対応メモリ– Uシリーズにおいて、”DDR4-2666″と”LPDDR4x-2933″をサポート。 2. クロック数. Wi-Fi– Comet Lakeを含む第10世代プロセッサーでは、これからの5G時代に引けを取らない高速Wi-Fi … TDP(消費電力)– Uシリーズは最大15W(維持 or 引き下げ)、Yシリーズは最大7W(若干引き上げ)。 3. 先日、Intelがもう一つの第10世代プロセッサーこと「Comet Lake」を発表しました!, 現在主に使用されている第8世代プロセッサーのモバイル版(ノートパソコンなどに搭載される)と比較して違う点は、主に以下の4点です。, Wi-Fi 6とThunderbolt 3の標準サポートはありがたいですね!CPU性能は最大16%性能が上昇したそうです。, Uシリーズ最上位はついに6コア/12スレッドを実現!それもTDPは15Wのままでの達成は初です!YシリーズはIce Lakeと同じくi5とi7で4コア/8スレッドを実現!TDPこそ7Wになりましたが、なかなかバランスは良さそうですね!, 簡単に言ってしまえば、”Ice Lake“はGPUとAIを重視したマイクロアーキテクチャ。”Comet Lake“はCPUを重視したマイクロアーキテクチャです。まぁ”Ice Lake“はGPUを重視したといってもそこそこ使える(ある程度のゲームならFHDで30fpsくらいはいけるかな?)といった程度なので、ゲーミングノートは普通に”Comet Lake“(まだ発表されていない上位CPUも含め)+何らかのGPUという形になるでしょう。“Ice Lake“は軽いゲームや簡単な動画等の編集、”Comet Lake“はGoogle Chrome等のブラウザやMicrosoft Office等のビジネスソフトに向いています。, Comet Lakeは今まで通りで、Intel Core i○ブランド ○○世代○○○SKU○シリーズとなっています。Ice Lakeについては以前こちら↓の記事で説明したので、時間があれば読んでみてください。, ちなみに、どちらのCPUを搭載した商品も今年のクリスマス商戦あたりには市場に出回る予定です。, もちろんあります!が、(Hシリーズ等のモバイル用上位CPUも含めて)10nmプロセスの「Ice Lake」で製造されることはないでしょう。クロック(周波数)が全然足りないので、14nm++の「Comet Lake」で製造されると言って間違いありません。, デスクトップ用CPU等の高クロックが求められるものは、2020~21年くらいまでは14nmで製造されると見られています。, まもなくデスクトップ用”Comet Lake”も発表されると思われます。詳細が楽しみですね!, 更新情報を呟いていますので、Twitter[@Wakaba_Japan]をぜひフォローお願いします!気軽に絡んでくださると嬉しいです♪フォロバします!, 『更新情報以外は必要ない』という方は右下の赤いベルマークから新しい記事を公開された際にプッシュ通知を受け取れます。また、↓の方のアイコンからfeedlyやRSSのフォローをすることができますのでこちらも併せて宜しくお願いします。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, <自己紹介> ガジェットが好きな76ersのファンのバンドリーマーです。 当サイトでは最新情報や自分の意見を語っています。, Intel第10世代CPU「Ice Lake-U/Y」型番&詳細発表!グラフィックスが約2倍に進化したIce LakeでノートPCはどう変わるのか. 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. インテルの第9世代と第8世代のCore iシリーズの比較表です。(2019年8月末時点) 9000番台が第9世代で、8000番台が第8世代となります。 【簡易比較表】 ※CPU名をクリックで、Amazonもしくはドスパラでの現在価格を確認できます。 CPU名 ベンチマーク. コア (スレッド) TDP. もう一つの第10世代Intel Coreプロセッサー・ファミリー「Comet Lake」型番&詳細発表!|Ice Lakeとの違いは?, Snapdragon 865/765/765G発表!|Xiaomi、OPPO、Motorola、Nokiaが搭載を公表!. © 2020 PC自由帳 All rights reserved. © 2020 PC自由帳 All rights reserved. インテルの第9世代と第8世代のCore iシリーズの比較表です。(2019年8月末時点), Core i5 9400F がやや頭一つ抜けているのを除けば、第9世代も第8世代もコスパ的には大差が無さそうです。, 同モデル同士(Core i7同士とか)では、若干ですが第9世代の方が価格が高くなっている事もあります。, また、第9世代では、第8世代より全体的にクロック周波数・コア数が増えており、発熱の問題が気になりますが、第9世代では第8世代と比べて放熱能力がやや向上しているらしいので、多分プラマイゼロっていった感じになって差は無しと考えて良いと思われます。, シングルスレッド性能が高いと、軽い処理の処理速度が速くなる他、ほぼ全ての処理に対して有利に働くので、重要視される事が多いです。, 区分的には中性能域であるはずの「Core i5 9600K」に至っては、前世代のトップ性能の「Core i7 8700K」に迫る性能まで向上しています。, 元々第8世代でも、優れたシングルスレッド性能を持っていたので、それから順調に性能を伸ばしているのは素晴らしいです。, マルチスレッド性能が高いと、マルチタスクの処理やエンコードの速度などが速くなります。簡単にいうとCPU全体の全力のパフォーマンスを表します。, シングルスレッド性能と同じく、Cinebench R15というソフトで測定した数値を見ていきます。, マルチスレッド性能は、Core i9が頭一つ抜けている以外は同モデル同士では微増といった程度でした。概ね1割未満の成長率。, Core i9で大幅な性能向上を狙いたいという人以外は、やはり第8世代CPUから買い替える魅力は無さそうです。, 今回は、10種類の人気ゲームでFPS数を測定した平均FPS数(相乗平均)の数値を見ていきます。, 「Core i7 8700K」と「Core i7 9700K」の比較ではFPSの差は約4程度で、微増と言った程度でした。, また、世代間の比較とは関係ないですが、Core i5 のゲーミングコスパの良さが非常に目立ちます。, 極端な例として、価格に4万円近い差がある、第9世代「Core i7 9700K」と第8世代「Core i5 8400」を比較したとしても、平均FPSの差は10未満です。, 今回の測定に用られているGPUは「GeForce GTX 1080 Ti」という高性能ハイエンドGPUですが、第8世代のCore i5でも大きなボトルネックにはならないという事がわかるため、, 元々ほぼ同じマイクロアーキテクチャを利用しているため、必然といえば必然ですが、第9世代と第8世代でコスパや性能上の差は小さいです。, 第9世代から主流CPU入りした「Core i9」は、当然ながら他のモデルより頭一つ抜けて性能が高いです。, 価格の高さは気になりますが、第8世代には無い性能の高さを持っています。予算に余裕がある人ならば、第8世代からでも乗り換える価値はあると思います。, でも、やはり価格は高いですし、第8世代のCore i7でも性能的には十分に高性能なので、個人的には新しいCPUが出るまでもうちょっと待った方が良いかなという意見です。, 第9世代の中でも後発な「Core i5 9400F」は、非常に優れたコスパを発揮します。「Core i5 8400」のいわゆる焼き直しCPUとなりますが、良さを更に伸ばした出来となっており、素晴らしいです。, マルチスレッド性能だけはCore i7やCore i9を大きく下回る性能となっているため、そこを重要視している人にはオススメしにくくはありますが、数値自体は決して低いものではありません。一般的な用途ならこなせない事はない、十分高性能といえるものです。, ただし、末尾Fモデルは内蔵GPUが無効化されている点は、念のため留意しておきましょう。, 【最大9,900円引き】Lenovoの対象Chromebookがお得になるキャンペーン開催【2021年1月15日まで】, 「Ryzen 9 5900X」「Ryzen 7 5800X」「Ryzen 5 5600X」のざっくり評価【性能比較】, AMD Radeon RX 6000 シリーズ発表【RTX 30シリーズを上回る?】, 第8世代と第9世代はコスパはほぼ差がなく、性能も大きくは変わらない(Core i9除く), 少しでも予算が気になる場合であれば「Core i5 9400F」はかなり無難な選択だと思います。. 先日発表された、Intelの第10世代プロセッサーである「Ice Lake」のUシリーズ(一般的なノートPC向け)とYシリーズ(薄型・軽量ノートPC/2-in-1PC向け)の型番と詳細について&「Ice Lake」によって進化するノートPCについて語ります。Ice Lakeは何が進... Google Stadia対応ゲームが「Stadia Conect」で続々発表!Cyberpunk 2077やFF15、OMD!3や進撃の巨人2、ESOやNBA2K20など, XiaomiのサブブランドであるRedmiが8月29日に発表する新製品まとめ|Redmi Note 8/Pro、RedmiBook 14 強化版、Redmi TV 70-inchなど. 2万円台前半という安さの高コスパCPUです。第10世代でマルチスレッド性能が大きく強化され、第8世代のCore i7に近いレベルまで高まりました。従来はCore i5はマルチスレッド性能はやや頼りないという印象もありましたが、第10世代からはそうでもなくなりました。, また、特に魅力的なのはゲーミングコスパです。ゲーミング性能も第8世代のCore i7レベルまで高まっており、2万円台前半のCPUとは思えないゲーミング性能の高さです。ゲーミングコスパは2020年6月時点では最強候補筆頭だと思います。, 第10世代Core i7のTDP65Wモデル。Core i7-10700Kよりも安い価格と低い消費電力が魅力。Core i7-10700Kより性能はやや落ちるものの、8コア16スレッドという部分は同じだし、高いゲーミング性能とマルチスレッド性能が大きく損なわれるほどではないので、扱いやすさとコスパ重視の人におすすめ。, 第10世代のCore i7の最上位モデル。非常に高いゲーミング性能とシングルスレッド性能を持つ。マルチスレッド性能ももちろん高い。高い消費電力と発熱には注意だが、ゲーミング用のハイエンドCPUとしては高いコスパを持つ。前世代の「Core i9-9900K」とかなり似たパフォーマンスを持っており、「Core i9-9900Kの廉価版」といった印象のCPU。「Core i9-9900K」が気になっていたけれど、高すぎて手が出せなかったという人にうってつけのCPU。, 【最大9,900円引き】Lenovoの対象Chromebookがお得になるキャンペーン開催【2021年1月15日まで】, 「Ryzen 9 5900X」「Ryzen 7 5800X」「Ryzen 5 5600X」のざっくり評価【性能比較】, AMD Radeon RX 6000 シリーズ発表【RTX 30シリーズを上回る?】, 【性能比較】Core「i9 / i7 / i5 / i3」の違いを解説【2020年最新版】, https://www.techspot.com/review/2032-intel-core-i5-10400/, https://www.techspot.com/review/2031-intel-core-i5-10600k/, https://www.techspot.com/review/2030-intel-core-i7-10700k/, 10コア20スレッドで非常に高い性能を持つが、消費電力がめちゃくちゃ多くてワットパフォーマンスは悪い。安定運用は大型の水冷クーラーが無いと不安なレベル。対抗の「Ryzen 9 3900X」にマルチスレッド性能でも消費電力でも大敗している点も印象が悪い。, Core i7-10700Kの内蔵GPUが無効化されたもの。その分少し安くなっている。, 10900Kのクロックが僅かに低下し価格が安くなっているモデル。性能は10900Kとかなり近く、チップ自体もほぼ同一のものと思われる。消費電力や発熱も10900Kとほぼ同レベルで、単純に10900Kの性能はそのままに価格だけ安くなったモデルと捉えても問題なさそうなモデル。10900Kの価格が安くなった分だけコスパが良くなったよう印象。, Core i9-10900Kより動作クロックが低く、性能も低くなったモデル。その代わり消費電力が減少し、価格も少し安くなっている。K付きより性能が低いとはいえ、10コア20スレッドの恩恵は受けることはできるため、レンダリングやエンコードなどコア・スレッド数が重要な処理では優れた性能を発揮する。ゲーミング性能も高い。, Core i9-10900の内蔵GPUが無効化されたもの。その分少し安くなっている。, 8コア16スレッドの第10世代のCore i7の最上位モデル。非常に優れたシングルスレッド性能とゲーミング性能を発揮する。Core i9-9900Kと非常に似たパフォーマンスを発揮するため、実質「Core i9-9900Kの廉価版」といった印象のCPU。マルチスレッド性能も第3世代のRyzen 7に劣らないものを持っており(ワットパフォーマンスでは負けるけど)、ゲーム重視の総合性能コスパは非常に優れている。, 第9世代のCore i9の最上位モデル。非常に優れたシングルスレッド性能とゲーミング性能を持っている。マルチスレッド性能は第3世代のRyzen 9には大きく劣るものの、性能自体は高い。, Core i9-9900Kの内蔵GPUが無効化されたもの。その分少し安くなっている。, Core i7-10700Kより動作クロックが低く、性能も少し低くなったモデル。その代わり消費電力が減少し、価格も少し安くなっている。Core i7-10700Kも高評価だが、あちらはクーラーがデュアルファン空冷か水冷くらいは欲しいところなのに対し、10700なら定番の虎徹(120mmクラスのシングルファン空冷)でも多分大丈夫なので、扱いやすさや費用面でやや優位。エンコードやレンダリングの時間をちょっとでも短くしたいって訳じゃなければ、検討して損はない。, Core i7-10700の内蔵GPUが無効化されたもの。その分少し安くなっている。8コア16スレッドのゲーミング性能重視のCPUとしてはトップクラスのコスパ。, 6コア12スレッドの第10世代のCore i5の最上位モデル。Core i5という中間モデルとは思えない高い性能を発揮するが、消費電力が従来のCore i5より爆発的に上昇しており、従来のCore i7(K)並み。, 第9世代のCore i7。8コア8スレッドでハイパースレッディングを使用しない形となっている。スレッド数が少ないのでマルチスレッド性能は第10世代と比べると劣るが、シングルスレッド性能とゲーミング性能は非常に高く、10世代にも引けを取らない。, Core i7 9700Kの内蔵GPUが無効化されたもの。その分少し安くなっている。, Core i7 9700を「内蔵GPUを無効化」「オーバークロック不可」にしたもの。その分安くなっている。, 6コア12スレッドの第10世代のCore i5の下位モデル。2万円台前半と安く、6コア12スレッドで各性能も低くないためコスパが良い。特にゲーミングコスパが非常に良い。, Core i5-10400の内蔵GPUが無効化されたもの。その分少し安くなっている。ゲーミングコスパが非常に良く、2020年6月時点ではゲーミングコスパ最強候補筆頭。, 第9世代のCore i5の最上位モデル。Core i5ながら高負荷時の消費電力(発熱)が多いため扱い辛い。, Core i5 9600Kの内蔵GPUが無効化されたもの。内蔵GPUが無いのでグラボが必須だが、グラボ搭載前提ならデメリットはあまりない。, 6コア6スレッドの第9世代のCore i5の下位モデル。スレッド数が少なくクロックも低いため、マルチスレッド性能はやや物足りないが、価格は安くゲーミング性能も悪くない。, Core i5-9400の内蔵GPUが無効化されたもの。内蔵GPUが無いのでグラボが必須だが、グラボ搭載前提ならデメリットはあまりない。, 4コア8スレッドの第10世代のCore i3の下位モデル。性能は控えめだが、本体価格が非常に安い。第10世代でスレッド数が倍増しマルチスレッド性能が強化されたが、やはりまだ物足りない。ゲーミングPCのCPUとしては性能不足は未だに否めない。とはいえ、オフィス作業やWeb閲覧等のライトな用途では十分な処理能力はあるため、ライトな用途前提ならコスパは良い。, 4コア4スレッドの第9世代のCore i3の下位モデル。性能は控えめだが、本体価格が非常に安い。オフィス作業やWeb閲覧等のライトな用途では十分な処理能力はあるため、ライトな用途前提ならコスパは良い。しかし、ゲーミングPCのCPUとしては性能不足は否めない。, 4コア4スレッドの第9世代のCore i3。Core i3-9100の内蔵GPUが廃止されたもの。, 第9世代からコアが2つ増え、10コアに到達しました。性能は向上しましたが、代わりに, 第9世代からコア数は8のまま据え置きですが、スレッド数が倍増(ハイパースレッディング使用)して, 第9世代からコア数は6のまま据え置きですが、スレッド数が倍増(ハイパースレッディング使用)して, 第9世代からコア数は4のまま据え置きですが、スレッド数が倍増(ハイパースレッディング使用)して, 第10世代でCore i7とi9は僅かに向上、Core i3とi5は大きめの向上です。, 第10世代で大幅に向上しました。マルチスレッド性能が重要なエンコードやレンダリング処理を頻繁に行う場合は、第10世代の方がおすすめです。, 第10世代でCore i7とi9は僅かに向上、Core i3とi5は大きめの向上です。Core i5は元々良かったゲーミングコスパを更に伸ばす結果となり、非常に良いです。Core i3も大きく伸ばしたものの、やはりまだゲーム用CPUとしてはやや力不足感があります。, 第10世代で大幅に増加してしまっています。下位モデル(Core i3やCore i5の無印)では大きな問題ではありませんが、TDPが125WのCore i5とCore i7以上は冷却には注意した方が良いです。, メーカーの参考価格は据え置きなので、最大性能が高い第10世代の方が基本的にコスパは良いです。ただし、第9世代は在庫処分価格で大幅に安くなる可能性もあります。特にCore i7とCore i9は、第10世代でもシングルスレッド性能とゲーミング性能は大して変わらないので、マルチスレッド性能が重要な処理をそこまで行わない人は、安ければ第9世代も選択肢として全然ありです。. Copyright © 2019-2020 わかば All Rights Reserved. 現在主に使用されている第8世代プロセッサーのモバイル版(ノートパソコンなどに搭載される)と比較して違う点は、主に以下の4点です。 1. 第10世代(Comet Lake)と第9世代(Coffee Lake Refresh)の、デスクトップ用のCore iシリーズ(主流モデル)のまとめです。各CPUの特徴を凄くざっくりと載せています。各モデル毎の違いや性能については下記の記事の方が分かり易いかと思うので、良ければ参考リンクをご覧くださいませ。, 本記事の内容は、記事更新時点(2020年8月27日時点)のものとなります。ご覧になっている際には異なる可能性があるため注意してください。, まずはじめに、「第10世代と第9世代」についての要点を凄くざっくりと触れています。「各CPUの特徴だけ知りたいよ」って方は飛ばしても構いません。, 第10世代のCore iシリーズ(10000番台)も、第9世代(9000番台)と同じ14nmのプロセスルールが使用されています。, ソケットの形状が変わったり、ダイが少し薄くなったり、対応チップセットが新しいものが出たり、などの細かな違いはありますが、基本的には真新しい設計や技術等は追加されていません。期待されていたPCIe 4.0という高速な接続規格にも結局対応しませんでした。なので、実用性という観点では、第9世代と第10世代の比較は、処理能力と価格と消費電力(発熱)だけ見れば良いです。, Intelの14nmプロセスのCPUは既に長期に及んでいるため、最適化が恐らく限界に近いです。そのため、プロセスルールの変わらなかった第9世代→第10世代(Comet Lake)では、処理効率の向上やワットパフォーマンスの向上は僅かでした。最大性能をコア数や増加やクロックの上昇で半ば無理やり性能を上げているような状況です。それに伴い消費電力が大幅に増加してしまっています。, ただし、メーカーの参考価格は同じなので、最大性能比でのコスパは良くなっています。また、消費電力が増えているとはいっても、それは最大負荷時のものなので、第9世代と比較して必ずしも消費電力が多いという訳ではないですし、後から電力やクロックの制限を行うことも不可能ではないので、価格が同じなら最大性能が高い第10世代の方が基本的にお得ではあります。, ここからは余談ですが、対抗の第3世代Ryzenは7nmプロセスルールとなっており、12nmだった前世代から性能が爆発的に上昇しました。正直なところ、マルチスレッド性能でのワットパフォーマンスは、14nmのIntelのCPUは7nmのRyzenに完敗しています。Intelが大幅に性能(ワットパフォーマンス)を向上させてAMDに対抗するためには、プロセスルールの微細化は必須と言っても良い状況です。, 第10世代および第9世代のCore iシリーズ(主流)のCPU一覧です。性能スコアはPassMarkのベンチマークスコアとなっています(2020年6月時点)。全CPUを網羅している訳ではありませんが、主要なものは出来る限り掲載しています。簡単な評価も添えて表にまとめました。, 末尾Tの省電力モデルは、下記に別枠でまとめています。TDPが一律で35Wと低い(消費電力や発熱が少ない)メリットはあるものの、ベースのCPUより性能が落ちるにも関わらず価格は変わらないため、需要は低めです。単体の販売は流通量が少なく、主にメーカー販売の小型PCなどで採用されます。, コア・スレッド数の違いをざっくり表にまとめています。同世代の同モデルナンバーではコア数とスレッド数は共通になっています(第10世代のCore i9のコア数とスレッド数は全て同じという感じ)。, 全モデルで、スレッド数やコア数の増加およびクロックも上昇となり、マルチスレッド性能が向上しました。その代わり、消費電力が大幅に増加してしまいました(詳しくは後述)。, 高負荷時の消費電力を比較しています。ベンチマークソフトでレンダリング処理を行った際の消費電力を見ていきます。, 青のバーが第10世代で、黄色のバーが第9世代です。全体的に増加しているのが見て取れるかと思います。おおよそ20%~38%の増加です。, 中でも「Core i9-10900K」は飛び抜けた消費電力を示しており、扱う際には熱処理に十分に配慮する必要があります。これは高負荷時のものなので、常にこれだけの差が出るという訳ではないですが、高負荷な処理を頻繁にさせる人は知っておいた方が良い情報です。, また、消費電力の多さは発熱の多さにも繋がります。よって、第10世代のCore iシリーズを利用する際には、今までのCore iシリーズの同モデルで使っていたものよりも少し良いクーラーが要求されるはずです。使用者がクロックや電力制限を行うことで、ある程度は対応できる部分ではありますが、全体的な割合ではそのようなことを出来る人はごく僅かだと思います。標準仕様でこのような現状となっているのは、個人的にはあまり良くないと感じます。, CPUの仕様には「TDP」という大まかな消費電力の目安となる指標があります。これが第10世代の末尾Kモデル(オーバークロック可能な高性能モデル)では従来より高い125Wとなりました。, 第9世代までは95Wでした。「TDP」というのは明確な基準的なものはない、割とざっくりとしたものなので、少しの増加では大体変わりません。それを一気に30Wも上げなければいけなくなった点にも無理している部分見えてしまっています。, 高負荷時のワットパフォーマンスを比較しています。ベンチマークソフトでレンダリング処理を行った際の消費電力と、処理に掛かった時間から高負荷時のワットパフォーマンス(1Wあたりでの処理能力指標)を算出して表にまとめています。, 青いバーが第10世代で、黄色いバーが第9世代です。第10世代の方が全体的に少し良くなっています。おおよそ4%~13%程度の向上です。ちょっと意外でした。, ただし、消費電力の増加が20%~38%と大きいのを考えると、この程度の小さな差では不十分だと思います。消費電力が増加するという事は発熱も増加するという事で、扱いにくさへと繋がりますからね。, 本記事はさくっと要点だけ知りたい方向けなので、細かい数字は無しです。凄くざっくりした評価を載せています。, シングルスレッド性能:1コアでの処理性能。高いと、軽い処理に掛かる時間が短くなる(サクサク動く)他、複数コア稼働時のパフォーマンスにも当然関わるので、ほぼ全ての処理に対して有利に働く。, マルチスレッド性能:全コア稼働時(高負荷時)の処理性能。高いと、主にソフトウェアエンコード(CPUエンコード)やレンダリングなどの膨大な量の処理に掛かる時間が短くなる他、複数タスクでのパフォーマンスが向上するなどのメリットがある。, ゲーミング性能:高性能なGPUと同時利用し、ゲームをプレイした際のFPS数の多さ。, 第10世代から全体的にマルチスレッド性能は大幅に向上し、その代わりに消費電力が大幅に増加しました。その他、微増~やや向上といった具合です。, 第9,10世代のCore iシリーズの中で、特におすすめのCPUを紹介しています。掲載の価格は、2020年6月16日時点のものとなっています。, 第9世代 か 第10世代 か i5 か i7 か迷っておりました・・・が、i7-10700 に決めました。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.

Smartangel ハーネスジュニアfix-br 口コミ, 義父 誕生日 プレゼント 60代, 無印 ぬか床 美味しくない, 京都 姫路 格安チケット, 服 ラッピング 不織布, ネタバレ 記事 書き方, ろうきん キャッシュカード 使えない 問い合わせ, スマホ 電波 突然 なくなる, 岡山 デート 雨,