Copyright c FLEX Inc. All rights reserved. ハイエースvs.キャラバン 圧勝の理由 商用バン界の王者決定戦!! 仕事で、レジャーで、いつ何時も安全に走行しなければいけない箱バンは悪路や雪道の走破性も重要になってきます。 ハイエースとキャラバンの4wd性能の違いはどうでしょうか? ハイエースの4wd性能 ハイエースとキャラバンの悪路・雪道走破性の違い. 永遠のライバル車! トヨタ ハイエースと日産キャラバン 乗用車を販売する自動車メーカーは、現在国内に10社存在します。メーカーによってクルマづくりの考え方や技術が違い、各社はそれぞれの技術を駆使したさまざまな車種を日々開発しています。 NV350キャラバンはディーゼル車にも5速MTが用意されており、積載量が多いクルマには最高出力よりトルクの方が重視されるが、人気のディーゼル車では、ハイエースよりもNV350キャラバンのほうがトルクが5.4kgmも勝っている点は大きな 乗用車だけとは限らず、「商用車」にも優れた機能を持つクルマは多く存在します。代表とも言える商用車が「トヨタ ハイエース」と「日産 NV350キャラバン」の2車種です。「ハイエース」と「キャラバン」の違いをご紹介していきます。, ハイエースは、ロングバン・標準ボディからスーパーロングバンタイプまで、全長・幅・高さで選べる4バリエーションをご用意しています。さらに、シート配列やフロア形状、スライドドアのタイプなどもきめ細かく選べます。, トヨタ・ハイエーススーパーGL3000ディーゼル・2WD・標準ボディで、内装色はダークグレー仕様のハイエースです。, ニッサンキャラバンは、バン・2WD・ロングボディ・低床AT車に、小型貨物車4ナンバーバンクラスで初めてとなる自動ブレーキ「エマージェンシーブレーキ」、VDC、ヒルスタートアシストを標準装備した「エマージェンシーブレーキパッケージ」を新設定しています。, NV350キャラバン。マイクロバスの前後シートの間隔を広くとり、室内は14人の乗客がゆったりくつろげる圧倒的な広さです。, キャラバンのシート地・内装色は、モダンな空間に似合う、4つのコーディネーションを用意しています。, 1967年に生産が開始された、トヨタ ハイエース。2012年までの国内累計生産台数は約600万台で、その数はトヨタが誇る名車、クラウンに匹敵します。仕事用としてだけでなく、遊びにも大活躍のハイエースは、まさにワンボックスカーの代名詞ともいえる存在です。, 王者ハイエースに勝負を挑むのが、日産 キャラバン。初代モデルは、ハイエースに遅れること6年、1973年に登場しました。絶対的な知名度を誇るハイエースに対して、このキャラバンは日産版ハイエースともいえる存在で、これまでハイエースに並ぶ代表的なワンボックスカーとして、長く愛されてきました。, ハイエースもキャラバンも、様々なグレードが用意されていますが、今回はバン・タイプの最低価格のグレードで比較してみましょう。ハイエース:1,990,145円 (2WD ガソリン 5M/T)キャラバン:2,126,520円 (2WD ガソリン 5E-ATx), 最低価格でみると、ハイエースのほうが約10万円ほどお手頃です。但し、2WD ガソリンで、6A/Tのモデルだと2,142,327円なので、同程度のグレードで比較した際には、価格差はほとんど同じです。, ハイエースの最大荷室長は3,000mm、それに対してキャラバンは3,050mm。荷室幅は1,520mmで一緒です。ボディサイズが等しいので、荷室の広さもほぼ同等になっています。, 荷室の広さはほぼ同等ですが、キャラバンの荷室で特徴的なのが、ラゲージユーティリティナットがロングボディの場合で14個装着されている点です。, 荷室に設けられたナットを使用することで、荷室内に棚やネットを装着することが容易になっています。, アウトドアシーンでも活躍するハイエース、キャラバン、そんなシーンで気になる動力性能比較です。, ガソリンエンジン車でみると、2車種の動力性能は互角です。以前まではATは、キャラバンが5速でハイエースが4速でしたが、2014年12月のマイナーチェンジで、ハイエースは6速ATへと変更が施されました。このマイナーチェンジによって、ハイエースが一歩リード、と言えるかもしれません。, 燃費や走り心地なども、グレードによって差はあるものの、ハイエースとキャラバンは、同程度と言えます。, 積載性や使い勝手、走行性能など、どちらも優れているハイエースとキャラバンです。客観的な指標からは優劣が付け難い2台ですが、あなたの好みはどちらでしょうか。どちらかを、ご購入を検討している方のご参考になれば幸いです。. ハイエースの人気に割って入る可能性を秘めているのは日産の「キャラバン」。マイナーチェンジを重ねるたびにスペック、装備などがハイエースに近づいているように感じる。キセノンヘッドランプやアルミホイールがオプション設定になっているところまで同じです。

一定需要がある市場には、複数の商品が軒を連ねます。しかもそれらは、同じニーズに対応するため、どうしても似てきます。日産 NV350キャラバンとトヨタ ハイエースもそんな商品群のひとつです。この2台、どこがどう違うのでしょう? Copyright© HACK Media Solution, Co., Ltd. 人気の商用1box、「トヨタ ハイエース」と「日産 nv350キャラバン」を徹底比較!インテリアや装備だけでなく、動力性能や乗り心地まで徹底検証! Copyright© HACK Media Solution, Co., Ltd. ハイエースとキャラバンで迷ったら! ハイエースとキャラバン、それぞれ細かい違いはあるものの、新車時はほとんど同じような車です。 しかし、売却時は ハイエースの方が明らかに、キャラバンよりも高くなります。 というわけで、本日の ハイエースバン 2.8 スーパーGL ダークプライムⅡ ロングボディ ディーゼルターボ 4WD, ハイエースバン 2.8 スーパーGL ダークプライムⅡ ロングボディ ディーゼルターボ, 【売れてるのはコレ】徹底比較:国産Mサイズミニバン対決(ハイエースvs国産ミニバン), 【売れてるのはコレ】乗って楽しいミニバンはどれだ?(ハイエースvsノア・ヴォクシー), 【売れてるのはコレ】トヨタ ハイエースと各メーカーのミニバンの全長を比較してみました!, 【売れてるのはコレ】ハイエースは高級ミニバンを超えられるのか?(ハイエースvsアルファード), 【FLEX NEWS】ハイエースさいたま店が2020/12/4(金)にリニューアルOPEN!3日間限定イベント開催します♪, 【FLEX NEWS】新業態『HIACE BASE(ハイエースベース)』スタート! 2020年10月9日オープンのさいたま店では3日間のカスタムパーツ特価販売イベントも開催!, トヨタ ランドクルーザープラド 一部改良&特別仕様車“Black Edition”が登場|2020年8月3日発売. なにかと比較されることの多い、ハイエースとキャラバン!どちらにしようか迷われている方は非常に多いと思います。実際のところ、ハイエースとキャラバンはどのように違うのでしょうか!?今回は両車で迷われている方必見!ハイエースとキャラバンを徹底比較してみました!, 今回はなにかと比較されることの多い、ハイエースとキャラバンについて、あらゆる側面から徹底的に比較をしてみたいと思います。ハイエースとキャラバン、どちらにしようか迷っている方には必ずお役立ちの内容となっていますので、ぜひ最後までお付き合いください!, まずはハイエースとキャラバンのそれぞれについて、どんな車両なのかということから見て行きましょう!, ハイエースは、トヨタ自動車で生産されている、キャブオーバー型のミニバンです。ハイエースの歴史は古く、1967年に初登場したのが始まりです。発売当初はショートホイールベース(標準ボディ)やトラックなどもラインナップされていましたが、現在それらは消滅しており、ロング、スーパーロング、ワゴン、ライトバン、コミューター(マイクロバス)のラインナップとなっています。, 対するキャラバンは、日産自動車から販売されている商用車ならびに乗用車のことをいいます。キャラバンの歴史も古く、初代キャラバンの誕生はハイエースより少し遅れた1973年となっています。キャブオーバー型のバン(1・4ナンバー)とコーチと呼ばれるバス(2ナンバー)、ワゴン(3・5・7ナンバー)のラインナップがあります。, ハイエースとキャラバンのそれぞれについての簡単なご紹介は以上です。次から早速両車を様々な角度で比較してみたいと思います!, まずは気になる装備や大きさの違いから比較してみましょう!ボディの大きさについては、両車とも同じとなっています。後席を畳んだ状態の最大荷室の長さについても、ハイエースが3,000mm、キャラバンは3,050mmとほぼ同じです。荷室の最大幅は1,520mmで共通となっています。ボディサイズが等しいワンボックスバンなので、荷室の広さも同等になっています。, 大きな違いと言えばキャラバンの荷室の特徴である、ラゲージユーティリティナットをロングボディの場合で14個装着したことがあげられます。これは荷室に設けた穴のことで、棚やネットを装着する時などに使用します。使い勝手が良いと話題になった装備でもあります。商用車として使用されることの多いハイエースとキャラバンですので、このポイントは大きいかもしれません。, さらに異なるのはエアコンで、ハイエースのスーパーGLというグレードではオートタイプエアコンですが、キャラバンは同等グレードのプレミアムGXでもマニュアルタイプとなっています。このあたりの使い勝手についてはハイエースに一票といったところでしょうか。, ハイエースとキャラバンの装備や大きさについての比較は以上です。続いては気になる性能の違いについて、比較してみましょう!, ハイエースとキャラバンの動力性能は、2Lエンジンについては両車とも互角となっています。注目ポイントは、キャラバンのATが「5速」ということです。ハイエースの「4速」に比べエンジンの力を有効に活用しやすいというメリットがあります。, それでは、燃費についてはどうなのでしょうか?それぞれの燃費データについては以下の通りとなっています。【ハイエースの燃費】カタログ燃費:JC08モード7.9~9.7km/L、10・15モード 7.6~10km/L実燃費:軽油 9.49km/L, 【キャラバンの燃費】カタログ燃費:JC08モード8.4~10km/L、10・15モード 7.8~16.4km/L実燃費:軽油 10.07km/L, 最後に、最も気になるポイント、ハイエースとキャラバンの価格比較を行ってみたいと思います。, それぞれの最上級グレードについて比較してみると、ハイエースのスーパーGLのディーゼルターボ仕様は、車両価格が338万914円となります。快適装備をフルに装着すると約30万円の上乗せで、総額では370万円近い金額となってしまいますが、ワゴン並みの快適性と便利性が得られると評価されています。, 対するキャラバンのプレミアムGXは、ディーゼルターボの価格が330万9120円です。プレミアムGXにはインテリジェントキーなどが標準装着され、キセノンヘッドランプやアルミホイールはオプションとなり、合計すると約20万円の上乗せとなります。, 両車をほぼ同じ装備にして考えると、価格面はほぼ互角という結果になりました。中古車相場においてもそれぞれご紹介しておくので、参考にしてみてください。【ハイエースの中古車相場】中古車価格:22~615万円【キャラバンの中古車相場】中古車価格:110~639万円, お疲れさまでした!ハイエースとキャラバンの比較結果については以上です。いかがでしたか?, 今回ハイエースとキャラバンの比較を行ってみて、個人的には両車それぞれにメリットや特徴があること、互角な部分も多いことがわかり、迷われる方が多いのも納得の結果でした。, ハイエースとキャラバンをどちらにしようか迷われている方に、今回のまとめが少しでもお役にたてればうれしく思います!ありがとうございました!. なにかと比較されることの多い、ハイエースとキャラバン!どちらにしようか迷われている方は非常に多いと思います。実際のところ、ハイエースとキャラバンはどのように違うのでしょうか!?今回は両車で迷われている方必見!ハイエースとキャラバンを徹底比較してみました! ハイエースの最大荷室長は3,000mm、それに対してキャラバンは3,050mm。荷室幅は1,520mmで一緒です。 荷室幅は1,520mmで一緒です。 ボディサイズが等しいので、荷室の広さもほぼ同等になっています。 仕事にもレジャーにも大人気の箱バン。国産の箱バンの購入を考える時にまず思い浮かぶ車は何でしょうか?, 街中でよく見かけて、新車中古車ともに大変人気のある車といえば「ハイエース」でしょう。, 一方、同じようなカタチだけどトヨタマークではない車も見かけたことがありませんか?それが、日産の「キャラバン」なんです。, 実は価格も同じくらいの車両同士なのですが、実際にはどちらを選べば良いのでしょうか?, バンを選ぶ時、大切なのは車の大きさですよね。特に車内の広さは荷物の積載量にも関わるので重要です。外寸と内寸に分けてそれぞれご紹介しましょう。, ハイエースはスーパーGLのロングボディ、キャラバンはプレミアムGXのロングボディで見てみましょう。, 高さが10mmだけキャラバンの方が高いので、ガレージにギリギリ入るか入らないかの場合には決め手になるかも知れませんが、通常は気にする必要のない差でしょう。, それよりも、地上から床までの高さが5mmだけハイエースの方が低く作られていますので、荷物の積み下ろしが少し楽になるかも知れませんね。, こちらもやはりほぼ同じなのですが、キャラバンの方が50mmも荷室長が長くなっています。, 長尺物を積載するときなど、「あと少し荷室が長ければ・・・」という時にはキャラバンの方が優位ですね。, また、初めから商用で使う場合に、普段から積み込む物の長さによってはキャラバンでしか収まらない場合もあるかも知れません。, 商用バンの最も大切な要素といっても過言ではないので、しっかりと荷室の広さは抑えておきましょう。, ハイエースのサイズについては「ハイエースの大きさまとめ。全長、全幅、全高をご紹介」で解説しています。, それでは、荷物を積んでの快適な走行には欠かせないエンジンスペックも見ていきましょう。, 排気量の違いがあるので、もちろんパワーは変わりますが、ハイエースに関しては標準車両が2リッターエンジンですので、やはり少し非力に感じるでしょう。, パワーではハイエースの方が勝っていますが、トルクはキャラバンの方が優位なため、走行時の走り出しや、重量物を積載した際の動力性能はキャラバンの勝ちですね。, ハイエースのガソリンとディーゼルの違いは「ハイエースのガソリンとディーゼルはどっちがお得?購入費用や買取についてご紹介」で詳しく解説しています。, まずは装備内容ですが、ハイエースの場合キャラバンと比べて優位な装備がこれといってありません。, しかし、取り回しの良さという点において、キャラバンの最小回転半径が5.2mなのに対して、ハイエースは5.0mと、より小回りが効くようになっています。, また、安全装備ではミリ波レーダーと単眼カメラを併せ持つことで、車両などの大きな障害物はもちろん、人や自転車なども検知できるようになっているので安心ですね。, キャラバンにはミリ波レーダーしか付いていませんので、安全装備に関してはハイエースに軍配が上がります。, キャラバンは、ハイエースの後発として出てきているだけあって、よく研究され優位につくられています。, 中でも注目なのが、荷室の使い勝手を向上させる「ラゲッジユーティリティナット」です。, バーをネジで固定できる機能が全車に標準で装備されていますので、特に荷室を有効に活用したい場合には非常に便利な装備となっています。, また、インパネ下部にはペットボトル2本分のスペースでエアコンの冷風で保冷できる機能を持った収納が付いています。, 仕事をした時に冷たい飲み物が飲めるのは本当に有難いですよね!こういった細かい部分まで考えられているのがキャラバンの長所でしょう。, 仕事で、レジャーで、いつ何時も安全に走行しなければいけない箱バンは悪路や雪道の走破性も重要になってきます。, ハイエースはセンターデフ式のフルタイム4WDとなっています。特にドライバーが切り替える必要がなく、車が路面状況を判断して自動的に制御してくれます。, ハイエースではLSDがリヤにオプションで付けられるという点にも注目。肩輪が空転してしまうような状況でも、もう一つのタイヤさえ地面に接地していれば駆動力を路面に伝えることが出来るようになっています。, 2WDと4WDの駆動方式をドライバーが必要に応じて選択できるのがキャラバンの方式になります。, これにより、通常の路面で4WDが必要のないシチュエーションにおいては、燃費を重視させて2WDで走行し、ぬかるみや雪道などでは4WDに切り替えて駆動力をアップさせることができます。, しかし、肝心の4WD機能にはLSDを付ける事が出来ないので、ハイエースに比べると走破性という点においては劣ってしまいます。, ウィンタースポーツをする時に雪道を走行する際には、ハイエースの方が断然優れていると言えるでしょう。, それでは、売れ筋グレードでの価格の違いはどれくらいなのでしょうか?それぞれ人気のディーゼルエンジン車で比べてみました。, 荷室も広く、装備も充実しているキャラバンですが、やはりトヨタのハイエース人気に対抗するためには価格で対抗せざるを得ないのでしょうか。, しかし、購入する時の値段が安いからといって必ずしもトータルで安いとは言えません。それは次にお話する内容が重要となってきます。, 実は、ハイエースとキャラバンを検討する上で大きく違う点が「買取価格」です。車を購入してから、長く乗る人もいれば早く手放す人もいます。, 共通しているのは、いつかは手放すということです。そのほとんどが、下取りに出したり買取に出したりして売却しますよね。, そんな時に少しでも高くで売れるほうがもちろん良いです。ではどちらが高くで売れるのか。, これに尽きるのですが、国内の人気だけでなく海外から人気が高い事が余計にハイエースの高額買取に拍車をかけています。, それは、トヨタが今まで世界で築きあげた「ブランド力」が大きく関係しており、カローラやランドクルーザーといった車両を筆頭に、「故障が少ない安心して乗れる車」という印象が強く、また実際に丈夫であることが評価を得ています。, 実際の売却価格と見ていても、同じ年式、同じ走行距離で比較しても、20万円〜50万円も価格が違うことがあります。, 大袈裟に思うかも知れませんが、ハイエースかキャラバンでもしも迷っているなら、絶対にハイエースをお勧めします。, ハイエースの買取価格は「ハイエース100系の買取相場はいくら?高価買取のために抑えておくべきこと」と「ハイエース200系の買取相場と高く売れる理由を解説」を参考にしてください。, ハイエースもキャラバンもほぼ同じ車に見えて、実は結構違う部分もある事がお分かりいただけたと思います。, エンジンで選ぶのか、機能面で選ぶのか、走破性で選ぶのか、リセールバリューで選ぶのか。どの部分にウェイトを置いて考えるかはアナタ次第ですが、今回の記事を参考にして、ぜひ後悔のない箱バンライフを楽しんで下さいね。, 参考:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/nv350caravan.html. nv350キャラバンのホイールにマッチングするアルミを厳選。日産キャラバンの純正サイズ15インチから16・17インチまで、ポリッシュ・黒アルミなどホイールカラーも多彩に集めました。レイズ・ジャオス・ハヤシレーシング・阿部商会・マルカサービスなど。 ハイエースの場合は2WDと4WDで価格差163,080円に対し、 キャラバンのそれは307,800円と、キャラバンの4WDは割高設定。 ハイエースがフルタイム4WD(センターデフ+パッシブ式)に対し、キャラバンは2WD-4WD切り替えのパートタイム4WD。 ハイエースの記事|トヨタ, ハイエース, ハイエース200, ハイエース購入ガイド, ライバル比較, 日産キャラバン, 乗用車を販売する自動車メーカーは、現在国内に10社存在します。メーカーによってクルマづくりの考え方や技術が違い、各社はそれぞれの技術を駆使したさまざまな車種を日々開発しています。売れるクルマをつくるためにメーカーはさまざまな市場調査をするわけですが、それは「ステイタス」だったり「快適さ」だったり「燃費」だったり…。時代によってユーザーが求めるものは変わってゆくのですが、その要望に最も当てはめることができた車種がその時代の「ヒット車」となります。そんななか、今回の記事でスポットを当てていく「トヨタ ハイエース」と「日産 NV350キャラバン」。全く違うメーカーながら、この2車種ほどターゲットユーザーのベクトルが完全に一致した車種はなかなかありません。サイズやかたち、装備や価格までほとんど同じとなると、一体どっちを買ったらよいのか迷ってしまうのは当然のこと。フレックスはハイエースを専門に取り扱っていますが、今回は両車の優れた部分やオススメのポイントを徹底的に検証していきたいと思います!, ハイエースとNV350キャラバンは両車ともさまざまなボディタイプがありますが、今回はユーザーさんが分かりやすいように、ガソリン2000ccの標準ボディ、バンタイプにフォーカスを当てて解説していきます。前項でも触れさせていただきましたが、この両車の基本コンセプトは全く同じと言って良いでしょう。4ナンバーサイズギリギリまで使ったキャブオーバー(運転席と2列目シートの床下にエンジンを収めたボディタイプのこと)のボディ、デザインよりも機能性を重視したインテリアや荷室のつくりこみ、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの2ラインナップなど、誰が見てもライバル車なのが一目で分かるほど一致点が多くなっています。それではまず、両車のデータから見ていきましょう。, それではNV350キャラバンの魅力とはなんでしょう? NV350キャラバンはヘッドライトが吊り目になっていて今風のデザインです。デザイン面ではハイエースよりも少しシャープな印象をうけます(好みは分かれるとは思いますが…)。装備の特徴をまず1つあげますと、キャラバンにだけ装備された「エマージェンシーブレーキ」、これが一番大きな特徴です。車両前方に配置されたミリ波レーダーで前方の障害物との距離を常にはかり、万が一衝突しそうな場合は自動でブレーキをかけ衝突を回避してくれるというものです。クルマは安全に走れることが第一ですから、この機能の魅力は大きいです。2つ目は「ラゲッジユーティリティナット」です。荷室のあちこちに埋め込まれたナット(合計24箇所)に市販のボルトが取り付けられるようになっていて、荷室に色々なものをあらかじめ固定できるようなつくりになっています。3つ目は「5:5シート」です。ハイエースバンのリアシートの背もたれは、倒してしまうと人が乗れなくなってしまいますが、NV350キャラバン バンのリアシート背もたれは左右分割して倒せるようになっています。ハシゴなどの長いものを積みながら4人乗車をすることができるのは、ビジネスユーザーには嬉しいポイントです。また細かい部分ですが、NV350キャラバンのパーキングブレーキは足踏み式になっていて、ハイエースのハンドプル式より使い易いです。, 上で紹介した比較表を見て分かるとおり、両車のスペックにほとんど差はありません。ハイエースバンの方が全体的に少しスペックが高いのですが「俺はキャラバンの方がデザインが好き!」となってしまったら目をつぶってしまえる程度の違いですよね。ハイエースの方が燃費が良いのは、NV350キャラバンより多段化された6速オートマチックの影響が大きいから(ミッションの段数が多いとエンジンのパワーを効率良く使える傾向にあるため)。では、ハイエースバンの魅力とはなんでしょう? ハイエース専門店として、あえて2つの魅力をあげさせてもらいますと…「世界的なブランド価値があり、リセールバリュー(売るときの値段)が高い」、「販売台数が多いため、カスタマイズパーツも豊富にあり、自分好みにカスタム可能」この2点が大きなポイントです。, ハイエースはキャラバンよりも前から海外への輸出を始めていたため、世界中に名前が浸透していること。ランドクルーザーで構築されたトヨタブランドに信頼があり、トヨタ車のブランド価値が高かったことが理由です。日本で役目を終えたハイエースは海外に輸出されることが多く、人気があり取引価格も高いため、日本での市場価値も下がりづらいんです。NV350キャラバンはハイエースより新車価格は少し安くなっていますが、クルマを下取りに出す際の査定金額はハイエースの方がNV350キャラバンより新車価格の差以上に高くなります。そのため、単純に新車価格で比較してNV350キャラバンを選ばない方がいいですよ。, ここまで両車の特徴を解説してきましたが、それぞれの特徴を把握したうえでオススメしたいのは、トヨタ ハイエースです! 2015年の新車販売台数のデータは、ハイエース(レジアスエース)が57,054台に対してNV350キャラバンは17,834台となっていて、NV350キャラバンの2倍以上ハイエースが売れています。たくさん売れるということは多くの人から信頼され、選ばれる魅力があるということですから、選んで間違い無いクルマと言い切れます。上記でも触れていますが、NV350キャラバンの方が装備面で魅力的な点は確かにあります。しかし、ハイエースはたくさんのメーカーから数えきれないほどのカスタマイズパーツが販売されており、1人1人のオーナーに合った仕様にカスタムできる点が評価されています。NV350キャラバンではできない、自分だけの特別な一台がハイエースなら作れてしまうんです! どんなハイエースがあるのか気になった方は全国のフレックスハイエース取扱店にお気軽にご連絡くださいね。ハイエースのご用命は、カスタムハイエースの販売実績ナンバーワンのフレックスにお任せください!, いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。, 大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。.



連勝 連敗 相撲 8, 宇多田ヒカル 最近 の曲 8, Cod:mw リ マスター Bot撃ち 9, 就活 コツ 2ch 4, Word 埋め込みオブジェクト 取り出し 4, 東京mx 映らない Regza 12, As300 ファイル 分割 4, 転スラ Oad 4話 7, ヒゲダン 新曲 Laughter 30, Youtube ダウンロードランキング リアルタイム 28, ぱっつん センター分け やり方 46, ドラクエ10 ストーリー 4 5 6, Sr400 専門店 関西 18, シンフォギア 役物 修理 50, Go To School Come To School 違い 4, バーバパパ フェルト 作り方 9, バルド ドライバー 歴代 4, Sap 会計伝票 テーブル 9, Steam ストリーミング 音が出ない 8, Iphone ホーム画面 フォルダ 色 5, 靴 内寸 とは 4, 一重 鼻高い 男 14, ディアマンテス オリオンビール Cm 5, 保育士 配置基準 東京都 8,