・「デス・プルーフ in グラインドハウス 監督:クエンティン・タランティーノ」, テキサス州の田舎で人気ラジオDJをしていたジュリア(ヴァネッサ・フェルリト)は女友達のシャナ(ジョーダン・ラッド)、アーリーン(ヴァネッサ・フェルリト)と休暇を楽しんでいた。そんな中、とある酒場で初老のスタントマンドライバー、マイクと出会う。3人は気さくなマイク(カート・ラッセル)とジョークを交わしながら談笑していたが、帰路の途中、マイクの運転する耐死仕様”デス・プルーフ”と呼ばれるスタントカーと出会い、壮絶な体験をする事となる。, たまたま見た映画でしたが、久しぶりに面白い映画でした。かつての「バックトゥザフューチャー」や「ウォータボーイズ」などの様に何も考えず、これは面白かった!と心から思えるそんな映画でした。, さてなぜこの「デス・プルーフ」を私が見たかというと、単に予告編で見たオールディーズな雰囲気が気に入ったのと好きなアメ車が出きてたから。それだけです。グラインドハウス映画やタランティーノ作品に特別興味があった訳ではありません。そんな理由で観た為、冒頭は死ぬほど退屈でした。女の子たちの無意味なガールズトークが永遠と続き、何の話かもさっぱりわからない。単に昔のB級っぽさを出す”だけ”の映画だったらどうしよ嘆きながら、半ば早く終わっくれと思いつつ観ていました。(これがこの監督の手法な訳ですが。), それが化けた。とんでもなく化けました。後半にどんでん返しがある訳ですが、これが最近の映画によくある「実はこうなんでした」といった設定で驚かせるものではなく、心を揺さぶる熱狂させる様などんでん返し。, 田舎、車、一人の男、若い女の子グループ、たったこれだけの要素でここまで楽しめるエンターテイメントが作れるのか心から驚かされ、楽しませて貰いました。タランティーノ監督の作品は全ては見ていませんが、おそらくこれがタランティーノ至上過去最高作品なのではないかと。, またカーチェイスの描き方もとても良かった。私は車映画好きでこれまでいくつものカーチェイスを見て来ましたが、正直カーチェイスとしてもマイベストです。迫力だけをみればもっと上の作品はありますが、見せ方、演出はこの上なく素晴らしかった。デス・プルーフでは車が本当に活き活きと輝いて描かれていた。過去最高にかっこいいダッジ・チャレンジャーが見れました。この作品のジャンルはスリラーやサスペンスになってきますが、下手な車映画よりも車が光っていました。タランティーノはおそらく車が好きなのでしょう。, 面白い、最高と抽象的な書き方になってしまいましたが、一言で表せばこのデス・プルーフはそんな映画なのです。難しく考えたり、意味を求める必要はなく、純粋に面白いと思える、”これこそ娯楽映画なんだ”と心から感じられる最近では珍しい作品です。 キル・ビル Vol.2 6. こんばんは 今日は久々に映画感想ブログということで 先日の『プラネット・テラー』に続いて、今回は『グラインドハウス』のもう一本の作品で、同じく独立した作品として公開された『デス・プルーフ』の感想を書いていきたいと思います。 /. 映画「デスプルーフinグラインドハウス 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。デスプルーフinグラインドハウス のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。 ヴァネッサ・フェルリト キル・ビル Vol.1 5. ・込み入った話の映画に疲れた方 製作:2007年米 監督:クエンティン・タランティーノ 【Twitterアカ】 デス・プルーフ in グラインドハウスの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全60件。評価3.7。みんなの映画を見た感想・評価を投稿。 無駄に長かったかな。前半の前振りが長く途中で寝てしまったが、むくりと起きたら、なかなか見応えのあるカーアクション。引き込まれて観ていたら、最後はタランティーノらしい、スカッとするエンディングだった。, 100分くらい女同士のくだらない会話を聞いてるだけのはずなのだけど、めっちゃ面白い。会話の内容のせいなのか、カメラワークなのか分からないけどタランティーノのマジック、オタク的な知識と技術を結集させた自慰行為をみんなが楽しめた。みたいな作品だった。パルプフィクションの女性版かな?と思って見始めたら、最初の女性たちのキャラ付けをじっくりして、女同士で湖畔に行くってフリも散々してたのに、スタントマンマイクが全てを無にするのはたまげた。後半戦らパルプフィクション女版って感じで期待を裏切らない展開で。最後は気持ち良くストレスも吹っ飛んだ最高の気分になった。B級映画風味だけど監督が凄かったら、荒さもそこが面白くなり雑さや急な展開も魅力となってエンタテイメントしててとても良かった。女性は強い。強い女性は美しい。男はずっと15歳。, WOWOW、吹き替えにて。スタントマンが打たれて『なんでこんな目に』って言ったのが衝撃!!!こんな目に合うでしょうが~!タランティーノなので最初から身構えて観てたけど、途中までスマートでびっくり。相変わらずセクシー美女とサイコな男性のパターン。自粛前は映画を鑑賞する余裕がなく、一切サイコな世界を知らなかった自分が余裕で観れる程、慣れた事が嬉しい。タランティーノって毎回自分も出演するのね(*^^*), 映画館で見たものだから、結構衝撃でした、いっしょに連れてった女性にも申し訳なさが残りました。ラストが痛快とかいう人がいますが、途中のこの種のB級エログロ描写はもうたくさんという感じ、あえてそういう描写を撮影することに何の意味があるのかって思うんです。そこがタランティーノの病的な部分と思います。自分は好きな作品ではなかったです。, タランティーノ監督最高傑作だと思いました! 音楽も良かったですし(公開当時サントラ買っちゃった(^-^))、お馴染みの長い会話のシーンも飽きませんでした(^-^) カート・ラッセルが肩を撃たれてから情けなくなっちゃうのが面白かったです(笑) さすが見せ場だけあってカーチェイスが長くて良かった! 「耐死仕様」なんて言葉この映画で初めて知りました! ナチョスが食べたい(笑), さりげない遊び心の『キル・ビル』。前半の最後に出てくる保安官も同じ人だったのが嬉しいところです。後半のおねえちゃん達が乗ってたムスタングも黄色地に黒のストライプ。意味のないモノトーン映像もキルビル効果を増すためだったのかもしれません。ダッジ・チャレンジャーのオーナーの下卑た笑い方だって「名前はバック・・・」のマイケル・ボーウェンに似ていたし・・・ くだらない会話のオンパレードはタランティーノ映画ではいつものことなのですが、さすがに前半では眠くなってきました。女の子たちが夜遊びするためのバー。なぜだか、次から次へと登場人物が増えてきたせいかもしれません。しかし、突然目が覚めた!こいつはデス・プルーフといってな・・・200キロでぶつかっても絶対に死なない車なんだよ・・・ふふふ・・・衝突テストでも優良をもらったんだぜ・・・スラッシャー映画・スプラッター映画に出てくる凶器が鉈とかチェーンソーから車に変わった!走る凶器とはよく言ったもんだ。 ホラー映画というよりは、カーアクション映画となった後半。やはりここでも無駄話が延々と続きますが、カーチェイスの名作『バニシング・ポイント』へのリスペクトや、他にも『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』『バニシング IN 60"』(アンジェリーナ・ジョリーのはダメだってさ)にも言及し、70年代映画における本物のカーチェイスを復活させるよ!と宣誓しているかのようでした。これがまた凄い!ボンネットの上に乗るゾーイ(ゾーイ・ベル)なんて、どうやって撮ってるんだと目を凝らしてみたりしましたけど、ゾーイ自身が『キル・ビル』のユマ・サーマンのスタントをやってた女性なんですと。もちろん本物・・・ 二部構成になっていることで、「あぁ、この子たちも犠牲になってしまうのか」などと安易に想像してみたのに、予想外な展開にはビックリしてしまいます。最後には爽快感をも味わえるほど・・・やり過ぎという声を聞えてきそうですけど。 エンドロールの最後に“thanks to 誰々”と出てくるのですが、その名前が100人近くあったでしょうか・・・すごく気になるんです。ちょっと見ただけでも知ってる名前がいっぱい。ショーン・ペンの名前もあったのですが、パンフによれば、タラちゃんが彼から“デス・プルーフ”の意味を教えてもらったのだとか。あとはDVDでチェックするしかないのか・・・【2007年9月映画館にて】, 二部作風に進行するカーアクションとバイオレンスに女性を絡めて、この人って本当に自分の好み120%で映画を撮りますよね。しかもこだわり抜いたカットと小物は流石で『RED APPLE』に『BIG KAHUNA BURGER』最高です!タラファンはニヤニヤものです。, わたしはほとんどタランティーノ監督の作品にダルさを感じてしまう。無駄に長い気がするのだ。これはやることやった男がやられる側になるだけのシンプルさで偏見が壊れたいい映画だった。ずっとこの路線で走ってほしかった。彼女たちのような暴れ方でどこまでも。, ■どのような思考回路を持っているの!タラちゃん・・。前半と後半のトーンが違い過ぎるよ・・。面白いんだけれどね。◆前半:テキサス州オースティン どうでも良いガールズ・トークを交わしながら車を走らせる美女たちの車を、怪しい黒い車が後を追う。 サン・バイザーには、彼女たちの写真がコレクションのように挟み込まれ・・。 バーで彼女達に近づく”スタントマン・マイク”(カート・ラッセル)顔には傷が・・。怪しみながらも、”ザトウイチ”などとマイクを呼びながら、言葉を交わす美女たち・・。 タラちゃんもバーの経営者?店員?で顔を見せる。 そして、”デス・プルーフ”仕様の車にパムと言う女の子を乗せて帰るが・・。 病院で保安官が言う。”他でやってくれよ・・。” -後味が悪い・・。ホラーか?タラちゃん・・。ー◆後半:14か月後 テネシー州レバノン 相変わらず、どうでもよいガールズ・トークを交わす美女たち。画面はモノクロ。遠目に登場する、”スタントマン・マイク”。ーおいおい、同じパターンか?- けれど、画はカラーに突如切り替わり、美女たちドライブへ。うち2名、相当の車好きらしい。 ”マックスカー 1970年型 440エンジン 白のダッチ・チャージャー”が売り出されている事に狂喜し、試乗しようと出かける・・。 そこへ、”スタントマン・マイク”登場。序盤、“シップ・マスト”などと言う危険な箱乗りをしているため、劣勢の美女軍団。ー危ないよ・・。そんな車の乗車の仕方は、弊社ではお勧めしておりません・・。- ここからの美女たちと”スタントマン・マイク”のカーチェイスが凄かった。そして、追い詰められた美女軍団の形勢逆転の一発。(ちょっとずるいけど・・) 美女軍団はマイクを追い駆け、追突に次ぐ追突で””スタントマン・マイク”は”アイム・ソーリー・・・”(情けないなあ・・) けれど、更に肉弾戦へ。美女たちのパンチの雨あられ、そして後ろ回し蹴りが見事にヒット! エンドも顔面踵落し!<怖いなあ・・美女軍団。 けれども、前半の重いトーンを吹き飛ばす展開に快哉した作品。>■それにしても、何故にカート・ラッセルはあの役を引き受けたのかな?タラちゃんの映画には皆出たいんだねえ、きっと。, タランティーノ作品は何年も前に何本か観て、ダラダラ続く特に意味の無い会話がどうにも自分に合わず、もうタランティーノはいいか!と思っていたが、この映画は胸糞展開からスカッとする映画という前情報を得て興味を持ったので視聴。前半からやっぱりとばかりに特に映画の内容に関係のない、女子の男に対する尊厳がまるで感じられない下世話なトークがダラダラ繰り返される。どうしよう観るのもうやめようかなあと思ってる所で、さっきまで女子トークに花を咲かせていたのに、いきなりの全員惨殺の衝撃展開にビックリさせられ、そこからやっと映画には引き込まされる。後半は今度はどんな風に殺されるのだろうかとドキドキしながら見ていると180度引っ繰り返したようなトンデモ展開が始まって、唐突さとノリノリ具合が相まってとても笑ってしまった。思い返してみればどの登場人物も自業自得な所があるので、あんまりスカッとはしないのだが、ラストシーンも杭が打ち込まれたり、崖からダイブとかするのかなと思っていたら、まさかの終わり方でとても良かったです。, タランティーノの趣味が死ぬほど分かりやすくて、ほぼ文句なしで面白い。カースタントのシーンは技術的にも必見。, まず、この作品と自分は相性が良くなかった。このレビューで、この映画を絶賛する人のことを貶す意図はないので、悪しからず。今までに観た映画で最もつまらなかった。特にオチがどんでん返しで痛快だと言う評判だったので最後まで観たが、リアルに「はぁ?」と声が出てしまった。「ユージュアルサスペクツ」や「メメント」、あるいは「シャッターアイランド」の様な展開があるのかな?と期待を寄せていたので、失望は大きかった。皮肉ではなく、この映画を傑作、笑えると言う人にぜひ魅力を教えてもらいたいと思ったほどである。主要な登場人物は主人公と2つの女グループ。●スタントマン・マイク(主人公)職業スタントマン。変態キチガイ殺人鬼。スタント用の頑丈な車を使い殺人を企てる。気に入った女を車に乗せて殺したり、事故らせて殺すサイコパス。しかしその信念も、過去も、殺人鬼になった経緯すら何も作中では語られない。返り討ちにされそうになると超弱気、命乞い。物語冒頭では渋いオヤジっぽいクールさがあったが、終盤は見る影もないので、かっこよく表現したいのか、その逆なのか一貫性がなく、ダサすぎる。演じたカート・ラッセルがかわいそうとすら感じた。●女達(前半組)イケイケの4〜6人組女グループ。馴染みの店で飲んで帰る途中、主人公の車に衝突され全員殺される。冒頭から40分、彼女らのガールズトークを延々と聞かされる。しかしその内容に物語を深くするような発言や伏線は一切なし。死ぬシーンはグロ描写。●女達(後半組)前半の事件から14ヶ月後。アメリカの田舎でどうしても乗りたい車に試乗させて貰う女グループ。身体能力高い。試乗車でアクロバット運転を楽しんでいたところに主人公キチガイが登場。カーチェイス。やられそうになるも、逆に主人公を追い詰め、命乞いする主人公を普通に殴って殺害(半殺し?)。最後は顔面にかかと落とし。THE ENDの文字。(……?え……なにこれ。)物語に関係ないガールズトークを前後半、延々と聞かされ、唐突な殺人グロシーンを観せられ、ラストにダサい主人公は女達に「普通に」やっつけられる。どんでん返しはなく、ストーリー性、意外性、設定の緻密さは皆無。「その支離滅裂さ!雑さ!理不尽さがいいんだよ!」と言う人がもしいれば、映画を観る感性、映画に求めるモノが私とあまりに違う。少なくとも私はこの映画に「鬼才タランティーノ!!」と賛辞を送る気分には全くなれない。始終、悪い意味で期待を裏切られ続けた映画、0点。, 映画としてはダラダラしてる。つまらないシーンはとことんつまらない。つまらないから良いのだ。という人がいても、納得してしまえるほどタランティーノのパワーは込められている。自分的にはエンディングのチックハビットが最高でこの映画はものすごく多幸感に包まれて終わる。内容薄からの面白かーアクションそして、多幸感。タランティーノ史上最高とはならないが絶対に見る価値のある映画だと思う。, こんなに中身のないストーリーも珍しい(もちろん良い意味で)。露骨な表現も多いですが、それも監督らしくていい。, タランティーノ監督の趣味全開。けっこうな予算がかかってるだろうに、わざわざB級っぽく見せる演出はもはや“カルト的”という言葉が浮かぶほどだった。割と退屈な前半から、そのフラストレーションを放出させるような後半。「ざまぁwww」なカーチェイスはやっぱり迫力があって、個人的にダッジ・チャレンジャーなのがいちばん良かったポイント。というか、チャレンジャーが出るからこの作品を見たと言っても良いくらいなんだけど。“グラインドハウス”としてもう1本あるわけなんだけど、そっちはまぁ見なくていいかな。, ・カートラッセルの嗜虐性がエグいからラストでボッコボコにされてるのが最高だった。終わり方はカンフー映画と同じでそういった構造を取ったんだなぁと思った。・車の映画の話が随所に出てきて、前にDVDで観たバニシングポイントとかの話が出てきて何か知ってる事が話題に出ると楽しいなと思った。・カーチェイスが楽しかった。もっと長く観ていたかった。・導入から何かよくわかんかそうな話かと思ったらカートラッセルが、ただただサイコパスで警察に追われるのかと思いきや殺そうとしたギャル?にボッコボコにされるっていうシンプルだけど、めちゃくちゃ面白く展開していって最高だった。, ざっくりとしたあらすじを知っている状態で鑑賞しました。タランティーノ監督の作品は今まで一つも観たことが無く、この作品を「タランティーノが好きなことが全部詰まった映画」とレビューしている方がいらっしゃったので、最初に観るタランティーノ映画に相応しいかなと思い、数ある作品群から「デス・プルーフ」を選択。いやー、凄かった。映像演出やカースタント。そして唐突な「THE END」。最高です。爆笑しました。この映画を一言で評するならば、「最上級のB級映画」ですね。面白い映画を作ろうとしてチープになってしまったB級映画ではなく、B級映画を完璧に作り上げたという印象。序盤の展開はとにかく冗長。三人組のセクシーな女たちが本編と関係ない下世話なガールズトークを展開し、酒をガブガブ飲んでハッパをプカプカ吹かしてテンションを上げて盛り上がる。30分以上内容スカスカのガールズトークを聞かされてうんざりしているところに現れる、猟奇殺人犯スタントマン・マイク。自宅まで送るという口実でバーで出会った女性を助手席に乗せて無残に殺害し、女三人組の乗る車には正面から全速力で突っ込み大クラッシュさせ殺害します。スタントマン・マイクに対して「女性を無残に殺して酷い奴だ!!」という感情と「これでようやくストーリーが進む。ありがとうスタントマン・マイク。」という感情を同時に抱く、なんとも不思議な気持ち。序盤はとにかく展開が遅いし無駄な雑談が多いし虐殺シーンが結構グロい。個人の感想ですが正直そこまで面白くはありません。しかし後半からは一転、多少雑談は多いですが、カーチェイスあり・スタントありのド迫力の内容になっています。そしてラストにでかでかと現れる「THE END」。前半に溜まったフラストレーションが全て発散されるが如く、非常に爽快なラストです。爆笑しました。綺麗でエロいお姉ちゃん・やりすぎてチープに感じるくらいの暴力描写・中身の無い会話劇・酒とドラッグ。B級映画にはありがちな要素をたっぷりと盛り込み、好きな人にはたまらない内容となっています。ただ、人は選ぶかもしれません。安い素材を濃い味付けでごまかした体に悪いジャンクフードのような映画です。でもそのジャンクフードを時たま無性に食べたくなるような時ありますよね。そんな感じの映画でした。, ああ、もうだれにも言えないけど正直だいすきです。いやもうタラちゃんじゃなければこの監督追っかけてるレベルですきかも。鑑賞後感の気持ちよさたるや。すっきり。構図も良くてさ、ビッチVSいかれたスタントマンってこんなしびれるん????80年代な感じも好きやし、最後の成敗で終わるのもすき。いつもは間延びに感じるタラちゃん節も今回は許せたよね。かわいいかわいいビッチたちだからですかね。オマージュとか全くわからんけど、とにかく最高。タランティーノNo.1かな。カーアクションものの中でも、ベスト級に力あるんじゃないかとおもわせるくらい夢中になっちゃった。, 【映画.com特別オンライン上映会第3回】ベネチア映画祭騒然!極めて不道徳な愛の物語, 【2020年に最も期待する映画】とにかくスゲ~らしい…絶対に見るべき7つの理由とは, 【2週間無料トライアル】メジャーからZ級まで世界中のホラー映画・ドラマが《見放題》, 劇場版「鬼滅の刃」2020年度のアニメ映画世界興行収入ランキング暫定1位に2020年11月26日 12:00, 「ハリー・ポッター」スネイプ役アラン・リックマンさんの日記が書籍化2020年11月26日 11:00, 「鬼滅の刃」コミックス最終巻、初版は395万部 “結末に描き足した14ページ”など収録2020年11月26日 14:00, 小栗旬「日本沈没」に主演! 松山ケンイチ×杏×仲村トオル×香川照之と共闘2020年11月26日 05:00, 劇場版「鬼滅の刃」、公開から1カ月で興行収入233億円を記録!2020年11月16日 12:24, 映画ドラえもん新作のタイトルは「のび太の宇宙小戦争2021」 主題歌はOfficial髭男dism2020年11月16日 05:00, 金曜ロードSHOW!2020年の締めくくりは「風の谷のナウシカ」! 「ミニオン危機一発」も放送2020年11月20日 04:00, キアヌ・リーブスがあのザンギエフに変身!?

逆止弁 温水 器 10, ヤナセ 港北 スタッフ 7, 菊池風磨 Cocoa ロケ地 13, マイクラ スコアボード デス数 5, この サイトは 安全に接続 できません Ie 7, Bmw E60 電子シフト 4, 分流 抵抗 3つ 9, ラブライブ 捨て キャラ 4, 鍵 忘れた 最悪 12, スマホ ストラップ ダサい 17, 黒 テグス 100均 7, Lineカメラ ペイント 色 7, アイ アム サム Netflix 9, Gas 時間 フォーマット 5, Don't Do It 和訳 4, Bmw 740e 故障 32, 40代 バツニ 男 9, 1000円カット ベリーショート 頼み方 6, Ubuntu Uefi Usbブート 4, オオクワガタ 産卵 二回目 12, Gratina Kyy06 Sim 8, Dragon Quest 11 Japanese 15, Rlf 682y 取り付け 32, 電脳 せどり 儲からない 9, うさぎ 食欲旺盛 水を よく 飲む 6, Fallout Shelter Online アカウント移行 15, 浦和実業 ハワイ 事故 6, バイオハザード マグナム 種類 5, メンヘラ 対処法 職場 4, 建 更 据置 給付金 確定申告 4, ボニータ 歌詞 意味 5, イヤホン ハウジング 割れ 6, ダブルクォーテーション エスケープ シェル 8, 堀内 ブログ 清原 57, アドブルー 軽油 混ぜる 8,