以下、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のエンディングについて解説します。 もちろん、ネタバレありです。映画を見ていない方は、絶対に読まないでくださいね。   いいで ... 【曲名(英語)】Battle of the Heroes 【登場作品】エピソード1、2、3、4、5、6、7、8、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』, 『スター・ウォーズ』を代表するメインテーマは、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』以外、すべて映画で使われています。, ちなみに『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は通常のオープニングクロールはないですが、, 【曲名(英語)】The Throne Room / End Title レースのシーンも迫力あって好き。, 久々にスターウォーズを見直そうと思った。 【登場作品】エピソード3、4、5、6, 『エピソード4/ 新たなる希望』のエンディング曲。「王座の間(The Throne Room)」は続編のエピソード5、6でも再び使われます。, 【曲名(英語)】Ewok Celebration and Finale 【曲名(日本語)】勝利のセレブレーション | エンド・タイトル 製作 安定のダースモール戦が激アツ!! 【曲名(日本語)】皇帝のテーマ $18,000,000 【登場作品】エピソード7, 『エピソード7/ フォースの覚醒』のエンディング曲。新3部作の「レイのテーマ」、「カイロ・レンのテーマ」、「レジスタンスのマーチ 」なども入っており、新鮮さ満載。, 【曲名(英語)】Duel Of The Fates スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 スターウォーズの中の時間軸はエピソード1から順番ですが、第1作目はエピソード4で、続いてエピソード5、エピソード6と作られ、約15年後にエピソード1が作られるという変わった順番で作られています。 概要. All rights reserved. 惑星タトゥイーンに「いつかレジスタンスのパイロットになりたい」と夢見ながら鬱屈した生活をしていた青年、ルーク・スカイウォーカー。, なんとR2-D2には、反乱軍リーダーのレイア姫がジェダイの騎士オビ=ワン・ケノービに宛てたメッセージが収められていのだ。, 名前を隠して砂漠で隠居していたオビ=ワンは密輸船のパイロットのハン・ソロと相棒チューバッカ達と共に、ルークは宇宙へ旅立ち、銀河大戦の渦中へと飛び込んでいった。, 突然大音量のファンファーレから始まるテーマソング、それとともに下から上に吸い込まれていく文字。, 冒頭から状況の説明が少ない作品なのですが、はからずもこれが後に「スター・ウォーズ」の世界観が果てしなく広がる結果になるという運命を辿ります。, どこか古風なジェダイの描写と近未来的な宇宙船やガジェットという組み合わせは、あらゆる世代の心をくすぐる魅力があります。, また、単純な善と悪の戦い、スラッシャー描写やグロテスクな表現が皆無なので小さな子供と安心して見ることができました。, 後半の宇宙船での戦闘シーンは子供も夢中になって見ました。是非、続編も視聴してみようと思います。, CGの技術が古い当時にこのクオリティで、今見ても違和感なく作れるのは凄いなと関心した。, 人間には誰でも、時に自分にすら感じ取れない秘めた可能性があって、その可能性を求めて、行動することは大事で、一緒にいる仲間を信じることが人間にとっても大切という伝言が込められているのかなと感じました。, デススターやスターデストロイヤー、ミレニアムファルコンなどの宇宙船類にはとてつもなく迫力がありました。, 前作で帝国の要塞デス・スターを破壊し、勢いを増したかにみえた反乱軍だが、帝国の勢力はまだまだ健在で、各惑星に散らばった反乱軍は次第に帝国に追われていく。, ルーク・ハン・レーアがいた雪の惑星ベスピンもその一つで、反乱軍基地はダースベーダーによって襲われ、反乱軍は抵抗虚しく散り散りに。, ルークはジェダイの修行を積むべくジェダイマスターのヨーダのいる惑星ダゴバへ向かう。, ハンとレーアは帝国の追従を逃れ、旧友のランドの勢力下である惑星ベスピンに向かうが、そこにも帝国の手は伸びており、ハンは冷凍され悪党ジャバの下へ送られてしまう。, ジェダイの力が高まったためにハンとレーアの危機を察したルークは、ヨーダの静止も聞かずに二人を助けに行くが、追っ手のべーダーに衝撃の事実を聞かされ、片手を切り落とされる。, 反乱軍艦隊は、再起を図りため終結。ランドとチューバッカはハンを救うためジャバの下へ向かう。, 歩くことも難しそうなヨボヨボのヨーダが、実はジェダイ最強戦士であったり ルークは敵だと思ってたベイダーが、実は父親だという葛藤に悩まされたり ハン・ソロは見方だと思って信用してたランドが、実は裏切り者だったり レイアは言動が鼻についてたハンに、最後には「愛してる」と告白したり 語りだすとキリないんですが、SF映画なのにドロ臭くて人間味あふれるストーリー こういうギャップが激しい所がよかったです。, 今はもっと技術が進歩していますが当時の技術で撮影された映画は昔の良さがあって傑作です。, ルークとベイダーの戦闘が最大の見どころ、次回作への伏線にもなっていて続きを見たくなります。, 序盤の氷の惑星ホスだけでもイベントは多く、全体的にハラハラさせられるシーンがとても多かったです。, ヨーダの登場シーンでは、エピソード3から変わり果てたマスターヨーダの姿に愕然として悲しむ人が多いかもしれません。, そして、タイトル通り全体的に帝国軍に打ちのめされるストーリーのため、気持ちはやや沈んでしまうかも・・・。, ただし、次のエピソードへの繋ぎとして、非常に重要なパートを担うとともに、スター・ウォーズの世界観に溢れる歴史的な名作です。, この表題の通り、エピソード6につながる帝国軍優勢の物語であり、様々な謎をこの時点で徐々に明らかにしていく展開で、見ている側に興味を持たせる狙いが強いと思いました。, ハンとレーアの関係が親密になり、ダースベーダーがルークの父であることが明かされます。, 「帝国軍と反乱軍の戦闘」というだけの前作のやや単純だった物語が、この作品では大きく動いていきます。, ジェダイが能力や素質だけで覚醒するのではなく、ある程度の修行も必要だという描写も面白かったです。, ランド・カルリジアンのことを叩こうとしたりするのホント、ハンソロのことが大好きなんだなと思いました。, ヨーダがエピソード1の時は威厳に満ち満ちていたのにR2D2とクッキーの取り合いをするのが個人的に大好きなシーンです。, 前作までに友を奪われ,帝国軍の暗黒卿ダース・ベイダーが自身の父親であることが判明した主人公ルークは、伝説の戦士の元で修行を積み戦士へと成長した。, 恩師からは父を倒さなければ宇宙に平和は訪れないと告げられるも、実の父親を殺めることはできないと苦悩することになる。, 帝国軍が新設した大量破壊兵器破壊作戦の中で、銀河皇帝の罠にはまった反乱同盟軍の運命が描かれる。, 最終決戦において主人公のとった行動が仲間たちと世界の平和に大きな影響を与えることになる。, 最後の戦闘場面でもイウォークがいることで荒々しい場面もコメディタッチな感じになり、戦いも帝国軍の兵士ストームトルーパーの間抜けさが何とも憎めないです。, ジェダイパワーがアップしたルーク、緑色のライトセーバーは自作のようで、見ていて成長が嬉しくなる。, また、反乱軍が可愛らしいぬいぐるみのような異星人と協力して戦うことになったり、帝国軍の多くの地上兵器や、多くの宇宙戦闘艦も出てきて目に楽しい。, エピソード1から始まる1つの大きなストーリーの完結篇として位置する本作、アナキンとルーク、レイアのエピソードに感慨深いものを覚える。, 前作でルークとベイダーの親子関係が明らかになり、その対決をどの様に表現するのか注目だったのですが、その期待以上の描写に感動しました。, 良いキャラクターとして人気があっただけに、3作の完結編だったとしても死という結末にするとは思いませんでした。, 帝国軍が彼らに倒されたことを怒るファンもいらっしゃるそうですが、子供心に本当に彼らが大好きでならなかった。, ルーク達を食おうとしたりするけれど、子供みたいな身長とクマちゃんのような見た目はむねきゅんもので本当にいとおしくてしょうがない。, 情け容赦ない悪の象徴ダースベーダーも良心の呵責に悩む場面が多く、恐怖間が薄れている。, 最後のオビワン、ヨーダ、アナキンの笑顔は、長い戦いの終結の象徴であるかのごとく、観ている者をホッとさせる。, シリーズ完結編として大団円で終わっているため,個人的には当シリーズはここで終結でよいと思っている。, 主人公が周囲からは倒せと言われながらも,暗黒卿の父親性に訴えかけることで肉親を取り戻す展開は素晴らしいと思う。, 最後にライトセーバーを投げ捨て自分はジェダイだと銀河皇帝に宣言するところもまっすぐな良心というものを感じられてよかった。, 通商連合とナブーの間で紛争が起き、元老院からの依頼でジェダイの戦士であるクワイ・ガン・ジンと弟子のオビ・ワン・ケノービーが派遣される。, しかし、通商連合はシスと通じており聞く耳を持たず、クワイ・ガン・ジンとオビ・ワン・ケノービーを抹殺しようとする。, 二人は命からがらナブーへ逃げ込みアミダラ女王に緊急事態であることを報告し、砂漠の星タイトゥーンへ逃げ込んだ。, 女王のシャトルが故障し渋々ジャンクパーツ屋に訪れるとそこには若き日のダースベイダーことアナキン・スカイウォーカーが働いていた。, クワイ・ガン・ジンはアナキンの素質を見抜き、彼をジェダイの戦士として育てる為に弟子する。, アナキンの得意のポッドレースのお陰でシャトルの部品を入手した一行は星を離れようとしたその時、シスの追手が一行の行く手を阻むのだった。, VHSで擦り切れる程見たシリーズだっただけに期待値はうなぎ登り、観覧後の困惑は深いものとなりました。, ダースモールのライトセーバーが当時大好きでカッコよくて、ダースモール自体も奇抜なファッションでお気に入りのキャラクターです。, 端々に目をやるとE.T.がいたり、ジャバザハットがいたりと古参ファンを楽しませる素晴らしい作品です。, 正義は、決して万能なものではなく苦悩があって、悪も憎みきれないし、悪にもドラマがある。, あまりにも有名な映画シリーズ「スターウォーズ」のエピソード1ということで後の悪役ダースベイダーの幼少期が描かれていますが、アナキンスカイウォーカーの可愛さに心を奪われます。, それと同時に「こんなにかわいい子がどうして…」と今後の展開に悲しみに似た感情を抱いてしまします。, 個人的な感想として女性ファンとしてはエピソード1~3のアナキンがダースベイダーになる前のエピソードが一番好きです。, エピソード1より約10年後の話、銀河共和国は汚職と腐敗によって求心力がなくなりつつある。, 元ジェダイであるドゥークー伯爵が分離主義勢力を組織して共和国に対して反乱のチャンスを伺っていた。, パドメ・アミダラ元老院議員は投票する為に惑星コルサントを訪れるが爆破テロに遭遇し、命を失う寸前のところだった。, 成長したアナキン・スカイウォーカーはパドメの護衛役として行動を共にすることになる。, 2人の禁じられた恋愛やマスタージェダイへの昇進が見送られた苛立ち、師匠であるオビ=ワンへの不信感、さらに母親の死、アナキンの周りで起きる数々の出来事から闇の力が増していく。, アナキンが聞き分けがなさすぎて、ダース・ベイダーのテーマが少し流れてきて悪い方へと向かってる描写が印象的です。, ジェダイで強くあるためには弱さを無くして弱みをつくらない為に家族を作れなかったりするのだけれど、アナキンはそもそも自信家なくせに愛を越える精神力もなくて、オビワンも師匠として不十分な部分が多かったから、母やパドメの事はきっかけの1つにすぎないかもしれない。, パドメもだんだん意固地になってきたし、王女なのに愛に生きすぎだし、許されない恋だけど共感することは無かった。, 奴隷だった少年が自由を得て、フォースによる類まれな才能の片鱗を見せていく一作目から月日が経ち、青年になったアナキンと、パドメとの禁断の恋、そしてひそかに渦巻く、銀河全体を巻き込む巨大な陰謀と、それに立ち向かわんとするジェダイたちの戦いが、前作よりもスケールアップしています。, 旧シリーズを観た人にとっては、「ああ、これは旧シリーズのあれに繋がっていくんだな」と思うような伏線が多く散りばめられていて、新シリーズから見た人も、旧シリーズから見た人も楽しめると思います。, 銀河共和国は優勢だったが、独立星系連合軍にパルパティーン最高議長が捕えられる事件が発生します。, パルパティーン救出へオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーが向かうのでした。, 敵艦であるインビジブル・ハンドの中で、2人はドゥークー伯爵と再び剣を交わし戦います。, 今までの幾たびの戦いの中で力を増やしたアナキンは前回は自身を圧倒したドゥークーを倒し、躊躇しながらも命令に従いドゥークーの首をはねて殺します。, パルパティーンの救出から無事に帰還したアナキンは妻パドメが妊娠したことを知ります。, だが、パドメが子供を産むことで亡くなってしまう悪夢にうなされ、以前、母を失った経験からもっと強い力を望むようになります。, 数多くのマイナス要素を今までの経験や体験からアナキンはプラスに変える事ができなかったのか。, そして、恐れた時に何が正しくて何が間違っているのか、大切な仲間を信じることの重要性を感じさせてくれました。, 道を外していく彼の心は、いつか未来の子供たちに託されるのか、とここで納得するしかありません。, 最後にパドメが出産して、亡くなっていきますが、そのシーンがあっさりと、しかも時間がなく急いで幕を閉じるかのような印象をうけました。, プリクエール3部作はこの作品のために前2作があったと思わせる変革を描いていました。, アクションシーンや映像美が素晴らしいのは言わずもがな、組織の腐敗や孤独の中で主人公が心理的に追い詰められていく点は丁寧に描かれています。, 母を失ったように妻まで失いたくないという主人公の執着は誰もが共感できる部分だと思います。, 巨悪を倒すために戦っていた主人公が巨悪になってしまったり、友人との対立等決して子供だましの作品ではないと思いました。, 砂漠の惑星ジャクーの廃品回収業者で生計を立てているレイは、ロボットのBB-8が同業者に捕まえられてもがき苦しんでいるところを見つけ、それを助ける。, それに加え、町で元ファーストオーダーのフィンとひょんなタイミングで出会い、地図、世界で起こっていることについて知る。, フィンは、ファーストオーダーだった頃に町の人々の虐殺命令に疑問を感じ自身の生活に嫌気がさし、基地に帰着後、捕虜として監禁されていたレジスタンスのポーを助け出し、協力して組織から抜け出してきた。, レイは、ポーとフィンとの出会いにより、フォースについて知り、己に秘められた力を引き出し、銀河系の秩序を守る使命を与えられ、宇宙で繰り広げられる争いに立ち向かうことになる。, タイファイターに乗っての戦闘やファルコンで狭い所を抜けるシーン等は迫力があります。, また、新しい主要キャストも軒並み最高で、新しさストーリーの始まりを感じされられます。, レイの、幼少時代の辛い過去の記憶と闘いつつ、フォースを自分のモノにする訓練を積んでいる姿は、とてもかっこ良かった。, フィンの存在は、あとから振り返るととても重要な人物だったと気づかされ、もう一度映画を見直したいと思った。, 登場人物それぞれ、心のなかに辛いことを抱えつつ、闘いに挑んでいて、ダース・ベイダーであるカイロ・レンさえも、人間らしい感情を時折見せるので、登場人物それぞれに共感できる映画だった。, マスターはワン・ケノービの時と同じように亡くなり、ルークは霊として現れたワン・ケノービから、父の正体はダース・ベイダーと知らされる。, あの静かに燃えてくところを見ている彼に何を思っているのだろうと、エピソード1からの想い、いままでのいろいろな事を考えているのかなと思う。, ダース・ベイダーの遺志を受け継ぐべく、悪の最高指導者として銀河を支配しようとするカイロ・レン。, 一方でジェダイのルーク・スカイウォーカーの遺志を継いで戦いを終わらせようとするレイ。, そして、レイヤやハン・ソロを両親に持つカイロ・レンは元の自分を取り戻すことができるのか、3部作最後のエピソードとなるこの作品では、レイとカイロ・レンの心が大きく動きます。, そして、それを取り巻くファースト・オーダーとレジスタンスの戦いも熾烈を極めたものになっていきます。, スカイウォーカー家に関するスター・ウォーズ作品の完結編となる映画ですが、SFというのはそもそも非現実的な物語なので、ある程度、科学的な謎(年齢とか)があっても致し方無いと思われます。, それに加えて、それまでの話の流れから気になっていた謎(レイの出生やルークのライトセイバーの出所など)を明らかにしつつ、ストーリーを締めくくるには、凝縮され過ぎて、理屈っぽくなってしまうので、これがギリギリの線だったのではないかと思います。, ただ、展開としては、ジョージ・ルーカスの描いたスターウォーズの世界観とは違うものになっている印象です。, 私はスターウォーズファンで、スターウォーズの世界観や変わらないそのテーマ設定が好きなのですが、フォースの設定や概念といったものがこの作品ではかなり自由に表現されている印象でした。, SF映画として楽しむことはできますが、生粋のファンからすると納得のいかない点がいくつか出てきてしまうのが残念なポイントだと感じます。, 映像の美しさはとにかく奇麗で、SFXにふさわしく、臨場感ともにさすがスターウォーズシリーズだなとおもいました。, 毎回、鬼気迫る建物間を飛びぬけるシーンはお決まりですが、みていて確実にバージョンアップしていると思います。, 終わってしまうことは残念ですが、親子愛の大切さが学べた偉大な作品であったと感じております。, レイが皇帝の血縁であることが分かり、葛藤を描くのであればそれは前2作まででやるべき事だと思います。, 本作中盤で発覚した事実に対して終盤には主人公が乗り越えてしまうのでカタルシスが感じにくいです。, 物語もある場所を探すためにある人物を探すために何処かへ行くというような回りくどさがあり、事務作業的にアクションが展開されるので物語の推進力が低いです。, 娯楽超大作として大団円は確定しているので、内容的に何らかの次世代へのメッセージを強調してほしかった。, 映画『スター・ウォーズ』シリーズの動画(字幕・吹き替え)をフル視聴できる動画配信サイトを調査してまとめました。, 映画『スター・ウォーズ』シリーズの動画をフルで視聴できる動画配信サービスはクランクインをはじめ、下記になります。, 上記の動画配信サービスの中で、映画『スター・ウォーズ』の動画をフル視聴したい場合は『クランクイン』が一番おすすめです。, クランクインビデオは、新作映画・ドラマ・アニメなど幅広いコンテンツを配信しています。, 初回登録で3000ポイントが付与されるので、無料期間中に3000円分の動画を視聴することができます。, 『スター・ウォーズ』を見放題でフル視聴はできませんが、登録すると貰える3000円分のポイントを利用して本編を6作品視聴することができます。 やっとエピソード1〜6まで観た。 アーヴィン・カーシュナー 【曲名(日本語)】レイア姫のテーマ 【曲名(日本語)】レジスタンスのマーチ  【スターウォーズ エピソード1の無料フル動画はDailymotionやYouTube、9tsuでは壊滅状態なの?】 今回は映画『 スターウォーズ エピソード1 』についてご紹介させていただきます! 『スターウォーズ エピソード1』は、大の映画好きな私にとっても、かなりお気に入り作品の一つです♫ 他のスターウォーズシリーズとは ということで「スターウォーズエピソード1」 アメリカのスペースオペラである『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の公開第2作品目で、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする旧三部作の第2章『エピソード5』に当たる。. 設定の情報 ゲイリー・カーツリック・マッカラム (特別篇) 【映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー 』の無料フル動画はPandora・Dai ... 【バイオハザード3の無料フル動画はDailymotionやYouTube、9ts ... 【映画『COLD WARあの歌、2つの心』の無料フル動画無料はPandoraとD ... 【スターウォーズ エピソード6の無料フル動画はFC2やmiomioなどの違法サイ ... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 見たけど、 英語 【曲名(日本語)】ルークとレイア 「アナキン」と「ヒカキン」は今でも普通に間違えてしまう‥, 今日はスターウォーズエピソード1だけ 映画『スターウォーズ』シリーズの動画を字幕や吹き替え含め、フルで無料視聴する方法をまとめ!動画配信サイト一覧から『スターウォーズ』に似た映画などおすすめ作品も一緒に紹介!気になる他のsf映画などもあわせてご覧ください!

メルカリ 投稿 更新 29, 日能研 Aクラス ブログ 13, Mcafee Security アンインストール 4, Ipv6 パススルー Ps4 5, 甥 姪 結婚 17, 三菱ufj 口座開設 赤ちゃん 9, Lenovoロゴ で 止まる 5, 香典金額 多い 失礼 4, Bna 1話 配信 16, Gta5 車売却 場所 22, プレジデント社 採用 2ch 4, アルパイン Bluetooth機能 は 使用 できません 4, 猛禽類 最強 日本 8, 醤油 塩分量 1g 4, 西荻窪 ロケ 今日 10, :pixus 早わかり Mg3500 7, Ssh 再起動 Centos7 4, モガミ 2534 Rca 自作 9, メール 折り返し 文字数 4, 潤滑油 乳化 影響 14, プライベッター サムネ 作り方 18,