第36話ではドクター・トラウムによってプリキュアオールスターズの世界(ジョージ・クライ曰く「プリキュアによって世界が救われアスパワワに満ちた世界」)の一部も時間が停止した。, 公式サイトによると、本作に登場している殆どの社員は「あざばぶ支社」の社員とされる。 このことからすると、ジョージがやってきた未来では、文明が急激に進歩した「理想の王国」なるものが一旦は完成したらしい。 マザーを作り出して「理想の王国」を実現させ、プリキュアを作り出してその王国を永遠に守る。そういう目的で最初は行動していたのかも知れない。 そしてジョージは、のちにマザーとなるアナザーはなと親密な関係にあったので、彼女を通じてアスパワワの研究をトラウムと共に行えたのではないだろうか。 ただしこの3名の補充メンバーとリストルも失敗が続けば初期メンバーと同じような目にあうことは想像に難くない。現にジンジン・タクミは第31話、トラウムは第37話、ジェロスは第45話にて退職した。この他、リストルが若宮アンリを一時スカウトしたことから新たな人材としてこちらの時代の味方に加えようとしていた。 これは単なる社畜体質というより、会社から放逐されると「自分がいた未来の時代」へ帰還できなくなるからということが大きいだろう。 ルールーも当社の技術力で製造されたアンドロイドであり、第17話でリストルがルールーを「クライアス社の優秀な製品」と呼んでいたことから、相応の製造業務も行っている模様である。 文化が失われたというのは初期設定の名残なのかもしれない。, 社長であるジョージ含め、社員たちはみんなただの人間である。闇の世界からやってきた魔人とかではない。 作中でジョージが詩的表現を持って語った未来史には、要約すると以下のような内容となる。推測される時系列順に記載する。 けしからんが羨ましい・・・・ 4. タイムジャッカー:30分後の世界における敵集団。未来から来たことや歴史改変目的と時間停止能力が共通。 ただ、「彼らが未来で時間を止めた年代」ならある程度の推測が可能である。 これについての謎がまずあるのだが、それ以前に考えなくてはいけないことがある。 しかし、ジョージが語る未来史では、「理想の王国」が築かれて人々に希望が満ち溢れ、笑顔が絶えない世界になったはずである。 1つ言えることは、意外と近い未来だということである。 欧文表記では "Criasu Co., Ltd"とあり、株式会社であるらしい。 明治大学テニスサークル「クライス」女子大生飲酒集団昏倒事件・やっぱ酒に睡眠薬入れてたことが判明 (ソースは東スポ) ... コマ劇場 クライス そこに「新しいプリキュア」としてキュアエールが誕生したことで、クライアス社が狙うミライクリスタル自体が増えたのである。 また、プリキュアの剣を手にしたようなので、彼女もまたプリキュアになったと思われる この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪サークル明治大学 メンバー表がきたー!: アリさんもアリさんなら、それで騒ぎ立てる派遣ユニオンもくそ!自分としてみりゃアリさんの方が正しい。, 敵と手を組まざるおえなくなった「共産党」、公明党と分裂の危機を抱える「創価学会」。, ふざけるな!NHK! そして本社設立日は当然それより前となる。 そしてクライアス社の目的が歴史改変ではなく「時間を止めて過去の思い出を永遠にすること」ということも、個々の人間がすでに経験した過去は変えられないという前提に立っている。 なお放映後に刊行された『HUGっと!プリキュア オフィシャルコンプリートブック』によると、シリーズ構成の坪田文は最初は「未来はすごくすごく遠い」と言う設定で物語を考えていたが、SDの佐藤順一から「10年後、20年後の未来でも子供達にとってはめちゃくちゃ遠い未来だよ」と言われたことで、設定を組み直したとしている。 46話で「若い頃のジョージ」が「大人になった野乃はな」と親密な関係にあったことが判明したのだ。つまりジョージは100年とか1000年とか先の未来からやってきたのではなく、もっと近い未来から来たのである。 作中で描かれた「ヒント」から想像する限り、チャラリートは自己肯定ができずに苦しんでいたり、ダイガンは老害扱いされることを極度に恐怖していたり、ジェロスは女性であるがゆえにルッキズムの洗礼を受けていたりと、まさに現代日本の生きづらさの象徴のような構図が見え隠れする。 そして、終盤でジョージが野乃はなに向けて語った様々なセリフから、彼が今まで物語として語ってきた「少女」とは、「ジョージがやってきた未来」の世界線における『野乃はな』であることはほぼ確実で、その『野乃はな』はジョージと極めて親密な関係にあった。 結局、この点については最後まで補足されることはなかった。 ここで重要なのは、はなは「この人は〇〇だから応援に値する」という考え方をしないことである。はなの応援は、価値観の異なる相手とも寄り添い共感することを諦めないための応援なのだ。 幻影帝国 … シリーズ第11作『ハピネスチャージプリキュア!』に登場する敵組織。人間から怪物を生み出す点が共通。世界各国にプリキュアが多数存在する関係上、主人公チームの1強で勝てる相手ではないといった全シリーズ中歴代最強との呼び声も高いが、未来世界どころか36・37話での展開で(モブキュアを含めた)歴代チームを殆ど全滅に追い込んだ等こちらに最強の地位が譲渡されることになる。 ただし、その原因を想像できるようなヒントになる描写は多々散りばめられている。 そして、ジョージがやってきた未来についてはもう1つ、忘れてはならないことがある。それは未来を司る女神・マザーの存在である。そのような存在は本編中の現代では確認されてないし、最終回で描かれた「クライアス社が誕生しなかった世界線での未来」でも言及されていない。つまりマザーは「クライアス社が存在する未来」においてのみ確認されるということだ。このことから「マザー」の顕現と「理想の王国」の誕生はほぼ同時に起こったことではないかと推測できる。 本作はあまりSF的な解説はしない方向性で作られているが、「過去に起こったことは変えられないが、これからの未来は変えられるから、諦めないで」と言うことがメッセージとして何度も出ている。 さらに、最終回で11年後(2030年)のはなが子供を産んだのだが、この子供がはぐたんそっくりであった。 アジアニュースより引用 第36話ではジョージ・クライをはじめとする上層部がプリキュアオールスターズの情報を正確に認識していたことから、TVシリーズでは初となる現行作品以外のプリキュアを把握している組織となった。 このことからすると、ルールーが作られた未来、すなわちクライアス社の連中の故郷である未来世界は、現代からかなりの時間がたった遠い遠い未来のように感じられる。 第48話では、2019年時点におけるドクター・トラウムの姿がちらりと映っており、そこにジョージらしき青年の姿もある。つまりジョージはもともとはトラウムの助手だったようだ。彼は本来は研究者畑の人間であったと仮定できる。 作中でそれを類推できる情報は少ない。 そして本編も終盤になって、ようやく彼らがやってきた未来の世界がいつ頃なのかが明らかになる。 第15話ではバイト社員含め有給が存在することが明かされた。 ただ終盤では、未来世界は一度完成した「理想の王国」が人々の尽きぬ欲望から生まれたトゲパワワによって崩壊していったことがジョージの口から描かれている。 このことから、立場が上で解雇させにくい社員に対しては、空気を読んで自主退職しないならば処分するという恐ろしい側面があることが判明した。 いずれもプリキュアとの関わり合いでクライアス社を去ることになり、本編後半からはパップルが起ち上げた芸能事務所の「まえむきあしたエージェンシー(MAA)」に所属している。, ジョージ・クライがクライアス社を組織改編した第23話から登場する新たな幹部社員たち。, 下記の他にも、第37話では暴走したドクター・トラウムが生み出したザケンナー、ウザイナー、コワイナー、ナケワメーケ、ソレワターセ、デザートデビル、ハイパーアカンベェ、サイアーク、ゼツボーグが大量のオシマイダーと共に登場した。, 「未来の消滅」を目的にしたクライアス社だが、これは抽象的な意味ではなく言葉通りの意味である。彼らによって未来を奪われた世界は時間が止まり、未来という概念自体が無くなってしまう。 アカルイアス社 … クライアス社社員達のギャグ系イラストを見たい方はこちら。そしてまさかの……。 わざわざヒントを用意しているのに「答え」を出さなかったことは、意図的な側面があると思われる。 上述している公式サイトの挨拶文からもわかるように、クライアス社はその恐ろしい行為を人類社会への奉仕だと考えている。 クライアス社は創立以来、世界中の人々の幸福を願ってまいりました。 ちなみに退職者/離反者が出るたびに、クライアス社の公式サイトにて社員募集広告がかけられるという小ネタがある。, 第22話にて課長であるパップルが退職し、残るのは部長であるダイガンだけであったが、初出撃の際に「会社のお荷物」のレッテルをはられて粛清されてしまった。 未来世界のプリキュアであるキュアトゥモローがプリキュアの標準年齢である14歳と仮定すると、クライアス社がやってきた未来は2044年となる。25年後ということだ。 トゲパワワが蔓延したことで未来世界はゆとりをなくしてしまい、人類のメンタリティが変化したのかも知れない。 ただし、ハリーが言うには「クライアス社は裏切り者は許さない」とのことなので、会社に翻意を見せた離反者についてはその限りではない模様。 彼らが時間を遡って現代世界にやってきた元々の目的は、ホワイトのミライクリスタルを持って現代世界へと逃亡した「未来世界で活動していたとあるプリキュア」の捜索のためだったが、この現代世界でキュアエールをはじめとした新たなプリキュアが生まれたため、「現代世界のプリキュア」が持つミライクリスタルを奪うことも新たな目的になっている。 もう1つは、クライアス社の社員たちも実はジョージの未来とは異なる世界線からスカウトされたというものである。 つまりクライアス社はその地のプリキュア達に勝利したわけであり、その戦力は第10作目に登場した敵対勢力並みに高そうである。更にクライアス社は本編外で退職した元社員や新入社員、社長を含めてメンバーは現時点では16人で、シリーズ史上最多だったドツクゾーンと並ぶ。(幻影帝国や終わりなき混沌も存在が示唆されている姿を見せてない者を含めたらこれらにも並ぶ)。 つまり、この2018年で何をしても、「本編の物語に出てくる未来人たち」がすでに経験した悲劇や出会いがなかったことにはならないということである。悲劇が回避されるのは別の未来の彼らである。 冒頭のクライアス社の挨拶文では「創立以来、世界中の人々の幸福を願ってきた」と主張している。 すると、「理想の王国」が理想のままでいられたのはかなり短い期間に過ぎなかったようだ。 アスパワワとトゲパワワは表裏一体なので、アスパワワを研究していた彼らならトゲパワワを操ることできるというわけだ。 未来は必ずしも明るいわけではないのです。 そして全てが止まった世界のメンテナンスを心のないアンドロイド達が担うことで、人類は未来への不安に怯えることなく幸福な夢を見続けられるのである。 実は「はぐたんのママは未来のはななのでは」という推測はそれこそ第1話の頃から視聴者の間ではあったものの、中盤以降になってルールーの口から未来世界で様々な文化が失われていることが語られるようになってからは「はなの子供の世代とは思えない」という声もまた大きくなっていたのだが……。 作中の登場人物であるハリハム・ハリーとはぐたんは、クライアス社が未来を奪ったその時代に生きていた者達であり、野乃はなが13歳である時代(西暦2018年)に転移してきた逃亡者なのだが、第2話ではながはぐたんの記憶を通して見た夢の中の場面で、ハリーとはぐたんの生きていた時代では4人のプリキュアがクライアス社と戦っていたことが示唆されている。 ナイトメア … シリーズ第4作『Yes!プリキュア5』に登場する敵組織。同じ企業タイプ。離脱者が出ると新メンバーが追加されたり、メンバー間の仲間意識が皆無な点も共通。ただし、クライアス社の方は基本的にプリキュアによって救済されるという明確な相違点がある。ちなみに本作のシリーズ構成の坪田文によると「プリキュア5のナイトメアが大好きだったので、敵組織を同じ企業タイプにした」と語っておりクライアス社はナイトメアの正式オマージュである(コンプリートブックより)。なお、ナイトメアの元社員のブンビー曰く、クライアス社は「ナイトメアもビックリな超ブラック企業」とのこと(第36話)。 さすがに後者だとややこしくなりすぎるので、前者の可能性の方が自然かもしれない。 未来を司る女神・マザーも彼らに手を差し伸べてあげなかったのだろうか? このマザーとは何なのかについては全く謎に包まれているが、1つだけ予測できることもある。「理想の王国」は「ある少女」が夢見たものの具現化であり、つまりはこの王国の根幹にあるのはこの少女の存在である。ならば、王国の未来を司る女神マザーこそがその少女が行き着いた姿だと考えることもできるだろう。 「少女が目指すのは花咲き乱れる理想の王国。夢は叶い、人々は笑顔に満ちた」(第46話) プリキュアシリーズで、「突然に」すごい力を得たとされるラスボスは実は黒幕みたいなものがいてそれに操られているとかが定番ではあるが・・・ 本編を見る限り、ジョージのやってきたことはジョージ自身の意思であることは強調されている。 マザーの未来を司る力を持つというが、本作で未来を作り出す力といえばアスパワワだ。つまりマザーはアスパワワを使って幸福な未来そのものを作り出せた存在、いわば因果や運命といったものを操る存在であったと考えられる。それらが人々に認知されるくらい身近で、人々のために未来を作っていたのならば、確かに人類は「理想の王国」を作り出せるだろう。 「あざばぶ」の元ネタはおそらく「バブル期の麻布」。はな達が暮らしている街は「はぐくみ市」の「のびのび町」であり、距離的な関係は不明だが、一応劇中の描写から頻繁に車で移動できる程度と推測される。 コマ劇前で10人以上の明治学院のテニスサークル『クライス』 に所属している学生が泥酔して倒れていたという事件。 実態はインカレサークルで、 いわゆる“ヤリサー”と言われています。 女子に“スピリタスカプセル”を使用し、 いたずらしていたという。 芸能事務所まえむきあしたエージェンシー - 元クライアス社社員達が立ち上げた企業。, ロンダーズファミリー:18年前の1時間違いの世界における敵組織。クライアス社と同じく未来からやって来た。 | 完全に犯罪の臭い!明治大と日本女子大のをのさばらすな!犯罪大学 明治大学 日本女子大! », クライスメンバー一覧表 世に蔓延る明日への希望、そこに永遠はありません。 クライアス社がイラスト付きでわかる! 「hugっと!プリキュア」に登場する悪の組織。 クライアス社は創立以来、世界中の人々の幸福を願ってまいりました。 世に蔓延る明日への希望、そこに永遠はありません。 未来は必ずしも明るいわけではないのです。

次の恋人 占い いつ 5, 理系 大学4年 授業 6, 2020 メンズ 髪型 ベリーショート 8, Digno イヤホン接続 解除 11, メガバンク 信託 年収 5, 安いタバコ 2019 ラッキーストライク 23, Gsx S1000 フロントフォーク セッティング 13, Sql 日別 集計 13, Hdmi変換 テレビ Switch 4, 市営住宅 親と同居 世帯分離 4, Osmo Action 使い方 21, 犬 鳴き声 効果音 4, Naruto 夢小説 サスケ 8, 画面録画 音 小さい Android 10, 犬 脱水症状 冬 6, 26歳 貯金 150万 8, Sr400 テールランプ Wm 7, パイオニア リストラ 2020 13, Aquos R5g ケース 12, しまむら プチプラ ブログ 5, Kb4532693 アンインストール エラー 4, Pubg 車 最強 36, 東芝 野球部 印出 31,