先日、Windows8.1からWindows10へアップデートを行いました。 Windows10には「GameDVR」というゲームを録画する機能が 標準で搭載されており、公式に記載されている 該当のグラフィックボードを所有しておりますが 「お使いの PC は、クリップを録画するためのハードウェア要件を満たしていません。 【Buttons Air X レビュー】おしゃれな完全ワイヤレスイヤホンならこれ!しかも音質も超ハイレベル... 【Huntsman Mini レビュー】遂に日本語配列登場!Razerさんありがとう!これを待ってました... 【Rival 3 Wireless レビュー】SteelSeriesから高コスパ・高性能ワイヤレスゲーミングマウスが発売!形が最高すぎるんだけど... 【SOTO Gストーブ ST-320 レビュー】アウトドアのCB缶バーナーなれこれでしょ!コンパクトで見た目がおしゃれで超おすすめ!, 【CENTURY 裸族のM.2 NVMe SSD 引越キット レビュー】HDDや低容量なNVMe SSDから大容量なNVMe SSDにまるごとクローン・コピーできて外付けSSDにもなるキットが便利すぎ!, 【AVerMedia GC570D レビュー】1台で2台分!?4K・高フレーム対応でゲームもカメラもキャプチャできる内蔵型キャプチャーボードの新型がすごい!, 【激安キャプチャーボード】ゲーム実況は6,000円で始められる!中華製キャプボが神製品だった件, PC内部に取り付けるため見た目がスッキリし、外付型のように設置スペースを確保する必要がない, PS4からPCに動画ファイルを移動する作業が不要(容量の大きい動画だと移動するのに結構時間がかかります), DISCORDを使用することでフレンドのボイスチャット音声ボリュームを自分で調整可能, PC上のキャプチャーソフトに表示される遅延が少ないため、PC画面を見ながらゲームをプレイすることが可能(PCのスペックに依存します), windows上のキャプチャーソフトに表示される遅延が多いため、PC画面を見ながらゲームをプレイするのは厳しい, 1080p/60fps録画対応(HDMI IN 1のみ入力は4K/60fps、1080p/240fps対応). 「お使いの PC は、クリップを録画するためのハードウェア要件を満たしていません。」, Radeon R7シリーズのR7 240を使用しています。 ◇AMD > ドライバーとダウンロードセンター まずは、ハードウェアの診断を行ってみると良いと思います。 WindowsでPC画面を録画・キャプチャーするソフトの比較さまざまに存在するPC画面録画ソフトを、実際に使用し、比較してみました。【ソフト6種類の紹介】※順不同①:マイクロソフト Windows 10 ゲーム録画(Game DVR)・ソフ Windows 10 のゲーム録画に関するハードウェア要件. 似たような質問が投稿されていましたので、統合いたしました。 その前には全然知りませんでした 手順 : [コントロールパネル] → [システムとセキュリティ] → [セキュリティとメンテナンス] → [トラブルシューティング] の順に開き、[すべて表示] を選択して "ハードウェアとデバイス" の診断を行う。 met but can't enable, 上記のスレッドでも、TSKL さんと同じように R7 シリーズのビデオ カードを使用している場合に要件を満たしていない旨のエラーが表示されるという投稿が寄せられています。, よろしければ Windows フィードバック アプリから本件についてフィードバックいただければと思います。, 参考 : it導入補助金の今年度の補正予算での変更が発表されました。 経済産業省関係 令和2年度補正予算案 (概要)令和2年4⽉ くわしくはこのpdfです。 Ⅱの2の中の情報です。 p.4 (2)⽣産性⾰命推進事業 【700億円】 (参考:令和元年度補正予算により3,600億円措置済み) Game DVRとはWindows10に搭載された録画機能のことです。ゲームを録画する時などに使われますが、上手く録画できないケースもあるようです。そこで今回はWindows10でGame DVRが録画できない場合の対処法について触れていきたいと思います。 2018.3よりフリーランサーとして活動中。ゲーム周辺機器やPC関連機器、他にも興味のあるものについてレビューなど行っております。, ここまでPS4について解説しましたが、Nintendo Switchでも動画のキャプチャー機能が実装されました。, PS4やNintendo Switchなどのゲームプレイ画面をPCに取り込むために, PC画面をモニターに出力するためのもの(HDMI OUT)で、他の機器からの映像入力(HDMI IN)に対応したものではありません。, キャプチャーボードとは?今更人に聞けないキャプチャーボードの役割について解説します, 3.キャプチャーボードにはソフトウェアエンコード方式とハードウェアエンコード方式がある, 【GC573 レビュー】遂にAVerMediaから4K録画対応キャプチャーボード発売!最大240fpsまで録画できるLIVE GAMER 4Kが最強すぎる件 - さっさん部ログ, 【GC553 レビュー】4K録画対応の外付けキャプチャーボード LIVE GAMER ULTRA がAVerMediaから発売!1080pなら最大120fps録画にも対応! - さっさん部ログ, 【AVerMedia C988 レビュー】最高の安定性!内蔵型キャプチャーボードC988は低遅延で生配信にもおすすめ! - さっさん部ログ, 【AVerMedia GC570D レビュー】1台で2台分!?4K・高フレーム対応でゲームもカメラもキャプチャできる内蔵型キャプチャーボードの新型がすごい! - さっさん部ログ, 【GC550 PLUS レビュー】4Kパススルー対応ソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードが発売されたので使ってみた! - さっさん部ログ, 【HD60 S+ レビュー】遂にElgatoから4K録画やパススルーに対応した外付け型キャプチャーボードが発売!これからゲーム実況始めるならこれでしょ! - さっさん部ログ, AVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUS, 【動画レビューあり】『AVT-C878 PLUS』を使ってみた!4Kパススルー対応キャプチャーボードなのでPS4 Proユーザー必見です - さっさん部ログ, 【激安キャプチャーボード】ゲーム実況は6,000円で始められる!中華製キャプボが神製品だった件 - さっさん部ログ. マイクロソフト コミュニティへの投稿、ありがとうございます。 ゲーム実況を録画するため の ... ロイロゲームレコーダーの使い方や録画方法について┃0円で使えるお手軽キャプチャーソフトの設定は? 2019/11/19 (更新19/11/19) ゲーム実況. あのエラーメッセージが出た…困っていますよ. どうもさっさんです^^「ゲーム実況をするためにはキャプチャーボードが必要」というのを耳にしたことはないでしょうか。しかし実際には「キャプチャーボードがどんな物で、どうして必要なのかわからない」という方は少なくないと思います。そこで今回はキャプチャーボードの役割について詳しく解説したいと思います。, キャプチャーボードとは、一言でいうとPS4やNintendo Switchなどのゲームプレイ画面をPCに取り込むために必要なものです。つまりこれを使うことでゲーム画面を録画したり、YouTubeなどでライブ配信することができます。▼最近のPCにはHDMI端子が搭載されているものがほとんどですが、それはPC画面をモニターに出力するためのもの(HDMI OUT)で、他の機器からの映像入力(HDMI IN)に対応したものではありません。, そこでキャプチャーボードを使用することで、PCにゲーム映像を取り込むことが可能になります。▼PCに映像をキャプチャーするとこんな感じで表示されます。(画像ではAVerMediaのRECentralを使用しています), キャプチャーボードはPCにただ接続すればいいというわけではなく、必ずキャプチャーソフトと併せて使用する必要があります。キャプチャーソフトはキャプチャーボードに付属する場合もありますが、付属していなくても無料のソフトを使えるため問題ありません。個人的にはOBS Studioというフリーのキャプチャーソフトをおすすめします。(無料ですが非常に高機能で、正直キャプチャーボードに付属するものを使うよりいいでしょう), キャプチャーボードにはUSB接続で使用する外付型キャプチャーボードと、デスクトップPCの内部に取り付けて使用する内蔵型キャプチャーボードの2種類があります。▼使用イメージ, 基本的には内蔵型キャプチャーボードの方が優れていると考えていいと思います。(同価格帯・同等スペックであれば)ただ、内蔵型キャプチャーボードを取り付けできるようなPCを使用している方はあまり多くないと思いますので、その場合は素直に外付型を選んでいいでしょう。また、内蔵型キャプチャーボードを取り付けできるような拡張性のあるデスクトップPCを使用している場合でも、キャプチャーボードを持ち運んで使いたいと考えているのであれば外付型を選びましょう。(内蔵型は着脱に少し時間がかかるため頻繁に取り外すようなものではないです)先ほど内蔵型のデメリットに「取り付けには最低限の知識が必要」と記載しましたが、簡単なのでそれほど心配する必要はないと思います。個人的には内蔵型キャプチャーボードをおすすめします。, ▼最近ではゲーム機本体に生配信を行ったり、ビデオクリップを作成する機能が搭載されています。, PS4本体の機能で、今のところ(2019.5.21現在)『ニコニコ生放送』『YouTube』『twitch』の3サイトで生配信を行うことができます。初期型PS4・PS4 slimを使用している方は720p/60fps、PS4 Proを使用している方は1080p/60fpsでの配信が可能です。また、ビデオクリップ機能によって最大60分の映像をPS4本体に録画することが可能です。(ビデオクリップは最大30fps)▼ビデオクリップの長さはPS4本体の設定であらかじめ指定する必要があります。(デフォルトは15分), 保存したビデオクリップはPS4本体でトリミングをしたり、USBメモリや外付けハードディスクにコピーし、PCにデータを取り込んで編集することも可能です。(当たり前ですがPCで編集する場合は別途編集ソフトが必要になります), これらをみると一見PS4ではキャプチャーボードが必要ないように思えますが、実はキャプチャーボードを使用した方が確実に便利です。, 以上のことからキャプチャーボードを使用する方がより便利に配信や動画投稿を行えることがわかると思います。, ゲームプレイ画面をPCに録画するにはエンコード処理が必要になります。エンコードとは、簡単に説明すると『変換・圧縮』 のことで、これをPC側で行うのがソフトウェアエンコード方式、キャプチャーボード側で行うのがハードウェアエンコード方式になります。▼エンコードイメージ, 上記のメリット・デメリットを見るとハードウェアエンコード方式がいいと思うかもしれませんが、表示遅延というのはかなり重要なファクターなのでスペックに問題がなければソフトウェアエンコード方式にすることをおすすめします。もし使用しているPCにグラフィックボードが付いているのであれば、エンコード処理をグラフィックボードで行うことができるためPCにかかる負荷はかなり軽減できます。(グラフィックボードがない場合CPUでエンコードを行うんですが、設定によってはCPUの使用率が100%近くに達する場合もあります)また、PCのスペックが低いという理由でハードウェアエンコード方式を選ぶにしても、録画した動画を編集するのであれば結局ある程度高いスペックのPCが必要で、スペックが低いPCでは快適に編集作業を行うことが難しい場合もあります。本気で動画投稿をしていきたいと考えているのであればある程度スペックの高いPCを用意することも重要です。, 先ほど「ソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードならPC画面を見ながらゲームをプレイすることが可能」と記載しましたが、ソフトウェアエンコード方式といえども表示遅延はゼロではありません。そのため、FPSやTPSなどオンライン対戦型のゲームをプレイするのであればパススルー機能が付いているキャプチャーボードを選びましょう。パススルー機能とは、HDMI INの他にHDMI OUTも搭載し、PCへのゲーム画面取り込みの他、もう一台のモニターに普段と変わらない(遅延のない)ゲーム画面を表示することができる機能です。▼パススルー機能を搭載したキャプチャーボード『GC553』, 最近のキャプチャーボードにはほとんどパススルー機能が付いていると思いますが、購入の際は一応確認しましょう。, 現在発売されているキャプチャーボードのほとんどが最大で1080p/60fpsまでにしか対応していません。しかし中には4K/HDR/60fps、又は1080p/240fps録画に対応した『GC573』というハイスペックな内蔵型キャプチャーボードや、4K/30fps又は1080p/120fps録画に対応した『GC553』という外付型キャプチャーボードもあります。現状動画投稿ではまだまだ1080p/60fpsが主体となりそうですが、これから先何年も動画投稿をしようと考えているのであれば、それらの製品も検討した方がいいかもしれません。(動画投稿サイトが高フレームに対応する可能性があります), 2018年7月20日にAVerMediaから発売された内蔵型キャプチャーボードで、他社を含めても現在発売されている中でもトップクラスの性能を誇ります。配信・録画ソフトや動画編集ソフトが付属するため別途ソフトを用意する必要はありません。価格は高めですがとにかくハイスペックな製品が欲しい方にはおすすめです。, 2019年9月にElgatoから発売された内蔵型キャプチャーボードで、4K60 Proの後継機になります。内蔵型キャプチャーボードではAVerMediaのGC573の性能が高く、ハイスペックな製品を求める方に人気がありましたが、こちらもGC573と同等かそれ以上の性能で、さらに価格は数千円安いというのがポイントです。また、面倒なドライバが不要で、PCに取り付けてすぐに使い始めることができます。GC573とは違って動画編集ソフトは付属しませんが、ハイスペックな製品を安く買いたいという方にはおすすめの製品です。, 2017年4月にAVerMediaから発売された内蔵型キャプチャーボードで、先ほど紹介したGC573の下位モデルになります。こちらは動画編集ソフトが付属せず、録画は最大1080p/60fpsになりますが、「1080pでいいから安く抑えたい」という方にはおすすめできる製品です。僕も実際に使っていますが、非常に安定性が高く遅延が少ないです。, 2020年9月にAVerMediaから発売されたキャプチャーボードで、非常に珍しいHDMI入力を2系統備えた製品です。それにより、例えばビデオカメラやミラーレスなどを使った高画質な顔出しゲーム実況や配信をする場合に今まではキャプチャーボードが2つ必要でしたが、GC570DであればHDMI IN 1にゲーム機を、HDMI IN 2にカメラを接続し、これ1つで完結できます。「録画は4Kや高フレームに非対応でも構わない」「キャプチャーボードを2つ買おうと思っていた」という方におすすめの製品です。ただし動画編集ソフトは付属していません。, 2018年7月20日にAVerMediaから発売された製品で、現在販売されている外付型キャプチャーボードの中では最もスペックが高いです。僕も実際に使ってみましたが、安定性が高く表示遅延はほとんど感じませんでした。同日発売のGC573には劣りますが、それでもハイスペックな製品なので外付型キャプチャーボードで高性能な製品を求めるのならこちらをおすすめします。, AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS, 2018年6月にAVerMediaから発売された外付型キャプチャーボードで、録画は1080p/60fpsになりますが、パススルーは4Kに対応しているのが特徴です。性能的にはGC553に劣るので、こちらは4K録画は必要ないが、4Kでプレイしたいという方におすすめの製品です。ソフトウェアエンコード方式で表示遅延が非常に少なく、生配信をする方にも最適です。, 2017年9月にI-O DATAから発売された外付型キャプチャーボードで、最大1080p/60fps対応で、4Kは録画・パススルー共に対応していませんが、割と新しい製品でありながら価格が17,000円と安いため人気が高い製品です。PS4 ProやXbox One Xユーザーにはあまり向かない製品と言えますが、とにかく予算を抑えたいなら選択肢になると思います。Elgato Game Capture HD60 S, 2017年11月にElgatoから発売された外付型キャプチャーボードです。丸みを帯びたスタイリッシュなデザインが特徴です。見た目はかっこいいと思いますが、同価格帯のGC550 PLUSは4Kパススルーが可能で動画編集ソフトが付いてくることを考えるとこちらを選ぶメリットがほとんどないでしょう。どうしてもElgato製品が欲しいという方でなければ他の製品を選んだ方が安く済むか、もしくは高機能な製品をな製品が手に入るでしょう。Elgato HD60S+, いままでは外付けキャプチャーボード最強の製品といえばAVerMediaのGC553でしたが、遂にElgatoからもGC553とほぼ同等のスペックを有する外付けキャプチャーボードが発売されました。1080pでの録画が60fpsまで(GC553は120fps)という点が異なりますが、基本的に60fpsで録画できれば全く問題ないと思います。こちらは動画編集ソフトが付属しませんが、その分2千円以上安いため、これからハイスペックな外付けキャプチャーボードを買うならHD60S+も十分候補に入るでしょう。, 2013年にSKNETから発売されれた外付型キャプチャーボードですHDMI対応キャプチャーボードの先駆けと言える製品で、未だに高い人気を誇ります。僕も初めて購入したHDMI対応キャプチャーボードはMonsterX U3.0Rで、かなり長期間使用したんですが、現在は他に優れた製品が数多くあるので単純にこれをすすめるかと聞かれると答えは「No」です。ただ、発売から長い月日が経っているため中古品が多く、12,000円くらいから購入可能なため、HDMI対応キャプチャーボードをなるべく安く手に入れたいと考えている方には良さそうです。AVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUS, 2018年4月にAVerMediaから発売された外付型キャプチャーボードです。録画は最大1080p/60fpsとなりますがパススルーは4Kに対応しているため、4Kでゲームをプレイしながら配信や録画を行うことが可能です。ハードウェアエンコード方式のためPCへの負荷が少ない他、単体録画機能を使えばPC不要でゲーム画面を録画することもできます。個人的にはソフトウェアエンコード方式派ですが、ハードウェアエンコード方式のキャプチャーボードが欲しいという場合にはこちらをおすすめします。, 2016年にAVerMediaから発売された外付型キャプチャーボードです。先ほど紹介したAVT-C878 PLUSの下位モデルで、違いは4Kパススルーに非対応で動画編集ソフトが付属しないという2点です。もちろんAVT-C878 PLUSの方がいいと思いますが、「とにかく安く抑えたい」「4Kパススルーや動画編集ソフトは不要」という方には選択肢になるでしょう。j5 create JVA04, こちらは台湾のPC周辺機器メーカーのj5 createから発売された外付型ソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードです。 ドライバが不要なのでUSB接続するだけですぐに使い始めることができます。ただしキャプチャーソフトは付属していないので、無料ソフトのOBS Studioなどと組み合わせて使うのがいいでしょう。 4Kパススルー(HDR非対応)対応で、録画は1080p/60fpsまでとなっています。 同等のスペックを有する他社製品に比べて値段が安く、それでいて安定性が高いのが魅力です。 ただ、僕が使ってみたところほんの僅かですが画面がクロップされたので、その点は注意しましょう。, 有名メーカーが販売するキャプチャーボードはどれも値段が高いです。その分安心感はありますが、中には「そんなにお金をかけられない」という方もいるはず...そこでおすすめしたいのがShuOneのキャプチャーボード HSV3212です。このキャプチャーボードは1080p/60fpsまでの入力・録画に対応し、パススルー機能まで搭載しながらも値段はなんと約6,000円という激安価格です。僕がこの製品を買ったきっかけは「YouTubeのネタにいいかも」という安易な理由でしたが、実際に使ってみたら全く問題なく普通に使えました。もしかしたら有名メーカーの製品に比べて耐久性が低かったり、個体差による不具合が起きやすいという可能性もありますが、「とりあえずキャプチャーボードがどんなものか試してみたい」「4Kや高フレームレートには対応していなくても十分」というなら試す価値はあると思います。, 先ほども説明した通り、PS4の機能でゲーム画面を録画したり生配信を行うことができるため、キャプチャーボードは必ずしも必要なものではありません。ただ、キャプチャーボードを使用した方が利便性は確実に上ですし、配信や動画のクオリティも上がります。現に有名ゲーム実況者の方で「PS4の録画や配信機能だけでやってるよ」なんて方は一人もいないと思います。(生配信機能を併用している方はいると思いますが)これから先本気でゲーム実況をやっていくのであれば『キャプチャーボード』『ミドルスペック以上のPC』『動画編集ソフト』の3つは最低限用意することをおすすめします。今回の記事は以上になります。お読み頂きありがとうございました^^, さっさんと申します。 この質問は [Windows  / Windows 10  / Windows 設定] のカテゴリに投稿されましたが、内容から判断しこちらのカテゴリに移動いたしました。, https://support.xbox.com/ja-JP/xbox-on-windows/system-requirements/pc-hardware-requirements-for-game-dvr, >お使いの PC は、クリップを録画するためのハードウェア要件を満たしていません。, ***********************************************************, フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。, ゲームのプレイ動画を撮りたいのですが、できません。お使いの PC は、クリップを録画するためのハードウェア要件を満たしていません。 と表示されます。, **モデレーター注 rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="101edc28.cde56544.101edc29.c3fe2e3b";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId=0;rakuten_size="600x200";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on"; 2016年4月14日 (木) パソコン・インターネット | 固定リンク こんにちは。ぽいみんデス。最近、ドラクエのレグナードVまで全部やるようになりました。ただ失敗することがたまにあり、ゲーム画面を録画しようと試しました。. **モデレーター注** お使いの PC は、クリップを録画するためのハードウェア要件を満たしていません。 なんでかなとX-BOXの公式ページを参照してみると. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); PC版でドラクエ10をプレイしてる方はご存じでしょうが、ゲームウィンドウが表示されたらウィンドウの下部に「Win+Gで~」とか表示されると思います。これが録画やキャプチャなどの機能です。機能はXBOXのものですが名前は「Game DVR」。昔は画面の録画といえばキャプチャカード(ハード)が必要でした。Windows7だったらハードはいらないけど別途キャプチャ専用ソフトが必要でした。Windows10だと不要!ってのは便利だなと前々から思っていました。ただ配信したりするわけではないので「まあいいっか」程度。ただ、レグナードなどワンミスが致命的になる敵だと「何が悪かったか」検証しようとすると、以下のような課題に直面してしまいました。, などなど。でも何戦かやって時間切れでPT解散になったとすると、「あれ?あのときのレグのネームは白だった?黄色だった?それとも赤?」と混乱するばかりです。, ゲーム バーは、すべての Windows 10 PC で使用することができます。ゲーム クリップを録画するには、以下のビデオ カードのいずれかが必要です。, ・AMD: AMD Radeon™ HD 7000 シリーズ、HD 7000M シリーズ、HD 8000 シリーズ、HD 8000M シリーズ、R9 シリーズ、R7 シリーズ。, ・NVIDIA: GeForce 600 シリーズ以降、GeForce 800M シリーズ以降、 Quadro Kxxx シリーズ以降。, ・Intel: Intel HD Graphics 4000 以降、Intel Iris Graphics 5100 以降。, とありました。うちのパソコンはIntel HD Graphics 3000。おそらくGame DVRのエンコードがH.264でGPGPUに対応してないといけないってことでしょう。手っ取り早いのはグラボ買えや!ってことになるんだけど、安いもの買うのもなあ・・・と。かといってGeForce950買ったところで今のPCだと性能発揮できないのも事実(マザボとかCPUのバス幅で・・・)。悩ましいなあと。ちょっと検討ですね。. このpcはクリップを録画できません ゲームを録画できるGame DVR機能を使うためには、PCのハードウェア要件をクリアしている必要がある。 ハードウェア要件を満たさない場合はGame DVRで録画することができず、「このPCはクリップを録画できません」と表示される。 Edge と Windows 10 のフィードバックにご協力ください (『Windows フィードバック アプリを使用する場合』の説明), ※すでに同じフィードバックがある場合は、[賛成票を投じる] をクリックしてください。, このスレッドはロックされています。質問をフォローすることや役に立つと投票することはできますが、このスレッドに返信することはできません。, Windows 10 Game DVR requirements

Ha36s アルトワークス 1型 2型 違い 26, ロサブラン 日傘 人気色 7, ディビジョン2 クラシファイド 拘置所 6, 100 均 軽石 4, 犬 胃腸炎 食事 4, 太陽光発電 物件 イオン 4, Rockstar Games Launcherは予期せず終了しました 7, アイアン 球筋 低い 4, Xperia 5 大きさ 比較 5, ロキソプロフェン Emec 販売中止 4, 猫 虫除け 部屋 25, 借入金 仕訳 保証料 6, Gba マジコン 通販 6, ヨルシカ ラジオ アーカイブ 21, メール 返信 一週間後 脈 5, 吉本 宇都宮まき 結婚 4, 履歴書 訂正印 バイト 5, バイオハザード シェバ 死亡 12, プレゼン 10分 文字数 31, 乃木坂46 画像 高画質 14, ゴルフトゥーラン Tsi 故障 5,