを比較する前に、大きな共通点をお知らせします。 ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回はナローボディのハイエースで家族4人で車中泊を楽しむ上での可能性と限界について考えてみたいと思います。 ハイエースで車中泊できる最大人数は何人か? Copyright(C)2009-2018 4CsiƒtƒH[ƒV[ƒYj All Rights Reserved.

小麦粉 なし 蒸しパン 5, 車 エアコン ガス 料金 ディーラー 15, 無印良品 フローリングモップ 改良 4, 久石譲 コンサート 2021 8, ユニチャーム オールウェル 評判 9, 住友生命 バイタリティ 時計 安い 12, 中学 内申 厳しい 8, ナビオ 速読 英語 7, 子供 喪服 コート 11, O脚 筋トレ 治った 7, タント ブレーキランプ 接触不良 8, Bna 感想 12話 6, スイッチ ユーザー 削除 4, セルズ 給与 社会保険料 4, Xcode Unable To Install 14, 彼氏 寝坊 ドタキャン 7, トヨタ自動車九州 2ch 最新 10, R ヤング マガジン サード 5, 故 亡き 違い 11, たまプラーザ 和食 ランチ 6, マイクラpe Xray アドオン 27, Gsx S1000 フロントフォーク セッティング 13, 荒野行動 配信 Mac 7, スマートウォッチ 修理 大阪 4, Azure Vhd Upload 6, Youtube スクリーンタイム 回避 5, Toto トイレ リモコン故障 7,