ダイハツ・タフトが2020年6月に発売。 タフトは、人気上昇中のクロスオーバーsuv車です。 「タフトの純正タイヤサイズはどのようなサイズなのでしょう?」 タフトのインチアップサイズをチェックして … タイヤサイズは165/65r15 81s。ダイハツの新世代クルマづくり「dnga(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」による、タント、ロッキーに次ぐ第3弾のモデルとなる。 タフトのセールスポイントは、大きく3つある。 知識を共有しましょう!, 新しいホイールサイズアプリがApp Storeストアで利用可能になりました。 あらゆる車のホイール装備、検索履歴、プロのタイヤテストに関するニュース-すべて 1つのアプリで, 新しいホイールサイズアプリがGoogle Playストアで利用可能になりました。 あらゆる車のホイール装備、検索履歴、プロのタイヤテストに関するニュース-すべて 1つのアプリで, Wheel-Size.jp はホイールガイドおよびカタログです。   最高出力:52PS(38kW)/6900rpm ホイールベース:2460mm テスト開始時の走行距離:670km 最大トルク:60N・m(6.1kgf・m)/3600rpm テスト形態:ロードインプレッション 今回は、「タフトのインチアップサイズ」を紹介しました。 最高出力:64PS(47kW)/6400rpm 使用燃料:--リッター(レギュラーガソリン) テスト距離:--km B ホイールベース:2460mm 最大トルク:100N・m(10.2kgf・m)/3600rpm ダイハツ タフト のタイヤサイズページの一覧です。仕様・グレード名のリンクから、標準設定とオプション設定のタイヤの 外径サイズやタイヤ幅、リム径サイズ、リム幅、偏平率などタイヤの詳細なサイズを公開しています。 Copyright webCG Inc. All rights reserved. 価格:148万5000円/テスト車=190万5662円 使用燃料:--リッター(レギュラーガソリン) バグを発見しましたか?2020年式ダイハツ タフトのホイールスペックについてご質問がありますか? 走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--) テスト距離:--km オプション装備:ボディーカラー<コンパーノレッド>(2万2000円)/スマートパノラマパーキングパック(7万1500円) ※以下、販売店オプション 9インチスタイリッシュナビ(22万6776円)/ETC車載器<エントリーモデル>(1万7600円)/ドライブレコーダー<スタンドアローン>(3万4760円)/カーペットマット<高機能タイプ・グレー>(2万6026円), テスト車の年式:2020年型 価格:160万6000円/テスト車=200万4662円 ダイハツの軽自動車 TAFT(タフト)は、クロスオーバーSUV車。スクエアデザインで、全高は低めに作られています。, タフトは、全グレード15インチを装着しています。 ダイハツが2020年6月より製造・販売予定のクロスオーバーSUVタイプ「タフト(TAFT)」の純正タイヤサイズ・ホイールサイズ・インチダウン・マッチングをご紹介します。, DR17 Sagittarius Runaway – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, リンクによる, 2020年6月より販売が予定されている車種のため、現在わかってる情報だけのご紹介となります。, 初代タフト(F10/F20/F50/F60)は1974年より販売が開始され、ラダーフレームに4輪リーフリッジドアスクルのサスペンションにシャーシと言った本格的な四輪駆動車でした。, ドアは鉄板ドアか幌ドアの2タイプ、バンタイプやハードトップタイプといった種類も登場し、日本のみならずアジア各国や欧州でも販売。1984年まで製造販売されました。, そして、2020年オートサロンで軽クロスオーバーのコンセプトモデルとして「タフト」の名称が実に36年ぶりに復活となりました。, 先代タフトがガチガチのジープ仕様だったのにたいして、復活の2代目はどちらかというとハスラーを意識したクロスオーバーSUVの軽自動車になっています。, 15インチ~17インチの設定があって、クロカン系やクロカン系ミニバンに良く合うホイールですね。ワークのホイールにしてはお安めなので、私もよくお客さんに案内します。, で、装着している回転方向有のトレッドが特徴的なタイヤは恐らく「グッドイヤー」の「ベクターフォーシーズン」と言うオールシーズンタイヤですね。, オールシーズンとはいってもスタッドレスではないので、積雪が極たまに降る地域の人にはピッタリのタイヤじゃないでしょうか。がっつり雪が降ってがっつり凍結する地域は無理ですが。, ニュースサイト等で発表されている情報では「165/65-15」がタイヤサイズとのことですが、ベクターフォーシーズンのサイズ設定を確認したところ、このサイズは表に乗っていないサイズなので本当に合っているか疑問。, ハスラーのタイヤサイズと比べてみると「165/60-15(外径:579mm)」に対して「165/65-15(外径:596mm)」で、外径差が17mmで÷2すると8.5mm車高が高くなる計算になります。1cm無いので微々たるものですが。, また、コンセプトカーは「175/65-15」を装着していたとの情報もあるので、正確なサイズ情報は不明。タイヤハウス内かなりキツキツなので、ホイールに合わせてこのサイズを付けた可能性もありますよね。, ワークのクラッグ・ティーグラビックの15インチサイズ設定から見ていくと以下のサイズになります。, パジェロミニやテリオスキッドの様に5.0-15を履く車なのかもしれないですし、専用に作られたサイズなのかもしれません。, 通常の軽自動車15インチサイズなので、汎用ホイールであれば「4.5-15 +45~42 4/100」当たりが使えると思います。, アドヴィックス電動パーキングブレーキ機構搭載のドラムブレーキがリアについているおかげで、14インチへのインチダウンが難しい可能性があります。, 14インチまで「インチダウンできた」「インチダウンは厳しい」といった情報も出ており、ホイール形状による装着の可否があるようです。, ⇒現状14インチへのインチダウンはリア装着の電動パーキングブレーキがホイール干渉のため不可(20200906現在), ホイール形状によりけりですが、干渉せずに取り付け可能なホイールがありましたのでご報告。, 電動パーキングブレーキ機構搭載のドラムブレーキがネックで、手持ちの14インチホイールだと干渉してしまいます。, 独自調査により正確な情報提供を心掛けていますが、掲載情報が間違っている場合もあります。, 純正タイヤサイズ・ホイールサイズ・インチダウン情報を調べる際は「車名 インチダウン」、車両動画を調べる際は「車名 動画」とキーワード窓に入力してください。, 新型タフト(TAFT)の純正タイヤサイズ・ホイールサイズ・インチダウン【2020.06~ 】※追記あり, 【速報】新車売上ランキング発表!10月度・軽自動車編!新型N-BOX、新型ルークス、新型タフトの販売台数は!【動画紹介】, タフトGターボ ワインディング試乗~2,000km走り込んで見えた魅力【動画紹介】, 【試乗】タフト VS ハスラー 結局どっちが良いの? 実際に体感してみた 【燃費も計測】TAFT Gグレード / HUSTLER HYBRIDXターボ【動画紹介】, 【比較】タフト VS ハスラー あなたはどっち? 外観・諸元 室内空間 機能編【対決】【動画紹介】, 新型ダイハツ タフト試乗レポ「ノンターボ車で東京で1番きつい坂を登ってみた」, 青空SUV【新型タフト試乗】思った以上に走る!楽しい!やっぱりあいつはタフだった・・・!?★前編★, 【ダイハツ タフト 新型】「バックパックスタイル」のアクティブ軽クロスオーバー、概要を発表 ). 燃費:25.7km/リッター(JC08モード)/20.5km/リッター(WLTCモード) “–ƒTƒCƒg‚ł́AŒÂX‚̃^ƒCƒ„ƒTƒCƒY‚Ì‚²‘Š’k‚ɂ́A‰ž‚¶‚Ä‚¨‚è‚Ü‚¹‚ñB‚²—¹³‚­‚¾‚³‚¢B. 雪国でなくとも要注意! 冬に装着するタイヤをどう選ぶべきか、藤島知子がリポートする。, [webCG x Dplayプレミアムプラン]webCGの記事とディスカバリーの番組がすべて見放題!. ダイハツが2020年6月より製造・販売予定のクロスオーバーsuvタイプ「タフト(taft)」の純正タイヤサイズ・ホイールサイズ・インチダウン・ マッチング をご紹介します。 (※2020.09.01 インチダウン追記あり) ダイハツ16車種のタイヤサイズと純正ホイールをご紹介. タイヤ:(前)165/65R15 81S/(後)165/65R15 81S(ヨコハマ・ブル―アースFE AE30) ダイハツ タフトのインチダウンについては以下の通りです。 ハイライトされたアイテムはOEMホイール用で、その他のアイテムは交換用オプションです, 注意! エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ 2020年式ダイハツ タフト - の正しい合金ホイール装着、pcd、オフセット、およびボルトパターン、ネジサイズ(thd)、ハブ径などスペックを見つけます 駆動方式:FF 走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--) ダイハツタフト(taft)のタイヤサイズとタイヤ幅と外径の近い互換サイズを車両形式、グレード、年式別に標準設定、オプション設定をあわせて公開。ダイハツタフトのタイヤを購入する際に必要となるタイヤサイズに関する情報をタフトの年式、グレード別に検索することができます。 タイヤ・ホイール選びの参考にしてください。. テスト形態:ロードインプレッション   注意! タイヤ:(前)165/65R15 81S/(後)165/65R15 81S(ヨコハマ・ブル―アースFE AE30) ※タイヤ外径サイズは、あくまで参考値です。, いかがでしたか? 同じ車種でもグレードによってサイズやホイールの形が違います。 欲しい車がどんなホイールなのか気になるところですよね。是非、確認してくだ … 車重:840kg 参考燃費:--km/リッター, ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1630mm 燃費:25.4km/リッター(JC08モード)/20.2km/リッター(WLTCモード) スポンサードリンク 2020年6月に発売された「ダイハツ・タフト ... タイヤサイズは165/65R15 ... ダイハツ・タフトG. PCD、オフセット、リム、およびその他すべてのホイールとタイヤについての必要とされるデータを提供し、皆さまのお役に立てるよう努力しています。, このガイドは正確で、毎日更新されています。このサイトで提供されている情報の正確さについて、明示的または暗示的にかかわらず、いかなる保証や表明をも行うことはありません。このサイトを使用することにより、あなたはこの利用規約に同意したものとみなされます。, wheel-size.jpがAndroidプラットフォーム向けの新しいアプリを発表. 【フーガ(Y51)のインチアップサイズ】20インチから22インチのタイヤサイズは?, ホンダ N-VAN(Nバン)のインチアップサイズは?13/14インチは装着できる?, トヨタ プリウス50系のインチアップサイズは?17・18インチのホイールサイズなど. タイヤサイズは軽自動車としては若干大きめでしたが、ホイールは一般的な軽自動車の15インチ用サイズでokです。 このサイズは在庫も心配なさそうです。 ダイハツ タフトのインチダウン. 車重:830kg 試乗会の数日前、街なかで偶然タフトを見かけてたじろいだ。まわりの風景から浮かび上がっているように見えたのだ。東京オートサロンの会場に置かれていたときは、都会的でクールだな、と冷静に観察していた。しかし、公道を走っていると、これはかなりインパクトのある見た目である。異物感が強い。「スズキ・ハスラー」対抗と目されているわけだが、ビジュアルで明確な差別化を図ることには成功した。, はっきりとしたキャラクターを持っていることは、後発の製品としては極めて重要だ。ダイハツが2015年に発売した「キャスト」は、その点で物足りなかったように思う。軽ハイトワゴンの新たな選択肢を提供する意図があったはずだが、「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」という3種のタイプを用意したことで印象が分散してしまった。今となっては、どんな形をしていたのか思い出せない。律義にユーザーの好みに応えようとしたことがアダとなり、アピールが弱くなってしまった。, リベンジマッチとなる今回は、戦略を練り直してきたようである。誰にでも好かれる八方美人を目指すのはやめ、自らの主張を貫いている。SUVテイストというコンセプトは共通していても、ハスラーとは異なる道を開拓しようという気概が感じられるのだ。ダイハツのオフィシャルコメントとしては「ハスラーに対抗するというより、このジャンルを一緒に盛り上げていきたい」ということで、異なる個性だからこそマーケット拡大に貢献することができる。, ハスラーは2020年7月の販売台数が前年同月比117.2%で、軽自動車の車名別ランキングで5位、登録車を含めた総合順位で10位に入るという好調な売れ行き。タフトも軽自動車の順位で8位に入っており、マーケットには早くも競合効果が表れているようだ。軽自動車の世帯あたり普及台数は2019年に前年比0.1%減と44年ぶりの減少に転じたが、軽クロスオーバーSUVというジャンルを拡充できれば、まだ伸びしろはあるはずだ。, タフトの原型は、2019年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「WakuWaku」である。レジャーユースを想定して大量の荷物を積むことを優先しているとの説明があり、前席と後席のキャラクターがはっきりと区別されていた。ファミリーで乗ることを想定したタントとは異なり、基本的には2名乗車という割り切った構想である。子離れしたシニアも重要なターゲットなのだ。高齢者向けのモデル開発が、軽自動車には重要な課題となる。, バックパックをイメージしたというパッケージングで、前席は“クルースペース”、後席は“フレキシブルスペース”という位置づけだ。後席のシートスライド機構は採用されていない。キャストは左右独立式のスライドとリクライニングが可能だったが、タフトでは積載性を優先すると決断したわけだ。2019年に発売された登録車SUVの「ロッキー」もスライドなしで、これがダイハツの路線ということなのだろう。, ドアトリムのデザインが前後で異なることにも、前席重視という方針が表れている。もっとわかりやすいのが、全グレードに標準装備される「スカイフィールトップ」だ。要するにガラスルーフなのだが、開放感が前席で最大限に味わえるように設計されている。ガラスルーフを備えるクルマは珍しくないが、実際に恩恵を享受できるのは後席の乗員だけということが多い。運転しながら上方の景色を楽しめるというのは得難い経験である。, 重いガラスを使うことで約5kgの重量増となったが、重心高はスーパーハイトワゴンでありながら腰高感のなかった「タント」と同等だそうだ。タフトは、タントと同様に「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」による新開発のプラットフォームを採用している。ロッキーも含めれば、タフトはDNGA第3弾モデルだ。試乗会では市街路を短時間走っただけだが、走りのポテンシャルの高さは感じられた。, 乗り心地は比較的硬め。開発陣によると、タフなルックスに合わせてキビキビした操縦性を追求したという。フラットライドでソリッドな感覚に仕上げた。女性ターゲットを重視したタントは操舵フィールも軽いが、男性ユーザーを強く意識したタフトではテイストを変えている。, クロスオーバーSUVを名乗るからには、高い走破性が求められるだろう。最低地上高はキャスト アクティバよりも10mm高い190mmで、アプローチアングルは27°、デパーチャーアングルは58°と立派な数値。滑りやすい路面では「グリップサポート制御」が自動的に作動して駆動力を確保する。もっとも、あくまでアシスト機能であり、本格的なオフロード走行は推奨されていない。タントでは行けなかった場所にも行ける、という程度だと考えるのが妥当だろう。行動範囲を広げることが目的なのだ。, 日常使いからレジャーまでをカバーするため、荷室には工夫が凝らされている。WakuWakuの2段テールゲートやルーフ収納はさすがに実現しなかったが、「フレキシブルボード」を使ったさまざまなアレンジが可能だ。販売店オプションで荷室を上下2段にするキットも用意されている。ボードやシート背面は汚れを拭き取りやすい素材が使われていて、アウトドアに対応した仕様だ。後席を前に倒すとフラットなスペースが出現するが、完全に床面を平らにするには、ヘッドレストを外す必要がある。, 道具として使い倒すことを想定していて、内装はワイルドなテイスト。質感の向上が重要なテーマだったキャストに比べると、ここでも割り切りが感じられる。シートはカムフラージュ柄のファブリックのみの設定。好みが分かれるところだが、ほかの選択肢はない。上級グレードにあしらわれるオレンジの加飾は、WakuWakuから一貫して取り入れられているもの。目立つのは確かだが、ハスラーの3連六角形が持つ斬新さにはちょっと及ばない気がする。, エンジンは自然吸気(NA)とターボの2種類で、それぞれにFFと4WDがある。スプリットギアを使う高効率な「デュアルモードCVT(D-CVT)」はターボにしか装備されないが、従来のCVTと組み合わせたNA仕様でも普段遣いにはなんら困らない動力性能である。車重が軽くて車高が低いので、スーパーハイトワゴンのタントと比べればはるかに軽快に走れる。, ならばNAがオススメかというと、そうとも言えない。タントに乗ったときも感じたのだが、シャシーの出来がいいのでよりハイパワーなターボを選びたくなるのだ。同じグレードで比較すると約12万円の差だが、ターボ版にはNAではオプションとなっているいくつかの装備が標準で付いてくる。実質的な価格差はもっと小さいと考えていい。全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)を含む「スマートクルーズパック」は、NA版では4万4000円のオプションである。, ダイハツでは初となる電動パーキングブレーキを採用したことにより、ACC作動中の停止時にホールドが可能になった。いちいちフットブレーキを踏む必要がないのはありがたい。先進安全装備「スマートアシスト」の衝突回避支援機能は、全グレード共通である。センサーのステレオカメラを刷新したことで、夜間歩行者にも対応するようになった。標識認識機能が強化されたことでやたらにアラートが発動するのはちょっとわずらわしく感じたが、安全のためなのだから文句を言ってはいけないだろう。, 操縦性や動力性能、安全装備などでは、軽自動車の最先端を行くモデルである。十分な実用性を備えていながら、デザイン性が高い。ハスラーの呪縛から逃れたことで、ハスラーと真っ向からぶつかる準備ができた。キャストの経験から学び、ダイハツの本当にやりたいことを素直に表現したのがタフトなのだ。世界に類を見ない軽クロスオーバーSUVというジャンルは、まだ始まったばかり。ライバルが競い合うことで、豊かな可能性が見えてくるはずだ。, ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1630mm

デリカ D5 弄り 15, 地球防衛軍5 攻略 ハーデスト 7, スノービューティー 成分 分析 15, アイシティ 処方箋 返却 4, All Long 意味 9, Outlook メール 枠線 4, アーク溶接 溶接棒 くっつく 4, ダイソー Eva インソール 4, グッドジョブ Switch 攻略 4, 第 五 人格 協会 コイン 17, アイズワン オーディション 参加者 4, 自転車 雨 膝 4, Cod モバイル マッチ ランクマッチ 違い 8, Dhl 集荷 来ない 51, 脂肪酸 覚え方 薬学 8, Unity パス 日本語 4, Teams 引用返信 やり方 22, Dhl 集荷 来ない 51, Why, Or Why Not 意味 4, Catia V5 体験版 7, ゆうパケット ローソン 送り方 8, 仮面 韓国ドラマ 最終回 12, 所得税 基本通達 23 4,