ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。 質問. それがわかってしまえばページが表示されず、繋がらないなどの状況も簡単に解決できます。このページでは、「Internet Explorerではこのページを表示できません」と表示されてしまって、目的のページに接続できない時の解決方法をご紹介いたします。, 「Internet Explorerではこのページを表示できません」が表示されるのは、基本的にIE(Internet Explorer)で目的のページに接続できない時に表示されるエラー表示の一種です。原因が分かれば簡単に目的のページに繋がらない状況に、対処できます。落ち着いてここでご紹介する方法を試してみましょう。きっと、解決するはずです。, ここでは、「Internet Explorerではこのページを表示できません」と表示される原因をご紹介します。対処法だけ分かればいい、というのもありますが、原因がわかっていた方が対処法も簡単にわかります。全ての対処法を探すよりも原因をまずは究明して、早急に「Internet Explorerではこのページを表示できません」の状態から抜け出しましょう。, 使用しているアドオンに原因がある場合が、あります。アドオンとは、主にソフトウェアに機能など追加を追加する拡張機能のことをいい、ここではInternet Explorerに追加したアドオンのことをいいます。 これでアドオンの状態表示が「無効」になっていればアドオンのオフ、無効化ができました。, 「Internet Explorerではこのページを表示できません」と表示される原因のひとつに、Internet Explorerを使いことで溜まってしまった、一時ファイルや閲覧履歴が悪さをしている可能性もあります。 閲覧履歴の削除方法は、「ツール」→「セーフティ」→「閲覧の履歴の削除」で「閲覧の履歴の削除」というページが表示されます。ここで、「履歴」のチェックボックスにチェックを入れて、「削除」をクリックします。「お気に入り」の「履歴」から削除したことの確認ができます。, 一時ファイルの削除方法は、閲覧履歴の削除方法と同じ様に「ツール」→「セーフティ」→「閲覧の履歴の削除」から「閲覧の履歴の削除」画面に移動します。ここで、「インターネット一時ファイル」のチェックボックスにチェックを入れて、「削除」をクリックします。 アドオンなしモードで起動する方法は、Windows7の場合、デフォルでは左下にある「Windowsマーク(スタート)」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」の中にある「Internet Explorer(アドオンなし)」から起動できます。, Windows 8以降では、「Winキー」と「Rキー」を同時に押して「ファイル名を指定して実行」を起動します。ここに「iexplore -extoff」と入力して「OK」をクリックしてInternet Explorerをアドオンなしモードで起動できます。, Internet Explorerの設定が原因で「Internet Explorerではこのページを表示できません」と表示されることがあります。その場合は、Internet Explorerの設定をリセットすることで改善します。 この状態で「Internet Explorerではこのページを表示できません」と表示されなければ、常駐ソフトが原因だったことがわかります。, 「システムを復元」は最終手段です。「Internet Explorerではこのページを表示できません」と表示された原因がわかりませんが、強制的に問題がなかった状態に戻してしまいます。 (Twitter窓口についての詳細はこちら), My Cloud ホームページや富士通WEB MARTのホームページなど、特定のホームページで「このページに安全に接続できません」と表示されます。, Internet Explorer / Microsoft Edge を起動している場合は、「×」ボタンをクリックして閉じます。, Internet Explorer、 または Microsoft Edge を起動し、ホームページが表示されるかどうかを確認します。. Internet Explorerの設定をリセットする方法は、「ツール」→「インターネットオプション」→「詳細設定」タブ→「リセット」をクリックします。Internet Explorerの設定をすべてリセットしますか?というページが表示されるので、「個人設定を削除する」にチェックを入れて、「リセット」をクリックします。これでInternet Explorerの設定がリセットされました。, ウィルス対策ソフトなどの常駐ソフトが、「Internet Explorerではこのページを表示できません」の原因になっている場合があります。そんな時には常駐ソフトを一時的に無効化します。 精一杯努めますのでご教授ご鞭... Internet Explorerではこのページを表示できませんと表示される対処法!, 「Internet Explorerではこのページを表示できません」と表示されてしまった時にも落ち着いて対処して、快適なInternet Explorerでのネット体験を楽しみましょう. みなさん、こんにちは!ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。今回は、ウェブサイトを閲覧しているときに表示される、「このサイトは安全ではありません。 ルーターやモデムのリセットは、機種などによって違う為、一概には言えませんが、基本的に重要な機能なので、ルーターやモデムの説明書のわかりやすいところにリセット方法が載っていることが多くなっています。ですので、ルーターやモデムの説明書を参照してリセットをします。, 一時ファイルや閲覧履歴が原因の場合は、これら一時ファイルや閲覧履歴を削除することで「Internet Explorerではこのページを表示できません」の状態から解消することがあります。 1 Internet Explorerではこのページを表示できませんとは? ・ IE(Internet Explorer)に接続できないエラー表示 2 Internet Explorerでページが表示できませんの原因は? ・ 使用しているアドオン ・ インターネット一時ファイルや閲覧履歴 ・ 最新バージョンの更新によるエラー 3 Internet Explorerでページが … 小ワザ・トラブルシューティング, 今回は、ウェブサイトを閲覧しているときに表示される、「このサイトは安全ではありません。」、「この接続ではプライバシーが保護されません。」、「安全な接続ではありません」という表示。, ユーザー側で対処できることもありますが、多くの場合はサーバー側の設定ミスや、SSLの期限切れが原因です。, はじめに書いておきますが、このエラーの本質的な原因としては、コンピューターウイルスではありません。, 安全ではないサイトの判定基準が、コンピューターウイルスを媒介しているサイトという意味ではないからです。, このサイトは安全ではありませんなんて書かれると、なんだか危険ないサイトにアクセスしたような感じになります。, でも、接続自体遮断されていますので、コンピューターウイルスに関しては、基本的に何も心配ありません。, 怪しいリンクをクリックした場合や、直前で怪しいサイトを閲覧していた場合など、心当たりがあるなら、ブラウザを閉じれば問題ないでしょう。, ※連続した転送など、ブラウザが妙な動きをしたなど、心当たりがあれば念のためウイルススキャンを行ってください。, この記事では、安全ではないサイトとして接続が遮断されたサイトにアクセスできる可能性がある方法を説明しますが、「普段見れていたサイトが見れなくなった!」という場合以外には、基本的に行わないのが無難です。, 先に書いておくと、「安全ではないサイト」と表示されるのは、SSLの証明書切れです。, いつも見れていたサイトが、突然見れなくなったという場合以外には、静かにブラウザと閉じちゃいましょう。, インターネットの世界においての常識として、アクセスできないからと言って危険なサイトではないですが、アクセスできても危険なサイトということも十分あります。, インターネット上のURLには、httpから始まるものと、httpsから始まるものがあります。, このhttpから始まるURLにアクセスすると、パソコンやスマートフォンと、サーバーの間が平文通信されます。, 平文通信とは、暗号化されない通信のことであり、通信経路において誰かに覗かれると、通信内容が読み取られてしまいます。, よく、「暗号化されていないサイトではクレジットカードの情報を入力してはだめだ」と聞きますよね。, その理由がこれで、暗号化されていない時に、通信経路において、誰かにクレジットカードの情報を覗かれる危険があるのです。, 一方、httpsから始まるURLは、SSL接続と言って、暗号化された通信が行われます。, パソコンやスマートフォンとサーバーの間が暗号化されるので、通信経路において誰かに覗かれたとしても、暗号分しか取得できません。, この暗号分からは、容易に通信内容を復元できないので、通信経路におけるセキュリティが高い通信といえます。, このSSL通信を行うには、サーバー側でSSL通信に対応したアルゴリズムが組み込まれていることが必要になります。, 「このサイトは安全ではありません。」というのは、SSL通信に失敗した際に表示されるものです。, SSL通信とは、暗号化通信のことで、今お使いのパソコンやスマートフォンと、サーバー間の接続の暗号化を行います。, この暗号化によって、通信経路において第三者に通信内容を覗かれないようにすることが可能です。, そもそもSSL通信とは何なのかということですが、先ほども書いたように暗号化通信のことであり、パソコンやスマートフォンとサーバー間の接続を暗号化します。, 暗号化を行うことで、通信経路において、通信内容を他の人に覗かれないようにすることができます。, この暗号化通信を適用するには、SSLの証明書が有効であることと、サーバー側にSSLのための暗号化アルゴリズムの設定が行われていることが必要になります。, パソコンやスマートフォンから、httpsのアドレスでアクセスすることで、SSL通信の接続確立をサーバーにリクエストします。, サーバー側では暗号化アルゴリズムが立ち上がり、暗号解読のためのカギをパソコンに送ります。, しかし。SSL証明書、あるいはサーバーのSSL暗号化アルゴリズム対応の、どちらか一方でも欠けている場合、SSL通信を確立できません。, その時に、https://から始まるアドレスにアクセスすると、サーバーとの間で暗号化通信が失敗することから、安全ではありませんという表示が出ます。, さて、このように安全ではありませんと表示されるサイトにアクセスする方法なのですが、うまくいけば一つだけ方法があります。, 先ほども書いたように、安全ではありませんの表示は、httpsというURLによってSSL接続を行うのに、サーバー側でSSLに対応できていないためにおこるエラーです。, それなら、初めからhttpの平文通信にしてアクセスすれば、安全ではありませんのエラーは表示されなくなります。, ただし、SSL化されているウェブサイトであれば、サーバー側で通常、httpでアクセスしてきてもhttpsにリダイレクト(転送)するような設定が行われています。, ※当サイトでも、http://brionac-yu-yake.net/でアクセスしてきても、https://brionac-yu-yake.netに転送するように設定しています。, この場合、httpに直してアクセスしても、強制的にhttpsにリダイレクトされてしまうので、もアクセスすることはできません。, または、httpの平文通信でのアクセスができるように、転送設定を解除するかでしょう。, いずれにしても、サイトに訪問した立場にとっては対処方法がありませんので、再度アクセスできるようになるまで待つのみです。, だれかがユーザーを騙そうとしているか、サーバーに送信されたデータを盗み取ろうとしている可能性があります。このサイトをすぐに閉じてください。, 一行目の「このサイトは安全ではありません」については、微妙な言い回しとなっています。, 本記事を読んでいただいた方ならわかるとは思いますが、サイトまでの通信経路が安全ではないという意味です。, このエラーが表示された段階で、本当にサイトが危険であるかどうかまでは判定できません。, 続く文章で、「だれかがユーザーを騙そうとしているか、サーバーに送信されたデータを盗み取ろうとしている可能性があります。このサイトをすぐに閉じてください。」という部分について見ていきましょう。, そもそもSSL通信に失敗する原因の一つとしては、SSLの証明書の期限切れがあります。, 証明書がないということは、サイトの安全性が確認できない、つまり架空のサイト、偽物サイトである可能性があるということです。, したがって、Edgeの表示である、「このサイトは安全ではありません。」という表現は、SSLによる暗号化通信と、SSLの証明書の総合的な安全性を強く意識した表現であるということになります。, SSL通信のアルゴリズムは、通信経路を安全にするもので、SSLの証明書はサイトの安全性を証明するものであり、全く別の存在です。, この接続ではプライバシーが保護されません ここで、何もいじってないからアドオンじゃないと思うのは早計です。アドオンは標準でついていることがあるので、何も追加、設定していなくてもお使いのInternet Explorerにアドオンがついていて、これが原因で「Internet Explorerではこのページを表示できません」と表示された可能性があります。, まずはアドオンをオフにしてInternet Explorerを起動してみましょう。アドオンのオフ、無効化方法は「ツール」→「アドオンの管理」→「ツールバーと拡張機能」でアドオン一覧が表示されますので、「有効」になっているアドオンを個別に選択して「無効にする」をクリックします。 一部ホームページが閲覧できない問題|表示できません、安全に接続できません(tls1.2非対応) | ご提供サービスの総合サポートサイトです。各サービス別のサポート情報やよくあるご質問、接続・設定方法、各種お手続き、お問い合わせなどについてご案内します。 Windows ストア アプリ版Internet Explorer には、信頼済みサイトの設定がありません。 ... Windows 8.1 / Windows 7 タスクバーの「Internet Explorer」アイコンをクリックします。 Windows 8.1をお使いで、スタート画面が表示されている場合は、「デスクトップ」タイルをクリックしてから、手順1.を操 … 一部のホームページ(特定のWebサイト)でセキュリティ証明書やプライバシー保護の警告により、閲覧できない問題について紹介いたします。なお、弊社ホームページは最新のセキュリティ対策を施しており、当FAQで紹介する問題は発生いたしません。, ① 当FAQで紹介する警告表示は「Webサイトの安全対策が足りないため、ブラウザーがパソコンやスマートフォンを守った」状態です。 そのまま閲覧しないことをおすすめいたしますが、危険を承知で閲覧したいお客さまのみ、ご自身の責任で「警告事例・回避方法」をご覧ください。なお、Webサイトによっては回避方法がない場合もございます。 ② 当FAQで紹介するものとは異なる警告について、お問い合わせが増えています。 特に「購入」「契約」「連絡」などを促す場合、不安を煽り金銭を騙し取る「警告を装った詐欺」の可能性が高く、被害が広がっています。あわせて下記のFAQもご覧ください。 ● インターネットで突然、警告表示(システム、セキュリティ、ウイルスなど)の対応方法, WebサイトのSSLサーバ証明書が古く安全性の低い「SHA-1」=署名アルゴリズム「sha1RSA」の場合、警告が表示されます。お客さまやご利用環境(パソコンやタブレット / スマートフォンなど)の問題ではありません。Webサイト管理者による安全対策の強化改善(「SHA-2 証明書」使用)を、お待ちいただくようお願いいたします。, 一部ホームページ(特定サイト)のみでなく、多くのホームページ(Webサイト)が閲覧できない場合、ご利用環境が「SHA-2 証明書」に非対応の可能性があります。以下をご参考にしてください。.

手稲 ホテル 太陽 殺人 9, 折り紙 折り方 キャラクター ジブリ 4, 第五人格 録画 アプリ 4, Uim ロック Hwd14 5, Arrows U 指紋認証 4, 男子旅 千葉雄大 ヒャダイン 9, スプレッドシート サーバー に 拒否 され ました 6, 彼氏 既 読 無視 2週間 7, 京 急 ストア 八丁畷 6, ドラクエ10 吹き出し 色 4, トマト ピクルス 栗原はるみ 6, 同棲 表札 郵便 4, 研究室訪問 断り 方 7, Picross 3d Round 2 Rom 4, Bmw ビックリマーク 三角 9, 動物病院 面接 落ちた 4, ミナ ペルホネン 名古屋 6, アライ ヘルメットサイズ きつい 12, 連絡帳 いつ書く 小学校 5, 月経周期 看護 覚え方 22, Pubg Erangel アップデート 5, 専任媒介 他の 不動産屋 賃貸 4, マッチングアプリ 女性 無料 理由 4, Sixtones キンプリ 仲 23, Hrs 検定 2級 過去 問 18, Sj W351e Sj W352e 違い 6, フォートナイトギフトを もらう 方法 23, ミズノ グローブ 種類 12, Excel 小数点以下 桁数 5, Toast 18 Pro 22, イチロー 現在 コーチ 13, 東のエデン 動画 映画 8, α7iii 購入 ブログ 9, 黒い砂漠 ウルゴン マスカン 4,