ノキシノブは樹木や岩などに根を張る着生植物。神社や人家の庭でも見かけます。ノキシノブはウラボシ科ノキシノブ属のシダ植物で、... サンビタリアは黄色のかわいらしい花を咲かせます。そんなサンビタリアの特徴や花言葉、育て方や増やし方をご紹介します。あわせて... 春に咲く花といえば何を思い浮かべますか?白色の花ですか?それとも、ピンク色のサクラの花ですか?春の花はそれだけではありませ... 「桜」は日本を代表する花として有名な植物の1つです。しかし、「桜」とひとえに言ってもたくさんの種類や品種がありますよね。そ... 春の花木といえば、どんな花を思い浮かべますか?春の花といえば、サクラが有名ですが春の花木はそれだけではありません。他にもた... 暑くもなく寒くもなく風の爽やかな5月は、一年で一番多くの花が咲くので、ガーデナーにとっては待ちに待った季節です。5月に咲く... 常緑樹は葉を落とさないので目隠しになることから、プライバシーを守りたい方に、おすすめの庭木といわれています。大きく育つ木も... ヒメヒオウギ(姫檜扇)とは鮮やかなピンクやオレンジ色で特徴的な模様の花を咲かせるかわいい植物です。生命力が強く手間がかから... 「盆栽」は日本人になじみ深い伝統的な日本文化の1つです。しかし、盆栽がどのようなものであるか、説明できる人は多くありません... 「ホウキギ」は、別名「コキア」とも呼ばれる植物です。丸くふんわりした姿がかわいく、ガーデニングで人気があります。ホウキギの... ヘレボルスという植物をご存じですか?ヘレボルスは種類が豊富で、美しい花姿が楽しめる植物です。この記事では、花が少ない冬から... セリ科の植物にはどんなものがあるかご存知ですか?実は私たちに馴染みのある野菜「ニンジン」や「セロリ」、「くっつきむし」で有... 観賞用トウガラシの育て方や植え付けの時期などをご紹介します。観賞用トウガラシとは実の形の種類や色の数が多く、とてもカラフル... 家紋を見たことはありますか?家紋にはさまざまなものがあり、なかでも多く使われていたとされているのが植物紋です。植物紋は木本... 世界には様々な珍しい花が存在します。不思議な形をしているものや、奇妙な生態をしているものも数多いです。しかしその一方で、絶... ビデンスは冬の時期に花が楽しめる人気の植物です。生命力が強くお手入れの手間もほとんどかからないため、初めてビデンスを育てる... 春に植える野菜の種類をご紹介しています。3月〜5月は気温が安定していて、比較的簡単に野菜が育てられ、初心者が家庭菜園に挑戦... 雌雄異株は、一部の植物だけが持っている特徴です。それぞれの個体に雌の生殖器官と雄の生殖器官があることをいい、日本では50種... マメ科の植物の特徴を知っていますか?マメ科は植物のなかでも種類が多く、エンドウやインゲンなど身近な野菜だけではありません。... ゴマノハグサ科とはどんな植物が知っているますか?草本、木本などが属する植物の分類ですが、ゴマノハグサ科の植物には共通点があ... 水色の花というと、あなたは何の花を思い浮かべるでしょうか。珍しいイメージがあるだけに、すぐには思いつかないという方もいるで... 冬のガーデニングなんて、凍えてしまうような空気の中では何もできないと思っている方も多いでしょう。でも、そんな冬の花壇でもし... 秋植えの多年草・宿根草は、寒さに強く育てやすい品種が多いので、初心者にもおすすめです。一度植え付ければ、その後はほったらか... 「開花期間の長い花ってなんだろう?」と思ったことはありませんか?数日で終わってしまう花や、いつ見ても咲いている花。ひとつひ... みなさんは「黒い花」と言われたら、まずどんな花を思い浮かべますか?黒い花は暗いイメージをお持ちの方もいるでしょうが、近年で... 有名な花の和名はご存じですか?この記事では、かっこいい花やきれいな花の和名をご紹介します。よく見知った花でも、和名だと珍し... 「もみじ」と聞くと、手のひらのような形の葉が、秋に赤く色づいている風景を思い浮かべる方が多いのではないでしょか。実はもみじ... 庭に植えてはいけない植物は、繁殖力が旺盛なものが多いです。気がついたら庭を占拠されているかもしれません。後々あわてないため... 女の子につける名前といえば、どんな名前を思い浮かべるでしょうか。いろいろありますが、女の子の名前というと、やはり花や植物の... オージープランツとはオーストラリア原産の植物のことです。近年では日本でもさまざまな品種が輸入されるようになり、独特な形状か... アレンジメントでもガーデニングでも、くっきりと華やかな赤い花は私たちを惹きつける魅力がありますよね。今回はそれぞれの季節に... ドライガーデンとはどんなものかご存じですか?手間がかからずお洒落なドライガーデンは近年人気があります。この記事では、ドライ... 日本の花と聞いて、皆さんはどんな花を思い浮かべますか?日本は四季折々いろいろな花が咲き、思い浮かべるだけで、心が癒やされま... 11月の花といえば、何を想像されるでしょうか?晩秋の11月は寒さが厳しくなっていく季節です。同時に花も少なくなり、色彩が寂... 植物は日当たりのいい場所でよく育つというイメージですが、数ある植物の中には日陰や日当たりの悪い北側の場所でも育つ品種がある... 「世界の国花」にはどんな花があるのかご存じでしょうか。アジア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、オセアニアの各国の国花を、こ... 「ほったらかし」とは決してマイナスの意味ではありません。手をかけなくても毎年咲く花は多数あり、ナチュラルガーデンの言葉どお... 秋咲きの花が終わると一気に庭が寂しくなりますが、そんな時こそカラーリーフの出番です!いつもとは一味違った寄せ植えを楽しんで... 下草はシンボルツリーを引き立て、景観をよくする植物です。実は、下草を植えることには、景観以外にも重要な意味や役割があります... 庭に植えてはいけないグランドカバー5選!管理が大変で手間のかかる植物は?のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。, グランドカバーに求めるものはなんでしょうか?手入れが簡単で、雑草よりも強い常緑の植物で、増えすぎることなく…というすべての条件を兼ね揃えた植物はむずかしいですが、今回は理想に近づけるべく、手入れが簡単、手間いらずでおしゃれなグランドカバーを集めてみました。, in_natural_ garden(@in_natural_garden)がシェアした投稿, 株式会社 なごみの工房(@nagominokoubou_family)がシェアした投稿. 青ジソの葉を収穫したいのですが、もう花が咲いてしまって葉が出来ません。本で読むと、葉の収穫が終わる頃に芽シソ、花シソの収穫時期になる。と書いてありました。青シソ、赤シソの他にそういった種類があるのでしょうか?このように花 【三協アルミ】住まいづくりのポイント/リーダーズコラム 四季の庭仕事−園芸メモ−, 一緒に植えることによって、病気や害虫を寄せつけにくくなったり成長を早める「コンパニオンプランツ」など、寄せ植えのポイントを解説しています。 庭を華やかにしようと気軽に植えたら大失敗… 庭に植えてはいけない身近で危ない植物をまとめました。増えすぎる、伸びすぎる、棘がある、毒がある…などなど、植える前によく検討したい植物をご紹介します。地下茎を伸ばす植物一見成長していないように見え 【サイト停止】, 「トマトはきゅうりとは相性はいいが、じゃがいもとは相性が悪い」など、おもな野菜の隣接して栽培するときの相性が一目でわかる一覧表。, 出典: 一度植えたら毎年こぼれ種から芽を出してくれる青シソ。 「これで今年はおいしいシソが食べられるわ~」なんて思っていませんか? ちょっと待って! おいしいシソを食べたいのなら、こぼれ種から出たシソを育てないほうがいいですよ。新しく種を蒔いて育てるのが断然おすすめです。 毒草や食べられない植物のほかに、ハーブには、こういうのはこういうときには使用してはいけない、また、量をかげんしなくてはいけないなど、いろいろな注意があります。それらをしっかりと理解してから利用するのが本来は、大切です。 シソ(大葉・紫蘇)の育て方…柔らかく育てて美味しいシソを収穫! シソはシソ科の一年草。 育てやすくてよく増えるが、意外と害虫に食われる。参考水耕栽培という方法もあり。シソ(大葉)の水耕栽培の方法まとめ(ペットボトルで水耕栽培)家庭菜園で栽培できるコスパの良い野菜 連作障害と輪作, おもな野菜を連作したときに現れる連作障害の内容や、連作を嫌うおもな野菜の作付け間隔(休栽年限)の目安も表で紹介しています。, 連作で、病害の発生を防ぎ、収穫量も増やすためには、前作・後作に相性のよい野菜を組み合わせることが重要。相性の良し悪しをまとめた一覧表。 青シソと赤シソはもっとも危険であるから、絶対に近くに植えてはいけない。赤シソは梅干しを漬けたりシソジュースを作るぐらいしか用途がなさそうだから、花が咲く前にさっさと収穫して株ごと撤去しろ。これだけでも危険性は大幅に低下する。 庭に植えてはいけない植物は、繁殖力が旺盛なものが多いです。気がついたら庭を占拠されているかもしれません。後々あわてないためにも知っておくことが大切です。今回の記事では、庭に植えてはいけない植物を注意点を交えて11選紹介します。 旬であっても家庭菜園のほうがはるかに低コストで栽培できる作物もある。その代表格がシソであろう。, スーパーのシソはほんのちょびっとを輪ゴムで束ねて48円ぐらいはする。一度にたいした量を消費しないのに日持ちしないから、1シーズン分を買ってすますとなると相当な出費になる。, いっぽう、シソのタネは1袋100円強といったところ。これでも1シーズンでは持てあましてしまうほど採れる。余ったタネは翌年も十分使えることが多いが、冬場に要らないタネを保管しておくのも面倒だ。近所に「おすそ分け」してあげれば、少しは「いい男」になれるだろう。, 自家栽培なら必要なときにつみ取ればいいんだから、保存の問題も発生しない。そうめんをゆでている間に必要な分だけ摘んでくればいいから保管場所も不要で合理的だ。, 寒さにはめっぽう弱い。春先に慌ててまいてもぜんぜん発芽しない。いつまでたっても発芽しないのを待っているのは精神衛生上好ましくないから、ゴールデンウィークが最初のまきどきだ。それ以降なら多少時季が遅れたってかまわない。, 土はなんでもいい。買うならいちばん安い園芸用土で十分だ。シソごときに金なんかかける必要はない!, 収穫できる期間を長くしたければ、6月、7月にもまく。これで10月ぐらいまでいけるな。, 気温さえ高くなってくれば放っておいてもぐんぐん育つ。肥料はやりたければ適当に与えてもいいが、あんまり必要性はないぞ。だいたい、シソの分際で肥料などぜいたくだ。, 5、6月のうちは相当虫に食われるが、気にするな。7、8月になれば、シソの生育のほうが早いから、虫食いは気にならなくなるぞ。, 花を咲かせると香りが落ちる。シーズン前半の7月ぐらいまで、花芽は見つけ次第摘んでしまえ。, 言うまでもないが、実は実で天ぷらにしてもうまいし、いろいろ用途がある。8月ごろシーズン終了が近づいてきたら、花芽を摘んで葉を食べる用途に使い続ける株と、花を咲かせて実の収穫用にする株を分けてもいいだろう。, 交雑してできたタネから芽が出始めると想像しただけで恐ろしい世界が到来するから、十分な注意が必要だ。葉の形状はそっくりでもまったく香りがないシソや、やけにゴワゴワしているシソが食卓に並んだときのことを考えてみたまえ。, 青シソと赤シソはもっとも危険であるから、絶対に近くに植えてはいけない。赤シソは梅干しを漬けたりシソジュースを作るぐらいしか用途がなさそうだから、花が咲く前にさっさと収穫して株ごと撤去しろ。これだけでも危険性は大幅に低下する。スペースが限られているなら赤シソはあきらめろ。, なお、十分な検証は行っていないが、このほかのシソ科の植物も交雑の危険がある。極力分離して植え付けるべし。, 翌年は「こぼれ種」から勝手に生えてくる。が、これで間に合わせようなどとケチくさい考えを起こしてはいけない。タネからまき直せ。, こぼれ種から発芽したものは風味が落ちるから、見つけ次第引っこ抜くように。とくに、交雑したタネから発芽したものが混じっていると始末に負えない事態に発展しかねない。.

外資系 製薬会社 就職 4, 日立 Ex120 カタログ 4, 東京 グール アニメ動画 2期 26, 昔いじめ っ 子だった 後悔 10, トヨタ自動車 社歌 歌詞 9, Sh 06f リカバリーモード 4, 石川県 高校入試 2020 難易度 8, ジムニー Jb23 シフト レバー 交換 14, サーモン 刺身 毎日 4, スペイド ジャッキ ポイント 7, バスケ 観戦 赤ちゃん 4, Cod Mw 弾速 5, Red Karaoke インターネットに接続 5, 卒団式 曲 2019 4, Ts3130 コピー 濃度 16, Cf Sx1 メモリ 12gb 6, Pso2 Ff14 比較 48, しまむら サンダル 2020 夏 11, レクリエーション ゲーム 中学生 大人数 体育館 7, Fire Hd 10 第7世代 ミラーリング 9, ヴォクシー 70 9インチナビ取り付け 8, Mii Maker Citra 9, 猫 嗅覚 おなら 4, 肩 ゴリゴリ 改善 4,